プリウス メンテナンス モード。 プリウス隠しコマンドでメンテナンスモードに? | ガジェット通信 GetNews

トヨタ ハイブリッド 整備(メンテナンス)モード移行方法 プリウス

プリウス メンテナンス モード

プリウスのEVモードとは? プリウスには走行中にパワーや運転フィールを変更できるモードがいくつかついていますが、その中でモーターのみで走行するモードを「EVモード」といいます。 プリウスはハイブリッドカーですので、通常走行時にはエンジンとモーターの両方を使って燃費が最適になるように制御していますが、 EVモードになるとエンジンが停止しモーターだけで走行できます。 EVモードにはメリットもありますがデメリットもあります。 詳しく解説していきます。 EVモードのメリットは静粛性と燃費向上 まずはメリットから紹介しましょう。 静粛性の向上で静かに運転できる EVモード使用時にはエンジンは稼働しませんので、とても静かな走行が可能となります。 プリウスに乗ってまず初めに気づくのは、エンジンスタートや走り出しの時にほとんど音がせずとても静かなことです。 これは通常モードでも走り出しの時にはモーターだけで走行しているので、聞こえる音といえば車のタイヤが動き出す音や、車外の音だけです。 一度このモーターの走行感を知ってしまうと、エンジンというものがいかに騒々しいものかがわかるでしょう。 (プリウスの静粛性の詳細は、以下の記事でご参照ください。 ) EVモードであればこの静かな状態をある一定条件に達するまでキープできるので、普段味わえない静粛感がメリットなのです。 またあまり騒音を立てたくない住宅地を運転する時や、夜間、または外の音を聞きながらドライブしたいときなどにも有効でしょう。 上り坂では無駄な充電分を効率よく消費 山道や峠道の上り坂はパワーが必要となるので、通常エンジンのみでの走行となっており、その間ハイブリッド駆動用バッテリーは充電され続けています。 そのため上り坂では ハイブリッド駆動用バッテリーが満充電になることも少なくなく、満充電になった後はエンジンが高回転で回っているだけです。 そうすると燃費が悪くなる一方なのですが、ここでEVモードを使用することで無駄な充電をする前にハイブリッド駆動用バッテリーを消費する活用方法があります。 上り坂でのハイブリッド駆動用バッテリーの充電具合はインジケーターに表示されていますので、満充電になったタイミングでEVモードにすることで、ある程度までハイブリッド駆動用バッテリーを消費しましょう。 ハイブリッド駆動用バッテリーが減ってきたタイミングでエンジンはかかりますが、結局高回転になるのでハイブリッド駆動用バッテリーはまたすぐ充電されます。 こうすれば 無駄な充電分を捨てることなく有効活用できるわけです。 下り坂でもガソリン消費を抑えられる また下り坂でもEVモードは有効活用できます。 下り坂では車はエンジンやモーターを動かさなくても自然に下っていきますが、その際ハイブリッドカーはモーターを逆回転させることで、下り走行のエネルギーで充電しています。 (回生ブレーキ) そのため下り坂でEVモードに入れると、エンジンは停止していても自動的に充電されるようになるので、 結果的にガソリン消費を抑えて燃費に良い影響が生まれます。 これを積極的に使っていけば、燃費の悪くなりがちな山道や峠道でもハイブリッドカーならではの燃費対策ができるのです。 EVモードのデメリットは燃費の悪さ EVモードのデメリットってあまり無いようにも感じますが、 使い方によっては燃費が悪くなることがあります。 ハイブリッドカーにはモーターを駆動するためのハイブリッド駆動用バッテリーが搭載されていますが、このハイブリッド駆動用バッテリーを充電するのはエンジン駆動の発電機です。 普通のモードで走っている場合には、エンジンでのハイブリッド駆動用バッテリーの充電とモーターの駆動による放電を繰り返しており、そのタイミングは燃費が最もよくなるように車のコンピューターが計算して制御しています。 EVモードを使うとハイブリッド駆動用バッテリーに蓄えた電気を一方的に使うので、ギリギリまでEVモードを使うとその後の充電の際にはエンジンを余計に回す必要が出てきます。 エンジンの回転数が多ければ燃費が悪くなるのは道理ですので、EVモードを使った後だとハイブリッド走行時よりも多少燃費が悪くなることもあるのです。 しかし 山道や峠道を走っている時には逆の場合があり、EVモードを積極的に使ったほうが燃費が良くなることもあるので、結局は使い方次第と言えるでしょう。 なおプリウスのもともとの燃費については以下の記事で解説しています。 こちらもあわせて参考にしてみてください。 プリウスのEVモードの使い方 プリウスのEVモードを使うには操作が必要で、EVモードスイッチをONにすることで使用できます。 EVモードスイッチはカーナビなどが付いているインストゥルメントパネルに付いており、一度押すとEVモードON、もう一度押せばOFFになります。 EVモードになると、マルチインフォメーションディスプレイに表示が出るので一目瞭然です。 ただし次のような状態の時にはEVモードは使用できず、ブザーが鳴ってディスプレイにメッセージが表示されます。 車速が高いとき• アクセルペダルを大きく踏み込んだときや坂道など• ハイブリッドシステムが高温のとき• 炎天下に駐車したあとや登降坂、高速走行後など• ハイブリッドシステムが低温のとき。 ガソリンエンジンが暖機運転中のとき• 駆動用電池の充電量が低いとき• フロントウインドウガラスの曇り取りを使用しているとき 要約するとモーターだけでは走行できない場合や、ハイブリッドシステムが作動できない場合にはEVモードが使えません。 しかしいちいちこの条件を覚えておくのも面倒ですので、実際にEVモードのスイッチをONにして使えない場合には、少々時間をおいてから再トライするとよいでしょう。 MEMO これからプリウスを買おうと思っている方は、購入時の値引きの交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 EVモードの機能の詳細 では次はEVモードを使ったときの走行できる距離や速度、または解除条件など。 EVモードにまつわる機能をご説明していきましょう。 EVモードで走れる走行距離 EVモードが使用できるのはハイブリッド駆動用バッテリーの充電量が減った時までですが、 一般的にEVモードで走れる距離は数百メートル~1km程度となっています。 以下のような要因によって走行できる距離は変わってきますが、 長くても1kmなのであまり長い距離は走れません。 アクセルの踏み具合• 加速度の度合い• 道路状況 本当に静かに走行したい場合に使う程度の使い方となるでしょう。 しかし前述したように下り坂で回生ブレーキで充電できる状況であれば、状況によっては1㎞以上でも走行は可能です。 EVモードの最高速度 EVモードには制限速度があり、この速度を超えると自動的にEVモードが解除されます。 最高速度については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。 あわせてご参照ください。 EVモードの解除条件 EVモードが自動で解除される条件は制限速度以外にもあり、前述したものを合わせて次の3つがあります。 駆動用電池の充電量が低下したとき• 車速が高いとき• アクセルペダルを大きく踏み込んだときや坂道など 3つ目のアクセルペダルを大きく踏み込んだ時というのは急加速した時や、上り坂でパワーが足りず踏み込んだ時などです。 高速道路での車線合流時などにのEVモードが解除される可能性が高いでしょう。 EVモードをできるだけ長く使うためには、加速せず一定速度で走行し、バッテリー消費をできるだけ抑える走り方が必要となります。 なおプリウスでの加速については以下の記事でも触れているので、興味のある方はこちらもご参照ください。 EVモードの燃費 EVモードはエンジンを動かさずに走行できるので燃費が良くなると考えがちですが、ハイブリッドカーの場合、充電は結局エンジンとガソリンを使うので、EVモードを使っても燃費が良くなるわけではありません。 ハイブリッドカーの燃費が良い状態はエンジンとモーターを両方使って効率的に走った場合ですので、EVモードだけでは前述したように燃費が悪くなる可能性もあります。 充電状況や燃費がどのぐらいになっているかは、プリウスのディスプレイに表示されますので、これを見ながら運転を調整すればEVモードを使ったエコ運転が実現できるでしょう。 これからプリウスを買おうと思っている方は、以下の記事もぜひご覧ください。 購入の参考になりますよ。

次の

プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え

プリウス メンテナンス モード

隠しコマンドで整備モードに切り替え ディーラーや整備工場のエンジニアが利用している、整備モードへの切り替える隠しコマンドを紹介しましょう。 今回、整備モードの隠しコマンドを検証した車両はトヨタ・プリウス30系です。 まずブレーキボタンを踏まず、パワーボタンを2回押します。 次に、シフトポジションが「P」の状態で、アクセルを2回踏み込んでください。 シフトポジションを「N」にして左足でブレーキを踏んだまま、アクセルを2回踏み込みます。 最後にパーキングスイッチを押して、アクセルを2回踏み込んだら隠しコマンドは終了です。 隠しコマンドでメーターに表示が出る 隠しコマンドのあとに、メーターパネル部分に「MAINTENANCE MODE」と表示されれば成功。 これで整備モードに入りました。 この「MAINTENANCE MODE」でできることは、エンジン回転数の測定と排気ガスの測定、マフラーの音量測定、スタック時の強制エンジン起動です。 なお、整備モードに入ると、「ECO MODE」「EV MODE」への切り替えが制限されます。 ただし、この隠しコマンドによる整備モードは、あくまで整備工場などで使用するためのものです。 不具合などが発生しても保証できません。 プリウス純正カーナビで隠しコマンド このほか、プリウスの純正カーナビは隠しコマンドで簡易的な「ダイアグモード」に入ります。 ダイアグモードはメーカーのサービスマンが検査・修理用に使うもので、さまざまな設定の変更や確認が可能です。 これでカーナビ画面にダイアグモードのトップ画面が表示されるのです。 この隠しコマンドを入力すると、車両の調子が悪ければ故障診断、受信感度がイマイチならテレビ設定での確認などができます。 ETC連動タイプの場合は、車両のサイズから通行料区分の設定も変更できたりするのです。 ダイアグモードでは「故障診断」「機能検査・調整」などのメニューが並び、簡易セルフチェックが可能。 ただし、セキュリティ解除コードが不明なため、SDカードコピーや走行中のテレビ視聴制限などの設定は変更できませんでした。 プリウスの隠しコマンドはトヨタ共通 トヨタのコンパクトハイブリッド「ヴィッツHV」のメーカー純正ナビ(ディーラーオプションは不可)には、隠しコマンドでサービスモードを表示できます。 部品交換時の動作確認や初期設定などで利用されることを見越し、あらゆる項目の設定・変更・確認が可能です。 プリウスの純正カーナビの隠しコマンドが使えます。 ヴィッツHVのトヨタ純正ナビは、隠しコマンドでサービスモードに入って使うダイアグノーシス(自己診断機能)を搭載しています。 プリウスのトヨタ純正カーナビの隠しコマンドと変わりません。 ヴィッツHVのトヨタ純正ナビのサービスモードの故障診断では、CAN通信を用いてECUからのレスポンスのポジやネガで判別します。 最新車両には電子パーツが山盛りで「ここが壊れているからこのパーツを交換すればよい」という最適解がありません。 そこでこのCAN通信により、ネガ返答の部位を特定するというわけです。 とはいえ、より深い項目に入るには、ディーラーもしくは認証整備工場しか知らないパスコードが必要となる仕組みになっていまっした。 うっかり触って元に戻せなくなる心配はなさそうです。 トヨタ純正カーナビで走行中に映像 また、トヨタ純正カーナビにはドライバー・アシストとして「Toyota Safety Sense」や補助カメラなどさまざまな安全機能が搭載。 この機能のテストや目視による調整なども、トヨタ純正ナビのダイアグノーシスでカーナビから行えます。 サービスモード画面では、故障診断・機能検査&調整・サービス情報・製品情報の4項目から選択可能。 CANの通信設定や、ナビのタッチパネル調整などが可能。 地デジの受信感度設定の項目では、小さい画面ではあるものの走行中も映像が映すことができます。 車種やカメラのタイプを選択すると、バックカメラの光軸やガイドの調整が可能。 ガイドが大幅にズレてしまっていても自分で修正できるので、わざわざディーラーに持ち込む必要がなくなります。

次の

プリウス30系の整備モードで走行した時の注意点は?

プリウス メンテナンス モード

ハイブリッド車の代名詞ともいえる人気車種がトヨタのプリウス。 このプリウスには、トヨタディーラーや整備工場などでのみ利用されているメンテナンスモードに入るための隠しコマンドが用意されています。 さらには、プリウスの純正カーナビは隠しコマンドで簡易的なテストモードに入ることができるのです。 プリウスの隠しコマンドには2種類 ハイブリッド車であるプリウスはモーターで稼働します。 エアコンをかけたり急加速をしていない平常時は、エンジンが停止した状態。 このため、エンジンの調子をチェックするには、メンテナンスモードに切り替える必要があるのです。 このほか、エンジンの出力を制御して車輪の横滑りを軽減する「TRC」を、強制的に解除する「サーティフィケーションモード」もあります。 エンジン始動前に隠しコマンドを入力すると、2種類のメカニック用の特殊なモードに突入するのです。 ここで、まず左足でブレーキを踏み、Pモードでアクセルペダルを2回踏み込むのです。 プリウスのメンテナンスモード表示 続いて、Nモードにしてアクセルペダルを2回踏み込み。 さらに、Pモードにしてアクセルペダルを2回踏み込みます。 インジケーターランプがオレンジ色に点滅したら、ブレーキを踏んだ状態でPOWERボタンを押すのです。 なお、ペダルを踏む回数が各2回で「MAINTENANCE MODE」と表示されてメンテナンスモードに、各3回にすると「CERTIFICATION MODE」と表示されてサーティフィケーションモードになります。 プリウスのメンテナンスモードでは強制的にエンジン駆動となり、エンジン調整・排ガス測定・スピードメーターテストなどが実施可能。 サーティフィケーションモードでは、エンジン駆動は無しのままスピードメーターなどのテストができます。 プリウス純正カーナビ隠しコマンド このほか、プリウス純正カーナビの隠しコマンドを入力すると、車両の調子が悪ければ故障診断、受信感度がイマイチならテレビ設定での確認などが可能。 ETC連動タイプの場合は、車両のサイズから通行料区分の設定も変更できます。 これでカーナビ画面にダイアグモードのトップ画面が表示されるのです。 ダイアグモードはメーカーのサービスマンが検査・修理用に使うもので、さまざまな設定の変更や確認が可能。 「故障診断」「機能検査・調整」などのメニューが並び、簡易セルフチェックが行えます。 関連記事リンク(外部サイト).

次の