ハンター ハンター コラボ。 【モンスト】ハンターハンターコラボ第2弾のガチャ当たり一覧とおすすめ運極

【モンスト】ハンターハンターコラボ第2弾のガチャ当たり一覧とおすすめ運極

ハンター ハンター コラボ

攻略Twitter 攻略情報一覧• 最新ニュース・速報• ランキング 注目ランキング• その他のランキング• ガチャイベント• 定期開催ガチャ• クエスト攻略• 戦国風雲絵巻7• EXステージ等• 英雄の神殿• ノマクエ・ランク上げ• システム関連• チェッカーツール• お役立ち情報• 育成素材の入手方法• 初心者おすすめ記事• また今回のガチャを引くべきかどうかも考察しております。 なんと星5-6キャラの3体には獣神化が実装されました!どれも高性能なので、引いておく価値の高いキャラと言えます。 新規キャラではなく、獣神化した3体を狙いたい方はこちらのピックアップガチャを回すことをおすすめします。 最優先は第1弾ガチャ ピックアップキャラ 最優先は獣神化を果たした第1弾コラボガチャを回しましょう。 第2弾で登場した新キャラに比べて3体とも活躍できるクエストが多く、特にクラピカは毎月登場する禁忌の獄の多くのフロアで大活躍します。 上記3体はどれも大当たりと言えるキャラですので、1体所持していても2体目を狙う価値も非常に高いものとなります。 今後の高難度クエストでの活躍にも期待ができるので、クラピカは1体入手しておきたいキャラとなります。 特に超高性能なアドゥブタの極・究極どちらにも最適クラスの活躍ができるので、適正キャラに困っている方にとっては引く価値の高いキャラとなります。 禁忌 2 では現状活躍している最適キャラ以上の活躍が期待できるので、複数体所持しておきたい性能です。 砲撃型のダブルエナジーサークルMや超MSにより、友情と直殴りの火力には期待ができます。 もしかすると轟絶アンチテーゼでも起用できるかもしれません。 砲撃型の全敵ロックオン衝撃波を搭載しているためギミックと噛み合うクエストでは雑魚処理に貢献することが可能。 また、固定で100万ダメージを与えられる固有のふっとばしSSも優秀。 また友情コンボにはコピーを搭載しているため、強友情のキャラとの相性が抜群です。 SSはキリト 進化 と同種のもので、うまく弱点にヒットできれば超高火力を発揮します。 ただし、SSの使い勝手がお世辞にも良いとは言えないため、ADW・AGBが共に必須となるメルエム 超究極 のような極めて限定的なクエストを除くと、他の手軽に火力を出せるキャラの方が優先されることが多くなりそうなのは残念なポイントです。 敵に触れなくとも停止後に全体を追い討つことができる非常に優秀なSSです。 それでいてアビリティ・友情の水準も高く、WP・ブロックメインのクエストであれば常に上位に食い込んでくる性能と言えるでしょう。 固有のSSも使いやすく強力なため、単体で見た際の性能面の死角はほとんどありません。 また、アドゥブタや刹那といった優秀な降臨キャラの入手にも繋げられるため、コラボを機に始めた方やまだアドゥブタ・刹那の入手に手が届いていない方には間違いなく大当たりのキャラです。 カウンターキラーの乗る友情や超高火力のSSが優秀なため、幅広いクエストで砲台として運用することができます。 今後の究極降臨の周回などでは長く使っていける性能をしているため、ソロでのプレイが多い方などには特に価値の高いキャラと言えるでしょう。 友情で火力貢献できるようになった点ももちろん評価できますが、それ以上に良い意味でおかしくなったのはSSです。 1段階目 16ターン の段階で自強化倍率が非常に高く、追加効果も全て継承しているため、直殴り倍率の上がっている高難度クエストでは手軽に大ダメージを叩き出すことができます。 現時点で多くの水爆絶や禁忌の獄などで活躍していますが、今後の高難度クエストにおいても出番が増える可能性は多いにあるでしょう。 汎用性が格段に向上した上、友情・SSの使い勝手がかなり良くなったため、以前とは比べ物にならない出番の増加に期待できます。 ただし、AGB・反ブロックがどちらも対策必須となるクエストの少なさや、主流となっているドクロや反撃モードギミックとSSの確率麻痺効果の相性の悪さ、友情コンボの運要素の強さなどデメリット・弱点も少なくないキャラです。 単純な殴り火力だけ見るなら文句なしに優秀ですが、意図せずクエスト攻略を妨げる要素は安定攻略を第一に考えるようなプレイヤーからは敬遠される理由となるでしょう。 そのままお待ちください。 この期間にしか入手することができない ハンターハンターコラボガチャはこの期間を逃すと次いつゲットできるかわかりません。 今回2回目のコラボとなりましたが、次があるかどうかは運営次第です。 この機会を逃すと二度とゲットできない可能性もありますので、後悔のないようにしましょう。 正月の超獣神祭の新限定やクリスマスガチャなどが控えていますが、引くかどうかをすぐに決断できないほど迷っている方に関しては、引き際を決めてガチャを回すほうが良いかもしれません。 当たりと言えるキャラが多い 超大当たりキャラ 大当たりキャラ コラボキャラの中でも特に抜きん出て価値が高いのはクラピカ・ゴン・ネテロですが、カイト・キルアもポテンシャルは非常に高いです。 高難度クエストの適正数やギミックを無視して連れていける場面が多いかなどが評価を分けたポイントですが、上の5体 特に超大当たりの3体 に関しては狙う価値が十分にあります。 今回のコラボ星4-5キャラもかなり当たりキャラとなっているので、最低でも1体は確保しておくことをおすすめします。 特にレオリオは砲撃型の全敵ロックオン衝撃波を所持しているため2体ほど確保しておいて損はないでしょう。 コラボガチャももちろん魅力的ですが引き際を見誤らず、オーブを残しておくこともきちんと考えておきましょう。

次の

【パズドラ】ハンターハンターコラボの効率が良いスキル上げ法

ハンター ハンター コラボ

2つのギミックに対応できるため、汎用性は高めです。 また、パンドラのように状態異常を付与できるSSや、友情コンボの8方向レーザーELも火力が高く、全体的にバランスの良い性能に仕上がっています。 アンチアビリティは1つしかないものの、素アビにカウンターキラーを持つため、友情コンボでも火力を出しやすいです。 【進化:75点】 キルアは初となる全属性キラーと毒無効のアビリティが魅力。 全属性キラーは素アビのため、友情コンボにもキラーが乗ります。 アンビアリティはABしか無いため、汎用性は低いですが、SSも優秀でアタッカーとして活躍できるキャラです。 【進化:85点】 クラピカはSSのエンペラータイムが強力。 ギミック対応力が高く、SSや友情コンボによる火力も高いです。 貫通タイプでスピード型のため、回復Sを活かしやすい性能となっています。 また、進化・神化ともに使い道があるゴン、サポート性能が高いクラピカ、アタッカーとして強いキルアなど、アビリティや友情コンボも優秀です。 ピックアップ&ホシ玉ガチャを有効活用しよう ハンターハンターコラボでは特定のキャラの 出現確率が日替わりで超UPします。 狙いのキャラがいる場合は、出現確率超UPの日に引くのがおすすめです。 当たり確率超UPデー 対象キャラ 対象日 11月19日 日 12:00~11月20日 月 11:59 11月22日 水 12:00~11月23日 木 11:59 11月25日 土 12:00~11月26日 日 11:59 11月28日 火 12:00~11月29日 水 11:59 11月20日 月 12:00~11月21日 火 11:59 11月23日 水 12:00~11月24日 木 11:59 11月26日 日 12:00~11月27日 月 11:59 11月28日 火 12:00~11月29日 水 11:59 11月21日 火 12:00~11月22日 水 11:59 11月24日 金 12:00~11月25日 土 11:59 11月27日 月 12:00~11月28日 火 11:59 11月28日 火 12:00~11月29日 水 11:59 リセマラするべきか? ハンターハンターコラボのキャラは、全体的に優秀ですが、最強ランキングTOP10に入ってくるほどの強さではありません。 そのため、原作に思い入れがある人以外は、ハンターハンターコラボでリセマラするのは見送った方が良いでしょう。 メルエムは降臨キャラとしては初となるカウンターキラーが魅力です。 また、運極にすることでAGBが超AGBになり、SSの効果もアップします。 クエストの難易度次第となりますが、運極にしておきたいおすすめモンスターです。

次の

【モンスト】ハンターハンターコラボのガチャ当たりと最新情報|第2弾|ゲームエイト

ハンター ハンター コラボ

攻略Twitter 攻略情報一覧• 最新ニュース・速報• ランキング 注目ランキング• その他のランキング• ガチャイベント• 定期開催ガチャ• クエスト攻略• 戦国風雲絵巻7• EXステージ等• 英雄の神殿• ノマクエ・ランク上げ• システム関連• チェッカーツール• お役立ち情報• 育成素材の入手方法• 初心者おすすめ記事• また今回のガチャを引くべきかどうかも考察しております。 なんと星5-6キャラの3体には獣神化が実装されました!どれも高性能なので、引いておく価値の高いキャラと言えます。 新規キャラではなく、獣神化した3体を狙いたい方はこちらのピックアップガチャを回すことをおすすめします。 最優先は第1弾ガチャ ピックアップキャラ 最優先は獣神化を果たした第1弾コラボガチャを回しましょう。 第2弾で登場した新キャラに比べて3体とも活躍できるクエストが多く、特にクラピカは毎月登場する禁忌の獄の多くのフロアで大活躍します。 上記3体はどれも大当たりと言えるキャラですので、1体所持していても2体目を狙う価値も非常に高いものとなります。 今後の高難度クエストでの活躍にも期待ができるので、クラピカは1体入手しておきたいキャラとなります。 特に超高性能なアドゥブタの極・究極どちらにも最適クラスの活躍ができるので、適正キャラに困っている方にとっては引く価値の高いキャラとなります。 禁忌 2 では現状活躍している最適キャラ以上の活躍が期待できるので、複数体所持しておきたい性能です。 砲撃型のダブルエナジーサークルMや超MSにより、友情と直殴りの火力には期待ができます。 もしかすると轟絶アンチテーゼでも起用できるかもしれません。 砲撃型の全敵ロックオン衝撃波を搭載しているためギミックと噛み合うクエストでは雑魚処理に貢献することが可能。 また、固定で100万ダメージを与えられる固有のふっとばしSSも優秀。 また友情コンボにはコピーを搭載しているため、強友情のキャラとの相性が抜群です。 SSはキリト 進化 と同種のもので、うまく弱点にヒットできれば超高火力を発揮します。 ただし、SSの使い勝手がお世辞にも良いとは言えないため、ADW・AGBが共に必須となるメルエム 超究極 のような極めて限定的なクエストを除くと、他の手軽に火力を出せるキャラの方が優先されることが多くなりそうなのは残念なポイントです。 敵に触れなくとも停止後に全体を追い討つことができる非常に優秀なSSです。 それでいてアビリティ・友情の水準も高く、WP・ブロックメインのクエストであれば常に上位に食い込んでくる性能と言えるでしょう。 固有のSSも使いやすく強力なため、単体で見た際の性能面の死角はほとんどありません。 また、アドゥブタや刹那といった優秀な降臨キャラの入手にも繋げられるため、コラボを機に始めた方やまだアドゥブタ・刹那の入手に手が届いていない方には間違いなく大当たりのキャラです。 カウンターキラーの乗る友情や超高火力のSSが優秀なため、幅広いクエストで砲台として運用することができます。 今後の究極降臨の周回などでは長く使っていける性能をしているため、ソロでのプレイが多い方などには特に価値の高いキャラと言えるでしょう。 友情で火力貢献できるようになった点ももちろん評価できますが、それ以上に良い意味でおかしくなったのはSSです。 1段階目 16ターン の段階で自強化倍率が非常に高く、追加効果も全て継承しているため、直殴り倍率の上がっている高難度クエストでは手軽に大ダメージを叩き出すことができます。 現時点で多くの水爆絶や禁忌の獄などで活躍していますが、今後の高難度クエストにおいても出番が増える可能性は多いにあるでしょう。 汎用性が格段に向上した上、友情・SSの使い勝手がかなり良くなったため、以前とは比べ物にならない出番の増加に期待できます。 ただし、AGB・反ブロックがどちらも対策必須となるクエストの少なさや、主流となっているドクロや反撃モードギミックとSSの確率麻痺効果の相性の悪さ、友情コンボの運要素の強さなどデメリット・弱点も少なくないキャラです。 単純な殴り火力だけ見るなら文句なしに優秀ですが、意図せずクエスト攻略を妨げる要素は安定攻略を第一に考えるようなプレイヤーからは敬遠される理由となるでしょう。 そのままお待ちください。 この期間にしか入手することができない ハンターハンターコラボガチャはこの期間を逃すと次いつゲットできるかわかりません。 今回2回目のコラボとなりましたが、次があるかどうかは運営次第です。 この機会を逃すと二度とゲットできない可能性もありますので、後悔のないようにしましょう。 正月の超獣神祭の新限定やクリスマスガチャなどが控えていますが、引くかどうかをすぐに決断できないほど迷っている方に関しては、引き際を決めてガチャを回すほうが良いかもしれません。 当たりと言えるキャラが多い 超大当たりキャラ 大当たりキャラ コラボキャラの中でも特に抜きん出て価値が高いのはクラピカ・ゴン・ネテロですが、カイト・キルアもポテンシャルは非常に高いです。 高難度クエストの適正数やギミックを無視して連れていける場面が多いかなどが評価を分けたポイントですが、上の5体 特に超大当たりの3体 に関しては狙う価値が十分にあります。 今回のコラボ星4-5キャラもかなり当たりキャラとなっているので、最低でも1体は確保しておくことをおすすめします。 特にレオリオは砲撃型の全敵ロックオン衝撃波を所持しているため2体ほど確保しておいて損はないでしょう。 コラボガチャももちろん魅力的ですが引き際を見誤らず、オーブを残しておくこともきちんと考えておきましょう。

次の