ご配慮いただきありがとうございます。 「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」の意味と違いについて

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

ご配慮いただきありがとうございます

「ご配慮」の使い方・例文 「ご配慮」は目上の相手の心づかいに対して感謝するときに使う 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 感謝を伝える際の主な言い回しは ・ご配慮いただきありがとうござきます ・ご配慮に感謝申し上げます などです。 また、「ご配慮」よりもさらに丁寧な表現に「ご高配」があります。 ただ職場の上司などに対してしょっちゅう「ご高配」を用いるとくどいと感じられてしまうこともあります。 「ご高配」はとてもかしこまった表現となりますので注意しましょう。 「ご配慮ありがとうございます」 「ご配慮いただきまして、誠にありがとうございます」 「先日は突然お伺いしたにも関わらず、ご配慮をいただきありがとうございました」 「このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます」 相手に「ご配慮」してもらうことをお願いをするときも使う また「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、相手に対して「気を付けてもらうこと」がある場合に使うことができます。 お願いをする際の主な言い回しは ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます となります。 例えばお客様に対して商品に直接手を触れないようにお願いしたい場合、「商品にお手を触れぬよう、ご配慮願います」などと使うことができます。 また相手に注意を促したい場合、ただ注意をするだけでは相手が不快な思いをしてしまう場合があります。 そのため、 注意したい事項に対して配慮をお願いする、といった形で伝えることができます。 例えば「店内は禁煙となっております。 喫煙する場合は一度店外の喫煙スペースまで足を運ぶようご配慮くださいますようお願い申し上げます」などと使うことができます。 「ご配慮のほど何卒よろしくお願いいたします」 「大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮賜れますと幸いです」 「海外出張の際には、紛争・テロ・内戦等に巻き込まれないよう、くれぐれもご配慮をお願いいたします」 「本日の内容に関しましては正式発表があるまでは口外いたしませぬよう、ご配慮いただきたく存じます。 よろしくお願いいたします」 「ご配慮」の使う上の注意点 「ご配慮」は同等や目下の相手には使用不可 「ご配慮」は目上の相手に対して使う敬語表現です。 そのため、同僚や部下など同等もしくは目下の相手に対して使うと不自然になります。 過度な敬語表現は慇懃無礼となりますので注意しましょう。 同僚や部下などが配慮してくれたことに対して感謝を伝える場合は、下記の例文を参考にしてください。 「配慮してくれてありがとうございます」 「心遣いありがとう」 「お気遣いありがとうございます」 自分自身の行動に対しては目上の人と話す時でも「配慮」を使う 自分が気を配る場合には、目上の相手であっても「配慮」と使います。 自分の行動に対して「ご配慮」と敬語を使うのは誤用となりますので注意しましょう。 何かをするにあたって気を付けることを伝える場合に、「気をつけます」では軽い感じがします。 ビジネスシーンでは「配慮します」と使うようにしましょう。 また自分の配慮が足らなかったことを相手に謝罪する場合は 「私の配慮が足らずこのような事態を招いてしまい、大変申し訳ございません」などと使います。 「ご配慮」のビジネスで使える言い回しの例文一覧 ご配慮いただき〜 「ご配慮」をしてもらったことを感謝する場合に「ご配慮いただき」を使います。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 また、「恐縮です」を繋げることで配慮してもらったことをかしこまり申し訳なく思っていることを伝えることができます。 ビジネスメールなどでも用いられる表現ですので覚えておきましょう。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 主に「ご配慮のほどよろしくお願いします」と使われています。 「ご配慮のほど感謝いたします」と使うのは不自然ですので注意しましょう。 ご配慮ください 「ご配慮ください」も相手にお願いする場合に用いられます。 ただ、「ご配慮ください」だけではやや冷たい印象を与えることもありますので、特に目上の相手に対しては「ご配慮くださいますよう、よろしくお願いします」などを付けるようにしましょう。 ご配慮ください」 「くれぐれもご配慮くださいますよう、よろしくお願いいたします」」 「ご配慮」「お気遣い」「ご考慮」の違い 「ご配慮」・・・「相手の配慮(=よく考えてからする心づかい、心をくばること)の敬語表現」 「お気遣い」・・・「相手の気遣い(=あれこれと気を使うこと、心づかい)」の敬語表現」 「ご考慮」・・・「相手の考慮(=考えをめぐらすこと、よく考え合わせること)」の敬語表現」 「お気遣い」の意味・使い方・例文 「気遣い」の意味は「 あれこれと気を使うこと、心遣い」です。 その場の状況に応じて周囲のことを考えたり相手のことを思いやって行動することを指して使います。 「お気遣い」は、「相手が自分のために気を使ってくれること、配慮してくれること」を表しています。

次の

「ご配慮」の意味とは?「お気遣い」など類語との違いや例文を紹介

ご配慮いただきありがとうございます

「ご配慮」の使い方・例文 「ご配慮」は目上の相手の心づかいに対して感謝するときに使う 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 感謝を伝える際の主な言い回しは ・ご配慮いただきありがとうござきます ・ご配慮に感謝申し上げます などです。 また、「ご配慮」よりもさらに丁寧な表現に「ご高配」があります。 ただ職場の上司などに対してしょっちゅう「ご高配」を用いるとくどいと感じられてしまうこともあります。 「ご高配」はとてもかしこまった表現となりますので注意しましょう。 「ご配慮ありがとうございます」 「ご配慮いただきまして、誠にありがとうございます」 「先日は突然お伺いしたにも関わらず、ご配慮をいただきありがとうございました」 「このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます」 相手に「ご配慮」してもらうことをお願いをするときも使う また「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、相手に対して「気を付けてもらうこと」がある場合に使うことができます。 お願いをする際の主な言い回しは ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます となります。 例えばお客様に対して商品に直接手を触れないようにお願いしたい場合、「商品にお手を触れぬよう、ご配慮願います」などと使うことができます。 また相手に注意を促したい場合、ただ注意をするだけでは相手が不快な思いをしてしまう場合があります。 そのため、 注意したい事項に対して配慮をお願いする、といった形で伝えることができます。 例えば「店内は禁煙となっております。 喫煙する場合は一度店外の喫煙スペースまで足を運ぶようご配慮くださいますようお願い申し上げます」などと使うことができます。 「ご配慮のほど何卒よろしくお願いいたします」 「大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮賜れますと幸いです」 「海外出張の際には、紛争・テロ・内戦等に巻き込まれないよう、くれぐれもご配慮をお願いいたします」 「本日の内容に関しましては正式発表があるまでは口外いたしませぬよう、ご配慮いただきたく存じます。 よろしくお願いいたします」 「ご配慮」の使う上の注意点 「ご配慮」は同等や目下の相手には使用不可 「ご配慮」は目上の相手に対して使う敬語表現です。 そのため、同僚や部下など同等もしくは目下の相手に対して使うと不自然になります。 過度な敬語表現は慇懃無礼となりますので注意しましょう。 同僚や部下などが配慮してくれたことに対して感謝を伝える場合は、下記の例文を参考にしてください。 「配慮してくれてありがとうございます」 「心遣いありがとう」 「お気遣いありがとうございます」 自分自身の行動に対しては目上の人と話す時でも「配慮」を使う 自分が気を配る場合には、目上の相手であっても「配慮」と使います。 自分の行動に対して「ご配慮」と敬語を使うのは誤用となりますので注意しましょう。 何かをするにあたって気を付けることを伝える場合に、「気をつけます」では軽い感じがします。 ビジネスシーンでは「配慮します」と使うようにしましょう。 また自分の配慮が足らなかったことを相手に謝罪する場合は 「私の配慮が足らずこのような事態を招いてしまい、大変申し訳ございません」などと使います。 「ご配慮」のビジネスで使える言い回しの例文一覧 ご配慮いただき〜 「ご配慮」をしてもらったことを感謝する場合に「ご配慮いただき」を使います。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 また、「恐縮です」を繋げることで配慮してもらったことをかしこまり申し訳なく思っていることを伝えることができます。 ビジネスメールなどでも用いられる表現ですので覚えておきましょう。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 主に「ご配慮のほどよろしくお願いします」と使われています。 「ご配慮のほど感謝いたします」と使うのは不自然ですので注意しましょう。 ご配慮ください 「ご配慮ください」も相手にお願いする場合に用いられます。 ただ、「ご配慮ください」だけではやや冷たい印象を与えることもありますので、特に目上の相手に対しては「ご配慮くださいますよう、よろしくお願いします」などを付けるようにしましょう。 ご配慮ください」 「くれぐれもご配慮くださいますよう、よろしくお願いいたします」」 「ご配慮」「お気遣い」「ご考慮」の違い 「ご配慮」・・・「相手の配慮(=よく考えてからする心づかい、心をくばること)の敬語表現」 「お気遣い」・・・「相手の気遣い(=あれこれと気を使うこと、心づかい)」の敬語表現」 「ご考慮」・・・「相手の考慮(=考えをめぐらすこと、よく考え合わせること)」の敬語表現」 「お気遣い」の意味・使い方・例文 「気遣い」の意味は「 あれこれと気を使うこと、心遣い」です。 その場の状況に応じて周囲のことを考えたり相手のことを思いやって行動することを指して使います。 「お気遣い」は、「相手が自分のために気を使ってくれること、配慮してくれること」を表しています。

次の

「ご高配」の意味と使い方!「ご配慮」との違いや例文も解説

ご配慮いただきありがとうございます

たとえば、質問者さんがお茶を机の上にこぼしてしまった時、誰かがタオルで拭いてくれたとしましょう。 あるいは、「眠そうですね。 はい、このコーヒー飲むと眠気が吹っ飛びますよ」と言われた時。 これらの場合は、「お気遣いありがとう(ございます)」です。 「ご配慮ありがとう」よりは適しています。 質問者さんが、大量の資料を読む必要がある時、誰かが、「必要なところに線を引いておいたから、そこだけ読めばわかるよ」と教えてくれた時。 あるいは、仕事でA社を訪問するとき、「A社での仕事が終わったら、そのまま、まっすぐ帰宅していいよ」と上司に言われた時。 「ご配慮ありがとう(ございます)」と言います。 これらの場合でも、「心配してくれてありがとう」と言いたければ「お気遣いありがとう」と言っても構いません。 ただ、「わたしの仕事をやりやすくしてくれてありがとう」と伝えたければ、「ご配慮ありがとう」と言うと、その意図が伝わります。 厳密な区別はありませんが、基本的に、このような使い分けをしていると思います。 まず質問文は「完璧」です。 ご質問に対しては、「配慮の方が、やや意味が広い」と回答致します。 ご質問の用法では、「ほぼ同義」ですね。 また「お心遣い」なども同じです。 しかし「ご配慮」の方は、「ご配慮下さい」「ご配慮を願います」など、相手に配慮や気遣いを求める場合にも使えます。 逆に「お気遣い願います」とは言いません。 「慮」「気」は、どちらも「相手に対する思いやりの気持ち,考え」かと思いますが、「配す」「遣う」の部分で、ニュアンスが違ってくるのでしょう。 すなわち「配す(配る)」は「遣う(使う)」に比べ、考えを巡らす方向や範囲が広いから、失礼には当らないのかな?と思います。 たとえば「気」の場合、「気配り」と言う表現もありますが、「気遣い」が特定の人物に向けられる傾向に対し、「気配り」だと、「周囲に目が行き届いている」と言うニュアンスで、不特定,多数とか、人では無く、物や行為に対してでも使われます。 >お気遣いありがとうございます A:今日は寒いですから、風邪など引かないようにしてくださいね。 B:お気遣いありがとうございます。 A:これ、ご両親へのお土産です。 B:お気遣いありがとうございます。 相手の思いやりや優しさに対する感謝の言葉でしょうか。 >ご配慮ありがとうございます A:お帰りのタクシーをご用意いたしました。 B:ご配慮ありがとうございます。 A:中国の方なら紹興酒でしょう。 B:ご配慮ありがとうございます。 事務的な場面ですね。 「余計なことをするな」という気持を込める場合もあります。 「ご配慮ありがとうございます」は「お気遣いありがとうございます」に代えることはできます。 感覚的には「お気遣いありがとうございます」の方が、相手との距離が近い、よりフレンドリーな感じですね。 Q 「わざわざ」は目上の方に失礼ですか? 先日、会社で電話を受けたときに、得意先から私の上司へのお礼の電話だったのですが、 その上司が会議中だったため、その旨伝えると、「先日お世話になったので、ありがとうございました、とお伝えください。 」と言われました。 そこで、つい「かしこまりました。 わざわざお電話いただきありがとうございます。 」 と言ってしまったのですが、これって間違いですか?? あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、 「わざわざありがとうございます。 」と言ってしまいます。 これもおかしいですか? 電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。 「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。 そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。 例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。 食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。 スミマセン。 年寄りの愚痴でした。

次の