しのぶ ちゃん。 『ワンピース』内通者はしのぶちゃん?カン十郎?お菊ちゃん説?

静花菜さんとしのぶちゃん

しのぶ ちゃん

51 ID:PixPik620 今日も面白かった あの読手の声凄くいい声だったな、桜が咲いた演出間違っていないよw 詩暢ちゃんもちょっとずつ影響受けてきてるな 正直、3位決定戦は3位決定戦だけで見たい。 決勝は決勝として見たいな。 多分決勝メインの画き方だろうから、3位決定戦がもったいないよ。 明石女子と北央の対決はじっくり見たいな。 両校共、キャラも良いんだから。 3位決定戦だけで1話か2話いけるでしょ? 3位決定戦やって、その後に決勝を最初からお願いしたいね。 49 ID:rcGVOktJ0 ちゃんと女って描写されてるよ。 19 ID:rcGVOktJ0 あれは確かにw まああのへんがいかにも高校生っぽいといえばぽいが。 彼も一応A級のはずなんだけどね。 87 ID:QbXvwJL40 男の俺がマジレスすると・・・ 巨乳派は乳の話になると急に声がでかくなるので巨乳派=圧倒的多数派と勘違いされやすいが、 全ての男が巨乳派では無いからなぁ、こだわりの無い奴はそもそも胸の話題に入って行かないし。 71 ID:rcGVOktJ0 そら太一が恵夢やら甘糟とずっとやってて無敗ならわかるけど 太一はそこまで強敵とは当たってないからな。 夕部さんとやったのも肉まん君だし 実質太一をA級とするなら、格上とは今まで当たってない。 99 ID:rcGVOktJ0 だからこそ今回自分でも 「これに勝ったら何か変われるかも」って言ってるしね。 2ch.

次の

静花菜さんとしのぶちゃん

しのぶ ちゃん

それでは早速、実写化が決まった映画『 ちはやふる 』主要キャストの紹介です。 誰よりもかるたに一途で、天性の耳の良さを持つ主人公、綾瀬千早は広瀬すずさん。 千早の幼馴染で容姿端麗な学年一位の秀才、真島太一は野村周平さん。 かるた名人の孫であり、千早がかるたを始めるきっかけとなった幼馴染、綿谷新は真剣佑さん。 ここまでのキャスティングにも文句は一切ございませんが、やはり最大のはまり役がこの方。 千早と同い年でありながら圧倒的な強さを見せるかるたクイーン、 若宮詩暢 しのぶちゃん を演じる松岡茉優さん 小学4年生でA級に昇進し、中学3年の時に史上最年少でクイーンになった天才です。 まるで指先とかるたが一本の線繋がれているかのように無駄がなく、正確無比で完璧なかるた。 「数枚も取ることを許されないまま負ける人間がほとんど」という最強のクイーンで、新をライバル視しています。 幼少期にわざと友達を勝たせてあげていた所を見抜かれ、かるたの道に進みますが、それと共に周囲との距離も開いてしまった孤高の天才でもあります。 美人な容姿の反面ファッションセンスが壊滅的に欠落していたり、とても面白い重要なキャラクターです。 それを演じるのが松岡茉優さん。 個人的に容姿もですが、全体的に非常にしのぶちゃんと似た雰囲気がある気がします。 松岡さんは『あまちゃん』でブレイクし、『GTO』や『問題のあるレストラン』などでも頭角を現し、10月から始まった『コウノトリ』にも出演されています。 容姿だけでなく、演技力も非常に高く評価されており、映画『ストレイヤーズ・クロニクル』では瀬々敬久監督によって若手の中でも円熟の芸域に達していると評価されました。 一体どのような演技を見せてくれるのか期待が高まります。 そんな映画『 ちはやふる 』は二部作 『 ちはやふる 上の句』は2016年3月 『 ちはやふる 下の句』は2016年4月公開の予定です。 松岡茉優さん扮するしのぶちゃんが登場するのは後編である『 ちはやふる 下の句』だそうなので、是非チェックしてください。 - , , ,.

次の

吉展ちゃん事件

しのぶ ちゃん

私は、図書館探偵さん達が公園に来なくなってから、陽射しを避ける為に、屋根のある東屋のベンチでお昼を食べていました。 これは、そこでお弁当を食べる様になって何日かが過ぎた頃の話である。 「お姉ちゃん、いつも一人ぼっちだから遊んであげる」 そう言って、黒い着物を着た少女は、私に 鞠 ( まり )を差し出してきた。 (可愛い子だけど、この暑いのに着物着てる。 それに鞠って・・・) 私は、まだお弁当を食べている途中だったので「ごめんね、私、まだごはん食べるんだ」と答えると、女の子は少しだけしょんぼりした表情をして、誰もいな広場の方へ走っていった。 「ごめんね」 私はそう呟きながら、今日もお弁当をもぐもぐと食べ始めた。 今日は、一段目がチャーハンで、二段目がレタスオンリーのお弁当。 もぐもぐ・・ シャキシャキ・・ チャーハンとレタスを交互に食べる。 (チャーハンとレタスの相性は良いなぁ) そう思いながら、ふと、さっきの女の子が向かった広場を見ると、そこには誰の姿も無かった。 (あ、もう帰っちゃったかな) その翌日も、その子は現れ、「遊ぼ」と言って来た。 「ごめんね、今からお弁当だから、あ、でも!」 そう言って、私はお弁当箱を入れたいつもの巾着袋の中から、チョコレートのお菓子を取り出して、その子に手渡した。 「お菓子あげる」 そう言うと、女の子は私の隣りにちょこんと座り、私が手渡したチョコレートのお菓子を、不思議なものを見るかの様にじいっと見ている。 「これ、何?」 と聞いて来た。 「チョコレートの小さいケーキのお菓子だよ、美味しいよ」 私がそう言うと、女の子は首を傾げ、今度は私の事をじいっと見つめてきた。 吸い込まれそうになる位に綺麗な黒い瞳、透き通った白い肌。 「チョコレイト?」 女の子は恐る恐る袋を開けると、驚いた表情を見せた。 「黒い!食べ物?」 「だってチョコレートだから・・・・チョコレートは黒いよ」 そう言うと、一瞬、何かひんやりとした空気を感じた。 (うん?あれ・・・何か・・・) 辺りを見回すと、私達の他には誰も居ない。 「そう言えば、君お名前は?」 「しのぶ」 「お母さんは?」 「わかんない」 「着物なんか着ていて暑くない?」 「だいじょうぶ、それよりもこれ、本当に食べてもだいじょうぶ?」 「大丈夫だよ」 私がそう言うと、しのぶちゃんは味を確かめる様に、そのお菓子を舌でペロッと1回舐めた。 「・・・・・・」 それからしばらくそのお菓子をジイッと見ると、ようやく口の中に入れてくれた。 もぐもぐ・・・ 「どう?」 私がそう聞くと、しのぶちゃんは驚いた表情を見せて来た。 「甘い!美味しい!初めて食べたー」 「ええ、大袈裟だよぉ」 私はそう言いながら、お弁当を食べ始める事にした。 (この子、不思議な感覚のする子だなぁ) すると、しのぶちゃんが、私のお弁当をじいっと覗いて来た。 「お姉ちゃんのお弁当、それだけ?」 今日は、薄いハムとレタスを詰めて来た。 私は高級なハムよりも、薄いハムの方が好きなタイプの女子である。 「・・・うん。 でも、お姉ちゃんは挫けないよ」 私がそう言うと、しのぶちゃんはキョトンとした表情を一瞬見せ、「わかんない」と言って、鞠を持つと、「お姉ちゃんわかんなーい」と言って広場へと駆けて行った。 「あ、気を付けて遊ぶんだよー」 そう言った瞬間、再びひんやりとした空気を感じた。 ふと広場の方を見ると、もう帰ったのだろうか、しのぶちゃんの姿は無かった。 (・・・・うーん、そう言えば、新潟でもああいう子、子どもの頃に神社とかお寺でよく見かけたなぁ、あっちは幽霊とか座敷童の話とかは何気ない日常の話題の一つだったけど、東京にも普通に居るのかなぁ。 東京の幽霊は人見知りには厳しそうで怖いなぁ) 静花菜さんは少しだけ考えた。 (いや、しのぶちゃんがそういうものであるとは限らないけど・・・) そう思いながら、静花菜さんは、薄いハムをレタスと一緒にもぐもぐと食べました。 (それにしてもこの組み合わせ、結構ありですね、夏の暑い日にちょうど良いです) 静花菜さんは、今日も一人でお弁当を食べている。

次の