こめかみ 腫れ。 こめかみを押すと痛い原因がヤバい!左右どちらが痛むかで違う?

リンパ節の腫れ

こめかみ 腫れ

「こめかみの辺りを押すと痛い!」 ということはありませんか? こめかみにはツボがあるのですが、押したときに痛いと「体のどこかが悪いのでは?」と不安になってしまいます。 脳に近い部位ですから、一層心配してしまうというもの。 そこで、この記事では、• こめかみにあるツボ• こめかみを押すと痛い原因と対処法 などをまとめています。 左側又は右側のこめかみ痛い場合• 腫れやしこりがある場合 についても触れていますので、ご参考ください。 こめかみにあるツボとは 「ツボを押して痛い場合、体のどこかが悪い」という話を聞きますよね。 例えば、足裏の肝臓のツボを押して痛い場合、肝臓が悪いなど。。 実際に、歳を取ったり運動不足の場合に、ツボに痛みを感じやすいそうです。 では、こめかみのツボを押して痛い場合は、どうなのでしょうか? こめかみのツボ「太陽」 こめかみの周辺には、「太陽」と呼ばれるツボがあります。 このツボは、 頭部に関係するもので、特に目の疲れや老眼予防に効くと言われています。 別名では「眼医者ごろし」と言われることもあるほどです。 その他にも太陽は、 頭痛の緩和や、 顔のむくみ、 顔面神経痛にも効果があるとされています。 ツボを押して痛い原因の1つは、 血流の停滞です。 そのため、こめかみを押すと痛い原因も、血行不良が関係している可能性があります。 特に、こめかみがある側頭部には、三叉神経などの色々な神経が通っているため、血流が悪くなりやすいのです。 SPONSORED LINK こめかみを押すと痛い原因 それでは、こめかみを押すと痛い原因(血行が悪くなってしまう原因)を見ていきましょう。 眼精疲労 こめかみには、目と脳とを情報伝達を行う神経が通っています。 そのため、目が疲れていると、こめかみでは血行不良が起きやすいです。 実際に、こめかみを押して痛い原因が、眼精疲労であることは多いと言われています。 特に近年ではパソコンやスマートフォンの普及に伴い、知らず知らずのうちに目を酷使してしまっていることが多いです。 画面に集中するあまり、まばたきの回数が減っている、 画面から発せられるブルーライトの影響で血管が収縮している、 といったことが考えられます。 顎の疲れ こめかみに通る神経は、顎とも繋がっています。 会話が多い場合などに、顎の筋肉が疲れて筋肉痛や凝りが生じ、こめかみの痛みに繋がっている可能性が考えられます。 神経痛 神経痛が痛みの原因であることも考えられます。 例えば、脳へ繋がる血管が硬化や劣化して、顔面の神経を圧迫する顔面神経痛のため、こめかみに痛みが出ることがあります。 また、加齢やリウマチ、悪い姿勢が原因で、首の骨(頸椎)が歪んだり、筋肉が凝ると神経痛になる場合もあります。 その他、ストレスによる自律神経の乱れのせいで、血行不良が生じ、神経痛となって表れることもあると言われています。 顎関節症 顎関節症というのは、顎の関節に不調や痛みが生じる症状を言います。 顎の痛みやしびれを伴い、進行すると「ものを噛むと痛い」「口が開けられない」といった状態になります。 酷い場合には、肩こり、食欲不振、頭痛などの症状も発生して、日常生活にも支障をきたす可能性もあります。 顎関節症になって筋肉が緊張すると、こめかみの痛みとなって表れるのです。 口腔顔面痛 口腔顔面痛は、歯痛、歯肉痛、口腔内の痛み、顎の痛み、顔の痛みなどの総称を言います。 「首から上の謎の痛みは、ほぼ口腔顔面痛」 と言われることもありますので、こめかみが痛い原因も口腔顔面痛に分類される可能性もありますね。 群発性頭痛 群発性頭痛とは、ある時期(1~2か月間程度)だけに集中して、頻繁に起こる頭痛です。 片方の目の周辺を中心に、上顎や側頭に広がる酷い痛みを生じます。 女性に比べて、20~40代の男性が発症することが多いのも特徴です。 アルコールなど生活習慣の乱れ、たばこ、気圧の急変などが誘因とされています。 SPONSORED LINK こめかみを押すと痛い場合の対処法 マッサージ 血流が滞ったり、筋肉が凝ったりすると、こめかみが痛くなることが多いです。 その場合には、マッサージを行うことで、血行を促進し、コリを解消することが効果的であると考えられます。 また、筋肉の緊張をほぐすために、入浴などでリラックスすることでも改善する場合があります。 病気かもしれないと思ったら病院へ 一時的に目、顎、首などが疲れているだけであれば、マッサージなどでリラックスし休息をとる事で改善が期待できるでしょう。 ですが、神経痛、顎関節症、群発性頭痛など、何らかの病気の可能性が考えられる場合や、原因が分からない場合などは、必ず病院で医師の診察を受けるようにしてください。 特に痛みが長引く場合、違和感がある場合は、重大な病気の可能性もありますので、素人判断をしないように心掛けましょう。 左側のこめかみが痛い? 左側だけなど、片方のこめかみだけが酷く痛む場合は、もしかしたら群発性頭痛かもしれません。 前にも書きましたように、群発性頭痛は特定の期間に頻発して起こる頭痛で、目の奥をえぐられるような耐え難い痛みを伴うのも特徴です。 他にも、片頭痛、脳梗塞、蓄膿症、緊張性頭痛などの原因も考えられますので、すぐに医師に診てもらうことをおすすめします。 右側のこめかみが痛い? 左側同様、右側だけが痛い場合も、群発性頭痛、片頭痛、脳梗塞、蓄膿症、緊張性頭痛などの可能性があります。 片頭痛は、肩こり、眼精疲労、気圧低下、ストレスなどが引き金になって起きることもあります。 いずれにしても片方のこめかみだけが痛いのは、重大な病気が潜んでいる可能性も考慮して慎重に対処してください。 例えば脳梗塞であった場合、血管が詰まったり破れたりして、手足のしびれや言語障害に繋がってしまう恐れもあります。 SPONSORED LINK こめかみのしこりの原因 こめかみにしこりを感じる原因も見ていきましょう。 リンパが腫れている 風邪をひいている場合などには、免疫システムが体内に侵入した細菌(ウイルス)と戦います。 すると、リンパが腫れ、こめかみの痛みやしこりとして表れることもあります。 首のあたりには、100以上ものリンパ節があると言われていますが、こめかみにも影響があります。 もし風邪の疑いがあるなら、無理せずに休むことが先決です。 多くの場合、体調の回復とともにリンパの腫れも引いていくでしょう。 ですが、風邪から回復したはずなのに、リンパが腫れたままの場合は、リンパ炎節を発症しているかもしれません。 強力なウイルスや虫歯が酷いと、リンパに炎症が起きてしまうのですね。 リンパ炎節の治療に際しては、炎症を抑える薬を飲みます。 また、腫れが長引く場合には、悪性腫瘍や悪性リンパ腫の可能性も考えられますので、怪しいと思ったら必ず病院に行くようにしてください。 顎関節症 口を大きく開けたり、噛み合わせが悪かったりすると、顎関節症を発症することがあります。 顎関節症が進行すると、顎の付け根の関節から頭蓋骨にまで影響がでますが、その途中で、こめかみのしこりが出てくることも考えられます。 口腔外科又は歯科などを受診することをおすすめします。 吹き出物(ニキビ) こめかみのしこりの原因は、ニキビなどの吹き出物の場合もあります。 ニキビの原因としては、ストレス、生活習慣の乱れ、生理によるホルモンバランスの乱れなどが考えられます。 これらの要因によって過剰に分泌された皮脂が、毛穴に詰まりアクネ菌などの原因菌が繁殖してしまうと言われています。 生活を整え、皮脂や汗をこまめに落とすことが対策になります。 また、シャンプーや整髪料、洗顔料の洗い残しが刺激になってニキビができてしまう場合もありますので、清潔を心掛けましょう。 イボ(尋常性疣贅) ウィルスが原因となってできたイボがしこりの正体かもしれません。 イボの原因であるウィルスの種類は沢山ありますが、皮膚表面の傷から内部に侵入すると、イボができてしまいます。 こめかみなど顔のイボは見た目的にも気になりますので、皮膚科で見てもらうと良いでしょう。 石灰化上皮腫(良性腫瘍) 石灰化上皮腫と言いますのは、皮下(皮膚の内側)が石灰のように硬くなる症状です。 皮膚のすぐ下が硬くなるので、指で触ると、しこりのように感じるでしょう。 原因ははっきりと解明されていないそうですが、子供など若年層が発症しやすい特徴があります。 痛みや痒みを伴うこともありますが、痛くない場合も多いです。 ですが、自然に消えることはなく、放っておくと次第に大きくなることもあります。 治すには手術で切除することになりますので、小さいうちに切り取った方が良いそうです。 粉瘤(アテローム) 粉瘤(アテローム)も、石灰化上皮腫と同様に良性腫瘍の1つで、顔や頭に出来やすいです。 粉瘤は、石灰化上皮腫に比べると柔らかく、黒っぽい色をしています。 その正体は、老廃物(角質や垢)の溜ったものです。 痛みはないと言われていますが、放っておくと徐々に大きくなり、悪臭を放ちます。 治療に際しては、溜まった膿を出すために切開手術を行います。 側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎) こめかみ付近の側頭部を通る血管(側頭動脈)が炎症を起こすと、こめかみが痛んだり、しこりとなる場合があるそうです。 側頭動脈になると、こめかみにズキズキとした痛みが生じたり、視覚に異常が生じたりすることがあります。 キケンな状態と考えられますので、医師による早目の治療が必要になります。 SPONSORED LINK さいごに こめかみが痛い場合、原因としては、• 目の疲れ• 筋肉の凝り• 風邪によるリンパの腫れ• 片頭痛 などが多いと思います。 症状が軽ければ、マッサージなどでリラックスすることで快方に向かうでしょう。 ですが、なかには医師の治療が必要な重大な病気の可能性も捨てきれません。 違和感を感じたら、早計な自己判断を避け、病院に行くようにしてください。 この記事は、医師の監修によるものではありません。 情報については充分に注意を払っておりますが、内容の正確性等に対して、一切保障するものではないことをご理解ください。 SPONSORED LINK•

次の

こめかみの腫れと痛み

こめかみ 腫れ

いつもより目やまぶたがむくんでいる・腫れているように感じる時、見た目も気になりますが、健康面からも注意が必要なこともあります。 急にまぶたが腫れて熱を持っている• まぶたの腫れだけではなく目の充血や痛みもある• 片方のまぶただけが腫れている このような場合、どういった病気が考えられるでしょうか。 まぶたの腫れが知らせる病気 まぶたの腫れに伴ってさまざまな症状がある時、何らかの病気が隠れている可能性があります。 考えられるものとしては、次のようなものがあります。 まぶたの腫れが表れるよくある病気 まぶたの腫れから疑われる病気は、多くの場合以下の通りです。 霰粒腫 さんりゅうしゅ まぶたの裏側のマイボーム腺という場所に 肉芽腫 にくげしゅ という塊が発生する病気です。 初期症状としてはまぶたにしこりが生じ、しばしば腫れることがあります。 炎症が強くなると赤みが生じ、ときには皮膚から肉芽腫が出てきたり、まぶたにひきつれが生じることもあります。 数週間から数か月で自然に小さくなることもありますが、大きくなってしまった場合にはステロイド注射や手術で摘出などの治療が必要になることもあります。 受診の目安とポイント まぶたの腫れは数日のうちに自然と引くこともありますが、一方まぶたの腫れがなかなか引かない、日ごとにひどくなる、他の症状があるという場合にはできるだけ早く医師に相談しましょう。 その場合は基本的に眼科への受診でよいでしょう。 受診の際は、いつからまぶたが腫れているのか、他の症状はないのか、心当たりとなるきっかけがあるのかどうかなどを医師に伝えるとスムーズです。 日常生活上の原因と対処法 まぶたの腫れは普段の生活習慣から引き起こされていることもあります。 以下のようなまぶたの腫れの原因となる習慣がないかどうか、日常生活を見直してみるのもよいでしょう。 目を強くこすった まぶたは人間の皮膚のなかでも最も薄い部分です。 そのため、目をこすることで容易に刺激を受けて腫れてしまうこともあります。 目をこすりすぎたときは まず、目をこする原因となったなどがあれば、それを取り除きましょう。 目をこするという動作をなるべくしないことが大事です。 また、摩擦によって腫れたまぶたは乾燥しやすくなっています。 化粧水などで丁寧に保湿するのもひとつの方法です。 化粧品などの刺激 まぶたは皮膚が薄い分、肌に合わない化粧品などの刺激を受けやすく、乾燥や赤みなどの症状が出やすい部位でもあります。 スキントラブルを避けるために スキンケアもメイクアップもできるだけ肌への優しさにこだわっている商品を選ぶこともひとつの方法です。 また毎日アイメイクをしている人は、たまにはメイクをしない日を作るなど、まぶたを休ませる日を作るようにしてはいかがでしょうか。 アルコールや水分の取りすぎ アルコールや水分の取りすぎでまぶたがむくんだり、腫れたように感じることがあります。 一時的なものですが、飲み過ぎには注意しましょう。 よくならないときには このような工夫をしてもいつまでたっても良くならない場合は、何らかの病気が隠れている可能性も考えられます。 そのような時は一度眼科で相談してみましょう。

次の

こめかみを打撲して腫れてしまったとき

こめかみ 腫れ

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の