ポケモン剣盾 現環境。 今のポケモン剣盾の対戦環境って楽しいですか?

【ポケモン剣盾】現環境だと「ウーラオス」は連撃より一撃の方が強い説 悪の方が動きやすくね?って場面の方が多い

ポケモン剣盾 現環境

11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 ランキングの解説 環境が落ち着いてきた 新環境が始まり、2週目ということもあってかランキングに大きな変動は見られない。 特に上位陣10位に関しては動きが無いため、環境が全体的に落ち着いてきたと言っても良いだろう。 いちげきの型の採用が微増 上位陣というわけではないが、ウーラオス いちげきの型 の採用が微増している。 環境全体に通りが良い悪技をタイプ一致で撃てる+強力な先制技「ふいうち」を撃てる点も魅力だ。 いちげきの型の採用技・持ち物 持ち物 きあいのタスキ:34. 選出画面の見た目では環境上位にいる「れんげきの型」と見分けがつかないので、相手の構築でどちらの型か予想orどちらにも対応できる選出が必要だろう。 上位の新ポケモンも変動はなし 環境上位に入っている新ポケモンも順位は停滞中。 とはいえ、環境の上位に居ることは間違いないので、技や持ち物、特性の採用率は参考にしておこう。 ポリゴン2の持ち物・技・特性の採用率 持ち物 しんかのきせき:99. 「じこさいせい」でHP管理をしつつ、相手を倒していく型が使用されているようだ。 ウーラオスの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 きあいのタスキ:26. 5 型 れんげきの型 採用技 :99. ダイジェットなどで倒されずに仕事を確実に遂行するためだろう。 とはいえ、こだわりハチマキとの差は微々たるものなので、どちらも警戒しておくのが良いだろう。 ジバコイルの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 たべのこし:34. てっぺきとボディプレスを採用していると、環境上位に入っているポリゴン2に対して強く出られるのがポイントだ。 シーズンごとのポケモンランキング.

次の

【ポケモン剣盾】シーズン3が本日終了!シーズン3の対戦環境の振り返り

ポケモン剣盾 現環境

シーズン3の環境振り返り いきなりですが、まずはシーズン3の対戦環境の振り返りからやっていきましょう。 今回は、様の採用率の集計、及び自分の肌感覚と照らし合わせながらの考察をしていこうと思います。 まずは、シーズン3後期の採用率ランキングから。 まあ、いつも通りって感じです。 対戦ゲームなので仕方ないことではありますが、見た顔ぶればかりになってきましたね。 流行り廃りで内輪での変動はあれど、トップクラスにいるポケモンはいつも同じです。 さて、それではシーズン3の対戦環境を振り返っていきますが、 ドラパミミッキュドリュウズに関してはもういいでしょう。 当ブログにおいても散々取り上げてきましたし、そろそろネタもありません。 あまり新しい型が開発された印象も無いですし。 今回の振り返りでは、 トゲキッスやギャラドスを始めとしたパーティのエースを軸に考察を進めていこうと思います。 まず現環境で主に使われているエースですが、• トゲキッス• ギャラドス• カビゴン の3匹が挙げられます。 他にもエースとして優秀なポケモンはいますが、全て見ていたらキリがないので今回はこの3匹を。 簡単にではありますが、彼らの特徴を個別に見ていきましょう。 まずはトゲキッス。 私の考えるトゲキッスの強みは、 苦手な相手にも強引な突破が望めること。 技範囲の広さや悪巧みによる火力向上により、トゲキッスを役割対象としているポケモンを逆に狩ることもできます。 勿論他のポケモンのサポートも必要ですが。 そういった突破できない対面が少ないという点では、エースとして適性が高いポケモンといえます。 また、トゲキッスはその 使いやすさも魅力。 ダイジェットでSを上昇させ、上から殴る。 隙あらば悪巧みによる火力の向上。 分かりやすい強さを持っているため、 初心者にもおすすめできるポケモンです。 一方、 流しに弱いのは明確な欠点。 ダイジェットや悪巧みで積んでいくポケモンのため、あくびを始めとした流しには非常に弱いです。 ラムのみだったり、あくび役を倒せる手段を持たせるなど対策が必要。 次のギャラドスは、 手間が少ないのが魅力。 自信過剰とダイジェットの組み合わせにより、無駄なくAとSを上昇させられます。 トゲキッスの様な積むためのターンが必要ないのが強み。 また、単純な 火力においてもトゲキッスと比べてギャラドスの方が勝っています。 そのため、能力上昇させた時の制圧力もギャラの方が上。 とはいえ、ギャラには 電気にとことん弱いという弱点もあり、万能というわけではありません。 幸い、環境にいる電気タイプはミトムとヒトムくらいなので有効打を持っていますが。 自信過剰を上手く発動できないと厳しい場面もあります。 最後はカビゴン。 カビゴンは能力上昇に頼らずエースとなれるため、 引くことができるのが大きな強みです。 キョダイサイセイによりHP管理もしやすく、高い耐久も持ち合わせているため落ちづらい。 上記の2匹と違い、 詰めていくタイプのエースとなります。 それに比例して、上記の2匹程の 爆発力がないのが弱点。 のろいで積んでいくこともできますが、上から殴っていくことはできないため制圧力は低め。 ダイマックスしても身代わりで枯らされるということもあります。 他のポケモンで上手く削り、最後の詰め役として出すのが理想的。 しかし、カビゴンには 型の豊富さという、関節的な強さもあります。 のろいやはらだいこを搭載した抜きエース型以外にも、あくびを搭載した対面型もあります。 そういった方の豊富さにより、 選出段階で動きを絞らせないのは大きな強みです。 一長一短の優秀な3匹ですが、彼らとて1匹で試合を完封できるわけではありません。 味方によるサポートや削りなど、 エースを通すための場を作ってやる必要があります。 そう考えてみると、他の環境上位のポケモンの採用理由も自ずと見えてくるでしょう。 2位のドラパルトは、高火力による削り、高いSととんぼ返りによる対面操作、壁や状態異常による起点づくりなど、理想的なサポート役としての資質を持っています。 更に、ダイマックスを切ることで本人がエースになることも可能。 他の上位のポケモン達も、削り・対面操作・起点づくり等のエースを立てられるポケモンが多くなっています。 例外は、アーマーガアやナットレイ、ドヒドイデ等の受けポケモンでしょうか。 彼らはエースに頼ることなく独自の 受けという戦法を取るため、サポートという役で運用はされていません。 シーズン3では受けはあまり流行っていなかった印象なので、特にこれ以上触れることはありません。 総じて、強力なエースを主軸に据え、他のポケモンでサポートするという正規ルート。 エースがどうしても通せない時の裏ルート。 その 二つのルートを意識したパーティが非常に多かった印象です。 シーズン3の感想 ここからは、対戦環境の振り返りではなく、私個人のシーズン3の感想を書いていきます。 シーズン3の感想としては、まず 人口の減少を感じました。 ライトユーザーが大幅に減り、猛者だけが残っている。 少しずつですが、そういった修羅の環境になり始めています。 シーズン3はその兆しを感じ始めるシーズンでした。 具体的には、まず マスボ級に上がるまでの難易度。 これまでとは明らかに違い、 マスボ級に上がるのが本当に大変でした。 恐らく、来シーズンではより厳しいものになるでしょう。 シーズン3でマスボ級に到達したパーティの紹介はこちら 他にも、ランクバトルに 潜らない期間で落ちる順位が明らかに少なくなっています。 マスボ級に到達するまでプレイする人も減ってるんだなあと。 総じて、人口が減ってるんだろうなと感じるシーズンでした。 仕方のないことではありますけどね。 寧ろ、 初期の対戦人口が異常だったとも言えます。 本来の対戦勢以外が消え始めているという感じですね。 そんな人が減り始めているランクバトルですが、私自身は 今シーズン結構遊んだなという感覚です。 勿論専業のプレイヤーには足元にも及ばないですけどね。 それでも、色々なパーティやポケモンを試して、少しずつですが感覚的に対戦を理解し始めているような気がします。 とはいえ、 まだまだ知識不足を感じる場面は多々あります。 読みあいや戦術ではなく、 知識量で勝敗を決している印象は否めません。 FPSでいう射線を知ってるかどうかみたいな。 多少は読みで戦えた対戦もありますが、殆どはその次元での対戦になっています。 今後の展望 いつもなら、まだまだ知識不足なんで引き続き対戦をどんどんやって勉強します!!とか言うんですが。 まあ、ちょっと色々書いていこうかなと。 結論から書くと、 正直飽きました。 飽きたっていうか、そんなに熱中してないっていうか。 今の私の気持ち的にはポケモンよりARKだし、何より3月6日発売のポケダンが早くやりたい。 他にもFortniteとかApexとかシージとか、何よりブログとか。 色々やりたいことがあって、ポケモン対戦にまで心がいかない。 勘違いして欲しくないんですが、 ポケモン対戦がつまらないとかそういう話ではないです。 僅かですが、読み合いで一進一退の攻防を繰り広げた試合は楽しいし。 ただ、そこまで行くのが遠いんですよ。 本格的な対戦ゲームの宿命でもありますよね。 楽しめるようになるまでが長い。 まあ、でもね。 前述の様に最近は少しずつ知識も付いてきて、だいぶ前よりは楽しめるようになったとは思うんですよ。 それはシーズン3で対戦回数を重ねたからだし、その頑張りは無駄ではなかった。 ただ、これからポケモン追加されるじゃないですか。 DLCもそうだし、ホームのポケモンも解禁されるだろうし。 そういうの考えるとね。 ちょっときついかなと。 対戦やらないとかじゃないんですけどね。 シーズン4でもマスボ級には行きたいし、それなりに対戦もやりたいし。 でも、他にやりたいゲームがあるのに押しのけるのは違うかなって。 現状他にやりたいゲームが多すぎて、ポケモンの優先度がかなり低いというのが本音。 どうしようか迷ってるんですよね。 今の私の心情的には、 4桁から5桁の順位でダラダラ遊んで、最終日付近だけ順位を狙って頑張る。 それだとどう頑張っても3桁が関の山ですが、まあそれでも良いかなと。 ただ、それだとブログどうすんだってところはあります。 既に、私の試行錯誤をそのまま記事にしている半日記的なブログになっていますが。 ある程度は読んでくれる方に有益なものにしたいし、それが保てるかどうかが懸念点ではあります。 あと、やっぱりここで 諦めてしまうのも勿体ない気もします。 こういった知識が前提となるゲームって、 一度覚えてしまえばずっと戦えるじゃないですか。 メタや追加要素で知らないことはあれど、根本の部分は同じですし。 現に私はシージがその状況で、最近のメタは全然知りませんが、昔の知識で何とか今でも戦えています。 ポケモンもそこまでいけばもっと気楽に楽しめるんだろうな。 まあ、無理に結論を急ぐ必要もないし、そもそも明確に区別する必要もないでしょうし。 楽しめる時にプレイして、ある程度攻略記事や動画で勉強して。 そんな感じでゆったりやっていけばいいかなと思っています。 締りが悪いですが、今回の記事はこの辺で。 終盤は私事ばかりの駄文が連なり申し訳ありません。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

ポケモン剣盾 現環境

ポケモンソードシールド 剣盾 における、育成の方法と手順をまとめています。 対戦用ポケモンを育成したい方は是非参考にしてください。 育成の方法と手順 育成の流れ クリックでジャンプ! - 上記が育成の方法と手順です。 対戦用ポケモンを育てる時は、基本的にこの流れを踏んで育成を行います。 親ポケモンに持たせた際、該当箇所の個体値が必ず遺伝する。 タマゴの発見確率が上昇する。 まずはポケモンの育成に必要になる道具を揃えます。 これらのアイテムを揃えずに育成、厳選を始めてしまうと大幅に時間がかかってしまうため、労を惜しまずすべて揃えてからポケモンの育成に取り掛かりましょう。 ポケルスに感染したポケモンを用意 「ポケルス」に感染したポケモンは、獲得できる努力値が2倍になります。 自力でポケルスを用意するのは難しいので、交換で入手してしまいましょう。 0〜31の値が各ステータスに振り分けられ、基本的に「V 31 」を狙っていく。 「かわらずのいし」で固定できるため、粘る必要は基本的にない。 対戦に影響はほぼないので、お気に入りのポケモンは厳選してみよう。 まず最初に、育成の対象となるポケモンを厳選します。 厳選する要素は主に 「個体値」「性格」「特性」の3つで、お目当ての個体が出るまで粘り続ける作業です。 厳選する手段は主に「孵化厳選」「固定シンボル厳選」があり、それぞれで厳選手順が違ってきます。 個体値を確認する方法は現状このジャッジ機能のみのため、育成を始める前に開放しておくようにしましょう。 孵化厳選の手順 1 親用のポケモンを用意する。 最初は個体値を気にせず、目当ての性格の個体を用意できればOK。 2 かわらずのいしを持たせた親ポケモンと、あかいいとを持たせた高個体値メタモンを預かり屋に預ける。 3 高個体値のポケモンが生まれる度に、親用のポケモンを入れ替えていく。 4 個体値、性格、特性が目当て通りの理想個体が生まれてくるまで孵化し続ける。 孵化厳選の手順は上記の通りです。 孵化作業の際は、必ず「ほのおのからだ」のポケモンを手持ちに入れるようにしましょう。 ただし、今作からは孵化した後からでもタマゴ技を覚えさせることができるようになりました。 ですので、無理に厳選の段階でタマゴ技を意識する必要はありません。 固定シンボルの厳選 1 固定シンボルの前でレポートを書く 2 きのみを「なげつける」で相手に投げつけ、性格を判定 3 混乱したら捕獲 伝説のポケモンをはじめとした、マップの決まった場所に出現するポケモンを厳選することです。 今作の固定シンボル厳選は伝説のポケモンである「ザシアン」「ザマゼンタ」「ムゲンダイナ」の3種類になります。 厳選する場合は、ローズ戦後ホップに話しかける前にレポートを書き厳選を行いましょう。 なお確定捕獲となっているため、好みのボールで捕まえることができます。 殿堂入り後に始まるストーリーを進めると捕獲できるようになります。 詳しい厳選方法 努力値振り 努力値を得る方法一覧• 栄養ドリンク タウリンなど を使う• ポケジョブに参加させる• 野生のポケモンを倒す 現段階で判明している努力値稼ぎの方法は、上記の通りです。 栄養ドリンクが最効率 「タウリン」や「ブロムヘキシン」などの栄養ドリンクは、対応したステータスの努力値を10上げることができます。 今作では栄養ドリンクで最大まで努力値を上げることができるようになったため、 お金さえあれば栄養ドリンクによる努力値振りが最効率です。 ポケジョブに参加させる 「ポケジョブ」の「ポケゼミ」という仕事にポケモンを送ることで、努力値を振ることができます。 送った後は 放置していれば自動的に努力値が振れるので、仕事や学校の時間中に努力値を振ることが可能です。 対戦目的ならLv. 50まで上げればOK ネット対戦では、レベル51以上のポケモンはすべてレベル50になる「フラットルール」が採用されています。 ですので、レベル上げの際は進化レベルが50以上のポケモンを除き、基本的にはレベルを50まで上げればOKです。 けいけんアメが最効率 新アイテムの「けいけんアメ」は、XLのサイズで3万の経験値をもらうことができます。 「マックスレイドバトル」で勝利するともらえますので、キョダイマックスポケモンの厳選と並行して貯めることができます。 なつき度を上げておくと、通常のプレイ時のバトルで様々なボーナスを得ることができるため、上げておいて損はありません。 王冠の使用 王冠を使用する場合は100まで上げよう 個体値をVにすることができる「おうかん」を使うには、レベルを100にする必要があります。 非理想個体のポケモンを使う際は、レベルを100にしましょう。 バトルタワーの解放はストーリー攻略後です。

次の