神谷 浩史 キャラ。 1位は誰?大人気声優、神谷浩史さんの演じた人気キャラランキング!

神谷浩史のアニメキャラ一覧とおすすめランキング!代表作も!

神谷 浩史 キャラ

イケメンボイス、通称「イケボ」といえばこの人!人気声優の神谷浩史さん。 今や様々な作品に出演され爆発的な人気を確立しています。 (折原臨也) ・黒子のバスケ(赤司征十郎) ・おそ松さん(松野チョロ松、チョロ松、菊松、チョロ子) など。 猫好きで、自宅でも「にゃんこ先生」という名前の猫(ロシアンブルー)を飼っている。 根谷美智子の大ファンであり、ゲーム好き。 2006年8月7日には、バイクの運転中に交通事故で一時心肺停止状態に陥る危篤状態に! 意識が戻るまでは1カ月近くかかったが、奇跡的・驚異的な回復を見せ、約1カ月で退院。 naver. 空手部引退後、友人が作った演劇部に参加し大会で個人演技賞を受賞したことをきっかけに役者を志し、芸術系の大学を受験したそうですが失敗。 そんな時に演劇雑誌『テアトロ』に載っていた青二塾と無名塾の広告を見て、カリキュラムがしっかりしている青二塾に応募! 声優養成所と知らず東京校第14期生として入所したそうですが、それを機に身長が低いこともあり役者は諦め声優に転向しました。 koepota. html 今や人気声優として活躍されていますが、意外と意外と下積み時期が長かったそう。 そんな彼は1994年にデビュー。 最初の仕事はドラマCD「三國志DX4 三國志満漢全席グレート」の生徒役。 デビューして数年はアニメなどでは脇役が多く、ナレーションの仕事が多かったそうです。 22歳の時に始まった情報番組「スーパーナイト」では生放送中に声を入れることがあり「生ナレをつけている最年少だ」と自負していた。 きた仕事は断らない主義で、ナレーションの仕事で伝え方などを鍛えたそうです。 そんな神谷さんは今では数々の賞を受賞されるほどの実力です。 声優アワードでは5年連続受賞され、殿堂入りまで果たしました。 《受賞作品》 2008年 第2回声優アワードサブキャラクター男優賞受賞。 2012年 第6回声優アワード最多得票賞受賞。 2013年 第7回声優アワード最多得票賞受賞。 2014年 第8回声優アワード最多得票賞受賞。 2015年 第9回声優アワードパーソナリティ賞と最多得票賞を受賞。 2016年 第10回声優アワード最多得票賞受賞。 どちらかというと役はそれぞれ個性が強く、ライバル役や冷徹非情な敵役、ドSキャラが多いような印象です。 神谷さん本人もラジオやイベントなどでドS発言をしていますが、本人曰く「自分はそういう性格ではないが、皆がドSキャラを望んでいるから演じているだけ」と語っている。 声優仲間からは「真面目」「優しい」「気遣いの人」と言われており、面倒見も良いことから、後輩声優からも慕われやすい。 charapedia. 圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画原作。 巨人との戦いのエキスパートである「調査兵団」に所属する 「リヴァイ兵長」。 役職は兵士長であり、人類最強の兵士として名高くずば抜けた戦闘力をもつ。 小柄な容姿ですが、とってもクールで強いキャラです。 」より。 東京・池袋を舞台にした群像劇。 高校生、オカルト、カラーギャングを中心とした物語。 「折原臨也」は、新宿を拠点に活動する有力な情報屋。 本編の多くの事件の黒幕的存在。 「人間全員を平等に愛しており、人間観察が趣味」と公言するもその愛は歪んでいてミステリアスな部分が多い。 「人ラブ!」のセリフが印象的。 naver. 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン物語。 「トラファルガー・ロー」は、元王下七武海、ハートの海賊団船長。 超人系悪魔の実「オペオペの実」の能力者で「死の外科医」という異名を持つ。 nicovideo. 本作は、「妖」を見る能力を持っている夏目とニャンコ先生が、妖怪達との関わる物語。 「夏目貴志」は、常人には見えない「妖」を見る能力を持っているで、強大な妖力を持っていたと言われる「夏目レイコ」の孫。 レイコの遺品から「友人帳」を発見するが、それは天涯孤独だったレイコが妖怪たちと勝負して負かした証とした契約書だった。 夏目はその友人帳に書かれている妖の名を返すために日々奮闘する。 このキャラクターはとてもおとなしく優しいと性格なっています。 夏目の優しさや真剣さを神谷さんがうまく表現しています。 gamerch. 赤塚不二夫生誕80周年記念作品として、制作されたアニメ作品で成長した6つ子の物語。 「松野チョロ松」は、六つ子の三男。 イメージカラーは「緑」 他の兄弟に比べて、常識を持っているキャラで性格も真面目。 ツッコミ役。 神谷さんのツッコミがとても的確で、声もあっているため人気のキャラでもあります。 神谷さんは人気声優なので様々な作品に出演しているので今回はほんの一部分であり、まだまだ人気キャラクターも多いです。 これからも多くの作品に携わっていくことでしょう。 今後の活躍に期待が高まります! スポンサーリンク•

次の

伊坂幸太郎の小説「サブマリン」人気キャラ・陣内さんのセリフを神谷浩史、佐倉綾音が朗読

神谷 浩史 キャラ

1月28日は神谷浩史さんのお誕生日です。 神谷浩史さんは1990年代に声優デビュー。 2019年はドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』やバラエティ番組『VS嵐』などのテレビ番組にも出演。 声優という職業を多くの人に伝えるという役割も果たしています。 そこでアニメ!アニメ!では、神谷浩史さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。 1月15日から1月22日までのアンケート期間中に568人から回答を得ました。 男女比は男性約10パーセント、女性約90パーセントと女性がメイン。 年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。 支持率は約22パーセントで、 昨年に続きトップでした。 『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト 「芯がありつつも儚い印象を感じさせる夏目君に、神谷さんの声がピッタリ合っているから」や「神谷さんが演じられている中でも一番透明感があって優しいキャラクターだと思う」と温かみのある声色が支持されています。 「物語はじめの孤独を抱え込んだ貴志くんも、今の周囲と打ち解けて雰囲気が柔らかくなった貴志くんも、神谷さんの繊細で透明感のある声がピッタリ合っていて大好きです」と10年以上続いている長期シリーズならではのコメントもありました。 2位は『進撃の巨人』のリヴァイ。 支持率は約14パーセントで、こちらも昨年と同順位でした。 「『進撃の巨人』Season 3 Part. 2」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 「無愛想だけど部下や仲間のことをすごく大切に思っているところが正に理想の上司そのもの!」や「単なる人類最強のキャラクターではなく、神谷さんの演技により心の揺らぎや迷いが表現されて、より魅力的になったからです」と頼れる兵長を演じ切ったところが人気。 「普段の神谷さんの音域ではないところで勝負していて、毎回演技を練っていることがわかる」と普段より低音のボイスもファンを魅了しています。 3位は『デュラララ!! 』の折原臨也。 支持率は約9パーセントで、昨年から順位を一つあげました。 「デュラララ!! 」(C)2014 成田良悟/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/池袋ダラーズ 新宿を拠点に活動する情報屋である折原臨也には「ゲスイ性格ながらどこか憎めない臨也を、あんなに素晴らしく演じることができるのは神谷さんだけだと思います」や「あの狂気じみた笑いや憎たらしい声を、ここまで演じることができるのかと驚きました」といったコメントが届きました。 「高笑いをしながら携帯を踏み潰すシーンは何度も見返してしまう」とエキセントリックな場面もファンの記憶に残っています。 『ノラガミ』夜トには「弱さと強さ、可愛さとカッコ良さ、怖さと優しさ、幼さと気高さなど、行動や感情の振り幅がどのキャラクターよりも大きく、神谷さんの演技力が最大限に堪能できる」。 『おそ松さん』松野チョロ松には「『えいがのおそ松さん』の18歳のチョロ松は何回見ても笑ってしまいます。 神谷さんを応援するようになったきっかけのキャラです」。 『えいがのおそ松さん』メインビジュアル(C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019 『楽園追放 -Expelled from Paradise-』フロンティアセッターには「無機質で淡々としたキャラに温かみを感じさせるお芝居が堪能できるキャラクターです。 とってもキュート!」と人間以外のキャラにも投票がありました。 全体ランキングでは動物や特撮の吹き替え役もランクインしています。 そちらもご確認ください。

次の

神谷浩史のキャラと出演作品一覧

神谷 浩史 キャラ

『夏目友人帳』の夏目貴志役、『進撃の巨人』のリヴァイ役など多くの人気アニメ作品に出演している声優・。 そんな彼がギャグ作品『おそ松さん』シリーズ初の完全新作劇場版『えいがのおそ松さん』(15日公開)に、6つ子の三男・チョロ松役で出演する。 「ギャグ作品は売上などの数字、結果を出すのが難しい現実がある」「スマートフォンのアプリでは、再生数がすごいので視聴スタイルがほかの作品と比べて特殊なのかも」など、ギャグ作品として異例のヒットで社会現象までになった『おそ松さん』の人気を分析してもらった。 ここまでの反響は予想していましたか? 【神谷】ギャグ作品の巨匠・赤塚不二夫さんの原作をベースに、6つ子それぞれに個性をつけたストーリーとして現代に蘇らせる設定は画期的でしたが、それが受け入れられて社会現象にまでなることは予想していませんでした。 やっている側としては面白かったので、「理解してくれる人は居るだろうな〜」程度でした。 僕はギャグアニメ、ギャグ作品が好きなので、作品に関わる時はすごく幸せなのですが、残念なことに売上などの数字、結果に結びつくのが難しいという現実を知っていました。 売る側の人間ではないので、気にしないところではあるのですが、売上がよくないと作品が評価されにくいのは実際にあります。 その中で『おそ松さん』が「売れたな」と実感したのはDVD1巻が発売された瞬間で、スタッフとともに「こんなに売れるの!? 」と驚きましたね。 アニメも含めた映像媒体の評価はDVDの売上だけではなく、配信サービスの再生数などももちろんある。 例えば『おそ松さん』のDVDで第1期と第2期を比較して、第2期が落ち込んでいたら「コンテンツが終わったな」と言う人も中にはいますよね。 一部分だけではなくトータルに評価をして人気があるからこそ、今回の映画化に繋がったと思います。 僕が初めて購入したアニメのDVDは『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん』。 主人公・花中島マサル役を担当したうえだゆうじさんにサインを書いてもらって僕の家宝(笑)。 それくらい僕はギャグ作品が好きなのですが、「おそ松さん」の視聴スタイルとしては、ディスクの入れ替えをしてまで「見るぞ!」という体勢で視聴するものではないのかも。 あくまで個人的な分析ですが。 スマートフォンのアプリで1話4分の話を見ることができるそうで、通勤や通学などの移動中に視聴する方が多くて、すごい再生数みたいです。 なので、ギャグ作品に対する視聴スタイルは、ちょっと特殊なのかもしれません。 『おそ松さん』ヒットの要因は「赤塚不二夫さんの原作」というのがやはり大きかったと思います。 今ってキャラクターは記号じゃないですか。 交通標識は記号として成立しているから、「ここから先は進んではいけない」「速度を落とさなきゃいけない」と共通で認識している。 赤塚さんが生み出してきたキャラクターは、「作品はよく知らないけど、一度は見かけたことがある」という、誰もが理解できるところまでブラッシュアップしたものになっていると思います。 その記号化までされてしまったキャラクターを使って、僕らは好き勝手にやらせていただいたので、このアドバンテージはすごく大きいと感じています。 【神谷】『おそ松さん』の現場に限らず、ギャグ作品にありがちなのですが、与えられたキャラクターとシチュエーションが面白ければ面白いほど、それ以上に「面白くしなくてはいけない」という変な使命感が発生する。 特に『おそ松さん』は、それが強いキャストの方々が集まったと思います。 破天荒な作品の設定で、当たり前なことをやると当たり前な結果になるので、常に試されている現場。 これを聞くと「疲れてしまう現場」「これをどうやって、面白くすればいいんだよ…」と愚痴だらけな現場に思われるかもですが、「どう面白くしてやろうかな!」と楽しめるキャストがそろい、オフでも現場は笑いがあふれています。 【神谷】無茶ぶり…あったかなー?(笑) 役に対する無茶ぶりみたいなことですかね。 キャラのブレ方として、声の芝居でブラしていくことってチョロ松にはない。 あくまで常識人として、発言していることは『まとも』がベース。 そうしないとチョロ松じゃなくなるので。 チョロ松的には常識と疑わないけど、周りからは「それおかしいよ」ということが多くある。 例えば「かっこよくなりたいよね〜」とみんなが言っていたら、『茶髪にしてみる』といったように、見た目で「ダサい」ことをするキャラクターです(笑)。 僕としては無茶ぶりされているつもりはありませんが、絵としては無茶であり、それを「音でどう表現するの?」という無茶さ加減はありますよね。 それでも僕は「ブレずにやらないとな」としかやっていないので、「このシーンのアプローチはどうすればいいんだ! これは無茶だよ〜」と(福山)潤が思ってくれているのであれば、「僕は難しいことはしていない。 絵の方が頑張ってくれているから、実は楽をしているんだよ」と(笑)。 ただ、「忍者チョロ松」といった謎の設定はありますよね。 台本には「んんんんー」としか書いていないので「これで面白くしろって…、どうすればいいんだよ!」とは思いますよね(笑)。 「面白くならねーよ! 気持ち悪いだけだよ!」とは思うので、もしかしたら、ここの部分のことをいっているのかな…(苦笑)。 (C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019 カメラマン/祭貴義道.

次の