さしすせそ 褒め。 男がドン引きしちゃう「さしすせそ言葉」|実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #1 — 文・並木まき

男性が喜ぶ褒め言葉の「さしすせそ」とダメ言葉「たちつてと」とは?

さしすせそ 褒め

ラベル名• さ・・・「さすがです」• し・・・「知らなかった」「信頼しています」• す・・・「すごいですね」• せ・・・「センスいいですね」• そ・・・「尊敬しています」 このように『さしすせそ』を頭文字にして、 男性を持ちあげる言葉がぎゅっと凝縮してあります。 効果としては男性を持ち上げて男性に喜んでもらいつつ、自分を気に入ってもらうというのが一番の目的です。 狙っている男性を落とすテクニックとしては確かに優れているのがわかりますよね(笑)! さらにもう一つ大きな効果があります。 これはあくまでも副産物としてなのですが、実はこの言葉を女性が使うとそれまではあまり尊敬していなかった男性に対して、尊敬したり、相手の良いところが見つけられるようになる!という本来まったく想定していなかった効果があることがわかりました 笑。 つまり、使えば使うほど相手のことを認めるようになるのです。 言語化したら、それが真実になるって感じですね! 旦那様や長く付き合ってマンネリ化してきている男性に対してはとくに使っていただきたいです。 最近、彼氏や旦那様に対してなんかイラっとしてしまうあなた。 出会った当初はあんなに尊敬していたのに、最近はもういろいろ諦めちゃっているあなた! この言葉を使うと、ヨイショではなく、 本当の意味で相手を敬う気持ちが復活しますよ! 是非『さしすせそ』をマスターして、好きな人へのアプローチに、そして、大切な旦那さんや彼氏との関係修復にお役立てください! スポンサーリンク 恋のさしすせそ~使い方のコツ~ オーバーにやりすぎると不自然になる 好きな人の前とかだとついついテンション高くなりすぎてオーバーに表現することがあると思うのですが、リアクションが大すぎるのには要注意です。 わざとらしいくらいのオーバーな表現をすると男性に引かれる可能性があります。 あくまでも自然体(に見えるように)努めましょう。 発言する側にも意外な効果がある『さしすせそ』 この言葉を使うとなぜか自分が相手を好きになっちゃう! この『恋のさしすせそ』のすごいところは、汎用性が非常に高いところ。 狙っている男性にアタックするときに使うのはイメージしやすいですが、実は結婚後の旦那様にもつかえます。 これこそが今注目され始めている 『さしすせそ』の副産物的効果なのです。 もともとは相手男性を持ち上げるための用語です。 つまり、会社の上司、狙っている男性など、外部の人に使うことがほとんどだったはず。 では、これを家庭内の身内に使ってみてはどうでしょうか。 旦那様に『さしすせそ』を使ってみよう!と思うと多くの人が、 『褒めるところがない』と辛らつな言葉を述べます(笑)。 そう、さしすせそは身内に対してはかなり注意しないと使えない言葉なのです。 身内は距離が近すぎて気付かないのと、あと照れくささから、相当意識しないと相手の良いところなんて見つけられないのです。 でも!意識すれば必ず見つけられます。 それこそが汎用性の高さです。 例えばこのようなシチュエーションで使えます。 家族に対しての『さしすせそ』例文• さ:子どもを肩車できるなんてさすがパパだね(子供の前で言う)• し:そんな遊園地ができたの?知らなかった!教えてくれてありがとう• す:もう自転車修理してくれたの?ほんとすごい!• せ:パパが作ってくれた机、ほんとにセンスいいね• そ:会社で嫌なことがあっても不満を言わずにがんばくれてるね、そ~ゆ~ところ尊敬してるよ いかがですか? 意識しなかったらそのままスルーしているであろう、日常の光景です。 男性って地味にたまに家事を手伝ってくれたり、子育てについても隠れて自分なりに会社の同僚にコツを聞いていたりするもんです。 でもあの人たちは女性と違って表現があまり得意じゃないので、その辺の努力とかをあまり自分から言いませんよね。 だからこそ、この『さしすせそ』の登場です。 彼らが自分んで表現できない、素晴らしいポイントを指摘してあげるのです。 『さしすせそ』の良いところはそれぞれの言葉がかなり抽象的であること。 どのおかげで、絶対に絶対に相手を褒めるネタは見つかります。 これ、子供の教育にも良くて、小さいころからこのクセをつけると、相手の長所を発見できる子になります。 悪いところはすぐに目につくのに、長所はなかなか見つからないものです。 だからこそ、家庭内でこのような会話をすることが癖になるといいですね。 調査結果(まとめ) モテる女性が使う魔法の言葉『さしすせそ』。 これを言うと男性も気分が良くてもっと頑張ろうって思っちゃいますし、 女性陣も『さしすせそ』を言おうと思ったら自然と相手のいいところを探しちゃうという何ともメリット盛りだくさんの魔法の言葉です。 これから好きな人とのデートを控えている人も、旦那さんのことを昔のように尊敬したり大切に思えたりができなくて落ち込んでいる人も、ぜひともこの『さしすせそ』を使ってみてください。 本当に登場人物が誰一人嫌な気持ちにならない魔法の言葉だと思います。 相手の良いところを見つける癖をつけましょうね! りん(34歳) 『縁結びLab. 』の所長。 33歳で結婚。 昨今の婚活事情・婚活システムを調べることを趣味としており、様々な角度からお見合い、結婚相談所、婚活パーティーの情報等を徹底調査している(もはやオタク)。 本音トーク満載で時に毒舌になることもあり。 実は昔、キャピキャピでラジオDJをしていたとう驚きの過去がある。 田舎町の小さなラジオ局で、番組内で500人以上もの人と対談したことで、実は会話・フリートークマニアでもある(もはやオタク)。 (朝一でアナウンサーが噛んだりすると本気で許せん) 現在は最新の婚活情報に加え、ラジオ局DJ時代のたたき上げスキルを活かし『婚活やデートで使える会話術』を公開中。 助手うさぎの『のっち』とともに研究に没頭。

次の

男性が喜ぶ言葉「さしすせそ」はもう古い?新モテ言葉「まみむめも」

さしすせそ 褒め

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 人を褒めることの利点は? 人に褒められたときにどのような感情を抱きますか?多くの人は「うれしい」「もっと頑張ろう」と好意的に感じるのではないでしょうか。 人を褒めることで人間関係がスムーズになったり、相手のモチベーションを上げたりと利点がたくさんあります。 人間関係がスムーズになる 褒めるためには、相手自身の美点を「認める」ことと、それを「伝える」ことが必要です。 たとえ小さな美点であったとしても、褒めることで 「よく見ていてくれている」「理解してくれている」と相手に好意的に伝わります。 人は自分に好意的な人には好印象を持ち、相手にも好意的に接しようとするものです。 人から何かしてもらったときに、お返しをしようという気持ちが働くことを心理学では「返報性の原理」といいます。 人間関係をスムーズにするためにもお互いが好意的に接するように努めることが大切です。 褒めることは 好意を伝える最強のコミュニケーションツールといえます。 相手のモチベーションUP 子どもの頃、親に頑張ったことを褒められ「もっと頑張ろう」と自信とやる気を得た経験はありませんか?人はどうでもよい相手や期待していない相手を褒めることはありません。 褒めることは 「あなたに期待している」という気持ちを伝えることでもあります。 人からの期待は、モチベーションアップに効果的です。 相手に積極的に動いてほしい・頑張ってほしいと感じたときは、褒めることが有効といえます。 上手な褒め方のポイント4つ 褒めるときは適当に褒めればいいわけではありません。 むしろ、適当に褒めたことが伝わると「社交辞令」とネガティブに受け取られる可能性が高いです。 上手に褒めるポイントを4つに分けて解説します。 褒めるときは具体的に 褒めるときは、褒める内容を具体的に示すことが大切です。 例えば、相手の頑張りを褒めるシチュエーションがあったとします。 「頑張ったね」と簡潔に褒めることは誰が相手でもできることです。 相手によっては見え透いた社交辞令と受け取られることもあるかもしれません。 しかし 「~なところを頑張ったね」と具体的に褒めることで、相手自身に「自分のことを見てくれている」という 自信や 安心感を与えられます。 「褒めればいい」という適当な感情は必ず相手に伝わり、信用されることはありません。 誠意のある褒め言葉こそが、相手の信用を得ることにつながるのです。 意外な部分を褒める 言われ慣れている褒め言葉は、相手のなかでマンネリ化しているものです。 しかし、相手が 自分でも気づかなかった部分を褒めることで意外性や新たな感動を与えられます。 他人から見過ごされやすい部分にこそ心を動かす褒めポイントがあるものです。 「整理整頓をきちんとしている」「相手の気持ちを考えている」など、 些細な部分にも目を向けることが求められます。 相手が 短所だと感じていることを「個性である」と褒めることも効果的です。 例えば、頑固な人であれば「意思が強い」、緊張しやすい人であれば「真面目で頑張り屋」ともいえます。 相手が短所を気にしているときは、長所に言い換えて褒めてあげるとよいです。 質問形にする 「すごいね!」「さすがだよね」などの直接的な褒め言葉は、人によっては「恥ずかしい」と感じるものです。 褒め言葉に対して強く謙遜を示す相手の場合は、質問形にして褒める形で対策します。 例えば、相手の仕事の早さを質問形で褒めたい場合は「どうしたらそんなに作業が早くなったの?」という風にアプローチするのです。 質問形にすることで、相手の頑張りや褒めポイントを理解しているという説得力が増す上に、相手自身も「それなら~」と答えやすくなります。 また、 質問をすることでコミュニケーションが活発になり、人間関係がスムーズになることもメリットです。 本人がいないところで褒めるのもあり 直接言われるよりも 第三者から伝わるほうが信頼性・信憑性が増すことを、心理学では「ウィンザー効果」といいます。 本人を直接褒める以外にも、第三者を通して褒め言葉を伝えることも方法の一つです。 第三者から「あなたが褒めていた」という事実が、褒めたい本人に伝言形式で伝わったとします。 褒められた本人は、褒められたことへの喜びだけでなく「他の人にも良い形で話してくれている」という事実も合わさり、直接伝える以上に相手を喜ばせる効果が生まれるのです。 間接的に褒め言葉が伝わることで、褒め言葉の真実味も増します。 伝言で伝わることを加味して、具体的かつ簡潔に褒めることがポイントです。 あらゆるシーンで使える「さしすせそ」 料理の際に使用する調味料を指す「さしすせそ」ですが、実は褒め言葉の「さしすせそ」も存在します。 上手な褒め言葉は、人間同士の関係性をおいしく味付けしてくれる調味料です。 褒め方や褒め言葉に迷ったときは、褒め言葉のさしすせそを活用します。 ビジネスで使える褒め言葉 ビジネスで使える褒め言葉は 「さすがです」「知りませんでした」「すごいです」「センスありますね」「そうなんですね」の五つです。 褒め言葉であり「相手を称える言葉」でもあるため、上司・先輩・取引先などの「目上の人」に対しても使えます。 ただし、取って付けたように使用すると「心にもないお世辞」として伝わる恐れがあるため注意が必要です。 ビジネスの場で褒め言葉を使用するときは、 具体的なエピソードと褒め言葉のさしすせそを セットで使用します。 例えば、先輩から自分の知らない知識を教わったときは「~なんですね。 知りませんでした!」と、教わった知識を復唱する形で褒めるとよいです。 子どもをやる気にさせる魔法の言葉 子どもは褒められることで「認められた」という喜びを感じます。 同時に 「もっと頑張ろう」「また褒められたい」と、やる気を生み出すことにもつながるのです。 子どもをやる気にさせたいときは 「さすが」「上手」「すごい」「正解」「そうだね」の五つを活用します。 子どもの成長を促すためにも「何を褒めたのか」を説明してあげるとよいです。 漠然と「すごいね!」と褒められるよりも「お片付けが1人でできてすごいね!」と褒められたほうが、子ども自身が「なぜ褒められたのか」を学習できます。 「できた事実」を褒めることが、子どもの 自己肯定感や達成感を高めるのです。 こんな使い方はNG 褒めたつもりなのに「正しく伝わらなかった」「相手を怒らせてしまった」という経験はありませんか?褒め言葉は相手のモチベーションアップや人間関係の円滑化につながる一方で、使い方を間違えると相手にフラストレーションを与えたり人間関係を阻害したりすることもあります。 相手は褒められてうれしいと感じるどころか、他人と比較されたことを 不愉快に感じる可能性があります。 比較の意図が伝わると「常に誰かと比べた良し悪しで見られている」と思われてしまうのです。 また「今回は褒められたことでも、自分よりできる人がいたら褒められない」というネガティブな印象を抱かれてしまいます。 また、人間関係において比較することはけなすことと同じ意味です。 「影では自分の悪口を言われている」と勘ぐられるかもしれません。 他人と比較することは控えて、 相手の行いだけを褒めることが大切です。 大げさでわざとらしい言葉を使う 褒め方や上手な褒め言葉が分からないことで、過剰な表現になっていませんか?過剰な褒め言葉には説得力がありません。 オーバー気味に「すごい!」「尊敬するよ」と褒められた相手は、 軽視されていると感じてしまいます。 また、過剰な褒め方は「相手の気持ちをコントロールする」材料にしていると捉えられてしまう恐れがあります。 円滑な人間関係を築くどころか「信用ならない人」というネガティブなイメージを植え付けかねません。 褒め方が分からないときは、褒め言葉のさしすせそを活用したり素直に感謝の気持ちを伝えたりと 「シンプルに褒める」ことを心がけます。 不信感や不快感を与える褒め方 事実と異なることを褒めることもNG項目の一つです。 例えば、見るからに顔色が悪い人に対して「元気そうだね」と褒めることは、皮肉と受け止められ不信感を与えてしまいます。 「かわいいね」「足が長くていいね」のようにルックスや個人の努力と関係ないことを褒めることも避けるべきです。 自分にとっては褒め言葉の意味でも、 相手のなかでは気にしている事柄かもしれません。 場合によってはセクハラに当てはまり、トラブルの原因につながります。 褒めるときは 「自分がどう思うか」ではなく「相手の喜ぶこと」を想像することが大切です。 番外編 子どもを褒める場合のポイントは? 意味もなく「すごいね!」と褒めているだけでは、子どもの成長にはつながりません。 また、何でも褒めていては子どものなかに良くない甘えが生まれ、わがままばかりの子どもに育つ恐れがあります。 子どもの健やかな成長を願うのであれば、子どものためになることを考えて褒めることがポイントです。 子どもの存在自体を肯定する 子どもを褒めるシチュエーションは、子どもの良い行動だけではありません。 「生まれてきてくれてありがとう」「お母さんは一緒にいれてうれしいな」など、子どもの存在自体を肯定して褒めることも大事です。 存在することを無条件に褒められることで、子どもは親の愛情を実感します。 そして、自分の存在価値を認めて、 自分自身を大切に思えるようになるのです。 自分に対しても思いやりを持てるようになると、他人に対しても思いやりを持って接するようになります。 また、自信がつくことで物事をポジティブに見ることができるようになり、将来的に自己主張ができる子どもに育つのです。 努力の過程もしっかり褒める 子どもが何かを達成したときに褒めることと同じく、子どもが「努力したこと」を褒めることも大切です。 努力をしてできるようになる一方で、達成するまでに時間がかかるものもあります。 しかし、子どもにとって何かを頑張れたこと・頑張ることは将来にも活きる財産です。 たとえできなくても 「できるように頑張ったこと」は、しっかり褒めてあげます。 子どもは頑張ったことも褒められると知れば、チャレンジする気持ちを持つようになるのです。 com 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【褒め方のコツとは?】子供へのさしすせそや効果的な言葉

さしすせそ 褒め

お世辞を本気で受け取る男はキモイ これらをTwitterのbotのごとく合いの手をいれると、男性にモテるというド定番のモテ知識です。 肯定的な言葉をたくさん言える女はモテますよね。 誰だって褒められたら気持ちが良いですからね。 けど悲しいことに、 「さしすせそ」を真に受ける男性は褒めた女性から嫌われるのです、 褒めて貰って素直に受け止めたら、その女性から嫌われるって理不尽にも程があります。 女心は複雑と言いますが、私はこの嫌いになってしまう女心はなんか理解できます。 褒め言葉を真に受ける男はモテない 発言のひとつひとつを真面目に重く受け取る人は重いです。 その真剣さと余裕のなさがキモさとなり、非モテ臭が溢れます。 これは男女共通して言えることです。 モテる人は社交辞令と理解した上で「ありがとう」と言って軽く流すんですよ。 この気楽さと明るさと爽やかさが一緒にいて楽しいのです。 軽い気持ちで言ったことを、真剣に受け止められたら、罪悪感を覚えるし、ふざけることのできない空気から逃げ出したくなります。 褒め言葉は軽く流せ! モテの「さしすせそ」を言われて舞い上がっていたらダメです。 彼女は俺をよく見てる!彼女は俺の良さを分かってる!彼女は俺に気がある! ほとんど社交辞令です。 もしくは軽い気持ちで言ってるだけです。 勘の良い女性は、 この男を安易に褒めたら気があると勘違いされて惚れらてストーカーになるかもしれないと警戒して、 「さしすせそ」を使わないようにして突き放す作戦に出ます。 モテる人は普段から褒めて褒められ慣れてる 男性からしたら勘違いさせるようなこと言うなと思われるかもしれません。 女性からしたら褒め言葉くらい誰にだって言うわよ、ってわけです。 普段から他人を褒めることをしない人は、他人から褒められたら、がっつくじゃないですか。 その必死さが姿勢がキモいです。 逆に普段から褒めてる人って、お返しに他人から褒められてるから、褒められ慣れてるんですよね。 だから特別なことじゃないから軽く流せるんです! その余裕がある様子がますますモテるんです! 最後に 「すっごーい!たのしー!」くらいで本気になられては困ります。 「きみはお世辞が通用しないフレンズなんだね!」と思われても仕方ないです。 彼氏候補から降板。 恋愛対象から、のけものです。 フレンズ以下の関係で、けだものフレンズにすらなれないです。

次の