クレンチング 症候群。 くいしばりのリスクについて

原因不明の頭痛、肩こり、首の痛み「歯のくいしばり」が原因かも!?思い立ったらすぐチェック!知られざる「クレンチング症候群」とは

クレンチング 症候群

「クレンチング症候群」という言葉をご存知ですか? この症状は「歯を食いしばる癖」を指します。 とはいえこれだけだと「何故食いしばることが悪いのか?」と思う方もいらっしゃることでしょう。 ですが実は歯を無意識に食いしばるということは私たちの体にさまざまな悪影響を及ぼしているのです。 今回はクレンチング症候群の症状について説明していきながら、その原因・対処法を紹介していきます。 クレンチング症候群の主な症状と原因 私たちが歯を食いしばると、60kgにも及ぶ力がかかっていると考えられています。 これが食べ物を食べている間などの短い時間であれば問題ないのですが、日常的に歯を食いしばった状態が続いてしまうことが大きな問題を生み出してしまうのです。 例えば度重なる負荷に耐えきれず歯が削れたり、亀裂ができてしまうこともありますし、それにより歯がグラグラしてしまうこともあります。 また顎にも負荷をかけてしまうことから顎関節症の原因につながったり、肩こりの原因にもなり得るため、これらの症状に心当たりがある方は対策が必要です。 クレンチング症候群が発症してしまう原因はストレスで、顎の筋肉が緊張してしまうことによって発生します。 人はストレスによって顔周りの筋肉が強張ってしまうため顔つきが変わると言われていますが、それにより上下の歯が接触してしまう機会が増え、歯の食いしばりを生じさせてしまうのです。 クレンチング症候群を治療・対策するためには? もし前述した症状に心当たりがあるのなら、クレンチング症候群を悪化させないような対策を取っていく必要があります。 手っ取り早い対策が筋肉をほぐすという方法なので、首や手足の力を抜きながら、筋肉をほぐしてあげることが効果的なので取り入れてみましょう。 また日常的に上下の歯が接触していないかをチェックすることも大切です。 クレンチング症候群になっていると無意識に上の歯と下の歯が重なっている状態になっているため、常に歯に負荷がかかっています。 そのため日頃から上下の歯の状況がどうなっているのかを意識しておくことがクレンチング症候群を悪化させないためには重要なのです。 現時点ですでに歯が欠けていたりなど、目に見えてクレンチング症候群が悪化していることが分かっているのなら一度医師に相談してみるのも1つの手段として考えておく必要があります。 歯医者で状況を相談すればマウスピースなどを作ってくれるなどの歯に負担をかけないようなサポートを行ってくれるため、症状の改善がみられない場合はこちらも併せて検討してみましょう。 単純に歯を食いしばる癖としか考えずに放っておくと、思わぬ病気を併発させてしまう可能性もあります。 症状を悪化させないように早め早めの対策を心がけるようにしましょう。

次の

クレンチング症候群

クレンチング 症候群

私が患者さんと向き合い始めて、早30年以上たちます。 20代後半から30代前半にかけて歯科は完璧なテクニカルが制すると思い、根の治療、歯周治療、補綴治療などと完璧さを求めて精進していました。 ところが。 30代後半からどこで聞きつけたか、 「歯が全部あるのに噛めない」「虫歯でもなんでもないのに歯が痛い」とか「他院にて歯科治療を受けてから体調が思わしくない」とか、歯科のテクニカルをもってしても改善できない患者さんが知らないうちに多数を占めるようになりました。 当然、先輩の歯科医や大学教授や色々な先生に質問を浴びせましたが、誰一人として私が納得できる答えに巡りあうことができませんでした。 ただ目の前にこのような問題で悩んでいる患者さんが多数いると言う事実だけがありました。 そのころTMDと言う言葉を初めて目にしました。 それから20年経った今歯科の諸問題がどうして引き起こされ、そしてどんな治療をしていくのかはほとんど理解できるようになりました。 TMDの本の中に重要な事が書かれています。 上下の歯が接触するのは咀嚼サイクルの最後の瞬間と嚥下の時だけで、これ以外の時には歯が接触しないのがふつうです、もしそれ以外の時に上下の歯が接触しているならば、それは食いしばり、噛みしめ、クレンチング、TCH どれも同じ意味合いの言葉です)があるという事なので、直ちにやめなければいけません。 何故なら、喰いしばりは歯や歯周組織、顎関節、筋肉に大きな負担を強い、痛みの原因になるからです! そして、歯を離しておくための方法として「唇を閉じて、奥歯を離し、顔の力を抜く」という簡単なフレーズを患者さんに教えます。 現実的にはこれだけでは治りませんが、様々な本で紹介されており TMDのマントラ)と呼ばれています。 最近では神経内科でも、緊張型頭痛に対する生活指導として取り入れられています。 食いしばりは持続的に200kgの力が歯、歯周組織、顎関節、頭蓋頸部を支持する筋肉に加わります。 このTMD関連の本は、歯科界にすでに数十冊も出版されています。 20年前のお話です! 歯科医師:井出 徹 井出デンタルクリニック院長。 1955年、長野県佐久市生まれ。 1980年、神奈川歯科大学卒業。 「とにかく削らない銀座の歯医者さん」 として、普通の歯科医では解消できない歯痛に悩む「歯科難民」の間で、クチコミで有名になる。 虫歯や歯周病でない歯のトラブルには、姿勢の悪さからくる体のゆがみと、ストレスからくる「かみしめ」によるTMD(側頭下顎部障害)という症状が潜んでいるという視点から、既存の歯科の常識にとらわれることなく、エクササイズやストレッチなどの理学療法を加味した連携治療を行い、多くの患者さんの積年の悩みを解消し続けている。 「2012年版 日本の歯科100選」に選出。

次の

舌のひび割れは病気が原因?ドライマウス/溝状舌/圧痕

クレンチング 症候群

観覧数: 10681 Views• 更新日: 2016年09月30日 舌のひび割れは身体の異常!? 原因は病気? 口腔内を診察する歯科医師は、患者が訴えた歯の痛みだけではなく、舌の表面の性状や色から口腔内に異常がないかチェックしています。 舌は 身体の健康状態を指し示すバロメーターとして活用されているのです。 舌にひび割れができているという方は、もしかするとそれは何らかの身体のトラブルが生じているサインかもしれません。 今回は 舌のひび割れが起こる原因について詳しく解説していきます。 舌のひび割れの原因は? 普段は何でもない舌の表面に、地割れを起こしたようなひび割れがあると、気になって不安になってしまいますよね。 舌のひび割れの原因として、 ドライマウスや溝状舌、圧痕などが挙げられます。 ドライマウス ドライマウスとは、 唾液分泌量が低下した口腔状態のことです。 水分が減って喉が渇き、口の中が ネバネバする不快感が現れます。 口がパサパサしてパンやクッキーなどが食べづらくなり、唾液によって味物質が拡散されないので、何を食べても美味しくなくなり 食欲が低下します。 ドライマウスになると、 虫歯や歯周病にもなりやすくなります。 唾液には様々な酵素が含まれており、 細菌に対する抵抗力や細菌を洗い流してくれる 自浄作用があります。 しかし、唾液が減るとその効力が薄れ、虫歯菌や歯周病菌が繁殖してしまうのです。 また、口腔内の細菌が増えると同時に 口臭も発生します。 舌の表面に 舌苔(ぜったい)という汚れが溜まり、細菌がその汚れを分解して 揮発性硫黄化合物(VSC)という口臭物質を産生するためです。 舌の表面が黄色いと舌は乾燥していることが多く、ひび割れの症状も見られやすくなります。 舌苔が白い場合は逆に湿潤した感じになり、 ひび割れはあまり見られないと言われています。 重度の場合は舌がヒリヒリと痛くなり、ひび割れが見られます。 中には乾燥でひび割れているだけでなく、 カンジダ症を発症しているケースもあります。 カンジダ症はカンジダ菌という真菌が起こす感染症です。 カンジダ菌は普段から口腔内に存在している常在菌ですが、 風邪や妊娠、ストレスなどで免疫力が低下すると増殖してカンジダ症を引き起こします。 カンジダ症と舌のひび割れが起こっている時は、唇の端の部分が痛痒くなる 口角炎も併発しやすくなります。 ドライマウスの原因 ドライマウスの原因にはいくつかあり、日常的な ストレス・緊張、花粉症による鼻詰まりからの 口呼吸、加齢による 唾液腺周りの筋力低下、睡眠薬・抗不安薬など 薬の副作用による口渇などが挙げられます。 また、大きな病気が関わるものであれば、 糖尿病やシェーグレン症候群、放射線治療により唾液腺に異常をきたすことで現れることもあります。 ドライマウスの治療法 ドライマウスへの対処法は、セルフケアで補えるものと補えないものがあります。 ストレス・緊張や口呼吸、加齢によるものはセルフケアである程度まで改善可能です。 原因を自覚して取り除ける危険因子は排除し、 ガムを噛むことや 唾液腺マッサージによって唾液の分泌量を増やします。 それでも治らない場合は、病院で治療や カウンセリング・生活指導を受けることになります。 薬の副作用によるドライマウスの場合は、セルフケアだけでは補えません。 薬を処方している先生に相談して、同じ効果のある 別の種類の薬を処方してもらうのがベストです。 糖尿病が原因のドライマウスは、まず 血糖値のコントロールが先決です。 適切な治療を受けて病状が安定すれば、おのずとドライマウスの症状も軽くなるでしょう。 それでも症状が強い場合は、唾液腺マッサージや保湿剤を用いて口腔粘膜を潤す手段が有効です。 また、 シェーグレン症候群や放射線治療後の副作用によるドライマウスを根治することは難しいですが、唾液分泌を司る ムスカリン受容体を刺激する薬などで唾液を増やします。 溝状舌(こうじょうぜつ) 溝状舌(皺状舌)は、 舌の表面に縦横数本の溝が入った状態を指します。 長いものや短いもの、枝分かれしているものなど形は様々で、深い溝から浅い溝まであります。 どちらかというと 高齢者に見られ、幼い子供には現れることは少ない傾向にあります。 ドライマウスによるひび割れと異なり、痛みやヒリヒリ感も少なく日常生活で問題はさほど感じませんが、 味覚異常や口臭が生じる場合もあります。 また、時に 地図状舌(移動性舌炎)を併発することがあります。 地図状舌とはその名の通り、舌の表面に地図のようなまだらな白い模様が現れる現象です。 地図状舌は小さな子供や若い女性に見られることが多いです。 違和感はあるものの痛みがあることは少なく、数日で消えるので治療は要りませんが、念のため病院を受診しておくと安心です。 溝状舌の原因 溝状舌の原因は、先天性(生まれつき)のものと病気による後天性のものが挙げられます。 悪性貧血による萎縮性胃炎や胃潰瘍による胃切除後には、内因子という物質が分泌されにくくなることで ビタミンB12の吸収が不足します。 ビタミンB12は葉酸と一緒に粘膜や上皮を作る作用があるため、不足すると舌の表面に溝状舌が症状として現れることがあります。 舌乳頭が委縮すると、 ヒリヒリ感や灼熱感、痛みを生じます。 なお、悪性貧血に伴う溝状舌は ハンター舌炎とも呼ばれます。 メルカーソン・ローゼンタール症候群という病気では、溝状舌のほか、顔の表情筋が麻痺する 顔面神経麻痺や唇が大きく腫れる 肉芽腫性口唇炎(にくがしゅせいこうしんえん)などの症状が現れます。 一時的に症状が治まっても再発し、症状が強くなっていきます。 メルカーソン・ローゼンタール症候群の発症原因は明確にはなっていませんが、 虫歯や詰め物、アレルギー性鼻炎との関係性が疑われています。 溝状舌の治療法 先天的な溝状舌に対する治療法はありません。 ただし、溝に舌苔が溜まりやすいので 日頃のセルフケアが必要となってきます。 舌苔除去専用の 舌ブラシを活用しながら、清潔で口臭の発生しない爽やかな口腔環境を保つことが大切です。 ビタミンB12吸収不足の場合は、悪性貧血の治療および ビタミンB12を注射して、不足分を補い続ける必要があります。 メルカーソン・ローゼンタール症候群の場合は、まず 原因として考えられる疾患の治療を行います。 鼻炎に対して薬を処方する、虫歯があったら削って詰める、詰め物の不適合や2次カリエス(詰め物の下にできた虫歯)を治すなどの治療法が挙げられます。 なお、薬物療法としては、 副腎皮質ホルモンを投与して症状を抑える場合もあります。 圧痕 ドライマウスや溝状舌によるひび割れほど溝は深くありませんが、 舌のサイド部分にくびれたような大き目の凹ができることがあります。 これを 圧痕といい、舌に強く力を入れているせいで歯の痕が付いてしまった状態を指します。 なお、圧痕は舌だけではなく、頬の粘膜にも見られることがあります。 圧痕がある方は、歯をギューッと食いしばる クレンチング症候群である可能性も考えられます。 強い食いしばりがあると、 歯痛や肩こり・頭痛、顎関節症などの症状が現れることがあります。 圧痕の治療法 舌の筋肉が緊張しているということは、顎の筋肉全体が緊張しているということです。 まずはエラの近くにある 咬筋を指でほぐすようにマッサージしましょう。 就寝中の食いしばりが酷いようであれば、歯科医院で歯を保護するためのマウスピースを作製してもらう必要があります。 顎関節症はポピュラーな疾患であり、治療せずとも年を経るにつれて症状は消えていきます。 しかし、口が開かなくなるほどの顎関節症であれば、すぐに歯科医院で治療を受けてください。 舌のひび割れが気になったらまずは病院へ 舌のひび割れの原因は様々ですが、その場合によっては、放置していると口臭や虫歯・歯周病などその他の症状を引き起こすケースも考えられます。 セルフケアで症状が治まらないようであれば、我慢せずに病院を受診することをおすすめします。 歯科医院、耳鼻咽喉科、内科などを訪れるとよいでしょう。

次の