イース オリジン 攻略。 イースオリジン攻略マップでご案内

イース・オリジン

イース オリジン 攻略

基本アクション 主力となるのはジャンプ斬り。 威力は高く、ヒット数は多く、隙は少ない、と三拍子揃っています。 空中にいる敵や大型の敵にしかフルヒットしないのが難点。 通常攻撃 攻撃キーを連打すれば連撃になります。 連撃回数は五回で、五撃目は2ヒットします。 ブースト中は全体のヒット数が増加。 ジャンプ斬り 威力は通常攻撃より高く、多段ヒットします。 ブースト中はヒット数が増加。 下突き 威力は通常攻撃より高く、多段ヒットします。 スタン付加。 二段ジャンプから放つとスタン効果の発生率が上がります。 ブースト中はヒット数が増加。 特殊攻撃 前方にスライディングをおこないます。 威力は通常攻撃より低いですが、多段ヒットします。 命中するとランダムで DEFを下げます。 DEF低下は三回まで有効です。 攻撃中はのけぞりとダウンを無効化します。 通常攻撃、ジャンプ斬り、下突きの三種は、命中時にブーストゲージが上昇します(非ブースト時)。 スキル 《神速》のスキル 説明 風属性スキル。 風をまとって高速移動します。 移動中は無敵。 また、進路上にいる敵に多少のダメージを与えます。 方向ニュートラルで使用した場合は、もっとも近い敵に向かって自動的に移動。 ジャンプ中に使用すると飛距離が増加します。 溜めると威力とヒット数、移動距離が増加。 ブースト中は通過した場所に衝撃波が発生し、ヒット数が増加します。 コメント 接近と回避の手段として非常に有効です。 過重状態でも関係なく高速移動が可能。 吸引効果を振り切るときにも役立ちます。 《雷爪》のスキル 説明 雷属性スキル。 爪に雷をまとわせ、前方に多段ヒットする突きを放ちます。 命中するとブーストゲージが上昇し、 HPもわずかに回復。 ただし、ボス戦では HP回復効果が無効になります。 溜めると威力とヒット数、攻撃範囲が増加。 さらに、周囲の敵を攻撃範囲の中心に向かって吸引する効果が発生します。 ブースト中はヒット数と攻撃範囲、溜めスキルの吸引力が増加。 また、通常スキルにも吸引効果が発生します。 コメント トールはブーストすると戦闘能力が飛躍的に向上するので、ブーストゲージの上昇効果はきわめて有用。 攻撃範囲の広さに加えて吸引効果もあるので、ザコの集団を一掃したいときにも最適です。 あと、スライムの群に溜め《雷爪》を放つと一気に増殖してくれます。 SPを稼ぎたいときに。 《劫火》のスキル 説明 火属性スキル。 炎を身にまとい、多段ヒットする上昇攻撃を放ちます。 上昇中はガード効果が発生。 ジャンプ中に使用すると、飛距離と滞空時間が増加します。 溜めると威力とヒット数、攻撃範囲が向上し、ジャンプ中に使用したときの飛距離や滞空時間も増加。 ブースト中はヒット数と攻撃範囲が増加します。 コメント 敵の攻撃を無効化しつつ攻撃できる上、ダメージも大きいので、特にボス戦で重宝します。 スキルの発動中はのけぞりとダウンを無効化します。 ブースト中にスキルを発動すると、ブーストゲージがわずかに回復します。 消費MPの多いスキルほど回復量が大きいようです。 また、通常スキルよりも溜めスキルのほうが回復量が大きくなっています。 トールのスキルのうち、《神速》と《劫火》の二種は、スキルキーを放した直後に溜めを開始しようとすると、なぜか通常スキルが一回、余計に発動してしまいます。 これを防ぐためには、スキルの発動が完全に終わってからスキルキーを押すようにしてください。 ブースト&バースト ブースト 説明 ブースト中は被ダメージが半減し、通常攻撃、ジャンプ斬り、下突き、各スキルの性能が大幅に向上。 また、ブースト発動時には多少の無敵時間が、ブースト終了時には周囲の敵をのけぞらせる効果が、それぞれ発生します。 コメント 戦闘能力が飛躍的に向上します。 意図的にダメージを受けてブーストを早めることで、ボス戦を短時間で終わらせることも可能。 あと、ブースト中はルーの言っていることがわかるようになります。 バースト 説明 前方に強力な衝撃波を放ちます。 発動中は基本的に無敵ですが、そのあいだは移動できません。 ただし、向きを変えることは可能です。 コメント 威力ではユニカのバーストに劣りますが、射程距離の長さと向きを自由に変えられるという利点から、当てやすさでは勝っています。 密着した敵には当たらないので注意。 転送陣の解除 蒼哭の領域にある転送陣は、魔人化(ブースト)して吸引に抵抗しているあいだに四隅の魔物を倒せば解除できます。 しかし、Nightmareではブーストの持続時間が減少しているため、一回のブーストで四体の魔物すべてを撃破するのはまず不可能です。 そこで、転送陣の効果がには及ばないことを利用し、魔物を一体倒すたびに安全地帯に戻って、再びブーストゲージが溜まるのを待つ、という方法を取ります。 ブーストゲージの蓄積を早めるために、あらかじめトールの HPを減らしておくといいでしょう。 なお、転送陣の吸引効果は床に沿って働いているため、ジャンプで空中にいるあいだは吸引されません。 《神速》ジャンプなら高速で移動することが可能です。 参考として、転送陣解除の動画をに用意しました。 興味のある方はご覧ください。 追記 2008-12-09 :サポートプログラムで調整されたのか、Nightmareでも転送陣の解除が容易になっています。 二回のブーストで敵を全滅させることも十分に可能です。 悪魔の回廊で赤い敵を殲滅する(Nightmare) Nightmareではブーストの持続時間が減少しているため、悪魔の回廊で赤い敵を殲滅するのがそのぶん困難になっています。 どうしても回廊を抜ける前に HPが尽きてしまうという人は、以下の点に注意してみてください。 ジャンプ斬りを活用する。 トールのジャンプ斬りは高速かつ高威力なので、大型の敵には効率よくダメージを与えることができます。 《雷爪》のスキルを活用する。 壺の中には必ず「気力の実」が入っているので、忘れずに回収する。 敵の攻撃で HPを減らされないようにする。 ニグティルガーの方向転換 ニグティルガーは、頭部の側面や後方の一定距離内にトールがいると方向転換をおこないます。 このとき、転換点には多くのパーツが密集することになるので、溜め《雷爪》で効率よくパーツを破壊するチャンスです。 注意が必要なのは、すでに多くのパーツを破壊している段階で頭部や頭部寄りにあるパーツを攻撃するときです。 攻撃に時間をかけていると、ニグティルガーは方向転換を繰り返して同じ範囲に留まり続けます。 こうなると、常に大量の毒爆弾がある場所で戦うことになり、非常に危険です。 もし頭部や頭部寄りのパーツを破壊するのに時間がかかるようなら、いったんニグティルガーから距離を取って、毒爆弾のない場所に移動したほうが安全でしょう。 ニグティルガーがこちらを追ってやってきたら、頭部側から接近して再び攻撃します。 シオンの行動パターン シオンの行動には四つのモードがあります。 結界展開モード 杖を掲げ、トールから距離を取ってから結界を展開します。 戦闘開始直後のシオンもこのモードです。 シオンが杖を下ろすまで、結界に対する攻撃は無効です。 杖を下ろすと、攻撃モードか移動モードに移行します。 攻撃モード 各種の攻撃をおこないます。 攻撃の種類はシオンの残り HPによって変化します。 基本的に、攻撃が終了する前に他のモードに移行することはありません。 待機モード 攻撃モードの終了後はこのモードになります。 待機モード中のシオンはなにもしてきません。 一定時間が経過するか、一定回数の攻撃を受ける(直前のモードで受けた攻撃も含む)と他のモードに移行します。 結界がない場合は結界展開モード、結界がある場合は攻撃モードか移動モードです。 移動モード フィールドを滑るように移動します。 移動が止まっているときにランダムで攻撃モードに移行。 シオンの残り HPが少ないほど攻撃モードに移行しにくくなるようです。 移動モード中に結界が破壊されたときは待機モードに移行します。 打ち消せない攻撃 コンスクラードの攻撃のうち、棘ミサイル、果実ミサイル、甲虫の群は、なんらかの攻撃を当てることで消すことができます。 打ち消すことができない攻撃とその対処法は以下のとおりです。 ダンゴムシ 説明 複数のダンゴムシを放ちます。 ダンゴムシは障害物にぶつかると反射し、しばらくのあいだフィールドを転がり続けます。 対処法 当たらないようによく見て回避するしかありません。 また、打ち消すことはできませんが、なんらかの攻撃を当てることで弾くことは可能です。 種子弾 説明 黒い種子の塊を帯状に見えるほど連続で射出します。 対処法 帯と帯のあいだに移動すれば当たりません。 砂津波 説明 砂地に波を起こします。 対処法 ジャンプで跳び越えます。 また、コンスクラード本体の左右にいれば当たりません。 花粉爆撃 説明 本体周辺の砂を振動させるとともに花粉を噴き上げます。 花粉は一定時間後に地上へ落下。 こちらがコンスクラードの本体周辺にいると使用してきます。 対処法 予備動作が見えたらすぐに本体から離れます。 花粉は噴き上がった時点で着弾位置が決まっているので、大きく移動すれば当たりません。 ダレスの行動パターン ダレスの行動パターンは第三段階を除いて完全な固定ローテーションです。 第一段階のローテーションは以下のとおり。 光弾ばらまき• 隕石群• 光弾ばらまき(二方向)• 隕石群(散開)• 氷結 第二段階も基本的には同じですが、ローテーションの最後に障壁の色に応じた精霊召喚が加わります。 光弾ばらまき• 隕石群• 光弾ばらまき(二方向)• 隕石群(散開)• 確実に言えることは、完全に固定されたローテーションは持たないこと、同じ行動をランダムで繰り返すことぐらいです。 効率よくダメージを与える ダームに効率よくダメージを与えるには、鉤爪と光刃を同時に当てることが大切です。 連撃やジャンプ斬りで攻撃する際は、常に近距離から攻撃を放ちましょう。 距離を取ってジャンプ斬りを放てば三ヶ所のパーツすべてを同時に攻撃することも可能ですが、この方法では与ダメージの低下からパーツの破壊に時間がかかってしまい、そのぶん敵からの攻撃を多く受けることになります。 パーツの破壊には《雷爪》がもっとも有効です。 ブースト中の溜め《雷爪》ならパーツの耐久力を大幅に削れるので、《神速》や《劫火》で被ダメージを軽減しながら地道に削るよりも、結果的に被害が少なくなることが多いです。 本体の黒真珠を攻撃する際は、至近距離から攻撃せずに少しだけ距離を置くようにしましょう。 密着して攻撃すると光刃が当たらず、与ダメージが大幅に低下してしまいます。 離れすぎると今度は鉤爪が当たらないので、距離を取るといってもほどほどに。

次の

イース8

イース オリジン 攻略

もう二度とやりたくないぐらい苦戦しました。 何十回死んだでしょうか。 ボスラッシュ全体の時間のうち、ダレスだけで半分ぐらい使ったのではないかと思われるぐらい苦戦しました。 あと一息というところで何回も闇や風攻撃の残り香で殺されました。 ユーゴの移動速度が遅すぎて回避がしんどすぎたので、別キャラでやりなおそうかなと考えたぐらいですが何とかクリアできてよかったです。 フェーズごとに攻撃パターンが違うんですが、形態を変える際に攻撃の残り香があるのも腹立たしいです。 第一形態 攻撃パターンも順番も決まっています。 とりわけ避けにくいのが炎隕石と氷攻撃。 前述したとおりユーゴの足が遅すぎるんですよね。 炎隕石はステージの外側を走っていれば避けられます。 しかし、氷攻撃は風スキルを使うかバースト状態じゃないと不可避なのがしんどすぎる。 第二形態 このフェーズの攻撃パターンもあまり変化ないので避けるのは難しくないのですが、ユーゴの雷スキルが抜群に使いにくいせいで雷バリアを破壊するのに苦労すると思います。 一度生き返れるので出来ればここまでで0乙なのが望ましい。 第三形態 レーザー発射は食らうとほぼ即死ですが、バースト状態で防げます。 しかし、魔法陣に捉えられてしまうとバーストも解除され即死です。 主に注意する攻撃はこの二つなのですが、レーザーは風スキルで相手の裏側に回り込むかブーストゲージが満タンならバースト。 魔法陣はひたすら走って吸い込みを回避するしかありません。 風スキルでジャンプしてもどんどん吸い込まれちゃうので走ったほうが無難かと。 計三回バリアを解除しなければいけないのですが、3回目の解除にときに竜巻や闇などまだ敵攻撃の残り香があるので落ち着いたほうがいいです。 動画の通り一旦回避しても間に合います。 私は4回目行ったら終わりだなと焦って攻撃に転じたため、2,3回ここで死んだので十分注意して一旦回避した後に攻撃に専念すればいいかと思います。 ガレオン(トール編:難易度ナイトメア).

次の

「イース・オリジン」の攻略メモ

イース オリジン 攻略

特殊攻撃の使い道というとまず防御力低下だろう。 ですが、トールの場合は途中でこのスライディングを使わないと通れない場所があります。 咎火の領域の途中で、ロダの実があるマップ。 ユニカでは旋風のスキルで飛んでボタンを押す、ユーゴではマスク・オブ・アイズを使ったがトールは無い。 どうするかというと、丁度このマップに入った付近に下向きのトゲがしばらくある場所があるのでそこをスライディングで抜けるとロダの実のある場所へいけます。 ・1つ目 蒼哭の領域(4階)にいるルーから入手(蒼月の刻印入手後に登場、ロダの実必須) ・2つ目 水竜の鱗入手後にあるイベント後にリコと話す(ユニカ編、ユーゴ編) 水竜の鱗のとなりの宝箱から入手(トール編) ・3つ目 悪魔の回廊最上部にある宝箱(一番上まで行ってください) ・4つ目 黙砂の領域(琥珀の鍵を使う扉の先。 Nightmareモードがあるのかは今は不明。 まぁ以前のようにパッチで出るのではと思うのですが。 一部の某場所で言われているアドル編とやらは明らかにデバック用か何かか。 どういう形で終わってもユニカの力不足扱いで終わるので、本当の意味で勝つのは絶対不可能。 ただし、倒すと一応経験値は貰えるようです。 一部、結界の反対側に回りこめるところもありますが、ほとんどは発見した側にあり。 ちなみに結界を無理に超えようとするとダメージを受けることがあります。 また力づくでの突破は不可能。 ただ一カ所だけは普通にやるとわからない場所がありますが・・・。 ユーゴなら同じようにルーに実をあげてハンマーを入手してから、前に戻り塔の外周部の柱で1カ所だけ異な る部分があるのでそこでハンマーを使う。 トールなら、ブーストでぬけてください。 それしかありません。 その後、もらえる銀の鈴を装備するまで倒せません。 それと、回復させないためにマップからできるだけ落ちないこと。 落ちるとかなり面倒ですし時間がかかります、戻るのに。 まぁブロックが組みなおされるという感じなので下手に動かなければ落ちません。 とにかくブーストの有効活用です。 (ザリガニみたいな敵とか) こういうのにはスキルを使うとかなり楽に行けます。 通常攻撃だけだと倒しにくいのがたまにいます。 (ザリガニみたいな敵とか) こういうのにはスキルを使うとかなり楽に行けます。 黙砂の領域最初のセーブポイントから左のマップ、一番左の階段から上へ行き細い橋を渡った先の小さな台で マスク・オブ・アイズをかけると道が開けます。 その後、ラドの塔前の女神像のひとつ前のマップにいる赤く光る敵を倒すと準備が整います。 ただし、ブルーネックレスを装備してから装備すること。 トール編の場合は下にいるエポナから話を聞けばわかります。 でも一応データとしては入っているような感じです。 まぁ改造すれば普通に使えるでしょうが。 だが、前のバージョンに戻したい場合などもたまにあるかもしれない。 バージョンが上がっても前のパッチは消されていないようなのでダウンロードしてみると良し。 falcom. falcom. zip 等々 アドレス欄にでも打てばよい。 ただし、自己責任で使用すること。 Copyright c 2003-2006 Camuras Kuroto All Rights Reserved.

次の