わが まち ハザード マップ。 世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版・全区版)

全国のハザードマップ(地震、津波、洪水、浸水、火山)が一目でわかる『国土交通省ハザードマップポータルサイト』

わが まち ハザード マップ

Contents• ハザードマップの確認が大事 見たことがないという人は自分の住む地域のハザードマップは最低限確認しておきましょう。 過去に見たことがある人も、ハザードマップや防災情報は新しくなっていることもありますので確認してみてください。 引っ越しによる手続きのために市役所へ行くと、ゴミの分別表などの書類と一緒にハザードマップを渡す自治体もあります。 ネットで検索するときは、 「ハザードマップ 市区町村名」を入力して検索すると専用ページが表示されることが多いかと思います。 今回は、全国各地のハザードマップが調べられるサイトをご紹介します。 ハザードマップポータルサイト は、パソコンやスマホから見ることができます。 (個人的にはパソコンで見る方が断然見やすいのでそちらがオススメです。 ) わがまちハザードマップ 「わがまちハザードマップ」では、各市町村が作成している様々なハザードマップのリンクを一覧で見ることができます。 市町村によっては、ハザードマップのPDFをダウンロードすることができるサイトもありますので一度アクセスしてみてください。 今回は、ためしに 千葉県の市川市という市町村のハザードマップを検索してみました。 「わがまちハザードマップ」の【まちをえらぶ】というところで、都道府県と、市町村名を入力して検索すると 洪水、地震のハザードマップなどのリンクが出てきました。 さらに 地震防災・危険度マップ情報 > 震度被害マップ 公開しているURL をクリックしていくと 市川市の地域別減災マップのページへととびました。 市川市では、市内の地域別にPDFのハザードマップを掲載してくれてありました。 ダウンロードし印刷してもいいですし、マップの配布場所についてもサイトに記載があるのでそこへ行ってもらってきてもいいですね。 重ねるハザードマップ 同じく国土交通省のポータルサイトにある、「重ねるハザードマップ」では複数の災害リスクを重ねて表示することができます。 市町村名より後の地名を入れ、より詳しい地図を出してみましょう。 ここでは 千葉県浦安市舞浜を検索してみました。 調べたい地域を表示して、左にある「災害種別で選択」で、洪水、土砂災害などの情報を個別で調べることもできますし、重ねて調べることもできます。 今回は、 洪水、土砂災害、津波、道路防災情報のアイコンをクリックしました。 「すべての情報から選択」をクリックすると、 「情報リスト」が出てきます。 知りたい項目の 解説マークをクリックすると 地図上の色分けがどのような意味か、 マークの意味などが記載されています。 右側にある 虫メガネの危マークをクリックし、 調べたい地域をクリックすると、 この場所の自然災害リスクが表示されます。 ・洪水によって想定される浸水深 ・土砂災害の危険性 ・地形からわかる災害リスク ・大規模盛土造成地であるかどうか ・明治時代に低湿地であったかどうか が表示されました。 これらのボックスの右のアイコン(危マークや、詳マーク)をクリックすると、詳しい説明が書かれたページが表示されます。 ハザードマップで出た情報は予想にしか過ぎません。 ハザードマップで危険度が低いからと安心するのではなく、あくまで目安として参考にすることにお使いください。 まとめ 自分の住む地域のハザードマップを確認した上で、災害のリスクが高いのなら、引っ越しを検討することも必要です。 またこれから家を建てたり、引っ越しを考えている際は、その土地の災害リスクも調べた上で決定することが重要です。 交通の利便性や、価格などの条件を優先的に考えてしまいがちですが、大規模な自然災害は、生活そのものを奪ってしまうほどリスクの高いものです。 ハザードマップを活用して、地震だけでなく、洪水や火山などのリスクを念頭に置き、土地選びや物件探しをすることをおすすめします。

次の

伊万里市/わがまち・わが家の防災マップ

わが まち ハザード マップ

Contents• ハザードマップの確認が大事 見たことがないという人は自分の住む地域のハザードマップは最低限確認しておきましょう。 過去に見たことがある人も、ハザードマップや防災情報は新しくなっていることもありますので確認してみてください。 引っ越しによる手続きのために市役所へ行くと、ゴミの分別表などの書類と一緒にハザードマップを渡す自治体もあります。 ネットで検索するときは、 「ハザードマップ 市区町村名」を入力して検索すると専用ページが表示されることが多いかと思います。 今回は、全国各地のハザードマップが調べられるサイトをご紹介します。 ハザードマップポータルサイト は、パソコンやスマホから見ることができます。 (個人的にはパソコンで見る方が断然見やすいのでそちらがオススメです。 ) わがまちハザードマップ 「わがまちハザードマップ」では、各市町村が作成している様々なハザードマップのリンクを一覧で見ることができます。 市町村によっては、ハザードマップのPDFをダウンロードすることができるサイトもありますので一度アクセスしてみてください。 今回は、ためしに 千葉県の市川市という市町村のハザードマップを検索してみました。 「わがまちハザードマップ」の【まちをえらぶ】というところで、都道府県と、市町村名を入力して検索すると 洪水、地震のハザードマップなどのリンクが出てきました。 さらに 地震防災・危険度マップ情報 > 震度被害マップ 公開しているURL をクリックしていくと 市川市の地域別減災マップのページへととびました。 市川市では、市内の地域別にPDFのハザードマップを掲載してくれてありました。 ダウンロードし印刷してもいいですし、マップの配布場所についてもサイトに記載があるのでそこへ行ってもらってきてもいいですね。 重ねるハザードマップ 同じく国土交通省のポータルサイトにある、「重ねるハザードマップ」では複数の災害リスクを重ねて表示することができます。 市町村名より後の地名を入れ、より詳しい地図を出してみましょう。 ここでは 千葉県浦安市舞浜を検索してみました。 調べたい地域を表示して、左にある「災害種別で選択」で、洪水、土砂災害などの情報を個別で調べることもできますし、重ねて調べることもできます。 今回は、 洪水、土砂災害、津波、道路防災情報のアイコンをクリックしました。 「すべての情報から選択」をクリックすると、 「情報リスト」が出てきます。 知りたい項目の 解説マークをクリックすると 地図上の色分けがどのような意味か、 マークの意味などが記載されています。 右側にある 虫メガネの危マークをクリックし、 調べたい地域をクリックすると、 この場所の自然災害リスクが表示されます。 ・洪水によって想定される浸水深 ・土砂災害の危険性 ・地形からわかる災害リスク ・大規模盛土造成地であるかどうか ・明治時代に低湿地であったかどうか が表示されました。 これらのボックスの右のアイコン(危マークや、詳マーク)をクリックすると、詳しい説明が書かれたページが表示されます。 ハザードマップで出た情報は予想にしか過ぎません。 ハザードマップで危険度が低いからと安心するのではなく、あくまで目安として参考にすることにお使いください。 まとめ 自分の住む地域のハザードマップを確認した上で、災害のリスクが高いのなら、引っ越しを検討することも必要です。 またこれから家を建てたり、引っ越しを考えている際は、その土地の災害リスクも調べた上で決定することが重要です。 交通の利便性や、価格などの条件を優先的に考えてしまいがちですが、大規模な自然災害は、生活そのものを奪ってしまうほどリスクの高いものです。 ハザードマップを活用して、地震だけでなく、洪水や火山などのリスクを念頭に置き、土地選びや物件探しをすることをおすすめします。

次の

世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版・全区版)

わが まち ハザード マップ

被災想定区域(被害が想定される地域)• 被害の範囲• 避難場所・避難経路 住んでいる地域のハザードマップを確認することで、自宅周辺で発生しうる災害の種類や程度、近くの避難場所やそこへの経路などを視覚情報として得ることができます。 そのため、防災に対する意識が高まりやすく、具体的に災害への備えに取り組みやすくなります。 また、持ち出し用防災セットに入れておけば、被災したときに迅速かつ適切に避難行動をとるためのツールとしても役立ちます。 ハザードマップの作成者と入手方法 各市区町村が管轄区域のハザードマップを作成し、市区町村のウェブサイトに掲載したり、紙媒体として発行したりしています(刊行物に掲載されている地域もあります)。 MEMO 紙媒体のハザードマップは、住んでいる地域の市区町村役場に行けば交付してもらうことができます。 担当窓口が分からない場合は、総合案内で確認してください。 また、国土交通省が運用する「ハザードマップポータルサイト」では、全国の市区町村が作成したハザードマップを確認することができます。 住んでいる地域だけでなく、子供の学校、夫または妻の職場、実家などがある地域のハザードマップを確認してい場合に便利です。 ウェブ上のハザードマップと紙媒体のハザードマップのメリット・デメリット ウェブ上のハザードマップと紙媒体のハザードマップには、それぞれメリットとデメリットがあります。 ハザードマップ メリット デメリット 紙媒体 ・手元で保管し、常に確認できる ・防災セットに備えておける ・住んでいる地域の情報しか得られない ・情報が古いことがある ウェブ上 ・住んでいる地域以外の情報が得られる ・最新情報が入手できる ・ネットが使用できる環境が必要 ・防災セットには備えておけない 平時にはどちらのハザードマップを確認しても問題ありませんが、住んでいる地域以外の情報も得たいならウェブ上で確認するのが便利です。 紙媒体、またはウェブサイトからダウンロードしたハザードマップを持ち出し用防災セットに備えておくと、いざというときに安心です。 ハザードマップの活用方法 ハザードマップは、災害への備えや避難行動など、防災に関する様々な場面で活用することができます。 海水の堤防を越えた浸水が想定される地域と浸水深など 洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップとは、大雨などの影響で河川が氾濫して洪水が発生した場合に、被害を受けるおそれのある区域や予測される被害の程度が表示されているハザードマップです。 想定される浸水域、浸水深、避難場所、避難経路など、住民が迅速かつ適切に避難するのに必要な情報が表示されます。 内水ハザードマップ 内水ハザードマップとは、大雨などで内水氾濫が発生した場合に、被害が発生するおそれのある区域や予測される被害の程度が表示されているハザードマップです。 内水氾濫というのは、雨量が市街地の雨水処理能力を超えて建物、土地、道路などが浸水する現象で、都市型水害とも呼ばれています。 内水ハザードマップには、洪水ハザードマップと同じく、浸水域、浸水深、避難場所、避難経路などが表示されます。 土砂災害ハザードマップ 土砂災害ハザードマップとは、土砂災害による被害が想定される地域や避難情報が表示されているハザードマップです。 被害予測地点、土砂災害の種類、予測される被害拡大範囲と程度、避難経路と避難場所などが表示されています。 2005年に土砂災害防止法が改正された後は、土砂災害の警戒区域や特別警戒区域を表示したハザードマップを作成し、地域住民に配布することが、各市区町村に義務付けられています。 地震災害ハザードマップ 地震災害ハザードマップとは、将来的に発生することが予測される地震によって被害を受ける範囲などが表示されているハザードマップです。 地震発生時の被害範囲、建物被害予測、地盤の液状化リスクなどが表示されています。 火山防災ハザードマップ 火山防災ハザードマップとは、噴火や火山活動が活性化した場合に、噴石、火砕流、溶岩流、泥流、火山灰による被害を受けるおそれがある地域を表示したハザードマップです。 2015年に施行された改正活火山法では、全国49火山周辺の23都道県と140市町村が火山災害警戒地域に指定されており、指定された自治体は、火山防災協議会の立ち上げと火山ハザードマップの作成が義務付けられています。 津波ハザードマップ 津波ハザードマップとは、津波が陸上へ押し寄せた場合の津波の高さ、第1波到達までの時間、浸水域、避難場所と避難経路などを表示したハザードマップです。 2012年施行の津波防災地域づくり法により、都道府県が津波被害が想定される地域を「津波災害警戒区域」に指定し、区域内の市区町村は、津波ハザードマップの作成と公表が義務付けられました。 高潮ハザードマップ 高潮ハザードマップとは、高潮によって生じる被害を受けるおそれのある地域や被害の程度を表示したハザードマップです。 国土交通省は、2004年に高潮対策や避難計画に関するマニュアルを作成し、全国の自治体に高潮ハザードマップの作成を促しています。 国土交通省ハザードマップポータルサイト 出典: ハザードマップポータルサイトとは、国土交通省が運用する、全国のハザードマップ(防災情報)をウェブ上で確認することができるサイトです。 スマホ、タブレット、パソコンなどで閲覧することができ、防災計画や避難計画を立てるのに役立つサイトです。 注意 災害発生時にはアクセスが集中し、つながりにくくなることがあります。 ハザードマップポータルサイトの主な機能は、「重ねるハザードマップ」と「わがまちハザードマップ」の2つです。 重ねるハザードマップ 重ねるハザードマップとは、複数の防災情報を1つの地図上で同時に表示する機能です。 洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示できます。 引用:国土交通省ハザードマップポータルサイト 調べたい場所の住所を入力し、表示したい災害情報を選択すると、防災情報が1つの地図上にまとめて表示されます。 例えば、大雨が降った場合の防災情報を知りたい場合、浸水のおそれがある場所、土砂災害の危険がある場所、通行止めになるおそれがある道路などの情報を1つの地図上に表示して確認することができます。 この機能を使えば、避難計画や防災計画を立てるために複数のハザードマップを見比べる必要がなくなります。 わがまちハザードマップ わがまちハザードマップとは、全国の市区町村が作成した各種ハザードマップを閲覧することができる機能です。 各市町村が作成したハザードマップへリンクします。 地域ごとの様々な種類のハザードマップを閲覧できます。 引用:国土交通省ハザードマップポータルサイト 住んでいる地域の都道府県と市区町村をプルダウンメニューから選択すると、その地域の自治体が作成しているハザードマップの一覧とリンクが出てきます。 わがまちハザードマップ機能を利用すれば、住んでいる自治体が作成した各種ハザードマップを入手する手間を省くことができます。 まとめ 災害に備えるには、住んでいる地域でどのような災害が起こりやすく、どのような被害を受ける可能性があるのかを把握することが大切です。 ハザードマップを確認すれば、住んでいる地域の危険度を視覚的に把握することができるので、災害に備える意識を高めたり、具体的な災害対策を立てたりしやすくなります。 各地域で災害ごとに作成されているので、住んでいる地域のハザードマップは一通り確認しておくことをおすすめします。 【参考】•

次の