あんスタ basic music ストーリー。 『あんスタ!! Basic&Music』新人アイドルユニット『ALKALOID』天城一彩&白鳥藍良のキャラクター個別ストーリー先行公開!

あんスタmusicのファン人数増やし方は?効率的で早く増やす方法公開!

あんスタ basic music ストーリー

自分はいちばん印象深いMVのユニット、「 ALKALOID」がお気に入りだ。 ALKALOIDはこの超大型アッポデートと同時に実装された新ユニットであり、あんさんぶるスターズ!! のメインストーリーの主人公的立ち位置なのもわかった。 このALKALOIDに焦点を当ててストーリーが進んでいくので、こいつらを見ていれば大体の事のあらましもわかるのでは? という考えもあった。 だが、自分の見立ては甘かった。 あんさんぶるスターズ!! Musicはアイドル実験都市みたいな壮大な場所が舞台であり、プレイヤーはそこで全てのアイドルユニットを自由にプロデュースできる超特権的存在だということが知らされた。 そして、登場するすごいアイドルたちが口々にプレイヤーの名前を出す。 学園時代、プレイヤーが為した大業などが伝えられてくる……しかし、とうぜん自分にはリメイクされる前であるあんさんぶるスターズ! の記憶がないので、色々な過去の話が出てきてもよくわからなくて狼狽えるばかりだ。 あんさんぶるスターズ!! はこの春で5年目を迎えるコンテンツであり、時の重みと言うべき窓帷が自分の前に広がっている。 これは例えるならばv5. 0から参入したロードラプレイヤーみたいな気持ちではなかろうか。 そうした気づきがあった。 そして、次第にキャラの背景とか過去が気になりだした。 自分の本能が訴えかけてきていた。 記憶喪失のままで、いいのか? いいわけがない。 自分は唸り、過去を取り戻すためにDIVEを決意した。 もうひとつのアプリであるあんさんぶるスターズ!! BasicはMusicとは違い、従来のあんスタのシステムを引き継いだ内容だ。 そして、こちらでは過去のストーリーが読める。 メインストーリーだけでも第三部まであり、自分はキアイを入れるためにエナジードリンクを飲んでから望んだ。 そしてだいたい二日くらいで読み終え、次は要所要所のポイントを抑えるために調べ物をはじめた。 Basicでは過去イベントを読むのにダイヤが必要ということだった。 しかし、ストーリーを読むごとにダイヤが回収できるのでBasic側でガチャを引いたりしない限りは過去イベントの開放に使いたい放題というすんぽうだ。 4gamerの記事を参考にし、重要そうな過去イベントを読み漁った。 全ての過去イベントを読むのはよほど時間がなければ難しいが、一部ならばなんとかなる。 自分の心は殺伐たるロードラの地平へと戻り、やる気でiPadが一際つよく輝いた。 あんさんぶるスターズ! のストーリーをざっくりと読み終えて自分が感じたのは「 これは少年漫画である」ということだ。 アイドル学園ものなのになぜか「 戦争」「 虐殺」「 捕虜」「 奸計」「 政治」などの言葉が当たり前のように出てきて、区切りごとに倒すべきボスが登場する。 自分はあまり女性向けコンテンツに明るくないので言い切れはしないが、あまりない切り口ではないだろうか。 友情・努力・勝利があるのは前提として、しっかりと各キャラクターの欠点、後ろ暗い過去などに踏み込んで描写している。 また、メインキャラクターである若い世代の内で完結しがちな題材であるにも関わらず、ちゃんと縦軸の話(アイドルの神話)を絡めており、シナリオに奥行きを感じられた。 かなり読み応えがあり、熱かった。 シナリオに期待していなかったわけではないが、これは望外の楽しさだった。 それを踏まえて見るとあんさんぶるスターズ!! Musicのメインストーリーはアンチ少年漫画的な描き方をされており、明らかに過去のストーリーとの対比を新たな舞台でやろうとしているように見える。 焼き直しではなく、ちゃんと過去があって活きる完成度の高いストーリーだということがわかった。 これはBasicで過去のストーリー・イベントを履修していなければわからなかっただろう事柄だ。 Musicのメインストーリーは更新されているところまで読み終えたが、都度追加されていくようなのでこれからに期待している。 ちなみに最新章のタイトルは「大戦争」編だ。 これで本当に「大戦争」をやるから面白い。 リズムゲーム部分についてはようやく多少慣れてきたところだ。 最初は自分の指がどこにあるか、どこを押しているのかサッパリわかっていなかった。 難点と言えるのは左右フリックの色が橙・赤であり、両方似た色で困惑するところだ。 ゲームシステムとしては可もなく不可もなし、といったところだろう。 育成はやや渋く、アイテムのドロッポもかなり偏っていると思った。 また、イベントはかなり厳しめといった印象だ。 自分は旧作のあんさんぶるスターズ! のイベントなどのバランスを知らないからこれはあくまで自分から見た感想でしかなく、間違っているかもしれないが。 何よりもやはり想定以上のCGクオリティが目を惹く。 リリース時から一ヶ月が経過したがコンスタントに曲が追加されており、今後にも期待できそうだ。

次の

あんスタmusicのファン人数増やし方は?効率的で早く増やす方法公開!

あんスタ basic music ストーリー

あんスタ Basic|あんスタベーシックのリセマラは必要?報酬と方法 あんさんぶるスターズ Basicのリセマラは可能?したほうが良い? あんスタベーシックではリセマラが可能。 (iOSはアンインストールでデータ削除不可の場合あり) 本作は 引き直しガチャがあるので、まずは引き直しガチャで推しキャラを狙おう。 その際には必ず星5キャラを狙うのがおすすめとなっているので、 推しキャラが星4の場合はチュートリアル後のリセマラガチャで当てよう。 詳しいリセマラ方法は、同記事にある「 」にて紹介。 あんさんぶるスターズ Basicの事前登録やログインでもらえる報酬 あんスタベーシックはチュートリアル完了後に、 ダイヤや ガチャチケットがもらえる。 下記のアイテムを使用し、リセマラで好きなキャラ・カードを狙おう。 事前登録・ログインボーナスの報酬内容• 前述した通り、本作は引き直しガチャも用意されているので、好きなキャラを当ててからゲームを始めよう。 本作はパーティー編成が 最大で5体まで組み込むことができる。 つまり、リセマラ時点でなるべく多くの星5キャラを当てておくのがおすすめだ。 あんスタ Basic|あんスタベーシックのリセマラ攻略・ガチャ当たりキャラとおすすめ理由 あんさんぶるスターズ Basicのおすすめキャラと評価基準 あんスタベーシックでは編成ボーナスやユニットの総合力が非常に重要ゲームシステムとなっている。 属性合致編成などでもポイントアップ図ることができるので、より多くの高レアキャラを持っている方が攻略が有利というわけだ。 よって、リセマラでは推しキャラを狙うのはもちろん、さまざまなタイプのキャラ・カードを当てることに注力しよう。 タイプは ダンス、ボーカル、パフォーマンスの3種類に分かれている。 あんさんぶるスターズ Basicの序盤攻略 前述した通り、あんスタベーシックでは より多くのキャラタイプを序盤から集めておくのがおすすめ。 例えば、ダンスタイプのキャラ5体よりも、ダンスやボーカル、パフォーマンスタイプを5体の方が良いだろう。 クエストによって得意・不得意が存在するので、なるべく多くの星5キャラを狙うのはもちろん、さまざまなタイプのキャラを狙ってリセマラしよう。 理想は5体全てを 星5キャラフルパーティー作れるようにすることだ。 あんさんぶるスターズ Basicのデータ引き継ぎについて アプリをアップデートする場合、自動的にあんさんぶるスターズのデータが引き継がれる。 データ連携コードで引き継ぎをする場合、あんさんぶるスターズで発行した引き継ぎコードを使用して、新たにダウンロードしたあんさんぶるスターズBasicにデータを引き継ぐことが可能。 あんさんぶるスターズをプレイすることができないため、新たにデータ連携コードを発行することができない。 事前に発行していたデータ連携コードのみが対象。 利用データを引き継いでプレイすることはできるが、一部変更されているデータや利用できないデータもあるので注意が必要。 あんスタ Basic|あんスタベーシックの効率的なリセマラ方法・やり方 アプリをダウンロード 『あんさんぶるスターズ!!Basic』のゲームアプリサイズ: 365. 引き直しガチャ・チュートリアルをクリア 『あんさんぶるスターズ!!Basic』では名前が 重複可能となっており、後から変更できるのでリセマラ時は適当な名前でもOK。 本作は引き直しガチャで星5キャラを当てることができるので、基本的に 引き直しガチャでは星5キャラを狙おう。 推しキャラが星4の場合は、その後のリセマラガチャで当てるのがおすすめ。 引き直しガチャは選んだチームに所属するキャラ・カードを1枚獲得可能。 メールから報酬を受け取る チュートリアル完了後は、ホーム画面の 「プレゼント」より報酬を受け取ることが可能。 前述した通り、事前登録報酬やガチャチケットでリセマラをしよう。 ガチャを引く 『あんさんぶるスターズ!!Basic』のガチャは10連スカウトガチャやダイヤスカウトなどが用意されている。 上記の通り、序盤の引き直しガチャで星5キャラでない場合は、こちらのガチャで狙うのがおすすめ。 ダウンロード時間があるので、Wifi環境の整った場所でリセマラを行おう。 iOSはアンインストールでデータ削除不可の場合あるので、 ゲームセンターを切ってログインしよう。 Androidは上記の方法でリセマラが可能。 あんスタ Basic|あんスタベーシックの課金要素について あんスタベーシックの課金アイテムは? あんスタベーシックの課金通貨は、ダイヤとなっている。 あんスタベーシックは無課金でも面白い? あんスタベーシックは無課金でも面白いゲームと言えるだろう。 ゲーム難易度はそこまで高くないので、まったり本作を楽しむ分には無課金でも良いだろう。 とはいえ、本作はガチャシステムが用意されており、 どうしても欲しいキャラを狙う場合は課金が必要な時もあるだろう。 中でも、高レアキャラ・カードを複数枚当てるには、ダイヤが必要になるので注意が必要だ。 あんスタ Basic|あんスタベーシックのアプリ基本データ アプリタイトル あんさんぶるスターズ!! Basic ジャンル リズムゲーム 配信日 2020年3月15日 価格 基本プレイ無料 開発・運営会社 Happy Elements K. K 事前登録 あり 公式サイト C Happy Elements K.

次の

「あんスタ!!」ストーリー紹介連載第3回。フィーチャースカウト「みか編」「巽編」「茨編」「晃牙編」を語る

あんスタ basic music ストーリー

新人プロデューサーはぜひ参考に,熟練プロデューサーはいちファンとしての筆者の感想を楽しんでほしい。 なお,本連載では紹介するイベント,スカウトストーリーの詳細なネタバレは控えているが,できるだけストーリー読了後にチェックするのがオススメだ。 この騒動には朔間 零(UNDEAD)も一枚噛んでおり,その一連の話は「!」の 【キャロル*白雪と聖夜のスターライトフェスティバル】で読むことができる。 また,薫は本ストーリー以外でもプロデューサーに対して含みのある言い方をすることがあるのだが,これは「!」の 【衝突!思い還しの返礼祭】にて,卒業を機にある想いを伝えたことが影響していると思われる。 「!」【衝突!思い還しの返礼祭】より ・守沢千秋が苦手なものは……? 天満 光が指摘していたとおり,守沢千秋はお化けが大の苦手だ。 千秋がお化け嫌いであることが描かれたストーリーには,「!」での千秋のキャラストーリー 「ナイトウォッチ」もある。 家庭内の問題が影響して元気がなかった薫は,ひょんなことからクラスメイトの千秋や天祥院英智(fine),瀬名 泉(Knights),斎宮 宗(Valkyrie),そしてプロデューサーとともにゲームセンターへ遊びに行くことになる(同じクラスである紅月の蓮巳敬人は用事があるため早々に学院へ戻った。 当時,斑は未登場だったため参加していない)。 「!」【スカウト!荒野のガンマン】より ・占い師・逆先夏目の不思議な話し方 話し方に独特な特徴がある夏目は,アイドル業のほかに占い師としても活動している(母は著名な占い師である)。 そして時折現れる通常とは異なるフォントのセリフは,いつもと違うちゃんとした発音のため,相手の心の奥にまでメッセージを届けられる効果がある=魔力を込めた言葉ということのようだ(本音の場合もある)。 天満 光に「食べないと大きくなれない」と教えたアドちゃん先輩こと乙狩アドニス(UNDEAD)とは,夢ノ咲学院で同じ陸上部仲間である。 いつ何時でも料理のことを考えているというニキは,メインストーリーなどによればアイドルになる気はあまりなく,同じCrazy:Bの天城燐音に誘われて無理やり活動をさせられているらしい。 彼は良い意味で大雑把な性格に見えるものの,視線や匂いに敏感なところもあり,なにやら意味深な発言をすることもある。 戦隊ものが好きなことも影響しているとは思うが,弱かったかつての自分自身が悲しかったり悔しかったりといった経験をたくさんしたからこそ,他人の気持ちに寄り添うことができるのだろう。 千秋自身はまだ,人に頼ることがなかなかできないようではあるけれど。 人々の幸せを願っているのは逆先夏目も同じだ。 彼がリーダーを務めるSwitchのコンセプトはストレートにそれであるし,彼の使う魔法は,触れた誰かを笑顔に変えるようなものだ。 まずは自分が楽しく,そして自分の周りのみんなも楽しいのが大前提で,ネガティブなことは吹き飛ばしてしまう元気さがある。 そのピュアなところに癒やされる人は多いだろう。 椎名ニキは登場したばかりでまだ分からないことが多いが,おそらくは非常に周りをよく見ている人で,場の空気にかなり敏感なタイプに思える。 なにより,人を料理でもてなすことが好きなそのサービス精神は,そのまま彼の社交性につながっているのかもしれない。 「!」のストーリー序盤での彼はどちらかというと勝手気ままなタイプで,何かに一生懸命になったり率先して他人と関わろうとしたりはしなかった。 時が経つにつれて変化を見せた彼は,人が変わったのではなく,ナイーブな面や本音を人に見せないようにしていただけなのだと感じている。 このストーリーで筆者の心に残ったのは,ラストに登場した朔間 零との会話で出たこの言葉だ。 個人的見解だが, 「成長」とは上へ向かって伸びやかに大きくなることで, 「成熟」は人としての深みを増していく,より大人として完成されていくさまを表していると感じている。 千秋も薫も学院を卒業し,守られる子供ではなく,社会に出た1人の大人としての自覚を持って進もうとしていることが伝わってきた。 ようやく仕事を見つけるも,皆に微妙な顔をされてしまう。 サイコロの運だけでなく,交渉力や戦略を考える力も必要な知的なゲームだ。 ・HiMERUの一人称と過去 HiMERUは自身のことを「HiMERU」と呼ぶが,ときどき一人称が変わることがある。 彼は謎の多い人物で,このほかにも読んでいて違和感を覚える点は多い。 メインストーリー第四章では,彼の本名を知っているというALKALOIDの風早 巽が,昔のHiMERUについて言及する場面があった。 彼にまつわる不穏なキーワードやミステリアスな言葉は多く,秘められた謎が気になる。 ・桜河こはくの出自について 前述のHiMERUだけでなく,Crazy:Bの他メンバーも(というかALKALOIDも)過去や出自について気になる点が多い。 こはくについては,プロフィールによれば桜河家が朱桜家(Knightsの朱桜 司の実家)の分家であることは判明しているものの,こはくが実家でどのような生活を送っていたかがはっきりしていない。 メインストーリーでは本人がCrazy:Bの活動を 「実家を出ても汚れ仕事」と言い,司もこはくのことを 「もう自ら望んで汚れる必要はない」などと語っていた。 これは,掲示された条件だけを見て仕事を探してきた桜河こはくに対する天城燐音の言葉だ。 このとき,燐音はこはくに 「頭も心も動かさなければ生きているとは言えない」とも話していた。 口調はきついが,至極真っ当な……というより,燐音の行動原理や情熱が伝わり,聞く人の心を動かす言葉ではないだろうか。 破天荒な行動ばかりする燐音だが,実はとても頭の回転が速く,広い視野と信念に基づいた行動力を持っていることがよく分かる。 そしてこはくもまた,燐音やほかのメンバーの言葉に込められたヒントから,答え(=自らの成長)を迅速に導き出せる聡明さがあるように感じる。 メインストーリーの中で,こはくのことを 「老成した思考と幼い感情が同居しているのが魅力」と語る場面があった。 思考と感情というのは,このストーリーで言う「頭と心」にそのまま通じると言っていいかもしれない。 これらを最大限に活かすことができたとき,こはくはより輝くことができるのだろう。 文字どおりの問題児としてのイメージが先行しがちではあるのだが,最年少のメンバーであるこはくを叱咤激励する燐音,HiMERU,ニキ,そしてそれを受けて成長するこはくの姿を見ていると,彼らはほかのアイドルたちと変わらぬ良い関係を築いているように見える。 ちなみに今回この記事を書くにあたり,あらためて彼らの年齢を確認したところ, 燐音が21歳,ニキが18歳,HiMERUが17歳,こはくが15歳(すべて7月1日時点)となっていた。 この年代の年の差は,大人になってからのそれよりずっと大きい。 ここまでの年齢の開きはほかのユニットにはないものなので,そういう意味でも彼らの関係性はとても興味深い。 メインストーリーにおけるCrazy:Bの行く末はまだ分からないが,彼らが今後もさまざまな面を見せてくれることに期待したい。 仙石 忍が南雲鉄虎のもとに【モーターショウ】というイベントの仕事を持ってきた。 鉄虎は部活仲間の天城一彩を誘い,イベントには流星隊NとALKALOIDが出演することとなる。 そんなある日,ユニットの新メンバーを上手く指導できずに悩む鉄虎や忍,高峯 翠らの様子を知った流星隊Mの隊長・守沢千秋は,深海奏汰に連絡をするのだった。 夢ノ咲学院の忍者同好会は,前年度まで仙石 忍ただ1人だったため部活として成立させられず,同好会としての活動のみが許されていた。 これには忍が尊敬するTrickstarの衣更真緒(当時は生徒会役員,現在は会長)が面倒を見ていた経緯があり,その恩もあってか,忍は今年度より生徒会に所属している。 いつか,礼瀬マヨイ(ALKALOID)が忍者同好会に入ることになったきっかけを描いたエピソードも見てみたいところだ。 卒業シーズン独特の切なさとともに,未来への希望を感じさせる素敵な物語だ。 間違ってアイドル科に入学してしまい,なかなかやる気を出せなかった翠に対し,ついに鉄虎が爆発してしまった事件があったのだ。 このときは翠も涙を流しながらの言い合いになり,慌てて守沢千秋に助けを求めに行った仙石 忍も大号泣という大騒ぎだった。 この返礼祭のストーリーは流星隊の1年を締めくくるにふさわしい名作なので,まだの方はぜひ。 ・【MDM】で活躍したALKALOID 本稿の執筆時点 (2020年5月7日)では,メインストーリー上で【MDM】は開催されていないが,ALKALOIDはとても良い結果を出せたようだ。 新しいアイドルたちの深堀りはこれからになると思うが,本ストーリーでは風早 巽がハンドルを握ると人が変わってしまうという新事実が判明。 また,白鳥藍良のPTSD(心的外傷後ストレス障害)が心配である。 礼瀬マヨイは安定の怪しさだったが,「気持ちは分かる」のでなんとも言えない。 天城一彩も相変わらずの 「どこの時代の土地から来たの?」という天然ぶりが炸裂していたが,車を知らなかったことにはさすがに驚いた。 移動手段は馬とかなのだろうか……(ぜひ紅月の神崎颯馬と馬談義してほしい)。 ・流星隊というユニット ストーリー内で説明があるとおり,今年度より流星隊には 「流星隊M」と 「流星隊N」という名称の構成が存在する。 「流星隊M」はこれまでの流星隊と同じメンバーかつES内におけるユニットで,「流星隊N」は,南雲鉄虎,仙石 忍,高峯 翠を中心とした学院内での活動におけるユニットである。 学院を卒業した守沢千秋と深海奏汰は,基本的には「流星隊N」の活動には干渉しないとのこと。 以下で各メンバーについて補足しよう。 【南雲鉄虎】 今回のストーリーの中心人物である鉄虎は2年生に進級し,所属する空手部では部長になり,校内限定ではあるがユニットの隊長にもなった。 彼はバリバリの体育会系ではあるものの,本人が言うとおり意外と細かいことが気になるタイプでもある。 それは神経質というより,自身の持つ優しさや思いやりからくるものなのだろう。 【高峯 翠】 筆者は常々,翠のことを「まさに植物のような人」だと感じている。 目に見えるスピードで大きくなったり変わったりすることはないが,ゆっくりと着実に成長しているところがそう思わせるのかもしれない。 前年度の彼はたしかにネガティブな場面も多かったけれど,本ストーリーでは「人に迷惑をかけないようにしたい」という気持ちを,口に出してストレートに仲間に伝えられるまでになった(忍にも「成長した」と言われている)。 悩みがちな鉄虎や落ち込みがちな翠を励まし,今は無理でも前を向いて進もうと胸を張って言えるほどになった。 体は小さいけれど頼もしい,まさに「闇に差し込む一筋の光」である。 【守沢千秋】 流星隊にとっての太陽,守沢千秋。 みんなを助けるヒーローの格好よさと,自分には満点をつけられない人間くささが千秋の魅力ではないかと思う。 子供たちの成長を思えば手を離して見守ることもまた大切であるが,それがなかなかできない彼にとっては,深海奏汰が良いサポート役となっているようだ。 ちなみにストーリー中で「薬が効きやすい」というネタがあったが,そのエピソードは「!」の 【スカウト!ヒーローショウ】が初出と思われる。 かなり特殊な出自のため変わった発言や行動も多いが,彼は仲間と出会い「にんげん」として生きていくことを選び,いろいろなことを吸収している最中なのだろう。 この言葉の前に鉄虎は, 「何も考えずに突き進めるのは,一握りの天才か親に守られている子供だけ」と話す。 何もしなくても歳はとるけれど,このセリフを聞く限り鉄虎は,自分はまだ大人ではないが,かといって子供でもないと自覚しているのだろうと思う。 上でも触れたが,彼らくらいの年代にとって1つ2つであっても年齢の差はかなり大きく感じると思うので,鉄虎や忍や翠から見れば,2つも歳上の千秋と奏汰は自分たちよりずっと大人に見えるはずだ。 同い年ではあるが,千秋にとっては流星隊の前・副隊長である三毛縞 斑がそういう存在の1人であるだろう。 ストーリー中で翠が「(アイドル活動は)楽しいことばかりではない。 憧れていた年齢にいざ自分がなってみても,「何も変わったように思えない,自分より大きな存在がこの歳だったときはもっと大人に見えたのに」と感じることは多いものだ。 けれど鉄虎は「まだ自分はその色にふさわしくない,レッドの衣装に袖をとおすのは自分が心から納得してからがいい」と言って辞退していた。 校内限定とは言え,現在レッドを名乗っているということは,そこに大きな決意があったということなのだろう。 だからこそこのストーリーで,鉄虎が自分の未熟さを認め,それを皆の前でさらけ出す選択をしたことには,相当な覚悟があったと感じるのだ。 最初に挙げた鉄虎のセリフのように,どう成長していけばいいかはほとんどの人が分からないはずだ。 しかし,終盤で奏汰が 「にんげんはけっして『おなじ』にはなれない」と言ったように,大人への道のりには正解や不正解もないのだと思う。 それぞれが影響しあって色とりどりの姿になる過程を,これからも見守っていきたい。 第3回の記事もお楽しみに!.

次の