映画akira 考察。 アニメ映画「AKIRA」ネタバレ解説|ラストの意味や世界観などをわかりやすく!

AKIRAのレビュー・感想・評価

映画akira 考察

1988年7月16日。 東京はある巨大なパワーによって完全崩壊します。 それをきっかけとして第3次世界大戦が勃発。 その31年後の2019年、旧東京湾内に構築された人工都市、ネオ東京。 荒れ果てた旧市街の一角にある安酒場春木屋はチンピラや暴走族の溜まり場で、スキンヘッドの店長をしり目に暴走族山形が、金田を迎えに来ます。 裏手の路地では仲間の鉄雄が金田の大型改造バイクを弄っていましたが、金田は「乗りたいか!鉄雄!欲しけりゃおまえもでかいのブン捕りな!」とどかし、2輪駆動電気エンジンを派手にスパークさせ発進、山形、鉄雄のバイクが続き、敵の暴走族クラウンを追い込んだ環状5号へと向かいます。 彼らは立体ホログラフが瞬く大都市ネオ東京を暴走しクラウンを追撃、甲斐も合流します。 一方、中心部の路地では鳥打帽の男が小柄な少年を連れ逃走中で、大規模なデモ隊と交通封鎖に挟まれ追い詰められます。 男は胸から大量に出血し、少年の顔が老人だったことに野次馬や機動隊は一瞬たじろぎ、その中にいた大柄な男、竜とケイも手出しができません。 やがて鳥打帽の男は一斉射撃を受け息絶えますが、少年が悲鳴をあげた瞬間、周囲の窓が破壊されガラス片が降り注ぎ、巨大なオブジェが崩れ落ち、少年は竜とケイが見つめる中、掻き消えます。 アーミーの大型ジェットヘリの中では、フライングチェアに乗った老人の顔の少年マサルがその場所を教え、モヒカン刈りの大男大佐はヘリを旧市街へと向かわせます。 その頃、クラウンを追って先頭を走っていた鉄雄は突然現れた少年に驚き、ぶつかる寸前、バイクと共に弾き飛ばされます。 追いついた金田たちが負傷した鉄雄に駆け寄りますが、数機のアーミーの大型ジェットヘリが来てマサルが現れ少年を説得、大佐と3人でヘリに乗り、鉄雄も別のヘリで連れ去られます。 金田たちはデモや反政府運動の連中と共に臨時警察署となった体育館に連行されますが、金田は反政府軍の指名手配ファイルでケイを知り、捕まっていた彼女を脱走させますが逃げられます。 一方、第8区職業校では金田たちが鉄拳制裁を受けムカつきながらも鉄雄を案じていましたが、鉄雄はその夜、病院から脱走、翌日、金田のバイクを盗みカオリと共に逃げ出します。 が、クラウン一味に捕まり暴行されるうち、追ってきた金田たちに救われます。 数日後の夜、仲間たちと遊んでいた金田は、革命軍のテロの現場で竜とケイを見て後を追います。 2人は地下街に逃げ込み、竜はケイに拳銃を渡して逃げ、下水道に逃げた彼女はアーミーに追いつめられやむなく射殺、金田は立ちすくむケイを連れ逃げ出します。 一方、病院に戻された鉄雄は、幼い頃、施設で金田と遊ぶ夢を見てうなされ、目覚めた途端激しい頭痛に襲われ、病室の明かりが破裂します。 彼女は「夢を見たの」「都市が崩壊し大勢人が死に、もう一度アキラ君に会った」「あの子を行かせてはだめ…」と言い再び眠りに落ちます。 大佐とドクターはオリンピック予定地の地下深くにある極秘施設に行き、何重もの巨大なデュワー壁の中心部にある0. 0005K -273. それは青く無数のパイプに囲まれた巨大なドームで入口には「AKIRA 28」とあります。 大佐は「見てみろ、この慌てぶりを」「怖いのだ、怖くてたまらずに覆い隠したのだ」「恥も尊厳も忘れ、築き上げてきた文明も科学もかなぐり捨て、自ら開けた恐怖の穴をあわてて塞いだのだ」と一人語ちます。

次の

【AKIRA】映画のあらすじと世界観を考察/アキラって結局なに?

映画akira 考察

80年代、バブル絶頂時に制作費10億円を投入して作られた本作は、今見ても色褪せない。 リアルを追求した2コマ打ち作画に、プレスコでリップシンクされた表情芝居、カメラを意識したレイアウト、当時としては画期的だったCGの導入、細部までこだわり抜いた背景美術など、技術的な見どころだらけの作品だ。 大友克洋の絵をそのまま動かすことを目標に作られた本作は、日本アニメの歴史におけるエポックメイキングな作品であることは間違いない。 もともと、リアル志向の大友のデッサンを動かすだけでも大変な作業だったろう。 本作が作られたのは日本がバブル経済絶頂期の80年代だが、あの時代でなければこのプロジェクトは成立しなかっただろう。 世紀末を迎える当時の終末論的な空気感を感じさせる内容が、2020年代の今の日本とどこかリンクしてしまうのが恐ろしい。 日本社会が退廃的な方向に行くことが決定的になってきた今、この映画の空気感は公開当時よりも一層リアルに感じられるかもしれない。 ジブリ4作目のゲド戦記はやめておき、今夜はAKIRAを、カミさんと観に行った。 オリンピック中止で話題となって今年、DVDレンタルして家族で観てはいる。 当時のコミックから映画化の流れをリアルタイムで体験してるカミさんとわたしは、なんとしてももう一度スクリーンで観ておかねばならない衝動に駆られていた。 実はコミックも映画も見るには見たが、ジャンル的にはあの時代の世紀末感からの近未来設定にばっちり馴染める世代だけど、どこか受け付けない嫌な部分があったり、何度見ても理解できないストーリーが、かえってあいつのこと嫌いだけどどっか魅力があってそれが何なのか確かめたくて近づく友人のような存在。 改めて4Kリマスターの大画面だからこそ、この映画のよさがよみがえり、伝わってくる。 音響も5. 1chですごかった。 年齢的にも、昔では理解できなかった部分がわかったり。 やっぱり、わからない部分はわからないまま。 それでいい。 この映画は好きか嫌いかに関係なく、それ以後のジブリアニメや海外の実写SF映画にも多大な影響を与え続け、30年経とうが未だに新鮮。 映画では、オリンピック開催迄あと147日だったけど。 今日は都知事選で、383日と表示される当選結果となった。 映画は映画館でしか観ないのでやっと再開できた。 これが32年前に公開されていたなんて…。 当時の私は10代、映画に興味がなかったのもあり知らなかった。 あの時に観ていたら、当時と今との捉え方の違いを体感できたのにもったいないことをした。 2020年に東京オリンピックが開催されるとか遠からずな世界情勢とか、偶然とはいえ鳥肌がたった。 声優さん達は今でも活躍していて当時の声でも誰だかわかるのが嬉しかったり、ナンバーズちゃん達がマモーに見えてしまったり、ストーリー意外でもいろいろ楽しめた。 思い返せばこの後に見た他の作品に影響を与えているであろうシーンが多々あり、影響力を改めて知った。 これを機に、原作を読んでみようと思う。 さらにはまりそうな予感…。 新型コロナウイルス対応のおかげで、仕事が多忙を極め、鑑賞後2か月以上も経ってのレビュー投稿となってしまいました。 そのため、記憶が曖昧なところが多々ありますが、ご容赦ください。 劇場公開は1988年。 当時から興味はあったものの、時間が取れずに結局見逃してしまったAKIRA。 それがまさか今になってまたスクリーンに帰ってくるとは!しかもIMAXで!これはもう見るしかない!というわけで、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で強く自粛が求められる前に突撃してきました。 観賞後の率直な感想としては、期待どおりおもしろかったです。 さすがにビジュアル的にはレトロ感が拭えませんが、スピード感は今見てもまったく遜色ありません。 冒頭のバイクチェイスでテールライトが流れる光跡は、幻想的で美しさを感じるほどでした。 アジアンテイストあふれる音楽も、混沌とした世界観に絶妙にマッチしているように感じました。 これを30年以上前に描いていたとは驚きです。 予備知識は、金田と鉄雄と赤いバイクが登場することぐらいしかありませんでしたが、ストーリーは問題なく楽しめました。 なるほど、こういう話だったのですね。 SF好きの自分にはとてもおもしろい作品でした。 ただ、よく理解できてないところもあるので、できれば最新の技術でリメイクして、テレビシリーズでじっくり描いてくれないかなーなんて思いました。 持たざる者が中心に引っ掻き回す、物語の核となるのは"金田"であり不良少年、近未来の暴走族、バイクのディテール、スピード感に暴力、PUNKな要素が垣間見れる描写に魅力が溢れている。 超能力者と軍と国家情勢、それだけなら何の面白味も斬新さも無い単なるSF。 アニメーションは好んで観ない、コレは最高、アニメーションって意識もない、ただ最高な映画。 金田と鉄雄の関係性、力を持った哀しき末路な鉄雄の心情、大佐の優しさを感じる存在感などキャラクター描写に感情移入も出来、声優の荒い感じな演出も好み。 みんな人類自身を信用していないのでしょうね。 だからAKIRAのような新人類の誕生に夢を託すしかないのかな。 ラスト、いずれはそうなるだろうことを予言してこの映画も幕を閉じているし。 形は違っても人類は自然 宇宙 の大いなる力を制御できないという意味では同じことを描いているのかな。

次の

東京五輪やコロナはほんの序章?映画『AKIRA』予言12選!あらすじや考察・実写化の最新情報

映画akira 考察

言わずと知れた大友克洋の代表作「AKIRA」 日本だけでなく海外でも今なお絶大なる人気を誇っている。 僕も映画史上最も優れたアニメ映画の1作と思っています。 しかし何度も観てるこの映画、テレビ放送で観た記憶はあまりない。 放送はされているのだろうが、おそらく深夜だったりローカルチャンネルだったりするのだろう。 2019年、ネオ東京として復興を遂げる。 しかし最高機密(アキラ)を巡って、軍とゲリラは毎日闘争を続けていた。 アキラとはいったい何なのか そんな中、金田をはじめとした不良集団は今日もネオ東京の夜を爆走していた。 しかし突如奇妙な少年が現れ、チームメイトの鉄雄は転倒し負傷。 奇妙な少年との接触で鉄雄は不思議な力に目覚め始める。 やがてその力は暴走をはじめ、その力を見た群衆は叫んだ アキラ様が降臨したと ラッセラ ラッセラ ラッセラッセ ラッセラ 「月曜から夜更かし」の効果音を聞くたびにAKIRAを思い出すAKIRA大好き人間はそうだそうだAKIRAを地上波ゴールデンで放送しろ! と吠えてるでしょうね? ラピュタの「バルス!」みたいに 「うるせぇ!俺に命令すんなぁ!」 「さんをつけろよデコ助野郎!」 TL祭り やりたいですよね。 なぜ出来ないのでしょう? 理由その1 不良集団がカッコ良すぎ問題 不良が主役、しかもカッコ良いので青少年に悪影響を及ぼす可能性アリ! そう懸念されているのではないでしょうか。 確かに金田たちは改造バイクを法定速度以上のスピードで走りまわっています…ノーヘルで。 敵対チームと暴力沙汰も起こしています。 おまけにドラックまでキメこんでます。 あれはちょっと喧嘩っぱやいバイク好きの少年達なだけで不良ではないですよ! と弁護したいですが、金田自身 「俺達ァ健康優良不良少年だぜ」 と名乗ってますから... でもカリオストロのルパンは泥棒やん? ラピュタのパズーもシータも盗賊の仲間に入るやん? 泥棒は良いけど不良はダメってのはえこひいきじゃね? うん、これは問題として薄いな 理由その2 描写グロすぎ問題 結構グロいんですよね、特に鉄雄の覚醒後。 人をブチュっとつぶしたり内臓こぼれたり。 あとなんと言っても終盤の鉄雄の肉だるま。 「カオリが死んでくぅ!カオリの痛みが俺の中に入ってくる!」 ブチュチュ 確かに食事中にあれを見たら食欲なくすかも... でも「カリオストロ」も伯爵 時計台の針でブチュッとなるよね? 「もののけ姫」も腕や首が千切れるよね? 「ナウシカ」の虫も結構ヤバくない? ジブリがOKならアキラもOK これも問題という程ではなさそう 理由その3 おっぱいブルルン問題 結構序盤でカオリがクラウンの連中に捕まって服破られるんですよね。 で、おっぱいブルルン&顔面パンチ。 エロ&DVでゲッツーでしょうか? でも個人的にはあれは全然エロくない。 カオリにエロ臭が全然ないもの。 あれだったら「風の谷のナウシカ」のナウシカがテトを服の中に入れるシーン 胸の谷まナウシカの方が全然エロい! 全く問題なし! 理由その4 ナンバーズ怖すぎ問題 タカシ、マサル、キヨコ、 お前ら怖いねん! いや、良い子よ、良い子達なんやけど ビジュアルが怖すぎる…。 特にキヨコ 「夢を見たの…」 て、TVの前のチビッ子がお前の夢でうなされるわ! 次にマサル 何に乗ってんねん! フリーザ様かよ。 あとタカシ…タカシは普通にお爺ちゃんやん… これか?これが理由なのか? ここでちょっと休憩 AKIRAで個人的に言いたいことがあります。 それは、 甲斐の評価が低すぎる! AKIRAと言えば金田か鉄雄ばかりが話題になります。 確かに彼らが今作の中心でカッコイイです。 僕も大好き。 でも甲斐は彼らに次ぐくらいカッコイイですよ。 ファッションセンスだけで言えば断トツ1位でしょ? 金田と鉄雄のファッション…あれアニメだからカッコ良く映るけど実際問題どう? 冷静に「合コンに彼らが参加したら」を考えたら 「赤!メッチャ赤! シャア専用?」 「え?ベジータ様いるんですけど?」 と女性陣のトイレ会議で言われること間違い無し。 その点、甲斐のシャツ、ネクタイのコーディネート、靴のチョイス、パンツの丈 30年前のコーディネートと思えないくらいシャレオツ! その辺を踏まえてイラストをご覧下さい。 はい、ご理解頂けたところで次の問題に行きましょう ダァーン!ダ! ダァーン! 理由その5 幼児虐待問題 これは、結構深刻 軍が超能力の才能がある子供達を集めて調査、実験をしています。 いろんな薬を飲まされ、実験に次ぐ実験。 その馴れの果てがタカシ、マサル、キヨコ、そしてアキラくんである。 幼児虐待、人権侵害 これは流石のジブリも描いていない あ、千と千尋の千尋。 親を人質に取られ、名前を奪われ、過酷な労働環境でトンデモない客との接客業。 あんな幼い子供をブラック企業に放り込んで、あれ幼児虐待じゃない? え?千尋は志願して入社してる? うん、そうね... これはちょっと苦しいかも... 理由その6 秘密結社暗躍問題 これはご存知の方も多いかも知れませんが 今作は翌年(2020年)に東京オリンピックを控えた2019年が舞台です。 そう、現実の未来を知っていたかのような一致。 30年も前に創られた映画なのに! ただの偶然? いや、その他にも失業率の増加、ドラッグの蔓延、一説にはAKIRAという人災による都市の崩壊と原子力発電所を結びつける声もあります。 様々なことが現実と符合しています。 もしかして大友克洋はどこからか未来の情報を聞きつけ、人知れず映画の中でメッセージを伝えようとしていたのかもしれません。 まだ僕達がキャッチしていない情報もそこにはあり、それをかぎつけた秘密結社がTV放送に圧力をかけているのだとしたら... 近い将来、あの映画のような事が僕たちに起こるのかもしれません。 アキラ様の目覚めは、もうすぐそこに 信じるか信じないかはあなた次第です! 理由その7 ラスト意味わからん問題 最後は確か... 暴走する鉄雄を止める為にアキラが目覚め 光の中に鉄雄を呑み込みます。 それを追い金田も光の中に。 金田を助ける為にタカシ、マサル、キヨコも光の中に 金田だけを救出し、彼等は光に閉じ込められる。 都市を一部崩壊させたその光はやがて収縮し金田の両手の中に消える。 映像は幾何学模様と宇宙の絵を映し、そこに子供たちの声で 「もう、はじまっているからね... 」 しばらく沈黙の後 「ぼく... 」 ラッセラ ラッセラ ラッセラッセ ラッセラ... で、聞かれたお父さんも 「こ、これはだな、え〜と、え〜と、お.. お母さん?」 となってしまいますね。 家庭に不協和音を届けるAKIRAより分かり易いジブリを!という放送局の判断も分らないではないです。 ということでAKIRAが地上波放送で祭化しない7つの理由を考えてみました。 いかがでしたでしょうか? ぶっちゃけ問題になりそうなのは5と7なのかな? だとしても視聴者をあんま舐めるなよって話ですよ。 多少描写が過激でも意味不明でも、それを超えて楽しませるパワーがこの映画にはあります。 そのパワーを視聴者に届けず、ジブリ、ジブリと安パイで逃げる放送局。 「AKIRA」は ピーキーすぎておまえにゃ無理だよ! 結論、そういうことです。 ラッセラ ラッセラ ラッセラッセ ラッセラ... 追伸、 ラッセラの曲に歌詞がついてるの知ってました? 仲間、走る、金田、鉄雄、甲斐、山形 て歌ってます。 次回見る時、注意して聴いてみて下さい。

次の