近くの郵便局 何時まで。 近くの郵便ポストを現在地から探したいときの方法を紹介!

郵便局窓口の営業時間は?【平日・土曜日・日曜日・祝日】ゆうちょATMの利用時間は?

近くの郵便局 何時まで

県内の場合:翌日中• 県外(本州内)の場合:翌日中• 県外(その他)の場合(例:東京から九州など):翌日から翌々日• 北海道-沖縄の場合:翌々日 というように、距離が離れるとその分日数がかかります。 その理由は、郵便物を各地の支局から一旦各地の本局に集められて仕分けをし、それぞれの都道府県にある本局に向けてトラックや飛行機などで配送するため、距離が長ければ長いほど日にちがかかるということなのです。 ということは、届けてもらいたい場所が同市であり、なおかつ速達で出したなら当日に相手先に郵便物が届く。 ということなのでしょうか? 郵便局は当日に届けるとは公にしていない 実は、 郵便局では「当日にお届けします」とは公にしてはいません。 郵便局で取り扱われる速達のお届けにかかる時間及び日数は、基本以下の通りとなっています。 県内の場合:翌日午前中• 県外(本州内)の場合:翌日午前中• 県外(その他)の場合(例:東京から九州など):翌日午前から夕方• 『新特急郵便』は「おおむね午前中の差し出しで、午後5時頃までにスピード配達」してくれるサービスですが、一部の主要都市でしか取扱いしていないことや、利用する際には事前に申し込みをしなければならないこと。 また、定期的に継続して差し出すことが必要となってくるので、どちらかというと企業向けの方法と言えるでしょう。 おすすめ関連記事• 速達なら当日に届く可能性も高い 郵便局は当日に郵便物を届けるとは明記していませんが、当日に配達してもらう可能性を上げることはできます。 「速達」ならば、急いで出したい郵便物やゆうメールをスピーディに届けてくれます。 速達で出したい郵便物やゆうメールの表の面には、 出典: 上の図のように、縦長の郵便物やゆうメールなら表面の右上部に赤い線を、横長の郵便物や荷物なら右側部に赤い線を引きます。 (郵便局の窓口でも速達のしるしを付けてくれますので、窓口で出す場合は赤い線がなくても大丈夫です。 )郵便局の窓口に持っていき、料金を計算してもらい支払いをするか、または料金分の切手を貼ってポストへ投函します。 もちろん当日に届けたいのなら早めの時間が一番じゃが、出すところもポストはあまり良い選択ではないかもしれんよ。 速達を出すならポストよりもゆうゆう窓口で! 速達はポストに投函することももちろん可能ですが、速達で送るときの料金は、郵便物の重さや大きさで変わってきます。 もし、貼った切手の料金が間違って少ない料金だったとしたら、速達として届けられません。 その点、郵便局のゆうゆう窓口に直接持っていけば、料金をその時にきちんと計算してもらえますし、速達のしるしも窓口で付けてくれますのでポストに投函するよりもずっと確実で安心ですね。 本局に持っていけば当日届く確率はもっと上がる! 速達をお願いする郵便局は「本局」であると、当日の配達の確立がもっと上がります。 本局に郵便物を直接持っていけば、「各支局から集められた郵便物を本局に収集する」という時間を短縮することができますので、その分早く配達される可能性があるというわけです。 そして、配達先が速達をお願いする郵便局(本局)の管轄内にあると、配達先への距離が短いため早く届けられることになります。 (配達先があまりにも遠方である時は、無理をせずお近くの本局に持っていきましょう。 ) 一つ気を付けたいことは、同じ管轄内でも当日に配達してもらいたい場合は必ず「速達」にすることです。 たとえ本局に持って行っても、普通郵便では当日に配達してもらえる確率は下がってしまいます。 料金は速達にする分高くなってしまいますが、そこは当日配達してもらうためです。 手を抜かないようにしましょう。 念のために、お近くの本局に当日の配達が可能かどうかを事前に問い合わせておくといいでしょう。 おすすめ関連記事• 土日祝でも速達なら配達してくれる! 昔、郵便局が官公庁であった「日本郵政公社」という名前の時代に、土日祝日がお休みだったことから、今でも郵便局は土日祝日は「お休み」だというイメージが強く残りますが、郵便事業を扱うゆうゆう窓口や本局はしっかりと営業をしています。 特に本局ですと、平日でも土日祝日でも夜間の受け付けを行っていますし、本局のみならず、24時間営業している窓口がほかにもありますので、夜中や明け方に持っていくことも可能ですよ。 配達の方も、普通郵便ですと土日祝日を挟むことにより1~2日出遅れることがありますが、速達で出してあるならば土日祝日にかかわらず早く確実に配達してくれます。 (ただし、ほかの「当日に届けられる条件」がそろっていないと、当日に届かない可能性もあります) しかし中には土日祝日がお休みの郵便局もありますよね。 開いている窓口とお休みの窓口の違いは、実は『銀行法』にあるんです。 その内容は、 『第二章「業務」(休日及び営業時間)【第一五条】 銀行の休日は、日曜日その他政令で定める日に限る。 』 出典: とされており、銀行は土日祝日がお休みとなります。 郵便局でも「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命の代理店機能」を中心とした窓口局があり、こちらの営業タイプの郵便局は「銀行」と同じ扱いとなりますので、土日祝日はお休みとなってしまいます。 間違えないように注意しましょう。 もしお近くの郵便局がお休みだった場合は、本局に持っていくのが一番確実となります。 速達などのオプションを付けた時の料金や封筒サイズごとの料金については、の記事で詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。 配達先が「管轄内にある郵便局」であること (配達までの時間の短縮)• 速達をお願いする郵便局は「本局」であること (支局から本局までの配送時間を省く)• 必ず「速達」にすること (同じ管轄内であっても「速達」にする)• 朝イチバンに持っていくこと (仕分けが早くできれば、当日に配達される確率が上がる)• 当日の配達が可能かどうかを郵便局に事前に問い合わせておくこと (念のため、確認しておくのがBESTです。 ) 今やインターネットでメールやチャットで連絡を容易に取ることができる時代ですが、大切な書類や情報などネットで送ることができないものもありますよね。 郵便局の郵送システムを大いに利用して、配達先とのスムーズなやり取りをしていきたいものですね。 損したくないなら読むべき記事!.

次の

郵便局で新札に交換してもらう方法・交換可能時間・手数料相場

近くの郵便局 何時まで

スポンサードリンク 郵便局の窓口やATMの利用時間は? 郵便局の営業時間て短い気がしませんか? 窓口が16時に閉まっていたりして。。。 そうなるとATMの利用時間は何時までなの?という疑問も出てきませんか? 郵便局の窓口には店舗により土日や夜間も利用できたり、24時間利用できるゆうゆう窓口というものも存在していて便利になっているんです。 そしてATMも郵便局だけではなくコンビニにも設置されていて便利になっています。 そんな郵便局の営業時間やゆうゆう窓口、土日祝日の営業・ATMの利用時間や手数料についてまとめていきたいと思います。 ちなみに、郵便局の業務は 「郵便局」が窓口、 「日本郵便」が郵便事業を、 「ゆうちょ銀行」が銀行事業を、 「かんぽ生命」が保険事業を担当しています。 スポンサードリンク 郵便局の営業時間、土日祝日は? 郵便局の窓口業務は、二種類あります。 土日祝日は基本的には休みです。 ただし、一部では土曜日も営業している店舗も意外と多くあります。 さらに、大規模な一部店舗では土曜日も日曜祝日でも、深夜も営業している郵便局もあります。 土日祝日は休みです。 一部地域(都市部など)の大規模な店舗では、16時以降も窓口業務をやっているところもあります。 最寄りの郵便局検索はこちらが便利です。 post. japanpost. そんな方にはゆうゆう窓口がおすすめ。 意外と知らない方も多いようですが、土日祝日、夜間でも利用できる窓口なんです。 昔は時間外窓口という言い方もされていましたが、イメージアップのためにゆうゆう窓口へと呼び方が変わりました。 主な業務は 郵便物の引き渡し、発送、切手やハガキ、その他関連商品の販売となります。 ゆうゆう窓口は、同じ郵便局内に設置されていますが、通常窓口は郵便局会社、ゆうゆう窓口は郵便事業会社が運営を行い、違うものであり、通常窓口が開いている時間帯はゆうゆう窓口は閉まっています。 ゆうゆう窓口自体、設置されている店舗が少ないため、こちらから検索できます。 post. japanpost. html スポンサードリンク ゆうちょ銀行のATMについて ゆうちょ銀行のATMは、郵便局に設置されているATMとファミリーマートに設置されているATMが使い勝手もよく、手数料も安いのでおすすめです。 その他セブン銀行やイオン銀行・メガバンクや地方銀行ATMでも利用できますが、手数料が高くなります。 ゆうちょ銀行ATMの手数料や利用時間を説明します ゆうちょ銀行ATMの営業時間 (平日) 預け入れ:7:00~21:00 払い戻し:24時間利用可能 (土曜日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:24時間利用可能 (日曜日・休日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:21:00~00:05までだけ利用できません。 その時間以外は利用可能です メガバンクや大手都市銀行atmも終日利用可能です。 しかし、現金の振り込みは8:45~18:00までと制限されています。 <<関連記事>> ゆうちょATM手数料 預け入れ、引き出し ゆうちょ銀行のATMであれば、預け入れ、引き出し手数料ともに24時間無料です。 提携金融機関でのATM・CD提携サービス手数料 (平日)108円 8:45~18:00 (土曜日)216円 9:00~14:00 (日曜、休日)216円 スポンサードリンク 振込手数料 ゆうちょ銀行間の振り込み手数料は月5回まで無料。 月に5回を超えると1回あたり216円必要です。 他行への振込手数料 5万円未満:216円 5万円以上:432円 ファミリーマートやコンビニでの利用 ファミリーマート内に設置されているATMではほぼ全てのATMサービスが24時間利用できます。 (日曜、休日の21:00~23:55までだけは他の金融機関への振り込みはできません。 ) ファミリーマートのゆうちょATMではゆうちょキャッシュカードによる預入、引き出し手数料は無料です。 振り込みや各種金融機関のカードでの利用は手数料がかかります。 その他コンビニ(セブンイレブン等)でもゆうちょ銀行カードが使えますが、手数料、店舗数、時間帯ともにファミマでの利用がとても便利です。 ファミリーマートのゆうちょATM検索はこちらが便利です。 japanpost. しかし、ATMでできる範囲なら利用可能です。 例えば、郵便局店内のATMであれば、営業時間内であれば硬化の入金ができますので、硬化をお札に両替したいときになどには使えます。 しかし、窓口の営業時間外や、コンビニなどの店舗外ATMでは硬化は入金できませんので注意が必要です。 ATMの1日あたりの利用限度額は50万円です。 ファミリーマートのATMでは1日あたり20万円が限度額となります。 ゆうちょ銀行のATMは年末年始やゴールデンウイークやお盆は使える? 年末年始やゴールデンウイークやお盆といった期間は、郵便局に設置されているATMは、郵便局の各店舗によって変わります。 郵便局が営業していなくてもATMだけは使える店舗もありますので最寄りの郵便局でお問い合わせください。 ファミリーマートに設置されているATMは使えますので、ファミリーマートが一番確実です。 post. japanpost. japanpost.

次の

郵便局の営業時間やゆうちょ銀行のATMの利用時間・手数料まとめ

近くの郵便局 何時まで

レターパックを買える場所 レターパックを購入できるのは、主に以下の6ヶ所です!• 郵便局の窓口• コンビニ• 切手SHOP(ネット通販)• 切手販売(ネット通販)• 金券ショップ• ネットオークション・フリマアプリ 私は郵便局でしか買えないと思っていたのですが、調べてみると結構いろんな場所で買えるんです! それぞれにメリット・デメリットがありますので、一つ一つ順番に見ていきましょう〜 1. 郵便局の窓口 まず1つ目は郵便局の窓口です。 レターパックプラス・・・510円• レターパックライト・・・360円 となっています。 全国一律この料金で送れてしまうので、やっぱりレターパックは便利ですね! 一方で、郵便局で買うデメリットは 営業時間が限られていることかと思います。 営業時間は店舗によって変わりますが、だいたい 平日の9:00〜17:00くらいではないでしょうか。 この時間って、サラリーマンの方にとっては結構厳しいですよね...。 都心部であれば24時間営業の郵便局もありますが、ごく一部の店舗なのであまり当てに出来ません。 コンビニ 続いて2つ目はコンビニです。 こちらも料金は定価で、• レターパックプラス・・・510円• レターパックライト・・・360円 となっています。 私の家の近所には郵便局がないので、コンビニは幾度となく助けられています。 本当、近くにコンビニがあって良かった...。 ただし、全てのコンビニで購入できるわけではありません。 今のところ、レターパックが置いてあるコンビニは、• ローソン• ミニストップ• サークルK・サンクス• セイコーマート• スポンサーリンク 3. 切手SHOP 3つ目は、「切手SHOP」です。 こちらは、日本郵便が運営している通販サイトになります。 サイトは。 こちらも料金は定価で、• レターパックプラス・・・510円• レターパックライト・・・360円 となっています。 ただし、切手SHOPでレターパックを買う場合は、 20枚単位で買わなくてはなりません。 つまり料金は、• また、切手SHOPは送料として全国一律720円がかかるのですが、5,000以上お買い上げの場合は無料になるので、レターパックを買う場合は送料はかかりませんね。 それに対してデメリットは、 20枚単位でしか買えないところかと思います。 私のようにオークションで頻繁に荷物を送る機会がある人ならまだしも、普通の人にとって20枚ってさすがにちょっと多いですよね...。 多分、買っても使い切らずに余らせてしまうと思います。 ですので、1. 2枚必要な方にとっては、ちょっと利用しにくいサービスですね。 切手販売 4つ目は、「切手販売」です。 こちらもネット通販になりますが、先ほどの切手SHOPと違い、郵便局は関係ありません。 サイトは。 こちらも購入する際には、 最低20枚買わなくてはいけません。 ただし、まとめ買いすることで、以下のように単価が少し安くなります。 やはり、こちらも少しだけ欲しい方には利用しにくいサービスとなってしまいますね。 金券ショップ 5つ目は金券ショップです。 知らなかった方も多いかと思いますが、実は金券ショップdもレターパックが買えるんですよ! 料金は店によって変わりますが、• レターパックプラス(510円)・・・480円〜500円• 金券ショップの数が少ない• また、大体の金券ショップが都市部の駅前とか大型のショッピングモール内にあるかと思います。 なので、近所にない方はわざわざ足を運ぶ必要がありますし、場合によっては交通費がかかることも考えられます。 ネットオークション・フリマアプリ 最後に、ネットオークションやフリマアプリです。 こちらも、金券ショップと同じく定価よりだいぶ安く買うことができますよ!ただし、常に出品されているわけではないので、これまで紹介した中では、ちょっと利用しづらいかもしれません。 ちなみに、私は暇なときはやを覗いて、誰か出品していないかチェックしています。 最後に いかがでしたでしょうか。 レターパックを購入できる場所を解説してきました! 最後にもう一度要点をまとめますと、購入できる場所は以下の6か所。 郵便局の窓口• コンビニ• 切手SHOP(ネット通販)• 切手販売(ネット通販)• 金券ショップ• ネットオークション・フリマアプリ それぞれのメリット・デメリットは、 郵便局• ただ、とりあえず1. 2枚欲しいということであれば、近くに金券ショップあればそこを確認し、無ければコンビニで買うのが良いのではないかと思います。 以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の