棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる。 Excel(エクセル)での複合グラフの作り方|縦棒グラフと折れ線グラフを重ねる方法

Rで棒グラフと折れ線グラフを重ねた図を作成 〜出生数・出生率を例に〜

棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる

資料作成を行う際に、集合縦棒・積み上げ縦棒・折れ線グラフを組み合わせたグラフを作成しました。 その際の手順を記載していきます。 もしより簡単な記載方法等があれば教えていただけると嬉しいです。 使用したのはExcel2016です。 今回作るグラフ 今回は下記のようなグラフを作成していきます。 数値についてはかなり適当なので、あまり気にしないでください。 手順 ざっくり行ってしまえば3ステップ。 元データを作成する• グラフの挿入を行う• グラフの形を整える 元データさえ作れればほとんど完成したも同然。 詳細 1. 元データを作成する 下記のような形でデータを作成します。 区分を作成しているのは、うまく2列あることが読み込まれなかったためです。 列4がすべて記載されているのは間の数字を入れないと0として読み込まれるため、数値を入れています。 月の下にさらに1列追加しているのはグラフを見やすくするためです。 ここを開けなかった場合、棒グラフの太さ等を調整したときに横と隣接しすぎて見づらくなります。 グラフの挿入を行う 上記のデータを全選択(ヘッダーの部分も)した状態で、「積み上げ折れ線グラフ」で挿入を行います。 そうすると下記のようなグラフが作成されます。 グラフの形を整える ここまで来たらあとは形を整えていくだけです。 整えるのは3つ。 不要な項目の削除• 横軸の変更• グラフの変更 1と2は一気にやっていきます。 この時横軸ラベルを月にしたいので、編集から選択しておきます。 下記のようになればOKです。 これで不要な項目(「月」と「区分」)が消去され、横軸が月単位になります。 次に折れ線グラフを集合と積み上げの棒グラフにしていきます。 グラフの作成自体は完成。 おまけ 上のグラフでもまあいいんですが、もうちょっと整えたい。 あとはお好みですが、折れ線グラフを少し見やすくするために下記の設定もしています。 標準スタイルは外側のオフセット(下)です。 これをすることで少しだけ影がついて見やすくなります。 これで最初に示したグラフが完成です。

次の

棒グラフの隙間をつめたい!!!

棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる

エクセル・グラフの基本的な作り方 エクセルのグラフは、羅列された数字だけでは理解しにくいデータの変化や割合などを視覚化するために使われます。 初めに、グラフの基本的な作り方を解説します。 まず、エクセルのグラフにしたい対象データの範囲を選択します。 グラフの対象となるデータの選択は、必ず長方形に範囲指定しましょう。 連続しない離れたセルであっても「Ctrl」キーを押しながら範囲指定することで選択が可能です。 範囲を選択したら、「挿入」タブの「グラフ」、「すべてのグラフ」からさまざまな種類のグラフを選択することができます。 データに合ったグラフの形を選びましょう。 棒グラフ 期間内の変化や項目間の比較をするのに適しています。 最もシンプルな形式で、横に並べてグループごとの集計値を比較したり、積み上げて全体の構成比率を表現することもできます。 【エクセルで作った棒グラフの例】 折れ線グラフ 一定期間のデータの変化や増減を示すのに適しており、Webサイトへのアクセス数や支持率の推移などによく使われています。 複数の折れ線グラフを重ねてデータを比較したり、棒グラフなど他のグラフと組み合わせて表現されることもあります。 【エクセルで作った折れ線グラフの例】 円グラフ 各項目の構成割合を表しています。 データ系列が1つしかない場合に使用され、各要素を強調するために3-D形式で段差をつけて表現されることもあります。 エクセルでクオリティの高い円グラフを作成する方法については、 をご覧ください。 【エクセルで作った円グラフの例】 散布図 複数の数値間の高低や拡散の関係を示すのに適しています。 XY座標の数値軸からXY図とも呼ばれ、統計データなどの数値データを表示する場合に使用されます。 エクセルでは、相関係数も求めることができます。 【エクセルで作った散布図の例】 エクセル・グラフを自在に編集! エクセルのグラフには、多くのテンプレートが用意されているため、簡単に種類の変更や複合化したグラフを作成することができます。 また、グラフの種類は、「挿入」タブの「グラフ」から選択すると、作成後でも簡単に変更することができます。 グラフを修正する グラフを修正したい場合は、修正したいグラフを選択し「グラフツール」タブから変更します。 例えば、縦の数値軸をクリックして選択し、「グラフツール」の「書式」から「選択対象の書式設定」を選択すると、縦軸の数値の目盛り幅や境界値などを変更できます。 右側の書式設定で「表示単位」を修正することで数値の単位を変えたり、「目盛間隔」から間隔を変更することもできます。 目盛りは、間隔が大きいほど見やすくなるので、ターゲットの数値を強調することができます。 グラフタイトルなど編集したい箇所をダブルクリックすると、直接編集することも可能です。 複数のグラフを同じサイズに設定する 複数のグラフの大きさを一度にそろえることができます。 「Shift」キーを押しながらグラフをクリックしていくと、複数のグラフを選択できます。 「描画ツール」の「書式」タブ、「サイズ」のグループから設定したいグラフの縦横の長さを設定します。 すでに選択している複数のグラフは、サイズを変更することで動的に変更されていくので、グラフを見ながら適度な大きさに調整できます。 複合グラフを簡単作成! 複合グラフとは、データの傾向や遷移を相対的に比較するために使われ、2つのデータを重ねることで動向と関係性がひと目で理解できます。 ここでは、英語・国語・数学の個人の点数を棒グラフに、個人の平均点を折れ線グラフで表している場合を例に挙げて解説します。 グラフを追加して作成する方法 1)まず、英語・国語・数学、個人の平均点で一般的な縦棒グラフを作成します。 3)平均点の棒グラフをクリックします。 (選択するのは1つだけで大丈夫です。 5 すると、「グラフの種類の変更」というウインドウが現れるので、変更したいグラフの種類を選択します。 今回は「折れ線」を選んでみます。 「折れ線」を選択したら、「OK」をクリックします。 6 すると、以下のように、平均点のグラフが折れ線グラフに変更され、棒グラフと折れ線グラフの複合グラフが作成されました。 テンプレートから作成する方法 Excel 2013から新機能として複合グラフのテンプレートが設置され、より簡単に複合グラフが作成できるようになりました。 1)データを選択し、「挿入」タブの「グラフ」から「すべてのグラフ」を選び、「組み合わせ」を選択します。 2)下段の系列(顧客動員数と売り上げ)ごとにグラフの種類を選択します。 これだけで、複合グラフが作成できます。 あとは、「軸の書式設定」などで間隔や表示単位などを編集していきます。 複合グラフの中にも縦棒と折れ線グラフや積み上げ面と縦棒グラフなどがあります。 いろいろな組み合わせの複合グラフを作成してみてください。 データをグラフ化してわかりやすく! 実際のビジネスシーンで説得力のある資料を作成するには、グラフによる訴求は欠かせません。 社内用や顧客へのプレゼンに使ったデータがあれば、それを練習台にしてグラフ作成をしてみてはいかがでしょうか?グラフは直感的理解を促すツールです。 読み手の視点に立ち、アピールしたい箇所をクローズアップする工夫をしてみましょう。

次の

エクセルで棒グラフと折れ線グラフを重ねる方法

棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる

POINT• Matplotlibで「折れ線グラフ」と「棒グラフ」の2軸グラフを作成した.横軸を日付にするには工夫が必要.• Excelで作成したグラフと同じものを「簡単に」作成することができた.• イントロダクション以前の記事では,Pythonを用いて複数のExcelファイルから必要なデータを抜き出し時系列データを作成しました.その際,データの整形 ソートや演算 やグラフの作成など,Excelでできる処理はコード化しませんでした.今回は, データ整形とグラフの作成までをPythonで実行してみます.• また,このプログラムを定期的に実行し以下の記事にアップしています.最近の外国人投資家動向を知りたい方は参考にしてください:• 上のグラフ• 赤線:日経平均株価の「4週間前の終値」との差• 青棒:海外投資家の「過去4週間」の買越し額 マイナスなら売越し• 下のグラフ• 日経平均株価の週足終値 前回Excelで作成した図と比較してみましょう.同じものが作成できていますね! Excelで作成したグラフとの比較.左図:今回作成.右図:前回作成 Excel . Pythonコード作成したプログラムのコードを残しておきます. コードにあるコメントを見れば,大体やっていることがわかると思います.そのうち各処理の解説をこの記事に追記できればなあ...と思っています.とりあえず,感想を書いておきます:• Pythonを使ってよかった点• データの結合,移動和や階差を求める関数が用意されている.Excelで処理するよりも遥かにラク.• 折れ線グラフだけで良ければ,DataFrame. plot とするだけで良い感じのグラフが書ける.• コーディングの際はデータが必要ないこと.Excelで大量のデータを扱うとフィルタリング等の操作でフリーズするが,その心配がない.• 苦労した点• 棒グラフでx軸として日付データ datetime型 を用いる方法 を見つけるのが大変だった(後述).! nkmk. dates import MO, TU, WE, TH, FR, SA, SU pythonによるデータ分析入門:8章 import matplotlib. pyplot as plt import matplotlib. dates as mdates --- Step. listdir '. endswith ". cell 3, 0. cell 29, 0. cell 29, 8. cell 30, 8. replace ',', '' - int sales. replace ',', '' データの書き込み if period! compile r'. plavox. dropna NaN値を含む行を削除 --- Step. figure plt. index ax1. github. html ax2. 6 ax2. pyplot. legend. html ax1. xaxis. index - 1]] ax1. index - 1]] ax3. xaxis. xaxis. MonthLocator ax3. xaxis. MonthLocator plt. xaxis. xaxis. xaxis. xaxis. xaxis. xaxis. 5 End --- print 'complete' プログラムの解説実行方法と,コードの解説です. 使い方JPXから落としてきた「株式売買状況[金額]」のxlsファイルと日経平均株価のデータをpythonプログラムを同一ディレクトリに入れて実行すると,グラフがpdfで作成されます.データは以下から手動で取得しました:• xlsという名称)• csvという名称) Step. 1:データの作成前回の記事と同じ処理です.前回は,Step. 2でExcelへの出力を行ったのに対し,今回はDataFrameを作成しています. Step. 2:DataFrameに変換• データ整形し,新しいDataFrameを作成する.• 3:データの整形• twinx ax2. bar DataFrame. index, DataFrame[ 'title'] 棒グラフでx軸として日付データ datetime型 を用いる方法()を見つけるのが大変だった.他の方法(DataFrame. plot など)ではエラーが出てしまう.• DataFrame. plot でエラーが出る理由:恐らくDataFrame. 他の方法:ダミーのx軸データをnp. arange len DataFrame. まずは,この本をペラペラめくって,使えそうなところを継ぎ接ぎしました.古い部分はGoogle検索して書き直せばOKです:.

次の