パチンコ ウルトラセブン。 パチンコ「超甘デジ」攻略へ!連チャン数は上々も…… 【濱マモルの新台実戦記~『ぱちんこウルトラセブン2 Light Version』】

【ウルトラセブン2 設定推測ポイント】パチンコウルトラセブン2甘デジ設定付き|設定判別・確定演出

パチンコ ウルトラセブン

時短引き戻しを除いた数値 小当りラッシュ性能 回転数 玉増え 継続期待度 10回転 53個 87. 3個増えと仮定 潜伏確変 新台のパチンコ「ウルトラセブン2」は、確変が潜伏することはありません。 50円 23. 6 24. 8 3. 03円 21. 7 22. 8 3. 33円 20. 9 22. 0 3. 57円 20. 3 21. 4 等価 19. 3 20. 【カウントダウンモード中】 ・電チューが閉じたら4発打ち出し、保留が残り2個になったのを確認してから再び電チューが閉じたら4発打ち出しの繰り返し。 【オーバー入賞狙い】 ・アタッカーに9発入賞させたら10発目を弱め打ちし、11発目を強め打ち(捻り打ち)。 初当たり時には大した出玉を獲得できない代わりに、 電サポ状態に持ち込めば大当りの5割が16R大当りと、連チャン中の出玉性能を尖らせたスペックになっています。 また、小当りラッシュを搭載することで一撃性がさらに高められており、展開が噛み合えば一気にまとまった出玉を獲得することができます。 全ての確変大当りに小当りラッシュが絡んでくるのも、分かりやすくていいですね。 なお、電サポ中の2R確変後に関しては 電サポ51回転目、もしくは101回転目から小当りラッシュに突入と、電サポ回数だけでは内部状態を分からないようにして、確変の期待感を引き伸ばすといった工夫がされています。 ただ、確変中の50回転以内の大当り期待度は5割近いので、 小当りラッシュに移行する前に当たってしまうケースもそれなりにありそうですが・・・w 新台のウルトラセブン2の導入台数(販売予定台数)は約50,000台と多いため、導入ホールはメイン機種として大事に使うでしょうし、良釘狙いでの活躍に期待できそうですね。 保留変化 ・ウルトラセブン2の保留は色変化だけでなく、様々なアイコン変化パターンあり。 セブン連続予告 ・セブン連続予告は4回まで続けば大当り濃厚。 ・対戦相手はエレキングとナースの2体で、チャンスアップパターンが異なる。 ・対戦相手はメトロン星人とビラ星人の2体で、チャンスアップパターンが異なる。 バトルボーナス中 ・バトルボーナス中はキングジョーを倒せばウルトラセブンラッシュ突入となるが、デバイス長押し時の残り秒数が77秒なら勝利濃厚。 チャンスアップパターンはシンプルなので、パターン別の勝利期待度は把握しやすそうですね。 保留変化 ・ウルトラバトルモード中の保留変化は緑でも勝利濃厚。 保留変化 ・ウルトラ激闘モード中の保留変化は緑でも勝利濃厚。 保留変化 ・カウントダウンモード中の保留変化は赤ならバトル発展濃厚。

次の

CRぱちんこウルトラセブン(京楽)パチンコ図鑑:777(スリーセブン)

パチンコ ウルトラセブン

ウルトラセブン。 タイムリーでなく再放送での視聴だったとはいえ、ガキの頃は友人たちと「アイ・スラッガー」や「エメリウム光線」など必殺技のものまねをした。 何より「ウルトラアイ」の装着は親の眼鏡を借りて再現しまくったものだが、パチ&スロに興じるようになってからのウルトラセブンといえば、京楽産業.が手掛ける一撃性の高い パチンコシリーズというイメージだ。 冷静に考えればどぎつい大当り確率だった『ぱちんこウルトラセブン』は確変突入後の激しい連チャン性にしびれたし、その後に出た波の荒過ぎる羽根モノも嫌いではなかった。 でも書いた通り、元来、アタシは伸るか反るか、オール・オア・ナッシングのマシンが大好物だ。 吐き気がするほどの投資と、目が覚めるほどの大連チャン。 これに興奮しまくる性分なわけだが、それが許されたのは自由気ままな独り身だったから。 家族を養う大黒柱となった今、欲望のままに投資し続けては家族が路頭に迷う。 ホントは続編『ぱちんこウルトラセブン2』も打ちまくりたかったが、好状況時のみ触るようにしていた。 そんな立場なだけに、『ぱちんこウルトラセブン2 Light Version』登場のアナウンスには歓喜した。 初当りが軽くて、爆発力あり。 個人的には設定付きタイプも好みだし、先行導入店での甘デジとは思えない出玉推移を確認して以来、導入されるその日を指折り数えて待ち続けていた。 いざ当日、運よく抽選をクリアして着席。 勝利を願ってハンドルを握ると、記念すべき初当りはわずか25回転目だった。 本機は初当り時の98%が4R通常であり、その後に突入する時短40回の「セブンチャレンジ」中に大当りを引き戻せば電サポ150回、継続率約85%のST確変「ウルトラセブンRUSH」がスタートする。 つまり、セブンチャレンジ中=右打ち中が気合いの入れ所。 ここで当りを引けなければ微々たる出玉を獲得しただけで通常時へ戻ってしまうわけだが、幸運にも初当りからウルトラセブンRUSHへぶち込むことができた。 右打ち中のラウンド振り分けは4R確変60%:10R確変40%。 この絶妙な振り分けが、先に述べた「甘デジとは思えない出玉推移」を生み出すのであり、無論、アタシもそれに期待した。 結果は10連。 連チャン数は上々といえるだろうが、10Rはわずかに1回…。 3千発程度の出玉で終了してしまった。

次の

パチンコ「超甘デジ」攻略へ!連チャン数は上々も…… 【濱マモルの新台実戦記~『ぱちんこウルトラセブン2 Light Version』】

パチンコ ウルトラセブン

時短引き戻しを除いた数値 小当りラッシュ性能 回転数 玉増え 継続期待度 10回転 53個 87. 3個増えと仮定 潜伏確変 新台のパチンコ「ウルトラセブン2」は、確変が潜伏することはありません。 50円 23. 6 24. 8 3. 03円 21. 7 22. 8 3. 33円 20. 9 22. 0 3. 57円 20. 3 21. 4 等価 19. 3 20. 【カウントダウンモード中】 ・電チューが閉じたら4発打ち出し、保留が残り2個になったのを確認してから再び電チューが閉じたら4発打ち出しの繰り返し。 【オーバー入賞狙い】 ・アタッカーに9発入賞させたら10発目を弱め打ちし、11発目を強め打ち(捻り打ち)。 初当たり時には大した出玉を獲得できない代わりに、 電サポ状態に持ち込めば大当りの5割が16R大当りと、連チャン中の出玉性能を尖らせたスペックになっています。 また、小当りラッシュを搭載することで一撃性がさらに高められており、展開が噛み合えば一気にまとまった出玉を獲得することができます。 全ての確変大当りに小当りラッシュが絡んでくるのも、分かりやすくていいですね。 なお、電サポ中の2R確変後に関しては 電サポ51回転目、もしくは101回転目から小当りラッシュに突入と、電サポ回数だけでは内部状態を分からないようにして、確変の期待感を引き伸ばすといった工夫がされています。 ただ、確変中の50回転以内の大当り期待度は5割近いので、 小当りラッシュに移行する前に当たってしまうケースもそれなりにありそうですが・・・w 新台のウルトラセブン2の導入台数(販売予定台数)は約50,000台と多いため、導入ホールはメイン機種として大事に使うでしょうし、良釘狙いでの活躍に期待できそうですね。 保留変化 ・ウルトラセブン2の保留は色変化だけでなく、様々なアイコン変化パターンあり。 セブン連続予告 ・セブン連続予告は4回まで続けば大当り濃厚。 ・対戦相手はエレキングとナースの2体で、チャンスアップパターンが異なる。 ・対戦相手はメトロン星人とビラ星人の2体で、チャンスアップパターンが異なる。 バトルボーナス中 ・バトルボーナス中はキングジョーを倒せばウルトラセブンラッシュ突入となるが、デバイス長押し時の残り秒数が77秒なら勝利濃厚。 チャンスアップパターンはシンプルなので、パターン別の勝利期待度は把握しやすそうですね。 保留変化 ・ウルトラバトルモード中の保留変化は緑でも勝利濃厚。 保留変化 ・ウルトラ激闘モード中の保留変化は緑でも勝利濃厚。 保留変化 ・カウントダウンモード中の保留変化は赤ならバトル発展濃厚。

次の