宝石 の 国 ネタバレ。 宝石の国【最新89話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

【宝石の国:74話】最新話のネタバレ|カンゴームとエクメアの結婚式!?|漫画サイコー!

宝石 の 国 ネタバレ

宝石の国前回のあらすじ 金剛を恫喝したフォス・・・。 宝石の国【80 話】「三族」のネタバレ 祈りをやめた金剛。 しかし、フォスは、金剛の合掌する手を 押さえつけます。 金剛は抵抗せず、ただただフォスを見つめます。 月では、カンゴームとエクメアが 優雅にティータイムをしていましたが、 フォスが組み立てられ、金剛が再起動したという報告が 入ります。 エクメアは、 新しい人間という認知の定着は成功した と言います。 一緒に行こうとカンゴームの手をひくエクメア。 カンゴームは唖然とした表情のまま、 エクメアに連れていかれます。 一方、地上のフォスと金剛。 「祈れ 機械」 「僕のために」 「おまえさえいなければ」 フォスの合金は流れ出し、 金剛の顔にもかかります。 金剛は、何もいわず抵抗することもなく、 目を見開いたままフォスを見つめます。 場面変わって月。 「百二十分経過」 月人の報告を聞いて、エクメアは国民に告知をします。 「エクメアだ」 「金剛の起動を確認した」 「この後 発動した場合 月への影響到達は 二十一分後」 「皆 速やかに 家に帰りなさい」 エクメアの腕を、握りしめるカンゴームの手は 震えています。 アナウンスを聞いたダイヤ。 アイドルとして、ライブを行っているようで、 「みんな最期まで楽しんでいってね!」と叫び 盛り上がりをみせます。 一方アレキは、食堂で働いているようで、 最期にアレキのごはんが食べたいという月人が 押しかけてきます。 「わかったわ」というアレキですが、 目隠しはしたままです。 場面変わって、アメシストは、バルバタに 研究が途中までしかみてもらえなくて 残念だと言います。 バルバタ「二十一分か なんか食うか」 アメシスト「先生のナポリタンが好きです」 バルバタ「いいな 手伝ってくれ」 エクメア「大丈夫だよ」 心配で震えるカンゴームの肩に手をやるエクメア。 エクメア「君の予想は半分当たってた」 「くっついていれば一緒に行けると言ってたろ」 エクメアは続けます。 金剛がひとたび祈れば 人間を祖とする者は、全て無へ向かう、 つまり、 月人・宝石・アドミラビリスの三族は 確実に同時に無に向かうというのです。 金剛がかたくなに祈らない理由、 宝石への執着が、金剛の故障の原因だと言います。 それを聞いて、崩れ落ちるカンゴーム。 カンゴーム「バカ」 はははとエクメアは笑います。 カンゴーム「はははじゃねーよ! てめー!」 エクメア「君達 鉱物生命体は どこまでも 純粋で優しく この世で最も 美しい生物だ」 機械である金剛にすら、叶わぬ夢を見させた宝石たち。 民の為、残酷を繰り返す自分でも、 金剛が狂った気持ちはわかると言うのです。 場面は変わり、月のどこか。 「みんな帰っちゃった」 「つまんない」 宝石の国 の最新話や最新刊が無料で読めますよ! 以上、宝石の国【80話】「三族」のネタバレを紹介しましたが、やっぱり実際の 絵を見ながら読みたくなったのではないでしょうか? U-NEXTを使えば無料登録と同時に600Pがもらえるので、宝石の国最新話が掲載されているアフタヌーン9月号や宝石の国の最新刊を今すぐ無料で読むことができます。 宝石の国を無料で読みたいと思ったらぜひ試してみてください。 見放題のアニメや映画もたくさんあるので無料期間中にたっぷり楽しんでくださいね。 宝石の国【 80話】「三族」の感想 え・・・? 三族とも無に・・・!!? ようやく核心に触れることはできましたが・・・!! 毎度、予想斜め上を行ってるこの漫画。 三族とも無になるなんて、読者も 姫のことカンゴームと同等に衝撃を受けちゃいますよ・・・!! エクメア、やっぱりえげつない・・・。 知ってて、フォスたちに、 いやカンゴームにさえ、何も言わなかったなんて、 本当にやることが・・・。 なにが「金剛が狂った気持ちはわかるんだ」なんだか・・・。 まぁエクメアのような男に対して、いまさらですけど・・・。 そしてフォス。 先生を 「機械」と呼び捨て、 「祈れ」と命令する。 「おまえさえいなければ」 フォスは、こんなことを言い捨てる子ではなかった・・・。 先生が、自分の存在を消すことに、 全てを尽くす可能性が出てきましたね・・・。 次回の 宝石の国を掲載のアフタヌーン10月号発売日は8月25日です! まとめ 宝石の国【第 80話】「三族」のネタバレあらすじと感想をお届けしました。 やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。 ネタバレより 絵付きで漫画を楽しみというあなたには U-NEXTで今すぐアフタヌーン9 月号を 無料で読む方法がおすすめです。

次の

『宝石の国』フォスのネタバレ!腕だけでなく顔まで変化し最強へ!!

宝石 の 国 ネタバレ

宝石の国90話のあらすじネタバレ 宝石の国第90話「粉砕」のあらすじをお伝えします。 宝石たちは、月に向かった者たちと、地上に残って金剛のそばにいる者たちに別れていました。 フォスフォフィライトは月人の軍勢と月の宝石たち何人かを連れて地上に来て 、いました。 ユークレースはあることをお願いしたが・・・ フォスフォフィライトは地上の宝石を粉々にしながら、学校に中へと進んでいきます。 一歩一歩に力を込め、音をたててながら散らばる宝石の欠片を踏みつぶしフッと笑みをこぼします。 そんな彼の正面に現れたのはユークレースでした。 以前月から現れたフォスフォフィライトに対して、ユークレースは対話と強調の道を提案していたのです。 ユークレースは剣を手にしてはいたものの、両ひざをつきながら剣を地面に置き、戦うことなく自分の負けだと伝えるのでした。 ユークレースは剣を交えない代わりに、月に連れて行ってほしいと申し出ます。 そしてどうかあなたと月人と話をさせてほしいと言う。 時間をかければ絶対にみんなが満足する答えが見つかるはず。 自分たちの長い命は、きっと難題を乗り越えるためにあると思うというユークレース。 そして、あなたにしかできないことだからどうか取り持って欲しいと頭を下げてお願いしました。 そんなユークレースを一瞥すると、自分が必要なのか問います。 そして・・・ユークレースの答えを聞くと満足気な笑みを浮かべて、ユークレースを首から叩き斬ってしまいました。 砕け散るその欠片には、申し出を受け入れてもらえなかった驚きの表情がそのまま残っていました。 それを冷酷な表情で見下ろすフォスフォフィライトは、僕は誰も要らないと言います。 そしてユークレースであったものを足蹴にするのでした。 ポイントをためて宝石の国がお得に読めます! こちらでは配信がありませんでした。 90話を読んだ感想 宝石の国第90話「粉砕」の感想をお伝えします。 もう地上に残っている宝石はほとんどないのかもしれません。 ジェードが最後にフォスフォフィライトを食い止めようとしています。 学校の中の宝石をほとんど割ってしまったのはアレキの暴走でした。 ユークレースだけが一人割れないで残っていたのです。 フォスフォフィライトは、宝石たちのことを助けるために地上にきました。 そのためには金剛のことを裏切らなくてはいけませんでした。 しかし方法を間違ったため他の宝石たちの信頼を失ってしまい、この暴走に至ってしまったのかもしれません。 元々はエクメアの壮大な計画であったことがわかっています。 エクメアの描く未来は、宝石たちの犠牲がなければ成り立たないのでしょうか。 全話一覧 次話> 宝石の国はお得&無料で読むことができます。

次の

宝石の国(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想もぜひ参考に!

宝石 の 国 ネタバレ

2017年10月より放送していたアニメ「宝石の国」 あらすじ 「古代」といわれるほどの過去に「にんげん」が存在したと伝えられる遠い未来の世界。 遠い昔に6度の流星飛来のために海中に没した地上の生物の中から、「微小生物」に食われて無機物となり、長い年月を経て、宝石の体を持つ人型の生物が生まれていた。 28人の宝石たちは、自身を装飾品にしようと来襲する月人(つきじん)との戦いを繰り返しながら、長い時間を寄り添って暮らしていた。 宝石たちの中でも特に脆く戦闘に出られず、秀でた才のない最若のフォスフォフィライトは、「博物誌」の制作を仕事として与えられ、不本意ながらも活動を始める。 2013年の単行本第1巻(講談社アフタヌーンKC)発売時には、記念のフルアニメーションPVが作成された。 同年末発表の「このマンガがすごい! 2014年」オトコ編第10位に入っている(wikiより抜粋) アニメ「宝石の国」を最後まで観た感想 どういう物語か分からずにアニメを視聴したのですが、みんな髪の毛がキラキラしていて体型もモデル級に手足が長くて細くてメリハリも綺麗でそして性格もなんだか可愛い作品、強いけれども儚くて切ないような気持ちにさせる作品。 宝石たちは月人という空からくる何者かと定期的に戦っていて、その月人との戦いにより何人もの宝石たちが連れていかれたり壊されたり…。 そして主人公であるフォスが硬度がないばかりにやたらと他の宝石たちの足を引っ張り最後の方までずっとイライラさせられもした作品でした。 最初の頃のフォスの顔はこんな感じで、本当に一番末っ子の宝石だけとあって無邪気で好奇心旺盛な何も知らない顔付なのですが。 後半になりフォスも少しずつ失った身体を金と融合して強度を以前よりも増して、自分の弱さなどが原因で仲間が月人に連れて行かれたりすることにより 「強くなりたい」「先生を守りたい」などの想いから、このように顔付も髪型も変えて変わっていきます。 ただ、もっと早くそうして欲しかったーーーと思わざるえませんでした。 宝石たちは先生と呼ばれる僧侶のような人物を慕っているのですが、話を重ねるごとに月人がどうしても先生を慕っているようにしか見えず、もしかしたら月人は先生と知り合いなのでは?とさえ感じる場面が何度もありました。 そしてフォスもついにその疑問に辿り着き周囲にも話すのですが、皆の中では薄々そのことに気付いているけれども、敢えてそのことには触れずに蓋をしているものが殆どのような状態。 しかしフォスは真実を知りたいと動きだします。 原作「宝石の国」アニメのその後 アニメはそこでお話は終わります。 その中途半端な感じの終わり方が結構モヤっとして、微妙な気持ちになりました。 終わりが綺麗ではない作品は続きは漫画を読めということなのでしょうが…。 原作ではフォスは月人側と会話をして真実を知ろうと月人にワザと捕まって月人のアジト?に行き月人と会話をします。 そして先生と呼ばれる僧侶が実は人間ではなく、人間が作り出した平和を祈る存在の人形であるということを知ります。 しかし何かのきっかけで壊れてしまい、本来の目的を忘れているようなので、先生である人形が本来の目的を思い出すように、先生にとって懐かしいと思うような存在に化けたりしながら攻撃をしていたそうです。 時々先生が瞑想と言いながら寝ている行為も壊れている故だったのでしょうか? 原作はアニメの続きから読んだのですが、少しずつアニメとお話が異なるのと、原作だと色が同じこともありキャラがイマイチ誰が誰かわかりづらくて、アニメの方が宝石の国は見やすいし気持ちが入り込める気がしました。 あと月人の人たちがアジトに戻るといっせいにお喋りになったり普通の人とあまり変わらないところなども結構面白かったです。 続きをまたアニメでするとしたら、きっと月人の人たちも綺麗に美しくそれぞれ描かれるのでしょうね。

次の