キャット タワー ダンボール。 ぺティーク Petique 米ブランド [ 猫 つめとぎ 7個内蔵 / 高圧縮紙 ] キャットタワー 大型猫 ミニ 猫 おもちゃ 爪とぎ 猫のおもちゃ ダンボール ペントハウス :petique

ダンボール箱を組み立てて「キャットタワー」を作ってみよう!

キャット タワー ダンボール

出典: 100均でキャットタワーを自作アイディアの3つ目は、ダンボールを使った遊び場です。 ダンボールだけでもキャットタワーを自作することができます。 例えば、箱型のダンボールを複数繋げることでも自作のキャットタワーは簡単に作れます。 ダンボールで作るキャットタワーは、硬くないので子猫でもけがすることなく遊ばせることができます。 箱型のダンボールを繋げるトンネルタイプのキャットタワーもいいのですが、ダンボールを四角くカットして階段のように積み重ねるということもできます。 ダンボールで作るキャットタワーのメリットは、猫が簡単に爪とぎを行えるという点であったり、子猫でも安全である点などの他にも、手軽に手に入れられることができることが挙げられます。 突っ張り棒を使用したキャットタワーの自作は、特に賃貸物件に住んでいる方におすすめの方法です。 天井と床に突っ張り棒を突っ張らせ、縦に設置します。 その突っ張り棒に棚をしっかりと装着していきます。 こうすることで、お部屋に傷をつけることを防げます。 突っ張り棒をしっかりと固定すれば子猫が元気よく遊んでも倒れる心配がありません。 引っ越しする時にも簡単に解体ができるので、とっても便利です。 以下の記事は100均の突っ張り棒の使用例などについて紹介してあります。 そちらも参考にしてみてください。 1本の突っ張り棒を使ったキャットタワーよりも安定感があるので、より、子猫に対して安全なキャットタワーとなります。 また、簡単に作れる点も高評価です。 2本の突っ張り棒を床と床にしっかりと固定し、ワイヤーネットを間に装着します。 間に通したワイヤーネットに木の板を取り付ければ簡単に猫の遊び場が完成します突っ張り棒の間を広くあけたり、木の板の高さを変えて複数設置することでアスレチックのようなキャットタワーを作成することもできます。 キャットタワーではなくキャットウォークを作成してしまうこともできるのが紙管のメリットです。 壁に支えをしっかりと作って支えの上に紙管を2本か3本通すだけで、簡単にキャットウォークを作成することができます。 紹介したように紙管でキャットタワーの骨組みを自作したら、その後に爪とぎと棚を設置していきます。 これを設置するだけでも一気にキャットタワーらしく見えます。 部屋の上部などは比較的デッドスペースになりがちです。 その部分にキャットウォークを作成することで、デッドスペースを有効利用することができます。 画像のように、吊り橋のようなキャットウォークを作成すると、猫がキャットウォーク自体にじゃれつくことがあり、猫にとっても非常に楽しい遊び場となります。 キャットタワーを作るスペースがない場合には爪とぎや棚だけを作成するだけでも猫の遊び場になります。 例えば、ダンボールで猫の爪とぎを作り壁に立てかけるだけでも猫にとってはストレス発散の場になります。 そこに小さなダンボールの箱や、プラスチック製の箱を置いてあげるだけでも、猫にとってはいい遊び場となります。 また、壁に直接棚を作ってあげるだけでも、そこが猫の遊び場となるのでデッドスペースの有効利用になります。 高さの違う3つの棚を作るだけでも猫にとっては十分だと言えます。 箪笥や棚、ペットを入れているゲージが複数あり、その間がデッドスペースになっている場合に有効な方法です。 複数の棚やゲージなどの上に猫が通る足場を作ります。 それだけで簡易的なキャットタワーができます。 棚やたんす、ゲージすらもキャットタワーの内に入るので、猫にとっては非常に大きなアスレチックのような感覚になってくれます。 紙管に麻縄を巻き付けるという簡単な方法で爪とぎが完成します。 市販の爪とぎを使用してもいいのですが、せっかくならば爪とぎも手作りしてあげましょう。 麻縄を使えば、家の柱などに巻き付けるだけでも爪とぎができるので、猫に爪とぎされたくないような壁などにボンドや接着剤でくっつけて、爪とぎ防止としても使用できます。 猫のハンモックは作るのが楽しいだけでなく、使っている猫を見ていることで癒されることがあります。 基本的には、布をキャットタワーに取り付けるだけで作ることができますので、好みのハンモックを取り付けてあげましょう。 キャットタワーをただ自作するだけでは猫はなかなか使用してくれない可能性があります。 そこで、猫が遊んでくれそうなおもちゃをとりつけてあげましょう。 猫のおもちゃは、ペットショップでたくさん販売されています。 自分のキャットタワーに取り付けられそうなおもちゃの中で、自分好みのおもちゃを使用してあげましょう。 キャットタワーや爪とぎの作り方を覚えよう! いかがでしたか?キャットタワーの作り方のアイディアについて紹介、解説してきました。 今回の記事を参考にしてキャットタワーのアイディアや爪とぎやキャットウォークの作り方を学びましょう。

次の

【注文殺到!】人気すぎて2ヶ月待ちのキャットタワーを調査しました|キャットフードリサーチャー

キャット タワー ダンボール

キャットタワーって必要? By: 猫は高いところが大好きです。 猫の祖先は木のうえで生活していたということもあり、高いところに登ると本能的に安心します。 猫の本能ゆえにカーテンレールや棚のうえなどに登る猫も多いのですが、軽々と登るわりに降りるのは苦手です。 降りやすい足場が付いているキャットタワーを設置してあげると、安全に高いところを満喫できます。 また、室内で飼っている猫はどうしても運動不足になりがち。 限られた部屋のスペースで猫が最大限運動でき、健康で長生きするためには、高さのあるキャットタワーが効果的といえます。 キャットタワーの種類 据え置きタイプのキャットタワー メリット By: 多くのメリットを持つ据え置きタイプのキャットタワーですが、製品によっては安全性が低いモノもあるため、注意が必要です。 例えば、底が薄いモノや支えとなる柱の本数が少ないモノは、グラつきやすく猫が遊んでいるときに倒れてしまう危険性があります。 据え置きタイプのキャットタワーは、底がしっかりしていてグラつかず、柱の本数が多めのモノを選びましょう。 どんな方におすすめ? 据え置きタイプのキャットタワーは、安全性を重視したい方や、手軽に設置できるキャットタワーが欲しい方におすすめ。 大型の猫を飼っている方は、ずっしりと重く安定感のある据え置きタイプを購入すると安心です。 突っ張りタイプのキャットタワー メリット 突っ張りタイプのキャットタワーは、高さを出せる点がメリット。 天井まで届くほど高くできるので、猫の木登り本能を満たせます。 デメリット By: 突っ張りが緩むと倒れてしまうため、たゆみがないか確認しなければならない点です。 置けば設置完了という据え置きタイプとは違い、安全性をこまめにチェックする必要があります。 さらに、天井に穴を空けなければならないモノもあり、移動させる際にも苦労する点もデメリットです。 どんな方におすすめ? By: 突っ張りタイプは据え置きタイプよりも軽くて倒れやすいため、大型の猫を飼っている方には向きません。 小型の猫を飼っている方で、軽さを重視してキャットタワーを選びたい方は突っ張りタイプがおすすめです。 キャットタワーの選び方 年齢に合わせて高さを選ぶ By: 猫の年齢によって、最適なキャットタワーの高さは異なります。 1〜6歳程度の成猫は活発なので、なるべく高さのあるキャットタワーを選びましょう。 複数匹飼っている場合も、高くて通路がいくつもあるタイプを選ぶとのびのびと遊べます。 一方、まだ身体能力が高くない子猫や、7歳以上のシニア猫には高すぎないキャットタワーを選びましょう。 高すぎる場所にハウスやおもちゃがあると、無理にジャンプして落下する危険性があります。 子猫用には爪とぎやタワーの活用方法をしつけられるモノ、シニア猫にはくつろげるスペースが多くゆっくり休めるモノを選ぶのがおすすめです。 素材で選ぶ キャットタワーに爪とぎ機能が付いていれば、猫のストレス解消にも役立ちます。 ポールに麻縄が巻きつけてあるモノは爪が引っかかって登りやすく、爪とぎも同時にできるのでおすすめ。 また、立ちあがった状態で爪とぎをする猫がいる場合は、ステップとステップの間に十分な間隔があるキャットタワーを選んであげましょう。 ただし、木製やメラミン樹脂製のキャットタワーは、爪とぎがついていないモノが一般的。 その際は別途、爪とぎ専用のアイテムを用意してあげてください。 パーツの角が丸いかどうかで選ぶ By: ハウスやステップの形は、角が丸いモノを選ぶのがおすすめ。 猫はもちろん、子供がぶつかって怪我をすることを防げます。 角が尖っているタイプを選ぶのであれば、テープを貼って角を丸くするなどの工夫をしましょう。 組み立てやすさで選ぶ By: 木製のキャットタワーなどは、完成品として届く場合もありますが、一般的には届いてから自宅で組み立てるキット式です。 ハウスやトンネル、ハンモックなどの付属品が多く複雑な構造のキャットタワーは、どうしても組み立てに時間を要するので、なるべくシンプルな構造のモノを選ぶのがおすすめ。 しかし、どうしても大型のキャットタワーを購入したい場合や、1人で組み立てなければならない場合は、あらかじめ組み立てやすさをチェックしておきましょう。 お手入れのしやすさで選ぶ ハウスやトンネルが付いているキャットタワーは猫がおもちゃなどを持ち込むことがあるのでこまめに掃除をしなければなりません。 ハウスやトンネルなど、掃除が必要なパーツが下部に付いているキャットタワーを選びましょう。 また、爪とぎ部分はどうしても劣化しやすいので、爪とぎ部分だけを取り替えられるキャットタワーを選ぶのがおすすめです。 キャットタワーのおすすめメーカー マウ Mau By: キャットタワーなど猫用の製品開発と販売をメインに行うメーカー「Mau」。 安定性を高めた作りが特徴で、ステップ台などを厚くしたり、支柱には強度の高い素材を採用したりしています。 また、猫の年齢や大きさに合わせた製品展開をしているのもポイント。 インテリアにマッチするおしゃれなアイテムも発売しています。 おしゃれさと猫の快適さを併せ持ったキャットタワーを探している方におすすめです。 キャットウィングス CAT WINGS By: 「CAT WINGS」は、キャットタワーや猫雑貨などを発売しているブランドです。 「家のなかでも猫が飛び回って遊べる空間を作ってあげたい」というコンセプトから生まれました。 また、飼い主にうれしい省スペース設計を採用しているうえに、ネジの緩みなどのメンテナンスがしやすい構造も魅力。 猫と飼い主の双方が快適に過ごせるキャットタワーを探している方におすすめです。 キャットタワーのおすすめ|据え置きタイプ リン RINN NEKO Modern Cat Tree 猫が穏やかに過ごせるように配慮しつつ、高級感のあるインテリアとしても置ける木製キャットタワー。 年間22台限定販売という、プレミアムな逸品です。 素材には、高品質の天然木を採用。 支柱には爪とぎ用の麻縄が巻かれています。 扉のように外側を開閉できるため、お手入れも簡単。 いつでも清潔な空間を保てます。 日本の高い技術を結集させた、おしゃれさと猫の快適性を両立させたキャットタワーです。

次の

ぺティーク Petique 米ブランド [ 猫 つめとぎ 7個内蔵 / 高圧縮紙 ] キャットタワー 大型猫 ミニ 猫 おもちゃ 爪とぎ 猫のおもちゃ ダンボール ペントハウス :petique

キャット タワー ダンボール

猫の遊び場!キャットタワーは簡単にDIYできる? 手作りのキャットタワーはDIY初心者でも簡単 猫の遊び場であるキャットタワーを自作したいと思っている人は多いかもしれませんが、DIY初心者でも簡単に作れるのかどうか気になりますよね。 キャットタワーを自作するのは難しそうなイメージがありますが、DIY初心者でも簡単に作ることができるんですよ。 ノコギリや電動ドリルなどの道具を使わなくてもキャットタワーを自作することができ、身近な材料を使って手軽にDIYできます。 キャットタワーはDIY初心者にもおすすめなんです。 自作のキャットタワーは費用が安い キャットタワーは市販されているものを買うとなると、数千円から1万円以上するものもあります。 キャットタワーを自作すれば費用が安いというメリットがあり、お金をかけずに猫が喜ぶキャットタワーをDIYすることができます。 自作のキャットタワーに使える材料は? 初心者には段ボールやカラーボックスが簡単 自作のキャットタワーに使える材料で、DIY初心者におすすめなのは段ボールやカラーボックスです。 段ボールは家にあるもので大丈夫なので、費用を抑えたいという人にもおすすめです。 段ボールやカラーボックスを使ったキャットタワーは作り方が簡単で、DIY初心者でも気軽に挑戦することができます。 カラーボックスはキャットタワーの材料として活用できますが、本来は収納に便利なアイテムですよね。 以下の記事ではカラーボックスの収納アイディアについて紹介していますので、DIYのリメイクや使い方なども併せて参考にしてみてください。 キャットタワーの材料は100均でも手に入る 自作のキャットタワーの材料はダイソーやセリアなど100均でも手に入れることができます。 突っ張り棒やすのこ、木材が100均で販売されており、できるだけ安い費用でキャットタワーをDIYしたいという人は100均で材料を揃えるのがおすすめです。 賃貸でもキャットタワーを自作できる? 賃貸は原状回復の義務があるので傷を残さないようにすることが条件 「キャットタワーを自作したいけど賃貸だから諦めている」という人はいないでしょうか。 確かに賃貸は原状回復の義務があるため、DIYをするのは躊躇してしまいますよね。 賃貸でキャットタワーをDIYする場合は壁に釘やネジを打たず、傷を残さないようにすることが条件になります。 賃貸で木材を使う場合はディアウォールを活用する 賃貸で木材を使ったキャットタワーをDIYする場合は、床や天井を傷付けない「ディアウォール」を活用するのがおすすめです。 木材を使えば本格的なキャットタワーをDIYすることも可能ですよ。 またディアウォール以外では、100均でも購入できる突っ張り棒を活用することができます。 突っ張り棒も賃貸の部屋を傷付けることなく天井から床に棒を立てることができるので、高さのあるキャットタワーを作る際に便利です。 値段もディアウォールより安いので費用を抑えられるメリットもあります。 流木を紐で組み合わせて固定し、アスレチックのようなキャットタワーに仕上がっています。 遊びが大好きな子猫も大満足しそうなキャットタワーですね。 下の段は木材を使ってしっかり安定感を出すようにしています。 キャットタワーの作り方のポイント・コツは? 高さのあるキャットタワーを作る キャットタワーを自作する際に特に意識したいポイントは、高さのあるキャットタワーを作ることです。 猫は高い場所が大好きな動物なので、キャットタワーもなるべく高さのあるものに仕上げると猫が喜びます。 段ボールを高く積み上げたり、木材で床から天井に柱を立てたり、猫が上下に運動できるようにしましょう。 猫が好きな物を設置する 自作のキャットタワーを飼い猫があまり使ってくれない、なんてことも考えられます。 猫が気に入るキャットタワーを作るポイントとしては、猫が好きな物を設置することが挙げられます。 例えば猫が普段使っているクッションや爪とぎなど、猫が気に入っているものをキャットタワーに設置するのがおすすめです。 簡単DIYで猫が喜ぶキャットタワーを自作しよう! キャットタワーはDIY初心者でも簡単に自作することができます。 市販のキャットタワーは値段が高いものもありますが、自作すれば安い費用で済むのも嬉しいポイントです。 キャットタワーの材料は段ボールなど身近な物を活用することもでき、工夫すれば賃貸でもキャットタワーをDIYすることができます。 飼い主が手作りしたキャットタワーはきっと猫も気に入ってくれるはずです。 猫が楽しく遊べ、快適に過ごせるようなキャットタワーをDIYしてみてくださいね。

次の