尾道 市 コロナ 感染。 岡山市の30代男性がコロナ感染 証券会社勤務 県内では44日ぶり:山陽新聞デジタル|さんデジ

広島県2人目感染確認 尾道の男性、フィリピン出張後に症状【動画】

尾道 市 コロナ 感染

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 広島県は20日、同県尾道市の40代の会社員男性1人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。 広島県内で感染が確認されたのは2人目。 県によると、男性は6~15日にフィリピンのセブとマニラに出張。 17日に39度の発熱とせきが出て、19日に尾道市内の医療機関を受診。 その後保健所に連絡し、別の医療機関で検体を採取して調べたところ、20日に陽性と判明した。 男性は17日に家族旅行で山口県を訪れ、宿泊施設に1泊して18日に帰宅したという。 男性の妻と娘2人のPCR検査を実施していて、県は結果が分かれば発表する予定。 娘1人に発熱があり、妻ともう1人の娘に症状はないという。 フィリピン出張には4人が同行しており、健康状態を調べている。 県はその他の濃厚接触者もいないか調べている。 (松島研人).

次の

感染症情報

尾道 市 コロナ 感染

記者会見で広島県内2人目の感染確認について説明する湯崎知事(20日午後2時25分、県庁) 広島県は20日、尾道市の40代の会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 15日まで10日間の日程でフィリピンに出張しており、県は現地で感染したとみている。 帰国後の17日、家族4人で自家用車で家族旅行に出かけた山口県で、熱などの症状が出ていた。 広島県内での感染確認は2人目となる。 県によると、男性は県内の感染症指定医療機関に入院し、症状は落ち着いている。 県内の濃厚接触者は妻子3人としており、20日のPCR検査はそろって陰性だった。 4月3日まで健康観察を続ける。 山口県は家族が使った宿泊施設を調べ、濃厚接触者はいないと判断した。 風評被害などを考慮し、施設名は公表しないとしている。 男性は6〜15日に仕事でフィリピン中部のセブ島や首都マニラを訪れ、福岡空港から新幹線で帰宅。 16日は出勤した。 1泊2日の家族旅行に出かけ、山口県内の宿泊施設に着いた17日夕に39・0度の熱やせきなどの症状が出た。 解熱剤を服用するなどして19日には微熱になり、肺炎の症状もなかったが、尾道市の医療機関を受診後、専門外来で検体を採取。 広島県保健環境センター(広島市南区)での2度のPCR検査で陽性となり、20日の遺伝子検査で感染が確定した。 県は、仕事の関係で男性のフィリピン出張に同行した4人のうち県内の3人のPCR検査を実施。 残る1人は岡山県在住という。 同僚11人と16日の立ち寄り先2カ所、2人のPCR検査も順次、進める。 県内では広島市が7日に公表した安佐南区の男性に続く感染確認で、県東部では初となる。 県庁で緊急の記者会見を開いた湯崎英彦知事は「感染の拡大を防ぐのが重要だ。 引き続き全庁で対応する」と述べた。 (岡田浩平、門脇正樹).

次の

20代女性が新型コロナ感染、県内6人目 飯泉知事が臨時記者会見【動画】|健康・医療,社会|徳島ニュース|徳島新聞

尾道 市 コロナ 感染

広島県は3月22日、同県尾道市在住の50代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 広島県での感染確認は3人目。 県によると、男性はすでに感染が確認されいている40代の男性会社員の同僚。 3月16日に感染が確認された40代会社員と接触した。 3月17日、18日は会社に出勤。 3月19日は4時間程度、事業所を訪問した。 3月20日は尾道市内のホームセンターを訪れ、事業所にも行った。。 3月21日も会社に出勤し、同市内のスーパーマーケットに訪れた。 行動時は常にマスクを着用していたという。 男性はせきと37.2度の微熱の症状があり、感染症指定医療機関への入院を調整しているという。 尾道市在住の人で、気になる症状がある人は東部保健所に連絡する。 電話番号、受付時間は以下の通り。 0848-25-2011(平日8時30分~17時00分) 082-513-2567(休日・夜間) また、市でも受診や予防に関する相談窓口を設けている。 尾道市新型コロナウイルス感染症相談窓口 0848-38-9448 (平日・休日8時30分~17時15分) 聴覚に障害のある人、失語症の人、音声機能障害の人など、電話での相談が難しい人はFAXでも相談を受け付けている。 新型コロナウイルス感染症 FAX相談窓口 082-223-3611(県障害者支援課内).

次の