いのちの名前 コード。 曲名:いのちの名前の楽譜一覧【@ELISE】

いのちの名前|ヤマハミュージックデータショップ(YAMAHA MUSIC DATA SHOP)

いのちの名前 コード

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

いのちの名前

いのちの名前 コード

コードネームの構成 コードネームは 根音 ルート と 種類の組み合わせで表記します。 根音は 通常は 最も低い位置に来る音であり、和音の流れ 和音進行 を決めるような役割を持ちます。 一方種類は、和音の雰囲気や色を決めるような役割を果たします。 なお、根音は音名 絶対音 を英語で表記し、シャープやフラットがある場合はアルファベットの直後に記号を加えます。 なお、根音が常に和音進行を決定するものとは限りません。 例: イ長調でもコードの「F」があれば根音はF 日本名で「ヘ」 となります ある和音がコードネームとして表記されている場合に、その構成音 コードネームに対してどの音を使用するか を知るには以下の手順で行います。 根音はそのまま和音の一番下に置く• 「種類」からどの音を利用するかを計算する 問題は「種類」を見て「どの音を利用するか」を計算する方法ですが、概ね以下のような計算になります。 「根音」に対する「第3音」「第5音」の音を、それぞれ「 長 3度」「 長 5度」の音とする• 「3度」「5度」の音についてはの表をご覧ください。 「マイナー」 m が付いている場合は「第3音」の音を半音下げる• 「セブンス」 7 が付いている場合は「第7音」として「 短 7度」の音を加える• ただし「メジャーセブン」 M7, maj7 の場合は代わりに「長7度」の音を加える• 「ディミニッシュ」 dim が付いている場合は「第3音」「第5音」「第7音」 セブンスが付いている場合 の音を半音下げる• 「マイナー」や「メジャーセブン」とは両立しません。 セブンスが付いていなくても セブンスが 付いているものと見なし、「 短 7度」の音を半音下げて和音に加える場合があります。 「オーギュメント」 aug が付いている場合は「第5音」の音を半音上げる• 「ディミニッシュ」とは両立せず、さらに通常は「マイナー」や「セブンス」とも両立しません。 「サスフォー」 sus4 が付いている場合は「第3音」の音を半音上げる あるいは「第3音」を無くして「第4音」として「4度」の音を加える• 「マイナー」が付いている場合はマイナーの「第3音」をそのままにして「第4音」を加えます。 そのほか、度数として数字およびプラスマイナス・シャープフラットが付いている場合は対応する音を加える• 「-5」 フラットファイブ の場合はそのまま「第5音」の音を半音下げます 「オーギュメント」とは両立しません。 上記で挙げた種類、および具体的な構成音についてはにある一覧をご覧ください 一覧には上記で挙げていない種類も存在します。 省略する音は概ね根音を除いて上記の計算で上げ下げ・追加されなかった音が対象になります。 例えば「Em7-5」であれば、• 根音が「E」 日本名で「ホ」• 「m」があるので「第3音」が「G」 日本名で「ト」• 「7」があるので「第7音」として「D」 日本名で「ニ」 を追加• コードサーチャー コード名を入力すると、それに対応する構成音を表示します。 また、近いコード名が一覧にある場合はそのコードへのリンクも表示されます。 独自調査のため、一般的な用法に対して漏れ等がある可能性がありますので、その際はお問い合わせください。 コード名: 音名表記: スポンサーリンク 標準的なコードネーム 以下は、現在世の中に出回っている? コードの一覧です。 以下の一覧では、「根音」ボックスから選んだ根音 と符号 に合わせて「和音構成」が変化します JavaScript使用。 和音構成は上から順番に表示されます 一番下は根音。 それぞれの和音の構成は、ほとんどの場合転回してもコード名は変わりませんが、中には転回すると、見かけ上根音が変わってコード名が変わることもあるので注意してください 実際の演奏ではベース音などで根音を演奏するため、コードの構成音を転回して使用することがほとんどです。 ただし、必ずしもこの位置の音を使用する必要はなく、 左手で根音を弾くなどすれば 自由に転回することができます。 この模式図も「根音」ボックスの音を変えると画像が切り替わります。 コードの中には、組み合わせて使用されるものもあります。 コード: 根音 英語 : 表記: コード名 別表記 読み方 和音構成 表記例 説明 major M maj メジャー メイジャー ソ ミ ド C ごく一般的な和音です。 このコード名は表記せず、単に「C」や「F 」と書かれます 「M」や「maj」を付けて表記する場合もあります。 「メジャー」を中心としたメロディーは、一般的には明るいメロディーとされています。 「マイナー」を中心としたメロディーは、一般的には暗い、あるいは哀愁のあるメロディーなどとされています。 その特徴もあり、このコードはとしてよく使われるコードです。 この和音で、「ド」と「シ」がぶつかって汚くなるように見えますが、逆にこのぶつかりが独特の味を出しています。 このコードはサブドミナント サブドミナントマイナー やドミナントにおいて「マイナー」の代わりに用いられることが多くあります。 このコードはあまり見られません。 例として、特定の音に対して半音進行するときにつなぎの和音として稀に使用されます。 6 シックス ラ ソ ミ ド C6 6度の音 ラ が加わる和音です。 転回すると違う根音のマイナーセブンと一致しますが、シックスにはあまりマイナーの雰囲気は出ません ただし安定感には少し欠けます。 また、シックスはマイナーと組み合わされる 「マイナーシックス」を作る こともあります。 7・6・9以外の数値 13など が指定された場合も同様にセブンスが入っていることがあります もご覧ください。 add9と追加する音は同じですが、9度以外の音が入っている場合は「 add9」は使用されません。 3度 ミ と5度 ソ が半音下がった和音です。 場合によっては、下記の dim7 を「ディミニッシュ」とすることもあるため、前後の和音進行や構成音から「dim」と「dim7」のどちらを意味しているか注意する必要があります ただし「dim7」の意味だったとしても「dim」を同じ役割として使用することができます。 メジャーやマイナーなどの単純な和音には、根音に対して5度の音が入っています。 この5度の音は根音の「倍音」に当たる 厳密には異なりますが詳細は割愛します ため安定感が出るのですが、ディミニッシュや後述のオーギュメントの場合、根音どころかすべての音を基準に見てもその音に対する 完全 5度の音が存在しないこともあり、単純な和音に比べて不安定な響きを生じるようになります。 このコードは、転回すると違う根音のディミニッシュセブンと一致します。 例えば、 Cdim7 を転回すると D dim7、 F dim7、 Adim7 と一致します。 5度 ソ が半音上がった和音です。 このコードは、転回すると違う根音のオーギュメントと一致します。 例えば、 Caug を転回すると Eaug、 G aug と一致します。 単にオルタードが出てきた場合は、どれを選んでも構わないということになるので、前後の進行に合わせて演奏します。 このコードはほとんど見かけず、代わりにがよく見かけます。 sus4 サスフォー サスペンディッドフォー ソ ファ ド Csus4 3度の音 ミ を4度 ファ に変えた和音です。 「ソ」と「ファ」が全音の差しかないため「ファ」の音がやや強調され、その次に「ミ」の音を予告させるような印象を与えます。 このコードはやに近い役割で用いられます。 サブドミナントに近い役割として用いられる場合は、「7」 ドミナントセブン が付いた和音 7sus4 を使用することもあります。 add9 add2 アドナインス add9 アドセカンド add2 ソ ミ レ ド Cadd9 9度の音 レ を加えた和音です。 また、3度の音 ミ を省略することもあります 省略したものを「 sus2」とも呼びます。 x 数値 x を序数とした英語読み x 度の音を加える C9 13 x 度の音を和音に加えます x には数値が入ります。 セブンスやナインス以外は括弧付きでコード名の右上に小さく表記することが多く用いられます。 なお、ポップスやジャズなどでイレブンス 11 やサーティーンス 13 などが単独で用いられている場合 「C11」や「C13」などと表記、いわゆる「テンションコード」に含まれるもの は、それらより下の奇数度の音 7や9など を暗に加える、3度や5度の音を省略することを指示している場合がありますのでご注意ください。 x には数値が入りますが、5、9、13 がよく用いられます。 また、他のコードと組み合わせるのが一般的な使用方法で、 Cm7-5がよく使われる形です 「-9」も比較的用いられます。 なお、 Cm-5は Cdimと同じです。 また、9以上は括弧付きで右上に表記するのが一般的です。 x には数値が入りますが、5、9、11 がよく用いられます。 また、他のコードと組み合わせるのが一般的な使用方法です。 フラットの場合と同様、9以上は括弧付きで右上に表記するのが一般的です。 power 5 パワーコード 3度の音を使わない C power C5 主にポップスにおいて、3度の音 第3音 を含めないコードを パワーコードと呼びます。 3度の音は音色 雰囲気 を作る重要な音です 「メジャー」と「マイナー」の違いが分かりやすい例です が、この音を省略すると前後の進行によって強調される音色が生まれます。 パワーコードはそれを示すためにコード名として表記しないことが多く、その場合メジャーと同じ表記がされます。 一方で、3度の音を使わない和音は明るい・暗いが不明な響きになるため、むなしさを表現するときに使用されることもあります。 この場合は同じ和音構成でもパワーコードとは呼ばれません。 より正確な知識は「楽典」の勉強をお勧めします。 ドミナント 主にメインとなる和音 トニック を導く和音を指します。 多くの場合、曲の終わりなどでメインの和音を使うときにその直前の和音がドミナントです。 サブドミナント 主にドミナントを導く和音を指します。 コードネームに付く数値 度数 の計算方法 度数 離れ具合 根音から 1つ上から 3 4 4 5 7 3 7 10 3 9 14 2 4 11 17 5 3 13 21 9 4 4 5 1 3度の音から 6 9 2 5度の音から コードには「C9」など、数値が添えられていることがあります。 上記の「セブンス」や「ナインス」にあるように、根音から数えてその数値に当たる「度」の音を追加します。 また、度数に慣れていない場合、根音自身にフラットやシャープが付いていると、9度にあたる音がどれになるかすぐ分からない場合もあります。 そこで、コードで使われる度数を表した数値と、それが根音からどのくらい離れているかの対応表を右に示しています。 計算する際の参考にしてみてください。 「離れ具合」で示している数値は、該当する音から半音で数えていくつ目に当たるかを示しています。 「根音から」… 根音からいくつ目か• 「1つ上から」… 表で示されている1つ上の音からいくつ目か 度数「7」だったら、度数「5」の音から計算• 度数で で示されたものは、実際に使われることはほぼありませんが、説明の都合上掲載しています。 離れ具合で で示されたものは、1オクターブに当たる12半音を超えた数値を、0~11の範囲で書き直したときの数値です。 度数にフラットやシャープの付いているコードについては、まずそれを無視して「離れ具合」の表から該当する音を計算します。 そしてその音に対して のみ 、フラットやシャープを付けて調整します。 音作成ツール 根音と基準コード、そして加える度数を選択して「決定」をクリックすると、それに合わせて作成されたコードと該当する音 構成音 が表示されます。 表記: 根音 英語 : 基準コード: m マイナーコード 6 7 9 11 13 結果はここに表示されます 参考 調に対応する和音の一覧.

次の

いのちの名前 (ジブリ映画『千と千尋の神隠し』テーマソング) (歌:木村弓 カバー:平原綾香 作詞:覚和歌子 作曲・編曲:久石譲)

いのちの名前 コード

コードネームの構成 コードネームは 根音 ルート と 種類の組み合わせで表記します。 根音は 通常は 最も低い位置に来る音であり、和音の流れ 和音進行 を決めるような役割を持ちます。 一方種類は、和音の雰囲気や色を決めるような役割を果たします。 なお、根音は音名 絶対音 を英語で表記し、シャープやフラットがある場合はアルファベットの直後に記号を加えます。 なお、根音が常に和音進行を決定するものとは限りません。 例: イ長調でもコードの「F」があれば根音はF 日本名で「ヘ」 となります ある和音がコードネームとして表記されている場合に、その構成音 コードネームに対してどの音を使用するか を知るには以下の手順で行います。 根音はそのまま和音の一番下に置く• 「種類」からどの音を利用するかを計算する 問題は「種類」を見て「どの音を利用するか」を計算する方法ですが、概ね以下のような計算になります。 「根音」に対する「第3音」「第5音」の音を、それぞれ「 長 3度」「 長 5度」の音とする• 「3度」「5度」の音についてはの表をご覧ください。 「マイナー」 m が付いている場合は「第3音」の音を半音下げる• 「セブンス」 7 が付いている場合は「第7音」として「 短 7度」の音を加える• ただし「メジャーセブン」 M7, maj7 の場合は代わりに「長7度」の音を加える• 「ディミニッシュ」 dim が付いている場合は「第3音」「第5音」「第7音」 セブンスが付いている場合 の音を半音下げる• 「マイナー」や「メジャーセブン」とは両立しません。 セブンスが付いていなくても セブンスが 付いているものと見なし、「 短 7度」の音を半音下げて和音に加える場合があります。 「オーギュメント」 aug が付いている場合は「第5音」の音を半音上げる• 「ディミニッシュ」とは両立せず、さらに通常は「マイナー」や「セブンス」とも両立しません。 「サスフォー」 sus4 が付いている場合は「第3音」の音を半音上げる あるいは「第3音」を無くして「第4音」として「4度」の音を加える• 「マイナー」が付いている場合はマイナーの「第3音」をそのままにして「第4音」を加えます。 そのほか、度数として数字およびプラスマイナス・シャープフラットが付いている場合は対応する音を加える• 「-5」 フラットファイブ の場合はそのまま「第5音」の音を半音下げます 「オーギュメント」とは両立しません。 上記で挙げた種類、および具体的な構成音についてはにある一覧をご覧ください 一覧には上記で挙げていない種類も存在します。 省略する音は概ね根音を除いて上記の計算で上げ下げ・追加されなかった音が対象になります。 例えば「Em7-5」であれば、• 根音が「E」 日本名で「ホ」• 「m」があるので「第3音」が「G」 日本名で「ト」• 「7」があるので「第7音」として「D」 日本名で「ニ」 を追加• コードサーチャー コード名を入力すると、それに対応する構成音を表示します。 また、近いコード名が一覧にある場合はそのコードへのリンクも表示されます。 独自調査のため、一般的な用法に対して漏れ等がある可能性がありますので、その際はお問い合わせください。 コード名: 音名表記: スポンサーリンク 標準的なコードネーム 以下は、現在世の中に出回っている? コードの一覧です。 以下の一覧では、「根音」ボックスから選んだ根音 と符号 に合わせて「和音構成」が変化します JavaScript使用。 和音構成は上から順番に表示されます 一番下は根音。 それぞれの和音の構成は、ほとんどの場合転回してもコード名は変わりませんが、中には転回すると、見かけ上根音が変わってコード名が変わることもあるので注意してください 実際の演奏ではベース音などで根音を演奏するため、コードの構成音を転回して使用することがほとんどです。 ただし、必ずしもこの位置の音を使用する必要はなく、 左手で根音を弾くなどすれば 自由に転回することができます。 この模式図も「根音」ボックスの音を変えると画像が切り替わります。 コードの中には、組み合わせて使用されるものもあります。 コード: 根音 英語 : 表記: コード名 別表記 読み方 和音構成 表記例 説明 major M maj メジャー メイジャー ソ ミ ド C ごく一般的な和音です。 このコード名は表記せず、単に「C」や「F 」と書かれます 「M」や「maj」を付けて表記する場合もあります。 「メジャー」を中心としたメロディーは、一般的には明るいメロディーとされています。 「マイナー」を中心としたメロディーは、一般的には暗い、あるいは哀愁のあるメロディーなどとされています。 その特徴もあり、このコードはとしてよく使われるコードです。 この和音で、「ド」と「シ」がぶつかって汚くなるように見えますが、逆にこのぶつかりが独特の味を出しています。 このコードはサブドミナント サブドミナントマイナー やドミナントにおいて「マイナー」の代わりに用いられることが多くあります。 このコードはあまり見られません。 例として、特定の音に対して半音進行するときにつなぎの和音として稀に使用されます。 6 シックス ラ ソ ミ ド C6 6度の音 ラ が加わる和音です。 転回すると違う根音のマイナーセブンと一致しますが、シックスにはあまりマイナーの雰囲気は出ません ただし安定感には少し欠けます。 また、シックスはマイナーと組み合わされる 「マイナーシックス」を作る こともあります。 7・6・9以外の数値 13など が指定された場合も同様にセブンスが入っていることがあります もご覧ください。 add9と追加する音は同じですが、9度以外の音が入っている場合は「 add9」は使用されません。 3度 ミ と5度 ソ が半音下がった和音です。 場合によっては、下記の dim7 を「ディミニッシュ」とすることもあるため、前後の和音進行や構成音から「dim」と「dim7」のどちらを意味しているか注意する必要があります ただし「dim7」の意味だったとしても「dim」を同じ役割として使用することができます。 メジャーやマイナーなどの単純な和音には、根音に対して5度の音が入っています。 この5度の音は根音の「倍音」に当たる 厳密には異なりますが詳細は割愛します ため安定感が出るのですが、ディミニッシュや後述のオーギュメントの場合、根音どころかすべての音を基準に見てもその音に対する 完全 5度の音が存在しないこともあり、単純な和音に比べて不安定な響きを生じるようになります。 このコードは、転回すると違う根音のディミニッシュセブンと一致します。 例えば、 Cdim7 を転回すると D dim7、 F dim7、 Adim7 と一致します。 5度 ソ が半音上がった和音です。 このコードは、転回すると違う根音のオーギュメントと一致します。 例えば、 Caug を転回すると Eaug、 G aug と一致します。 単にオルタードが出てきた場合は、どれを選んでも構わないということになるので、前後の進行に合わせて演奏します。 このコードはほとんど見かけず、代わりにがよく見かけます。 sus4 サスフォー サスペンディッドフォー ソ ファ ド Csus4 3度の音 ミ を4度 ファ に変えた和音です。 「ソ」と「ファ」が全音の差しかないため「ファ」の音がやや強調され、その次に「ミ」の音を予告させるような印象を与えます。 このコードはやに近い役割で用いられます。 サブドミナントに近い役割として用いられる場合は、「7」 ドミナントセブン が付いた和音 7sus4 を使用することもあります。 add9 add2 アドナインス add9 アドセカンド add2 ソ ミ レ ド Cadd9 9度の音 レ を加えた和音です。 また、3度の音 ミ を省略することもあります 省略したものを「 sus2」とも呼びます。 x 数値 x を序数とした英語読み x 度の音を加える C9 13 x 度の音を和音に加えます x には数値が入ります。 セブンスやナインス以外は括弧付きでコード名の右上に小さく表記することが多く用いられます。 なお、ポップスやジャズなどでイレブンス 11 やサーティーンス 13 などが単独で用いられている場合 「C11」や「C13」などと表記、いわゆる「テンションコード」に含まれるもの は、それらより下の奇数度の音 7や9など を暗に加える、3度や5度の音を省略することを指示している場合がありますのでご注意ください。 x には数値が入りますが、5、9、13 がよく用いられます。 また、他のコードと組み合わせるのが一般的な使用方法で、 Cm7-5がよく使われる形です 「-9」も比較的用いられます。 なお、 Cm-5は Cdimと同じです。 また、9以上は括弧付きで右上に表記するのが一般的です。 x には数値が入りますが、5、9、11 がよく用いられます。 また、他のコードと組み合わせるのが一般的な使用方法です。 フラットの場合と同様、9以上は括弧付きで右上に表記するのが一般的です。 power 5 パワーコード 3度の音を使わない C power C5 主にポップスにおいて、3度の音 第3音 を含めないコードを パワーコードと呼びます。 3度の音は音色 雰囲気 を作る重要な音です 「メジャー」と「マイナー」の違いが分かりやすい例です が、この音を省略すると前後の進行によって強調される音色が生まれます。 パワーコードはそれを示すためにコード名として表記しないことが多く、その場合メジャーと同じ表記がされます。 一方で、3度の音を使わない和音は明るい・暗いが不明な響きになるため、むなしさを表現するときに使用されることもあります。 この場合は同じ和音構成でもパワーコードとは呼ばれません。 より正確な知識は「楽典」の勉強をお勧めします。 ドミナント 主にメインとなる和音 トニック を導く和音を指します。 多くの場合、曲の終わりなどでメインの和音を使うときにその直前の和音がドミナントです。 サブドミナント 主にドミナントを導く和音を指します。 コードネームに付く数値 度数 の計算方法 度数 離れ具合 根音から 1つ上から 3 4 4 5 7 3 7 10 3 9 14 2 4 11 17 5 3 13 21 9 4 4 5 1 3度の音から 6 9 2 5度の音から コードには「C9」など、数値が添えられていることがあります。 上記の「セブンス」や「ナインス」にあるように、根音から数えてその数値に当たる「度」の音を追加します。 また、度数に慣れていない場合、根音自身にフラットやシャープが付いていると、9度にあたる音がどれになるかすぐ分からない場合もあります。 そこで、コードで使われる度数を表した数値と、それが根音からどのくらい離れているかの対応表を右に示しています。 計算する際の参考にしてみてください。 「離れ具合」で示している数値は、該当する音から半音で数えていくつ目に当たるかを示しています。 「根音から」… 根音からいくつ目か• 「1つ上から」… 表で示されている1つ上の音からいくつ目か 度数「7」だったら、度数「5」の音から計算• 度数で で示されたものは、実際に使われることはほぼありませんが、説明の都合上掲載しています。 離れ具合で で示されたものは、1オクターブに当たる12半音を超えた数値を、0~11の範囲で書き直したときの数値です。 度数にフラットやシャープの付いているコードについては、まずそれを無視して「離れ具合」の表から該当する音を計算します。 そしてその音に対して のみ 、フラットやシャープを付けて調整します。 音作成ツール 根音と基準コード、そして加える度数を選択して「決定」をクリックすると、それに合わせて作成されたコードと該当する音 構成音 が表示されます。 表記: 根音 英語 : 基準コード: m マイナーコード 6 7 9 11 13 結果はここに表示されます 参考 調に対応する和音の一覧.

次の