白血病 初期症状 チェック。 白血病の初期症状と検査方法、検査に掛かる費用とは

急性白血病について

白血病 初期症状 チェック

こんばんは。 昼のニュースで競泳の池江選手が白血病を患っているとTwitterで公表し、世間を驚かせましたが、この記事では白血病の初期症状の特徴やチェック方法・血液検査の見方や治療法について書いていこうと思います。 なぜ、白血球が無制限に増殖するのか原因は分かっておらず未だ謎の残る病気です。 血液検査の見方として白血球の数に異常があれば白血病であると言えます。 白血病は19世紀のドイツの病理学者フィルヒョーが発見した病気で、かつては有効な治療方法が確立されておらず不治の病として恐れられた病気です。 現在は有効な治療法が確立されたことでかなり改善されていると言えます。 私の友人で過去に白血病を患った人がいて、白血病のことはある程度知識として知っています。 その友人は今は元気で普通に働いていますが、当時高校生だった時に白血病で入院することになったと聞いて衝撃を受けました。 白血病は何種類かありますが大きく分けると 急性型と 慢性型の2つに分けられます。 名前の通り急性型は進行速度が早く、慢性型は急性型ほど進行速度は早くありません。 急性型と慢性型にも 2つのタイプがあり、それぞれ 骨髄性と リンパ性に枝分かれしていて白血病の細胞の性質が骨髄性なのかリンパ性なのかでタイプが決まります。 簡単に言うと白血病は4種類のパターンがある病気であると言えます。 さて、白血病の初期症状ですが 急性白血病と 慢性白血病で大きく異なります。 急性白血病の初期症状としては 発熱や倦怠感など風邪やインフルエンザの症状と似ており、風邪だと思って血液検査をしたら急性白血病だったという事例もあるようです。 急性白血病は骨髄性もリンパ性も骨髄で白血病細胞が増加することで血液を作れなくなることで症状が出るパターンと臓器で白血病細胞が増加するパターンがあります。 急性リンパ性白血病 は白血球の1種であるリンパ球が骨髄で無制限に増殖することで起きる病気です。 脳やせき髄などに浸潤しやすいので頭痛や吐き気などの症状が出やすいのも急性リンパ性白血病の特徴です。 病状が進行すると膵臓や肝臓などの臓器やリンパ節に白血病細胞が入り込み臓器が腫れるという症状が見られるようになります。 私の友人が患ったのが急性リンパ性白血病でした。 白血病と分かる前に倦怠感や頭痛に悩まされていたので風邪をこじらせていると思っていたのですがまさか白血病であったとは思いもしませんでした。 急性骨髄性白血病は骨髄で赤血球や白血球と言った血液細胞のベースとなる造血幹細胞の中で遺伝子異常が生じて白血病細胞が発生することで起きる病気です。 リンパ性白血病と違い、臓器の腫れはあまり見られませんが急性なので急速に症状が進行するので早期発見と早期治療が重要です。 急性白血病の場合は貧血の症状が出ることもあり、それに伴うめまいや動悸、息切れなどが起きやすいのでこれらの症状が続く場合は病院で血液検査をした方がいいと思います。 慢性白血病は急性型と異なり、 初期症状がほとんどないために健康診断などの血液検査の結果、白血球の数の異常が発見されて発覚することも多いようです。 慢性型は5年~6年もの間症状が現れず、出たとしても風邪の症状と似ているので発見が遅くなりやすいです。 慢性白血病は 症状が出ず、進行が遅い時期、 症状が現れて進行が早くなる時期、 急激に進行が進む時期の 3つの期間があり一番最後の時期になると急性白血病のような症状が出るようになります。 慢性リンパ性白血病は白血球の1種であるリンパ球の中のBリンパ球が無制限増殖することで起きる病気です 初期症状がほとんどなく、出たとしても倦怠感や食欲不振と言った風邪のような症状です。 発熱を伴ったり、肺炎を発症することもあるようですが白血病であることには気づきにくいです。 病状が進行すると首やわきの下などリンパ接が多い部分で腫れが見られるようになり、腫れが引かないまま大きくなっていきます。 慢性骨髄性白血病は遺伝子異常が生じることで起きる病気で他の白血病と違い、遺伝子異常で生じることが特徴です。 白血球ががん細胞化しても正常の働きをするので初期症状が出ないことが多く、偶然受けた血液検査で発見されることがあります。 病状が進行すると風邪のような症状が出始め、臓器の腫れに伴う腹部膨満が現れることが多いです。 腹部膨満は慢性骨髄背白血病の特徴的な症状とも言えます。 白血病は血液検査で発覚することが多いので風邪のような症状が続く場合は血液検査を受ける方がいいと思います。 特に 慢性白血病は 初期症状がないことが多く発見が遅くなりやすいので注意が必要です。 風邪やインフルエンザの症状と似ているので白血病は見落としやすい病気です。 発見が遅れるほど治療は難しくなるので定期的な検査が早期発見と早期治療に繋がります。 現在は白血病の治療法が確立されているので、昔のように不治の病と言われることは無くなりました。 主な治療法は化学療法(抗がん剤治療)ですが、場合によっては骨髄移植などが治療法として用いられることがあります。 ただ、骨髄移植は患者への負担も大きいので慎重に判断しないといけません。 白血病は血液検査の結果で分かるので風邪のような症状が続く場合は病院で検査を受けることが大事です。 風邪の症状が続いても放置する人も多いと思うので白血病を他人事と思わずに警戒しましょう。

次の

【急性骨髄性白血病】の8つの初期症状をチェック、病院へ行く前に

白血病 初期症状 チェック

「こうした症状が続いたら、注意が不可欠」と言う事を、 1つでも頭の内方に留めておいて、 現実に「自分自身は白血病かもしれない・・」と思ったら、ぜひ速目に病院に行ってみてください。 もちろん、 「白血病かも」と病院に行ってチェックをしても、結果「白血病ではなかった」と言うケースだってあります。 手遅れになってしまう前に、チェックしてみてくださいね。 スポンサーリンク の大切な症状に「だるさ」があります。 だるさを惹き起こすのは、もの病みによって貧血症が進んでいるため。 赤血球が縮まる事により、 体の隅まで十分な酸素が運ばれなくなるからです。 「初期症状」といっても軽く捉えてはいけません。 白血病セルの増加が始まってから症状が発するまで兼合いして半年ほどの潜伏時期のようなものがあります。 したがって、症状が出て病院を受診し、白血病である事がわかれば即療治をスタートする事になります。 だるさの他の代表的な症状に熱のある状態、出血傾向がありますね。 スポンサーリンク この3つのうちの2つ以上が重なって出たケースに要注意となります。 白血病 初期症状 チェック関連ページ 子供 白血病 初期症状 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 あざ を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 あざ 写真 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 かゆみ を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 発熱 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 白血球数 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 にきび【痒みを持つ発疹やニキビ】 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 数値【白血球の数値に異変?!】 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 湿疹【なぜニキビや湿疹が出るのか】 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血病 初期症状 シコリ【首にしこりに注意】 白血病の初期症状 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説.

次の

急性白血病について

白血病 初期症状 チェック

この記事の目次• 白血病とは 白血病と一口に言っても様々なタイプがあり、それにより症状も異なります。 白血病の概要 白血病は血液のがんです。 血液は多くの細胞でできており、赤血球や血小板、白血球という血液細胞が流れています。 これらは骨髄で作られていますが、作られる過程でがんになり、がん化した細胞が骨髄内で増殖してしまいます。 悪性の腫瘍の恐ろしい所は、がん化した細胞ができた場所だけに留まらず、様々な細胞へ転移してしまう所にあります。 また、増殖のスピードも早いので、周りの組織をどんどんがん化させていった結果他の細胞への栄養や酸素の供給がストップし、全身への影響がア割られます。 白血病は、がん化した細胞の種類によって 骨髄性とリンパ性に分かれます。 さらに進行の度合いにより 急性と慢性に分類されます。 白血病の種類 白血病の種類は大きく分けて骨髄性とリンパ性に分かれています。 血液の細胞の元となる造血幹細胞はいずれも骨髄で作られ、そこからそれぞれの血液細胞に変化して血液中に放出されます。 造血幹細胞が白血球のうちリンパ球になるものを リンパ系と呼び、それ以外(赤血球、血小板と白血球のうち単球、顆粒球)になるものを 骨髄系と呼びます。 造血幹細胞のうち、分化が未熟な細胞が増殖してしまうものを 急性白血病、分化は正常に行われているものの増殖の抑制が効かないものを 慢性白血病と呼ばれています。 慢性白血病が変化して急性白血病になることもありますが、逆はありません。 主な症状 急性のもの ・急性骨髄性白血病 骨髄性幹細胞が白血球になる途中の状態でがん化が起こる病気です。 白血球の分化や成熟ができなくなり、血液の凝固に関わる性質のある物質が増加します。 がん化した細胞が臓器に湿潤下場合肝臓や脾臓の腫れ、歯茎の腫れや痛み、骨の痛み、頭痛などが現れます。 ・慢性骨髄性白血病 造血幹細胞自体ががんになってしまう病気です。 白血球が過度に作られるようになりますが、細胞自体は分化しており、見た目や機能は正常な細胞と変わらないので血液の機能にもあまり変化がありません。 しかし、白血病となった細胞がより悪性化すると、急性白血病に移行する場合があります。 慢性のもの ・急性リンパ性白血病 リンパ球になるはずの細胞が成熟する過程で異常がおこる病気で、成長をやめた細胞が骨髄内で増殖して他の細胞が作られなくなります。 正常な血液成分がつくられないので白血球が少なくなり、貧血や感染、手足のまひなどにつながることもあります。 ・慢性リンパ性白血病 リンパ球になる細胞ががん化する病気です。 細胞自体は成熟するので、血液中に成熟した異常なリンパ球が増殖することになり、これがさらに悪化することで急性の状態になります。 ゆっくり進行するので、特に治療の必要がないまま過ごす方もいるようですが、血小板数の現象や肝臓や脾臓への影響がないかどうかを念入りに診察する必要があります。 欧米では非常に頻度の高いタイプですが、日本人では極めて稀なものです。 原因 白血病は遺伝子の突然変異によって起こるもので、原因ははっきりしません。 生まれつき変異した遺伝子を持っている場合など遺伝的に罹りやすい場合や、トルエンやベンゼンなどの有機化合物、活性酸素や放射線の曝露、煙草に含まれる発がん性物質が理由として考えられており、一説では抗がん剤が危険因子になるという意見もあります。 また、加齢によりリスクが増えることがある他、人種によっても発症しやすさが異なります。 治療の方法 急性の白血病の場合、病状の進行が早いのでできるだけ早期に治療を始める必要があります。 段階に応じて複数の種類の抗がん剤を使い治療を行います。 慢性骨髄性白血病の場合は、数年以内に急性に転化することが予測されるので、慢性の内に治療を行います。 副作用が少ない薬があるので、そちらで寛解を目指します。 慢性リンパ性白血病は症例が少ないのでまだ有効な治療法が確立されていませんが、確実に急性に転化するということがないので経過を観察する場合もあります。 白血病の初期症状 白血病により血液が変化するので、様々な症状が現れます。 早期発見が重要なのでぜひ覚えておいて下さい。 リンパ節腫大 悪性腫瘍によりリンパ節が腫れることがあります。 比較的目で見て分かりやすい症状なので注意しましょう。 悪性の場合どちらかといえばゆっくり(数週間〜数ヶ月)進行することが多いと言われており、大きさが3cmを超える場合や痛みがない場合に悪性の可能性が高いと言われています。 感染・発熱 正常な白血球が減少するので、外から侵入して来る病原体と戦えなくなり肺炎などの感染症を起こしやすくなります。 急性白血病の場合、発熱が唯一の症状であることもあるため注意が必要です。 全身の倦怠感・貧血 赤血球が減少した場合に起きる症状です。 赤血球は酸素を運んでいるので、これが足りていないと酸素が足りなくなり体のだるさを感じることがあります。 動悸や息切れ 上記と同様に赤血球の減少による症状です。 酸素がうまく運ばれなくなるので、普段できていた運動で動悸や息切れを起こすようになります。 あざ 血小板の減少によって起こる症状です。 血小板には出血を止める働きがありますが、減少することによってどこにもぶつけていないのにあざができやすくなったり、赤い点状の出血が見られる場合があります。 ぶつけた時にできるあざと異なり、できたものが自然と消えずいつまでも残っていたり、他の部位に広がっていくという特徴があります。 かゆみ 内蔵の病気が原因で皮膚になんらかの症状が出ることをデルマドロームと呼び、内蔵と皮膚とは大きな関連があるといわれているのです。 白血病のうち慢性リンパ性白血病の初期症状として、皮膚のかゆみが起こることがあります。 内蔵の病気によるかゆみの特徴として、明らかにここがかゆいというような感じではなく全身がかゆいという特徴が見られます。 また、前項で述べた通り点状の出血、発疹が出ることがあります。 体重の減少 一般的にがんにかかると体重の減少が起こると言われています。 その理由の一つは食欲不振によるものですが、もう一つは悪液質と呼ばれる状態に陥ったことによるものです。 がん細胞はサイトカインという情報伝達物質を放出しますが、これらの物質の中に蛋白質を崩壊させる性質を持つものがあるため、体重の減少につながります。 また、がん細胞そのものが基礎代謝として消費するエネルギーが大きいこともやせる原因の一つです。 何も思い当たることがないのに体重が減少した場合は注意しましょう。 左側肋骨下の痛み 白血病により脾臓や肝臓の肥大が起こることがあり、これが左側肋骨下の痛みとして感じられます。 脾臓は循環器系の一つで、免疫機能や造血機能に関わっています。 また、肝臓は血液中の有害物質や老廃物を濾過する働きを持っています。 どちらも血液に関して大きな関わりを持っており、白血病によって増えた白血球が脾臓や肝臓に集まって腫れを起こすと考えられています。 寝汗 白血病の初期症状として、寝汗が挙げられることがあります。 気が付きづらいと言われている慢性白血病の場合に見られやすい症状なので、おかしいと思ったら病院に行きましょう。 寝汗に微熱や倦怠感を伴うのが特徴で、着替えが必要な程の寝汗がある場合は白血病や他の癌の可能性をうたがうべきといわれています。 白血病の予防対策 白血病は原因自体がはっきりしていない病気なので、確実に予防できる方法があるわけではありません。 しかし、がん全般の予防として出来ることがあるのでぜひ取り入れて下さい。 禁煙 煙草に含まれる有害物質が、口の粘膜から体内に吸収されることがあり、これががんの一因となることがあります。 白血病のリスクとしても喫煙が挙げられているので、できるだけ禁煙するようにしましょう。 免疫力を高める 免疫の働きがしっかりしていれば、最初のがん細胞を破壊することができます。 がんの芽を摘むため、免疫力を高めましょう。 おすすめの食材は以下の通りです。 免疫力を高める:にんにくやねぎ、バナナ、キャベツなど• 抗酸化作用:むらさき芋、しそ、お茶• 抗がん作用:ブロッコリー、キャベツ、トマト、きのこ また、ストレスを溜めないようにする、睡眠時間を確保するなど、規則正しい生活は何に対しても有効です。

次の