インフルエンザ 予防 接種 後 発熱 子供。 副反応で40度の発熱、今後の予防接種について。

インフルエンザの予防接種後に子供が発熱!副作用?感染?

インフルエンザ 予防 接種 後 発熱 子供

子供がインフルエンザ予防接種の翌日に熱が出たけど大丈夫? インフルエンザの予防接種はウイルスを体内に入れ、体に抗体をつくらせることで、インフルエンザの重症化を防いでくれるものです。 よく 「ワクチンを打っておけば、インフルエンザにならないんでしょ?」と思っている方がいますが、 ワクチンを打ってもインフルエンザにかかることはあります。 あくまで重症化を防ぐためのものであり、予防をしてくれるわけではないんです。 そして、ウイルスを体内に入れるわけですから、当然、 「副反応」と呼ばれるものもつきものです。 「副反応」とは、「副作用」と同じ意味です。 しかしこれは、ウイルスに対する抗体をつくるための正常な反応であるため、けっして「インフルエンザになってしまった!」訳ではありません。 【インフルエンザの予防接種の副反応】• 倦怠感• 嘔吐・吐き気・下痢• めまい• 関節痛・筋肉痛 または、注射をした部位に、以下のような 副反応が起こる場合もあります。 腫れる• かゆくなる• 熱を持つ• 固くなる• しびれる• 痛い これらの副反応は、予防接種を受けた人の中で 5%から20%の割合で出ることがあります。 これって、結構な割合ですよね。 まり、 「自分自身や子供にも十分に起こる可能性がある副反応である」ということは理解しておきましょう。 しかし、これらの副反応は、通常なら2~3日で自然に治っていくため、体調も回復していくようなら心配はいりません。 もし、何日も症状が続く場合や、反応が明らかに強い場合は、すぐに予防接種を受けた病院へ連絡し、しかるべき指示を受けましょう。 スポンサードリンク 副反応の注意すべき点は? 予防接種の副反応は、 強いものであれば接種後30分以内に起こる場合がほとんどです。 また、軽度であっても 24時間以内に発症します。 そのため、 それ以降にインフルエンザと似たような症状が見られた場合には、0 副反応ではなく感染を疑いましょう。 しかし、予防接種による熱なのか、そうでないのかは判断が難しい、と思いますよね? 予防接種による熱の場合、どのような症状が出るのでしょうか? 【予防接種後の熱の症状の特徴】• 予防接種後~翌日にかけて熱が出る• 37度5分以上の熱が出る• 発熱後、2~3日で下がる• 熱以外に、ほかの症状(咳・鼻水など)がない 子供の場合、熱が出ても元気な様子であれば、それほど心配はいりません。 しかし、以下のような場合は、すぐに病院へ行きましょう。 水分が取れず、ぐったりしている(ミルクや水を飲まない)• ずっと機嫌が悪く、ぐずっている• 焦点が合わず、意識がもうろうとしている• 熱性のけいれんを起こした• 発熱以外の咳や鼻水の症状がある• 3日以上たっても熱が下がらない ここで注目したいのは、 「水分が取れない」ということです。 水分が取れない状態のままでいると、脱水症状を引き起こし、 赤ちゃんの場合は重篤になりやすいため、特に注意が必要です。 それでも病院に行くか判断しかねる・・・という場合には、まず予防接種を受けた病院へ連絡してみましょう。 症状の状態を伝えることにより、適切な指示を受けることができます。 迷ったらまず電話!を心がけましょう。 おわりに インフルエンザの予防接種に関わらず、ワクチンの接種には副反応がつきもの。 わが家の乳児も、予防接種後に熱を出すことはよくありました。 心配性な私は、ことあるごとに病院に電話をして、「大丈夫です、様子を見てあげてください」とやさしく看護士さんに慰められました。 子供が熱を出すと、非常に心配になってしまいますが、副反応が出るのは、体がウイルスに対して抗体を作っている証拠。 焦らず、適切に対応してあげましょう。

次の

インフルエンザ予防接種の副反応|熱は出る?副反応の症状と予防法を解説

インフルエンザ 予防 接種 後 発熱 子供

例年以上に猛威をふるっているインフルエンザ。 例年12~3月ごろにかけて流行します。 潜伏期間や初期症状、熱や咳などの症状を把握しておきたいですね。 また、インフルエンザの予防接種を受ける間隔や回数、インフルエンザの検査内容や受けるべき時期、料金も知っておきたいところです。 さらに、抗インフルエンザウイルス薬やタミフルの効果、インフルエンザの予防法や対処法など、子どものインフルエンザ対策をおさらいします。 子供のインフルエンザの症状 子供のインフルエンザの症状 子供のインフルエンザの発症までの潜伏期間や初期症状、発症後の発熱や頭痛、咳などの症状を知りましょう。 潜伏期間 インフルエンザの潜伏期間は極めて短く、最短16時間から最長5日で、2~3日がもっとも多いとされています。 ウイルスの増殖速度早いため、潜伏期間は短くなります。 初期症状 一般的な風邪の初期症状と違い、インフルエンザは急激に症状が進行します。 くしゃみ、鼻水、喉の違和感を感じたらすぐに発熱することが多いです。 また、頭痛、筋肉痛などの痛みと全身に倦怠感がみられます。 熱が出る、熱が下がらない インフルエンザの熱は、発症から1~2日程度で38~39度にまで上昇、3日目頃に少し下降し、4~5日目あたりに再び上昇する場合が多く、このような症状は特に小児に多いと言われています。 熱があるのに元気な子供 子供は大人と比較して、高熱が出やすいと言われています。 大人ならぐったりするような高熱でも、子供は元気という場合もあります。 しかし、元気だから大丈夫というわけではありませんので、注意が必要です。 咳が出る、咳がひどい、咳が止まらない インフルエンザ発症から、時間の経過とともに咳が出始め、徐々にひどくなっていく場合があります。 また3日目頃は、咳により唾液が飛沫するため、感染力が高まる時期とされています。 肺炎の併発 子供の免疫力が低下している場合は、肺炎を併発するなどの重症になる可能性もあります。 十分に気を付けましょう。 子供のインフルエンザの予防接種 子供のインフルエンザを防ぐために、適切に予防接種を受けましょう。 1回でいいの?予防接種を受ける間隔、回数 予防接種を受けよう子どものインフルエンザ予防と対策 子供がインフルエンザの予防接種を受ける場合は、2回接種が基本。 初回から2週間たてば2回目の接種ができますが、約4週間あけて2回目を接種すると予防効果がもっとも高まります。 詳しくは「」をチェック! 予防接種の料金 地域の医療機関、かかりつけ医などでインフルエンザの予防接種を受けることが出来ますが、自治体によって期間や費用は異なります。 また子供の場合は、費用の一部助成や無料化を行っている自治体もあります。 ちなみに、「2018~2019年インフルエンザ予防接種 全国&都道府県別 平均価格(QLife)」によると、成人1回目、税込み、公的助成なしの場合の全国平均は3,529円となっています。 インフルエンザの予防接種が可能な医療機関や地域での取り組みについては、地域の保健所、医師会、医療機関、かかりつけ医などに問い合わせましょう。 予防接種を受けそこねたら? 予防接種を受けそこねたら?子どものインフルエンザ予防と対策 接種が勧められている時期というのは、その病気を予防するのに適している時期だということ。 時期を逃したからといって、予防効果が得られないので、子どもを病気から守るためにきちんとワクチン接種を受けておきましょう。 詳しくは「」をチェック! 子供のインフルエンザ検査について 子供がインフルエンザかな?と思ったら、インフルエンザ検査を受けましょう。 検査の内容 病院では、綿棒で鼻の奥の粘膜をとる検査を行います。 検査の結果は15分ほどでわかります。 詳しくは「」をチェック! 検査はいつ受けるといい? 受診するタイミングは子どものインフルエンザ予防と対策 インフルエンザかな?と思ってすぐに受診すると、発症のタイミングによっては検査結果が陰性になり、また翌日病院へ行かなくてはならないことも。 熱があってもけいれんを起こしておらず、意識がはっきりしているのであれば、家で半日くらい様子を見てから病院へ連れて行くのがよいでしょう。 詳しくは「」をチェック! 検査の料金 地域の医療機関、かかりつけ医などでインフルエンザの検査を受けることが出来ますが、自治体によって期間や費用は異なります。 また子供の場合は、費用の一部助成などを行っている自治体もあります。 インフルエンザの検査が可能な医療機関や地域での取り組みについては、地域の保健所、医師会、医療機関、かかりつけ医などに問い合わせましょう。 子供のインフルエンザの薬 子供のインフルエンザの薬は、医師の指導のもと、適切に服用しましょう。 タミフルのほか、どんな薬があるの? インフルエンザの薬は、抗インフルエンザウイルス薬などがあります。 種類は、リン酸オセルタミビル(商品名「タミフル」など)、ザナミビル水和物(商品名「リレンザ」など)、塩酸アマンタジン(商品名「シンメトレル」など)があります。 抗インフルエンザウイルスの服用時期 抗インフルエンザウイルスを投薬する適切な時期は、発症・発熱から48時間以内とされています。 それ以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できません。 効果的な使用には用法、用量、期間(服用する日数)を守りましょう。 抗インフルエンザウイルス薬の効果 適切な時期から服用を開始すると、発熱期間は通常1~2日間短縮され、ウイルス排泄量も減少します。 抗インフルエンザウイルス薬の効果は、インフルエンザの症状が出はじめてからの時間や病状により異なるので、使用の有無は必ず医師の判断に従いましょう。 子供が薬を飲まないときは? 血中濃度を一定に保ち、効果を持続させるために、薬の種類によって服用の回数が決められています。 「1日3回服用」とされている場合、きっちり8時間おきに飲ませなくても、3~4時間以上間隔をあけて飲ませるようにするとよいでしょう。 詳しくは、「」をチェック! 薬の適切な量は? 子供の薬は、用量を守って服用をさせましょう。 「3回に分けて飲むべき1日分の薬を2回に分けて飲ませる」などは避け、1回分の用量は必ず守ります。 詳しくは、「」をチェック! 子供のインフルエンザの予防法 インフルエンザなど感染症のうち、薬で病気そのものを治せるのはごく一部です。 多くの場合は薬でつらい症状をやわらげながら体の回復を待つことになります。 ウイルスや細菌に負けないよう、日頃から体の免疫力を高めたり、感染を予防することが重要です。 ビタミンDを取る ビタミンDを取ろう子どものインフルエンザ予防と対策 日本人研究者によって行なわれたビタミンDとインフルエンザの感染の調査によると、ビタミンDを摂取している人ほど、インフルエンザの発症リスクが低くなることがわかりました。 特に、オススメはお鍋。 魚類やきのこ類は、無理なくビタミンDを摂取することができるので、これからの季節におすすめのビタミンDメニューです。 詳しくは「」をチェック! 腸内環境を整える 腸内環境を整えよう子どものインフルエンザ予防と対策 感染源に接触してしまっても、感染する人もいれば感染しない人もいます。 かかっても症状が軽症ですむ人と重症化する人がいます。 これはその人がもつ免疫力によって違いです。 免疫力をアップするためには、まず腸内環境を整えること。 腸内環境を整えるために、食物繊維を積極的に摂取しましょう。 詳しくは「」をチェック! 1日4回歯磨きをする 1日4回歯磨きをしよう子どものインフルエンザ予防と対策 インフルエンザの予防と言えば、まず「手洗いとうがい」と言われますが、デンタルケアも効果的です。 口腔内の細菌が出す酵素(ノイラミニダーゼ、プロテアーゼ)が多いとインフルエンザウイルスが増殖しやすくなるそう。 そのためインフルエンザ流行期は、1日4回の歯磨きとデンタルフロス(歯間磨き)をするのが効果的だそう。 こまめな口腔ケアが予防につながります。 詳しくは「」をチェック! 子供のインフルエンザの対処法 いろいろな予防策を実施していても、かかってしまう場合があります。 では、かかってしまった場合はどうすればよいのでしょうか? 家族にうつらないようにする 寝室を別々にしたり、看病をする人は、マスク・手洗い・うがいを徹底しましょう。 家族に高齢者がいる場合は、子供のインフルエンザがうつった場合に重症化しやすいので、特に気を付ける必要があります。 高齢者にインフルエンザにかかった子供の看病をお願いするのは避けましょう。 詳しくは「」をチェック! 水分補給をする 水分補給をしよう子どものインフルエンザ予防と対策 食事がとれないときは経口補水液を飲ませ、こまめに水分補給をしましょう。 寒がっているときはたくさん着せてもよいですが、反対に暑がっているときは薄着にして布団をかけすぎず、快適に過ごせる室温に調整することが大切です。 詳しくは「」をチェック! 保育園・幼稚園の登園は? 保育園・幼稚園の登園は?子どものインフルエンザ予防と対策 インフルエンザにかかってしまった場合(発症した日を0日と数え)、5日を経過し、かつ解熱後3日を過ぎるまで保育園・幼稚園は出席停止となることが学校保健安全法施行規則で決められています。 詳しくは「」をチェック! 最後に、子どもが集団生活をしていなくても、大人がウイルスを家の中に持ち込む場合も想定し、祖父母など子どもの世話をお願いする人も含めた家族全員での接種をおすすめします。 また、他の人にうつさないためにも、外出などを控え、無理をしないことが大切です。 関連リンク.

次の

インフルエンザ予防接種の副作用の症状|いつ?子どもと大人は違う?

インフルエンザ 予防 接種 後 発熱 子供

この記事の目次• 発熱は約10~12時間後に うちの場合も、お昼前に予防接種を接種し帰宅してからは、いつも通り元気に泣いたりお昼寝をしたりお風呂に入って就寝しました。 変化がでてきたのは接種して12時間後ほど。 寝ながら少しうなされているような、寝苦しそうな感じがでてきました。 そしてそれから1時間くらいすると、眠れなかったのでしょう。 顔色や身体の状態を確認 赤ちゃんを抱っこして観察してみると、ほっぺたはピンク色になり、少しポーッとした感じの顔をしていました。 赤ちゃん自身「なんだか分からないけど具合悪いよー」と言っている感じがしました。 唇の色はピンク色をしており、身体の皮膚の色、赤ちゃんの動きなども不自然なところはなく異常はみられなかったため、予防接種による副作用なのだと思いました。 氷枕や氷のうを用意 熱が出た時は、首やわきの下を冷やすのが一番いいそうです。 ついつい、おでこを冷やしてしまいますが、おでこを冷やすのはそれほど効果的ではないようです。 首やわきの下のような、狭く湾曲した部分に密着させるためには、氷枕や氷のうがよいと思います。 それらがない場合は、ビニールに氷を入れて簡易的な氷枕をつくってもよいです。 また、このような時に備えて小ぶりの保冷材のとっておくととても便利です。 大中小の保冷剤を赤ちゃんの身体に合わせて使いわけるのも一つの方法です。 また当てたい身体の部分によっては凍らせた保冷剤、凍らせていない保冷剤を使い分けるのもよい手です。 冷たいものを身体にくっつけますのでいやがる赤ちゃんもいるかと思います。 うちの場合も最初は抵抗があったようでしたが、やはり身体が火照っていて、冷たいものが気持ちよかったのでしょうか。 わきの下に氷のうをおいてもじっとしていました。 おでこに貼るタイプの熱さましも市販されていますが、熱を下げるのにとても効くというわけではないかもしれません。 抱っこしてあげる 熱でうなされている赤ちゃんは、自分でも「どうしてこんなだるいのかな」「身体が熱いのかな」というふうに思っていると思われる状態です。 (実際そういう顔をしているように見えました。 ) 表情は、ぐったりして少しポーッとした感じになっています。 赤ちゃんも不安があるに違いありません。 優しく抱っこをして、背中をさすってあげるなどして安心させてあげましょう 水分を意識的に与える 大人が熱を出した時もそうですが、赤ちゃんは特に発熱した場合の水分補給が大切です。 ミルクや母乳を十分与えましょう。 赤ちゃんが熱のためミルクや母乳を吐き出してしまって飲むことができない場合や、湯冷ましや麦茶なども受けつけない時は、脱水症状をおこすまえに小児科を受診しましょう。 赤ちゃんが熱を出したり体調がよくない時、普段はあたえないリンゴジュースや、イオン飲料などをあげるというママの話を聞いたことがあります。 それもよい案ですね。 また、このような時は離乳食も赤ちゃんが食べたくないのなら無理してあげる必要はないと思います。 なによりまずは「水分」。 母乳やミルクをしっかり飲めていればまずは安心です。 予防接種が原因の時の発熱は丸一日で下がり、翌日(発熱から2日目)には接種前のように元気になります。 その日は念のため自宅で静養するようにしましょう。 静養中も母乳、ミルク、湯冷ましなどをいつもよりも少し多めにあげましょう。 接種するのは金曜日以外に ママの多くがすでに気をつけられていることだと思いますが、予防接種後に赤ちゃんの体調がよくない時、金曜日に接種してしまうと土曜日の午後~日曜日が多くの小児科が休診になるため注意が必要です。 決して気を抜かずに 発熱がある場合がある、患部が腫れる場合がある、などと予防接種の副作用の項目に書いてあっても、1回、2回と接種して、何も起こらないと安心してしまいがちです。 けれども実際は、赤ちゃんの生まれて初めての発熱が予防接種によるもの、ということも起こりえます。 2回目以降に発熱することも 同じ種類の予防接種で、1回目は特に副作用がでなくても2回目、3回目には出ることがあります。 「1回目大丈夫だったから大丈夫だわ」ではなく、 予防接種をうけた以上、副作用は出ておかしくない、とママも心構えをしておきましょう。 1回目の予防接種で赤ちゃんが発熱してしまったママは「うちの赤ちゃんだけなぜこんなに反応してしまったのかしら」などと心配することはありません。 翌年の予防接種で熱を出すお友達がいるかもしれません。 「早いか遅いか」ぐらいに考えておきましょう。 予防接種は弱い菌を植え付けて、赤ちゃんの身体に抗体を作り出すもの。 目にはみえていなくても、赤ちゃんの身体は抗体を作り出すために戦っているのです。 いつもと違うと感じたら赤ちゃんを落ち着いて観察し、状態が悪化しているようだったらすぐに小児科の先生に診てもらいましょう。

次の