賃貸 洗濯機置き場。 洗濯機置き場のない部屋に住んでいる方・経験のある方、どうしていますか?

アパートの室内に洗濯機置き場がない!そんな時はどうする?

賃貸 洗濯機置き場

この疑問の目次• 使いやすさを求めるなら、室内洗濯機置場のほうがおすすめです。 洗濯機置き場についての回答 最近では、室内に洗濯機置き場がある賃貸物件が多いですが、中には昔ながらの室外に洗濯機置き場がある物件も残っています。 室外に洗濯機置場がある賃貸物件は家賃も他と比べると安めで、水漏れなどのトラブルが起きても被害が少ないです。 しかし、室内に洗濯機置場がある賃貸物件と比べると、洗濯の度に外に出なければいけない上に、雨や砂埃による故障といったデメリットがあり、少々使いにくいです。 使いやすさを求めるなら、室内洗濯機置き場がある賃貸物件を選んだ方が良さそうです。 室内・室外洗濯機置き場についてもっと詳しく知りたい人へ 室内と室外の洗濯機置き場、それぞれのメリットやデメリットをもう少し詳しく紹介しましょう。 洗濯機置き場の大きさについて 室内、室外の洗濯機置場のメリットやデメリットを知ることも大切ですが、一番大切なのは「洗濯機を正しく設置できるか?」という点です。 多くのアパートやマンション等の賃貸物件の洗濯機置き場には「防水パン」が設置されています。 もし、引越し前に使っていた洗濯機を引き続き使いたいのであれば、この防水パンにしっかりとおさまるか確認しましょう。 引越しを機会に新しく洗濯機を購入する場合も、防水パンのサイズに合わせて洗濯機を選ばなければいけません。 ドラム式はサイズが大きくなりがちなので注意が必要ですが、一般的な一人暮らし用の洗濯機であれば、問題なく設置できるだけの洗濯置き場のスペースが確保されていることがほとんどです。 室内洗濯機置き場のメリットとデメリット それでは、室内洗濯機置き場のメリットとデメリットを紹介しましょう。 室内洗濯機置き場のメリット 洗濯置き場が室内にあるケースと室外にあるケースを比べると、雨や砂埃の影響を受けない室内の方が洗濯機が長持ちします。 機能が豊富な洗濯機は特に高価なため、長持ちするのはうれしいメリットです。 また、その部屋の環境にもよりますが事前に防音対策がある程度施されているなら、深夜でも他の部屋への騒音を気にせず、洗濯機を回せます。 わざわざ外に出る必要がないため、外の天気や寒さに左右されずに洗濯ができます。 室内洗濯機置き場のデメリット 洗濯機はかなり大きな家電のため、洗濯機置き場が室内にあることで室内のスペースはその分くなります。 また、室外に洗濯機置き場がある物件と比べると家賃は高めです。 万が一排水溝が詰まったり、洗濯ホースが抜けてしまうと床が水浸しになり、下の部屋にも迷惑をかけてしまうケースがあります。 室外洗濯機置き場のメリットとデメリット 昔と比べれば数は少なくなってきましたが、今でも室内に洗濯機置き場がある賃貸物件は存在します。 メリットとデメリットを紹介しましょう。 室外洗濯機置き場のメリット 室外に洗濯機がおける分、室内のスペースは広くなりやすいです。 また、室外に洗濯機置き場がある賃貸物件は比較的古めのものになるため、家賃も安く済みます。 万が一の水漏れなどのトラブルがあったときでも、他の部屋に迷惑がかかるケースは稀なので、その点は安心できます。 また晴れた日にはそのまま外に洗濯物を干すことができるため室内からわざわざ運ぶより楽ですね! 室外洗濯機置き場のデメリット 室外に洗濯機置場があると、洗濯機は雨や砂埃の影響を強く受けて故障しやすくなってしまいます。 また、外にある以上防音対策などは難しいため、夜の洗濯は控えなければいけません。 洗濯のたびに外に出ないといけないため、特に冬場は寒い思いをしなければなりません。 一人暮らし用の洗濯機を選ぶポイント 一人暮らし用の洗濯機を選ぶ場合に、最低限みておきたいポイントも紹介しておきましょう。 洗濯機のタイプと性能 まずは、洗濯機そのもののタイプと性能のポイントです。 ・洗濯機のタイプ 洗濯機のタイプとして主流なのは、縦型とドラム式の2種類です。 昔ながらの縦型の洗濯機は、値段が安くコンパクトです。 たくさんの水を使うため汚れも落ちやすいですが、その分水道代は高くなります。 ドラム式洗濯機は使用する水量が少なく、衣類も傷みにくいため服を大切にしたい人にはおすすめです。 また、多くのドラム式洗濯機には乾燥機が付いているため、家事になれていない一人暮らしでは特に便利です。 水量が少ないため水道代は安くなりますが本体価格が高く、サイズも大きめになりがちです。 ・容量 1回の洗濯でどのくらいの量の洗濯物を洗えるかも重要です。 一人暮らしで週に2~3回程度のペースで洗濯をするなら、5kg程度の容量で足りるでしょう。 仕事や学校が忙しく、週に1回まとめて洗濯するとなるともう少し容量の大きな洗濯機が良いでしょう。 洗濯機の性能以外のポイント 洗濯機選びの際には、洗濯機の性能以外にも次のポイントは最低限確認しておきましょう。 ・洗濯機置場のサイズ すでに説明済みですが、賃貸物件によっては洗濯置き場のサイズがまちまちなケースもあります。 ・洗濯機の搬入ルート 洗濯機置き場に置けるサイズの洗濯機を購入しても、そこまで洗濯機を運ぶ搬入ルートを確保できておらず、途方に暮れてしまうこともあります。 搬入予定の洗濯機を運べるルートがあるか確認しましょう。 室内であれば外の寒さも感じませんし、洗濯機の故障の心配も少ないので多機能の洗濯機も設置できます。 ただし、水漏れだけには用心しましょう。 普段の使いやすさは室内洗濯置き場のほうが良いですが、なによりも家賃を安くしたいのであればあえて室外洗濯置き場の賃貸物件を探すのもひとつの手です。 家賃を抑えたい人以外は室内洗濯機置き場が良さそう! 一人暮らしでも利用頻度が高い洗濯機は、室内に設置したほうが快適に使えます。 昔ながらの室外に洗濯置き場があるタイプの賃貸物件は、どんどん数が減ってきています。 そのこともふまえて考えると「家賃をできるだけ安くしたい!」などの特別な理由がない限りは、室内に洗濯置き場があるタイプの賃貸物件を選ぶと良いでしょう。 エイブル AGENTでは、洗濯置き場に強い希望がある場合でもおすすめできる物件をご紹介できます。 物件選びでなにかお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

次の

賃貸物件の室外洗濯機置き場は使いづらいですか?室外と室内それぞれのメリット・デメリットについて

賃貸 洗濯機置き場

今使っている洗濯機のサイズは?アパートに搬入できる? 生活に必要な家電製品はたくさんありますが、そのなかでも大きい家電になるのが洗濯機です。 縦型と呼ばれるものからドラム式など、いずれにしても昔の洗濯機と比べるとコンパクトになってきましたね。 しかし、大量の洗濯物を洗える洗濯機ともなると、サイズも大きくなります。 洗濯機の容量の目安を見てみると、一日に出る一人分の洗濯物の量は約1.5㎏です。 一人暮らしであれば、4.0㎏の洗濯機で十分ですね。 夫婦になれば洗濯物は二倍になり、タオルやシーツといったものを洗うことを考えると、5.0~6.0㎏の洗濯機は必要です。 そして家族が増え、一度に洗濯をしたい場合は7.0㎏、8.0㎏、9.0㎏と容量を大きくしていくことになります。 大きい洗濯機をお持ちのご家庭では、引っ越し先に搬入できるのかが、物件選びでポイントにもなりますよね。 また、引っ越し先のアパートの洗濯機置き場に設置できるのかどうかも考えなければ、現在お使いの洗濯機を手放すことになってしまうかもしれません。 洗濯機置き場までの通路を確認しよう 新居を選ぶときは、お持ちの洗濯機が搬入できるかどうかを確認してみてください。 搬入するのに必要な通路を確保しなければ、現在使っている洗濯機を手放すか、大掛かりな搬入となってしまい、余計な費用がかかってしまいます。 まずは、お持ちの洗濯機の幅を測っておきます。 そして、気に入ったアパートがあった場合は、洗濯機を搬入することをイメージしながら、搬入するまでの通路で一番狭いところの幅を測ってみましょう。 通路は室内だけでなく、廊下や階段、玄関幅なども含まれます。 ここで一番狭いところの幅が、洗濯機の幅よりもプラス6cm以上確保できれば搬入は可能です。 引っ越しを考えていて、なおかつ洗濯機を買い換える予定がなければ、メジャーを使って洗濯機のサイズを測ってメモしておきましょう。 そして、物件選びでは同じくメジャーを持って、洗濯機だけではなく家具や家電が搬入できるか測定してみてください。 搬入通路がクリアできてもまだ油断はできません。 なぜなら、洗濯機置き場には防水パンが設置されていることがあるからです。 洗濯機置き場にある防水パンの役割り アパートの室内に洗濯機置き場がある場合、洗濯機を設置する防水パン(洗濯パン)が欠かせません。 防水パンはプラスチック製でできた囲いのようなもので、万が一の水漏れ対策として、受け皿のような役割があります。 洗濯機の故障や排水ホースの劣化などが理由で、水漏れのトラブルになる可能もゼロではないため、賃貸物件の場合はほかの住人に迷惑がかかってしまうリスクを防止できます。 また、洗濯機は振動の起こる家電製品ですから、防水パンを設置していることで振動を軽減させる効果もあります。 万が一の水漏れトラブルや、ご近所同士の騒音トラブルを発生させないためにも、アパートのオーナーは洗濯置き場に防止パンを設置することが多いのです。 こうしたトラブルを回避できることは、アパートの大家さんだけでなく、アパートに住んでいる人たちにもメリットといえますね。 では、お持ちの洗濯機が設置できるのか、防水パンの基準になるサイズと測り方を次項で解説していきます。 アパートの洗濯機置き場にある防水パンの規格サイズ 床の漏水を防ぎ、防音効果もある防水パンの一般的な規格サイズを見てみましょう。 ほとんどのアパートであれば小型の洗濯機は洗濯機置き場に置けるでしょう。 しかし、現代の洗濯機はコンパクトなものから大型のものまであるため、上記のサイズに収まらない事態もあり得るのです。 二層式の洗濯機をお使いであれば、幅800mm以下の防止パンには設置できないと言い切れます。 そこで、アパートの洗濯置き場に防水パンがある場合は、防水パンのサイズを測りましょう。 このとき、金属製のメジャーで防水パンを測ると誤差が出やすいため、布や樹脂製のメジャーを使うことをおすすめします。 正しく測ることで、「測ったのに設置できなかった」などのトラブルになることを回避できますよ。 引っ越し先のアパートにある防水パンのサイズを測ろう では、洗濯機置き場にある防水パンの測り方を解説していきます。 この測り方を覚えていれば、アパートの引っ越しに限らず、新しい洗濯機を購入するときにも役にたちますよ。 間口いっぱいに防水パンが設置されている場合は、一番外側の寸法を測りましょう。 内寸を超える大きさの洗濯機の場合、かさ上げする必要が生じて、別途費用がかかる場合もあります。 かさ上げにかかる値段は、8,000円から15,000円程度です。 また、最悪の場合は設置さえできないこともあるため、内寸とセットで測りましょう。 見落としがちなところですが、防水パンの底から上の縁までに長さを測っておきましょう。 なお、防水パンの厚みもあるため、外側からではなく内側から測ってくださいね。 防水パンのサイズだけじゃない!確認したいポイント 洗濯機置き場にある防水パンの測り方は、マスターできたでしょうか。 つぎに排水口の確認と、ドラム式だからこそ確認したいポイントをお話します。 この場合、本体かさ上げ振動吸収台といった部品が、別途必要になることもあり得ます。 そのため、このホースと蛇口をしっかり固定する必要があるのです。 引っ越し先のアパートの蛇口次第では別途部品が必要になったり、取り付けができない場合もあるので、蛇口の形状も確認してください。 洗濯置き場に洗濯機を設置できたとしても、完全にドアが開かなければ洗濯物の出し入れが困難になり、ストレスになります。 ドラム式の洗濯機をお使いのかたは、ドアを開けた状態で洗濯機の奥行サイズを測りましょう。 そのうえで、出し入れが困難でないかを見定める必要があります。 新しい生活を円滑にスタートさせる 引っ越しのタイミングで洗濯機を買い換えるのであれば、新しい住居の洗濯置き場のサイズに合わせることはできます。 しかし、洗濯機は故障しない限り、なかなか買い換えないですよね。 物件を選ぶときは、既存の家電や家具が搬入できて、なおかつ設置できるかも確認してみてください。 そうすることで、無駄な出費を抑え、今まで通りの生活をスタートできることでしょう。

次の

アパートの室内に洗濯機置き場がない!そんな時はどうする?

賃貸 洗濯機置き場

このページの目次• 古いUR賃貸を内見したら防水パンがない!! UR賃貸に入ってみて驚いたのが洗濯機の防水パンがないのです。 防水パンとは洗濯機を置くトレイのようなもので、万が一洗濯機から水が溢れても、ある程度は下水に流せるようなものです。 内見時に案内してくれた営業センターの方もこの点については苦笑いしていました。 外見はかなり古いけど部屋はリフォームされてかなり綺麗なんですが、手抜きのとこもあるようです。 ちなみにこれはうちみたいに家賃が超安い物件での話。 高い物件とかはもちろんこんなことは当然ありません。 これがないと、万が一洗濯機の水道ホースとかが外れてしまうと部屋が水浸しになってしまうのです。 内見の時に担当の女性が説明してくれましたけど、なぜリフォームした際にパンを取り付けなかったのか不思議でなりません。 でも賃料の安さに負けて入居してしまったんですけどね。 水漏れが発生するととんでもないことに この団地には3年ほど居住していてホースが外れることもなくトラブルはなかったのですが、もしホースが外れれば部屋が水浸しになることはもちろん、 玄関ドアの隙間からも水が漏れてしまって共用階段に流れていってしまうでしょう。 もちろん、下の住人の天井にも水が滴る恐れもあります。 そうなったら大変です。 後処理とか謝罪、補償とかのことを考えただけでも恐ろしいことになってしまうのです。 古い団地だと、漏水なんかがあると間違いなく下の階の天井に漏れてしまうことでしょう。 ちなみに。 住人が出かけていたら、管理事務所の人が合鍵で入って止水することもできないのです。 なので、もしパンがなければ洗濯機のホースの弛みには十分気を付けた方がいいでしょう。 防水テープとかでホースとジョイント部分をグルグル巻きに巻いて、定期的に外れていなかをチェックしなければなりません。 私はを使ってグルグルに巻いていました。 アサヒペンのテープは水漏れ防止に定評のある強力なテープです。 洗濯機を動かしたまま外出厳禁 それと、洗濯機を動かしたまま少しの時間でも外出は避けてください。 もし留守中に水が溢れてきたらとんでもないことになります。 実は私もたまに出かけてしまったことがあります。 近くのスーパーに買い物に行くときです。 スーパーから帰ってきたら洗濯物を干そうとしていたわけです。 しかし、このような防水パンがない物件では洗濯機を動かしている間は外出しない方が絶対にいいです。 コインランドリーを使う手も 一人暮らしだったら無理して洗濯機を置かなくても、一週間に一度コインランドリーでまとめて洗濯・乾燥してしまうのも一つの方法です。 さすがにファミリーにはおすすめできませんが、一人暮らしなら洗濯する量もそれほど多くはないはずですし、近くにコインランドリーがあるのなら洗濯ものを紙袋に突っ込んで自転車や徒歩でサクっと行ってしまってもいいかとは思います。 洗濯機なければ引っ越しの時のコストも少し減るかもしれませんしね。 トイレの給水タンクから水があふれる あと、トイレでの話なのですが、タンクと水道をつなぐ金属のホースが取れてしまい、水が大量に滝のように流れてしまったことがあったのです。 これにはかなり焦りました。 水道元栓をすぐに止め、バスタオルや衣類など吸水できるものなら何でもと使い、家中にあふれた水を吸い取り、風呂場で脱水するという作業を1時間もやりました。 ものすごい疲れたのを覚えています。 ただ幸いなことにトイレの床がそれほど古いものでなかったようで、階下へは水は落ちなかったようです。 このときは人生においてホントに焦りました。 古い団地だとこのような予期せぬトラブルがあったりするもんです。 この時、トイレの中の浮き玉とかもかなり劣化してて、触ると手が真っ黒になるぐらいにドロドロになってました。 恐らく5年以上は取り替えてないのだと思います。 水道蛇口のパッキンも劣化しててそのままということもありますので古い物件の水回りは本当に気を付けたほうがいいです。 UR賃貸ではこのような細かいところはノーチェックのことが多いですね。 Gallery image with caption: 古いUR賃貸物件はブラック物件の可能性高し! Gallery image with caption: 一人暮らしなら引っ越し費用が安い時期を選びたい Gallery image with caption: UR賃貸団地の管理事務所に合鍵はない!鍵紛失時はどうすればいい? Gallery image with caption: UR賃貸でのゴミ出しについて Gallery image with caption: 引っ越し時期と方角で運気は上がる Gallery image with caption: 古いUR賃貸の内見で見落としがちなポイント.

次の