Zoom アンケート。 ZOOMミーティングとZOOMウェビナーの違いとメリット

Zoomの無料版と有料版を比較、料金、支払い

Zoom アンケート

もくじ• 画面表示の比較 ZOOMの会議システムを使うと参加メンバー全員が画面に入ります。 もちろん表示の切り替えでお話ししている講師をメインにして、参加者を小さく表示させることはできます。 ですが、基本参加者なので画面上に存在します。 一方、ウェビナーシステムは講師のみが画面に登場し、視聴者は画面に登場しません。 ですが、視聴者にも画面に登場して欲しい場合は、必要に応じてパネリストに昇格をすれば画面に入ってこれるシステムになっています。 例えば、セミナー最後の質疑応答なんかの時に、可能な方は画面上に参加していただいて交流ができます。 ハイブリッドセミナーに参加される方は会場の雰囲気も味わいたいと思いますので、私はこの方法を使って行っています。 それではZOOMミーティングとZOOMウェビナーシステムの特徴を見ていきたいと思います。 Zoomミーティングの特徴• Proアカウント(有料)では、最大50名まで入室可能。 アップグレードすることにより、最大500名まで入室ができる• ブレイクアウトルームを使える• ウェビナーアカウントでは、100名まで参加可能。 アップグレードすることにより、最大10000人まで参加可能• ブレークアウトルームが使えない• FacebookライブやYoutubeライブと連携して配信をすることができる。 (どちらか一方のみ)• ホストが、参加者を「パネリスト」にしたり、「視聴者」に戻したりできる• 投票機能が使える• 「パネリスト(画面に登場する人)」と「視聴者」にわかれる 視聴者のなかからパネリストにしたい人を選んで「パネリストに昇格」をクリックするだけ! ブレイクアウトルームが使えないので、グループに分かれてワークをすることがある場合は、ZOOMのミーティングシステムを使った方が良いです。 売り上げが3倍になるハイブリッドセミナーの開催方法はオンラインサロンメンバーさん向けに動画セミナーを開催しましたのでサロンメンバーさんはご覧いただけます。 (一般販売はしておりません) ZOOMウェビナーシステムの価格 ZOOMウェビナーシステムは月額40ドルです。 年払いだと33. 33ドルです。 ZOOMウェビナーを使うためにはZOOMミーティングのプロ版以上に入っていることが前提条件です。 ZOOMミーティングプロ版は月額14. 99年払いで149. 9ドルです。 ・無料アカウントの全ての機能 ・最大50名よりも上の参加者を招待可能 別料金 ・全てのミーティングの時間制限が無制限 ・ユーザーの管理機能 ・管理機能のコントロール ・報告機能 ・カスタムパーソナルミーティングID ・タスクスケジューラ ・1GBを超える動画・音声ファイルの録画可能 ・クラウドエンコーディング機能 ・フリーダイヤル機能 ・ビデオウェビナーを追加できるオプション ・ビジネス版スカイプ Lync との互換機能 私が使用していて、無料版のデメリットとして感じる点は、グループ通話が40分しかできないこと、それからクラウド録画ができないことです。 グループ通話をする方は必然的にプロ版を使用することになりますね。 最後に ZOOMミーティングシステムとZOOMウェビナーシステムの違いおわかりいただけましたでしょうか? 私の活用法としては、ハイブリッドセミナー(オンラインとリアル会場同時開催セミナー)開催時、それからフェイスブックライブで2人以上で会話をしたい場合やフェイスブックと連携したい場合なんかに使っています。 オンラインセミナーと会場セミナーを融合したハイブリッドセミナーは2015年から開催しています。 ただつなぐだけは簡単なのですが、ハイブリッドセミナーの満足度をあげるためにはオンライン参加者様への配慮がすごく必要になります。 その辺りの解説などを含めたハイブリッドセミナーのやり方はこちらの電子書籍に書いています。

次の

Zoomの投票機能を使ってアンケートを取る方法

Zoom アンケート

ページコンテンツ• ZOOMとは?? IDが不要な会議アプリ 通常SkypeなどはSkypeアカウントを取得して、お互いのSkype IDを交換する必要があります。 しかしZoomは 【オンラインセミナー、オンラインミーティング】を主軸に開発されていますので セミナーに参加するとき、面倒な登録なしで、1クリックで話せます。 基本的にZoomは 相手にメールでURLを送るだけでWEBミーティングが始まります! URLをクリックすると アプリが自動でインストールされます。 面倒なセットアップがありません。 そのほかにも利点が・・・・• 画質、音声がかなりクリア!• iPadやiPhoneのパソコン画面を共有可能• ウェブホワイトボードで参加者が着込み可能• 同時接続が最大100人まで いま大注目の会議アプリになります!! 無料でズームで投票を取る方法 現在、ZoomアプリマーケットプレイスからダウンロードしてZoomミーティングと統合できるサードパーティアプリはありません。 むしろ、、、などの無料の投票Webサイトを確認する必要があります。 無制限の質問と 最大投票サイズ150を提供するので、Swift Pollsを好みます。 これにより、投票に複数のオプションを設定できるようになります。 デフォルトでは、2つのオプションがあります。 リンク オンラインセキュリティソフトを使用すれば ウィルスやハッカーなどにある程度の対策はできますが できれば VPNサービスを使用して個人情報の流出を防ぐこともおすすめします。 インターネット上には数多くのVPNサービスが その中でも、「NordVPN」というVPNサービスをおすすめします。 NordVPNがおすすめな理由 簡単にまとめると、NordVPN最適な利湯は以下の通りとなります。 料金がほかのVPNサービスと比べて安い• ログが保持されていない• 日本から高速な通信が可能• Socks5プロトコルが利用可能• セキュリティ対策がしっかりしている さらにNordVPNについて知りたい方は以下の記事でNordVPN最適な理由を紹介していますので、ご覧ください。

次の

Zoomの新機能「投票」を使ってみた!

Zoom アンケート

Zoomとはもう世界中どこからでも参加することができるWEB会議ツールです。 その他、いくつかWEB会議ツール、WEBミーティングツールはありますが、どれも品質に疑問があり、さらにログインやフレンド申請を行わなくてはいけないなど利便性に欠けます。 その点Zoomであればこれらの心配は要りません。 そんな便利なZoomの気になる料金について今回は解説。 各プランの詳細と有料版・無料版の違いをわかりやすくまとめました。 Zoomの料金とは。 各プランを紹介 Zoomには基本的には4つのプランが用意されています。 基本 無料• プロ 有料:100人までミーティングに参加可能• ビジネス 有料:300人までミーティングに参加可能• 企業 有料:1000人までミーティングに参加可能 これらプランの気になる料金については人数や規模、さらに使いやすさを考慮した最適なプランをご提案することが可能ですので、まずはお問い合わせしてみるのが良いです。 問い合わせは下部にあるバナーからどうぞ それぞれのプランの差は大まかに説明すると同時接続の人数やホストの数、ミーティング開催の時間制限があるかないか。 さらにいくつかの機能で大きな違いがあります。 そこでまずは無料プランと有料プランの差をお話します。 無料プランと有料プランの違い Zoomは無料プランでも基本的なサービスはほぼ利用可能。 では料金無料の方が良いのでは? と思われるかもしれませんが、実際比較するとそうではありません。 有料プランでは料金以上にお得な3つの大きなメリットやできることがあります。 3人以上で利用した際の制限時間がない 無料プランは40分まで• クラウドレコーディングが可能• ホストを複数設定可能• Slackなどと連携が可能 3人以上で利用した際の制限時間がない 無料プランは40分まで ZoomはWEB会議やオンラインサロン、オンラインセミナーなどに利用される事が非常に多いです。 その際に有料プランであれば40分以上の会議やセミナーの継続利用が可能。 どうしてもミーティングは1時間近くかかるものですし、オンラインサロンやセミナーであれば1時間以上は当たり前。 そうなるとこの40分以上継続して会議やセミナーを継続することができるのは非常に大きなメリットと言えます。 クラウドレコーディングが可能 これまではミーティングは議事録という形が一般的でしたが、リソースや手間がかかりました。 しかしZoomであればミーティングを全て録画、録音可能です。 料金を支払う有料プランであればこの録画・録音データをクラウド上に保存する方法も解放されます。 さらにスマホやタブレットから録画できるのは有料プランのみです。 これが非常に便利な機能。 ミーティング後の会議議事録をクラウド上に保存しておけば、いつでもURLリンクを送信するだけで会議内容を共有できますし、バックアップとして最適。 これはミーティングだけではなく、途中参加や参加できない人が出てくるオンラインサロンやオンラインセミナーなどであればもっと顕著でしょう。 人気のサロンやセミナーを後ほど一般公開するなんてこともクラウド上に保存できれば簡単です。 ホストを複数設定可能 無料プランでのZoomの会議やミーティング利用はほぼ1VS1に限られます。 つまりどちらかがホストになって相手を招待するという形ですね。 しかし会社という規模になってくると、この会議に関する制限は少し厄介です。 同じ人がいつもZoomを立ち上げて会議を立ち上げるのに立ち会わなくてはいけませんし、せっかくZoomで色々な場所からミーティングにアクセスできるようになったのに不自由。 そんな時に有料プランであれば、ホストアカウントを複数設定できるのでこういった問題を回避できるでしょう。 Slackなどと連携が可能 有料版アカウントのZoomであれば、普段使われているSlackなどのツールと連携させることができます。 これによりSlackであればミーティング時間にSlackに通知が送られてきたり、チャットのやり取りの途中でアプリの切り替えなしにZoomに移行できるなどスムーズなコミュニケーションができます。 無料料金プランでできること 無料プランと有料プランの違いをわかっていただいたところで、それぞれのプランの詳細も見ていきましょう。 まずは無料プランですが、ほとんどの基本的な機能は利用可能です。 1VS1の無制限利用 3人以上の利用 時間制限あり 100人までのミーティング開催 オンラインサポート 画面共有 チャット機能 ホワイトボード機能 ローカル上での録音・録画 セキュリティ機能 時間制限があるので3人以上のミーティングは40分以上の継続利用はできませんが、小規模WEBミーティングやオンラインサロン、セミナー参加などであれば賄う事ができるでしょう。 もちろん無料プランなので料金は不要です。 Proプランアカウントを利用するとできること Pro プロ プランにアップデートすると無料プランの機能に加えて、ネックであったミーティング利用時間制限などがない状態でZoomを利用する事が可能になります。 24h連続使用可能 ユーザー管理機能 管理者機能コントロール レポーティング カスタムパーソナルミーティング利用 クラウド上に保存管理 API利用 Skype for Businessとの相互運用 細かい追加機能は別として、やはり大きなポイントは無料版Zoom利用時の40分という利用制限時間がなくなり、24時間と大きく拡張される事。 あとは録画・録音データをクラウド上に保存管理できるようになるという事でしょう。 これにより録画してエンコード、保存、共有という手間が省け、大きく時間や労力を節約できるようになります。 料金はNECネッツエスアイなどのリセラーにお問い合わせが必要となります。 Business ビジネス プランでできること Businessプランは中小企業以上におすすめのプランです。 300人まで参加可能 最小10名のホスト設定 カスタムURL設定 ドメイン管理 会社のブランディング カスタムメール 主な追加機能は上記の通り。 ビジネスプランで大きく変わるのは会社のブランディングをZoom上で行う事ができるということ。 これはどういうことかというと、会社のロゴをつけたミーティングルームを用意して招待する事ができたり、招待URLをカスタマイズする事ができるのです。 つまりこれまではただの白い業務用会議室で行っていたミーティングをロゴなどで飾られたオリジナルの会議室で行う事ができるといった感じでしょうか。 zoom. zoom. 大企業にZoomを導入するのであればEnterprise(エンタープライズ)プランがおすすめ 最後にこれ以上の規模の会社にはEnterpriseプランがおすすめ。 500人まで参加可能 最小50名のホスト設定 無制限クラウド保存 500人参加のウェビナー(Webセミナー)オプション無償付与 これまでのプランの全ての機能が使え、さらに全ての制限が取り除かれた大企業向けのプランです。 さらに オンラインサロンやセミナーにぴったりなZoom ウェビナーの500人参加ライセンスが購入数分ついてきたり、録画容量も無制限になるなどの利点があるため、業種業態によっては中小企業でも採用されているようです。 登録に必要なアカウント数は50以上となり、アカウント数に応じて料金は変動します。 Zoomの企業向け導入をお考えでしたらまずは料金などお問い合わせを これまでお話してきた料金や機能についてはHP上でのご案内している内容です。 もし企業や団体様でZoomを導入されたいとお考えでしたら、一度お問い合わせいただくことをおすすめします。 料金や機能など契約アカウント数や使い方に応じて最適なコースをご案内できる可能性があります。 ぜひ一度専用のお問い合わせフォームからお気軽にお尋ねください。

次の