宇随天元 イケメン。 【劇場版「鬼滅の刃」無限列車編】最後に出てきた音柱・宇随天元、一体どんな人物?

【鬼滅の刃】音柱/宇随天元イケメンだし元忍者だし嫁が3人!もはや、わっしょい!

宇随天元 イケメン

??? 雛鶴の性格と容姿 性格 天元の3人の嫁。 その3人の嫁の1人である雛鶴は、真面目で優しい性格の持ち主です。 よく喧嘩をするもう2人の嫁、との仲裁をするなどまとめ役をしていることから、しっかりした人物のようです。 そして、くノ一として鬼を探るために遊郭に潜入したり、との戦闘で、藤の毒を塗ったクナイで天元のサポートを行うなど、度胸がある一面も見せています。 容姿 黒色の長い髪を後ろで1つに束ねており、左の目元には泣き黒子がある綺麗な女性です。 普段は、忍装束に網タイツ、草履といった格好をしていますが、「遊郭編」では、遊郭に潜入しているため遊女の恰好をしています。 音柱・宇随天元との関係は? 音柱である天元の生まれ育った忍の家系は一夫多妻制で、15歳になると3人の嫁を持つことになっています。 嫁選びは一族の長が相性を考えた上で行うことから、天元が選んだわけではないようです。 しかし、天元の口から1番優先する命の順番が3人の嫁だということを聞き、信頼を置くようになります。 雛鶴たち3人の嫁は、「道具」として扱われていたくノ一だったこともあり、父を拒否して忍をやめた天元について行きます。 雛鶴と須磨とまきを 天元の3人の嫁である雛鶴・須磨・。 3人とも女忍者であり、一夫多妻制のため天元が15歳の時に3人同時に嫁となっています。 一夫多妻制ということから、折り合いの悪いイメージがありますが、3人は姉妹のように仲が良いようです。 余談 天元と嫁3人の関係は良好で全く問題はないのですが、嫁が3人いること知ったがいつも以上に妬み、凄い顔になっていたことから、少なからず一部の男から嫉妬の対象として見られることもあるようです。 雛鶴の活躍 花街に鬼が潜んでいると考えた天元の指示で遊女として「京極屋」に潜入していた雛鶴。 京極屋の蕨姫花魁が鬼であることに気づいた雛鶴でしたが、蕨姫花魁もまた、雛鶴を怪しみ目を付けていました。 身動きの取れなくなった雛鶴は、自ら毒を飲み病いに罹ったふりをし京極屋から出ようとしますが、別れ際に蕨姫花魁から監視・殺害を目的とした帯を渡され、最下級の女郎屋である切見世に送られます。 蕨姫花魁から渡された帯にクナイを突き刺し、天元が助けに来るまで毒に耐えていました。 そして助けに来た天元からの解毒薬を飲んで命を取り留めます。 解毒薬が効き動けるようになると、鬼には毒になりうる藤の花から抽出したものをクナイに塗り、天元と戦う目掛けて放ち、天元のサポートをします。 クナイを投げたことで、妓夫太郎に目を付けられた雛鶴は、危機一髪のところでに助けられます。 その後、身を隠した方が良いと判断した雛鶴はその場を離れます。 上弦の陸である蕨姫花魁こと堕姫と、その兄である妓夫太郎の頸が落とされ戦いが終わった後、敵の毒で舌も回らなくなっている状態の天元の横で涙を流す雛鶴と、相変わらず騒がしい他2人の嫁。 しかし、ひょっこり現れた禰豆子の血鬼術によって毒が消え、一命を取り留めた天元を見て泣いて喜びます。 雛鶴の願い.

次の

宇随天元がかっこいいですね!嫁や弟や継子も調べてみました!【鬼滅の刃(きめつのやいば)】

宇随天元 イケメン

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】お館様の覚悟 産屋敷耀哉 産屋敷耀哉は鬼殺隊の当主でした。 鬼殺隊の隊士からはお館様と呼ばれていました。 産屋敷家は鬼舞辻無惨と同じ一族で・・・つまり 耀哉と無惨は遠い親戚です。 無惨という者が排出されてしまったことで、産屋敷家は呪われてしまい、生まれてくる子供は病ですぐに死んでしまうようになってしまいました。 そこで代々神職の一族から妻をもらうことで、子供も亡くなりにくくなりましたが、それでも30歳を超えて生きることができない状態が続いています。 耀哉も病に侵され、死期が迫っていたようです。 産屋敷家の館の場所を特定した無惨は、耀哉の前に姿を現します。 鬼殺隊のトップである耀哉を殺しに来た無惨でしたが、それは 耀哉の作戦でもありました。 無惨を仕留めるために、耀哉は無惨もろとも自爆し死亡したのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】信念を貫いた生き様 煉獄杏寿郎 鬼殺隊の柱の一人で炎柱を務めていた煉獄杏寿郎。 炎の呼吸は水の呼吸と同じくらい昔から存在していた呼吸で、煉獄杏寿郎は 代々炎の呼吸を伝え継いできた煉獄家の長男です。 杏寿郎は母から「 弱き人を助けることは強く生まれた人の責務です」という言葉を大切にしてきました。 その言葉の通り無限列車に乗り合わせた乗客は誰ひとりとして命を落とすことはありませんでした。 煉獄は無限列車で炭治郎たちに会うと、 下弦の壱の魘夢と戦います。 魘夢の血気術にかかってしまいますが、炭治郎たちのおかげで目覚めることができました。 炭治郎と伊之助が魘夢を倒すまで常客300人の命を守りました。 その後突然襲ってきた 上弦の参の猗窩座と対峙します。 何度も鬼にならないかと猗窩座に勧誘されますが、断った煉獄。 炭治郎たちを猗窩座から守ることはできましたが、強さは互角なのにどんどん再生していく猗窩座に勝つことはできませんでした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】双子の兄と涙の再会 時透無一郎 鬼殺隊の柱の一人、霞柱である時透無一郎。 無一郎は柱の中でも最年少で、刀を握ってから2か月で柱まで上り詰めました。 日の呼吸の末裔であることも判明しています。 11歳で両親を失った無一郎は、双子の兄の有一郎と暮らすことになりました。 産屋敷あまねが二人を鬼殺隊に誘いますが、有一郎が何か企んでいるに決まっているといい追い返してしまいます。 ある夜寝ていたところを鬼に襲われ有一郎は致命傷を負ってしまいます。 無一郎は鬼と戦い滅多打ちし、緒には日光で消滅してしまいますが、有一郎も亡くなってしまいます。 この出来事であまりに深いショックを受けたため無一郎は記憶喪失になってしまいますが、鬼殺隊に入隊しどんどん強くなっていきました。 無一郎は無限城で 上弦の壱の黒死牟と戦います。 しかしいきなり左手を切断されてしまいます。 最期まで黒死牟と戦い、黒死亡が死んだ後に無一郎も亡くなってしまいます。 死んでしまった無一郎を迎えに来たのは有一郎でした。 有一郎は死なないで欲しかったと言い、二人は泣きながら抱き合うのでした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】実弥が守りたかった弟 不死川玄弥 炭治郎の同期のメンバーの一人で、不死川実弥の弟である玄弥。 玄弥は全集中の呼吸を使うことができません。 鬼を喰らうことで鬼の力を得ることができるという特殊な能力があります。 兄を追って入隊しましたが、実也からは兄弟なんかではないと拒否されていました。 しかし後に それは玄弥に鬼殺隊に入ってほしくなかったからだつたことがわかりました。 不死川玄弥は、無限城の戦いで、上弦の壱と対峙しいきなり胴体を真っ二つに斬られてしまいます。 黒死牟の髪や刀を喰らってパワーアップしながら、柱たちをサポートしますが、 黒死牟に縦に真っ二つにされてしまいます。 鬼と同じように崩れていく玄弥を見て実也が取り乱します。 玄弥は実也に守ってくれてありがとう、俺も兄ちゃんを守りたかったと言いました。 静かに感謝の気持ちを伝えると、微笑みながら崩れて消えていきました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】無惨への憎しみ届かず 珠世 珠世は過去に鬼の始祖である鬼舞辻無惨に鬼に変えられた女性です。 緒には無惨に呪いをかけられていますが、 珠世は自力で無惨の呪いを解除することに成功しているので、自立して行動することができています。 普通の鬼は無惨の名前を口にするだけで呪いによって死んでしまいますが、珠世は大丈夫です。 生命を維持するために人間を捕食することが必要でしたが、人間の血を摂取するだけで生命を維持することができるようになっています。 本来無惨以外はできない、人を鬼に変えることもできるため、愈史郎は鬼に変えられ、珠世に命を救われました。 炭治郎から禰豆子が長い間人間の肉を食べていないにもかかわらず、凶暴化もしていないという事情を聴いて炭治郎に鬼の血を取ってくるようお願いします。 それから鬼が人間に戻る薬の開発も進め、最後には産屋敷耀哉に協力することになりました。 珠世は 無惨が産屋敷邸を襲撃して来たときに登場して人間に戻る薬を注入することに成功しました。 しかし 一時的に繭のようなものに変化したものの、珠世を吸収して復活します。 珠世は無惨に吸収されて亡くなってしまいました。

次の

「鬼滅の刃」天元さんマジで死にそうになっててヤバイ・・・・【ジャンプ感想】

宇随天元 イケメン

煉獄さんに次いで活躍をみせる 音柱・宇随天元…! 「随」じゃなくて 「髄」ですね。 よく間違われます 笑。 アニメでは二十二話で初登場を果たし、口癖の 「派手」を連呼していましたね。 「ならばオレが派手に首を切ってやろう」 (アニメ22話より引用) 「誰よりも派手な血しぶきを見せてやるぜ、もう派手派手だ」 (同上) この短いセリフだけで四回も派手って言ってます……。 それに、頭の額当てが目に付きますよね、輝石ついてますし。 戦闘中邪魔にならないのか……。 変わった人ですが、 性格は男気が強く情に厚い。 部下が弱気な時は鼓舞をするし、常に勝つことを考えて行動できる。 この記事ではそんな兄貴分な男、音柱・宇髄天元について紹介していきます。 鬼殺隊の 柱の一人、 音の呼吸を使う二刀流の剣士。 身長が198cmと非常に高く、がっちりとした筋肉と恵まれた体をもっています。 柱の中では岩柱・悲鳴嶼行冥に次いで腕っぷしが強いとのこと。 輝石をあしらった額当てをつけ、片目には何やら派手な化粧をしていますね。 二刀流に鎖、目につく額当てに化粧、とにかく見た目のインパクトが強いのも本人が派手好きだから。 口癖も「派手に」であり、地味なことは嫌い。 吉原遊廓に行く前、炭治郎たちに自分は「派手を司る神」と豪語するほど。 ちなみに、 かなりのイケメン。 善逸が言ってましたが、 化粧を落とすとさらに色男だとか。 忍の末裔 宇髄天元は 忍の家系で生まれました。 兄妹は九人いたようですが、十五歳になるまでに十三人も死亡したらしい…。 その理由は・・・・一族が衰退していくことに焦りを感じた父親が、とにかく厳しい訓練を強いたからだそう。 子供が死ぬほどの訓練なんて考えられませんよねー。 しかし、その訓練に耐えて生き残ったのは二人、宇髄天元と一人の弟。 宇髄天元いわく、 弟は父親の複写であり、父親と同じ考えと同じ言動をする人物。 その考えは鬼舞辻無惨と近く・・・・ 「部下は駒、妻は跡継ぎを生むためなら死んでもいい、本人の意志は尊重しない、極めて無機質なもの」。 自分はそうなりたくないとの思いから、三人のくの一を連れて抜け忍として四人で行動していました。 幼いころ植え付けられた価値観は、なかなか変えられない。 きっと自分の選択が正しいのか迷っていたんでしょう。 そこに お館様・産屋敷輝哉が、優しく声をかけ宇随天元を肯定してあげます。 だから、宇髄はお館様には心からの感謝と敬意をはらっています。 関連記事>>> 嫁が三人もいる……だと? 宇髄天元には嫁が三人もいます。 その三人は、優秀な女忍者のくの一。 産屋敷輝哉と接触する前から四人が一緒にいる描写があるため、昔からの付き合いなのでしょう。 夫が抜け忍になっても付いてくることから、お互いを愛し合っているかけがえのない存在ということが分かりますね。 しかし、いわばハーレムのような状況に嫉妬をしてしまうのは別問題。 しかも夫はイケメン、三人はタイプが違えどみな美人。 これに嫉妬をしない人はいない。 性格は男前で根性強く、上弦の陸・堕姫に素性がバレるのが一番遅かったことからも、 三人の中でも戦闘面では優秀な方だと考えられます。 特に、くの一として覚悟、夫への忠誠は厚く、堕姫の尋問にも口を割らずに最後まで抵抗してみせた。 また、伊之助により助けられた直後から堕姫の帯と戦闘に加わったことから、体力もかなりあると判断できますね。 個人的には、三人の中では次女の立ち位置だと思っており、弱気な須磨によく怒っている。 性格はとても臆病で泣き虫。 そのため男前なまきをに、いつも叱られては泣きわめいている。 くの一なのに 戦闘は苦手らしく、まきをと同じく帯から脱出して戦闘に加わるが「あたし一番に死にそうですもん」と泣きわめいていた。 手の焼く末っ子感がハンパない、泣きわめいてばかりですし。 宇髄天元が自分の死を悟り、最後に言葉を残そうとするが、 「死なないでくださぁぁい、天元様あ~~!!」と駄々をこねて、 夫の最期の言葉をまったく話を聞こうとしなかった。 騒いでるまきをと須磨を怒るでもなく、優しく注意をしているところが、姉妹の長女のように感じる。 「他人よりも自分の命を優先しろ」という宇髄天元の言葉に戸惑ったまきをが、雛鶴に相談をしていた描写が描かれていたため、やはり二人にとっては頼りになる姉のような存在なのかもしれません。 自負の心が強さの源 彼は自分には才能がないと自覚をしていた。 圧倒的な力をもつ岩柱、刀を持って二ヶ月で柱になった霞柱。 本物の天才がそばにいるからこそ、自分だけの強さを見出して強くなったのでしょう。 だから、「お前は才能があるんだな」と上弦に言われた時も彼は慢心しない。 お前は世間知らずだ、世界には凄い奴らがウヨウヨしている、自分には才能がないから多くの人を守ってこれなかった。 そう上弦に言い放つ。 「煉獄のようにはできない」 炎柱・煉獄杏寿郎は無限夢列車でも死者を出さず、自分の命と引換えに上弦の参を一人で食い止めた。 それができる強さが自分にはない・・・そんな 自分の弱さに憤りを感じているのでしょう。 そう考えると、妻三人を潜入捜査に出す前、彼が命の優先順位を決めていたことにも納得がいきます。 順位は、第一に妻、第二に堅気の人間、そして自分。 これは 自分が守れる数には限界があると知っているからこその決断。 そして、 自分の命を投げ捨てでも周りを守るという覚悟の表れだと捉えることができますね。 そんな彼でも、炭治郎たちを庇いながら上弦相手に善戦し、禰豆子の力のおかげとはいえ結果的には誰も死なずに守り切りました。 宇髄天元は、現実を受け止めてなお、それでも救える命は絶対に助けるという心の強さがあるといえるでしょう。

次の