油 汚れ セスキ。 コンクリートのオイルのシミ汚れはセスキ炭酸ソーダでここまで落ちる!

セスキ炭酸ソーダが万能! 重曹との違いやセスキスプレーの作り方を解説

油 汚れ セスキ

セスキってどんなもの? よくセスキと呼ばれているのは「セスキ炭酸ソーダ」のことです。 弱アルカリ性で、油汚れ、皮脂汚れ、手垢、ホコリなどの汚れ落としに効果があります。 ドラッグストアや100均でも粉末の状態で売られていますので、身近なところで手に入れやすいところも嬉しいポイントです。 使い方には、2通りあります。 粉末の状態のまま使う• 水に溶かしてセスキ水として使う 揚げ物や炒め物をしてびっちりと油の残っているフライパンには、粉末のまま適当な量を振りかけてつけ置きするとベトベト汚れもすっきり落ちます。 セスキ水はコンロ周りに飛んだ油汚れや、窓や階段の手すりなどの手垢の掃除に向いています。 POINT 便利なセスキ水の作り方をご紹介! セスキ炭酸ソーダの粉末を小さじ1杯、水1カップをスプレーボトルに入れてよく振り混ぜます。 セキスと重曹の違いは? 重曹は正式名称でいうと「重炭酸ソーダ」といいます。 成分は炭酸水素ナトリウムで、セスキと同じく弱アルカリ性です。 重曹とセスキの違いは、セスキの方がアルカリ度が高いということです。 油汚れや手垢、ホコリなどの酸性の汚れに強いのはセスキというわけですね。 しかし重曹にもおすすめのポイントはたくさんあります!• 粉のまま研磨剤として効果抜群! 重曹は水に溶けにくく粒子がとても細かいので、粉のまま研磨剤として使うことができます。 シンクのカビ汚れや、食器についた茶渋などもスッキリ落ちますよ。 魚や肉の生臭さや汗の臭いの消臭に効く! 重曹のアルカリ性が臭いを中和してくれます。 頑固な鍋のコゲを落とす! 水と重曹を焦げ付いた鍋にいれて沸騰させると、炭酸ガスが発生しコゲを浮かせてくれます。 セキスとハイターの違いは? キッチンの除菌によく使用されるハイター。 ハイターは塩素系洗剤で次亜塩素酸ナトリウムが主成分です。 ハイターはキッチンでの除菌・漂白・消臭の目的で使用されることが多いです。 とても強い成分ですので、基本的には薄めて使用します。 食器やふきんの除菌に使用する場合は、変色してしまう場合があるので塩素系洗剤禁止と書かれているものは避けましょう。 セスキ・重曹・ハイターの上手な使い分けとは セスキ、重曹、ハイターの上手に使いこなすために、それぞれの特徴をまとめてみましょう。 また、水に溶けやすいので重曹のようにクレンザーとしての使い方は不向きです。 また成分が強いだけに使い方を誤ると変色したり、有毒なガスを発生させる場合もありますので、使用方法をしっかり理解しましょう。 それぞれの洗剤には得意、不得意な汚れがありますので、特徴を理解して上手に使い分けましょう! まとめ 様々な住宅用洗剤が販売されているなかでも人気の高いセスキですが、日常の汚れのほとんどは酸性なので、弱アルカリ性のセスキが効果的だということがわかりました。 セスキと重曹、ハイターの使い分けをみてみると、セスキは特にキッチンのコンロ周りの油汚れに強いという特徴があります。 同じキッチン内の掃除でも、シンクの水垢やカビ汚れには重曹が向いています。

次の

油汚れに強い「セスキ炭酸ソーダ」vs.「油まみれの軍手」勝つのはどっち!?【憧れの100均生活】 [えんウチ]

油 汚れ セスキ

セスキ炭酸ソーダは、水を加えると溶けてしまうためクレンザーのように固くなった汚れを研磨する効果はありません。 反面、重曹は水に溶けにくく粒子も細かいので、アルカリ剤のクレンザーとしてとても優秀です。 重曹には研磨機能があるため、調理器具の焦げ付きや、シンク・洗面ボウルの汚れなどを磨いて落としたい場合は、重曹の方が適しています。 重曹とセスキ炭酸ソーダ、それぞれが得意な汚れとは 重曹が得意な汚れはその粒子を活かしたこすり洗いです。 こびりついた汚れなどを重曹の細かい粒子が剥がして落とすという、物理的な効果が得られます。 一方セスキ炭酸ソーダはその溶けやすさを利用し、水に溶かしてスプレー洗剤のように使用できます。 キッチン回りの油汚れ落としや衣類の染み抜き、また消臭スプレーとして使うなどアルカリの力を使った掃除が得意です。 水に溶けやすい性質をいかして、アルカリ性のセスキスプレーを作ることができます。 キッチンの油汚れや食卓での食べこぼし、手垢などの酸性の汚れをアルカリの力で中和し汚れを落とすほか、セスキ炭酸ソーダが持つ汗や皮脂汚れ、生ごみといった酸性のにおいを中和させ消臭する作用をいかした消臭剤としての活用法もあります。 セスキスプレーの作り方 作り方はとっても簡単。 水500mlを入れたスプレーボトルにセスキ炭酸ソーダを小さじ1~2入れ、粉が無くなるまで軽く振り溶かすと完成です。 汚れの気になる場所にスプレーして数分置き、ふきんなどで拭き取ります。 家具等で水分が染み込みやすい素材の場合には、セスキスプレーを吹きかけた布で拭くとよいでしょう。 乾いたぞうきんにセスキ水をスプレーしてなじませたもので拭き掃除すると、ベタベタした汚れが綺麗に落ちます。 セスキスプレーは油汚れのつきやすいさまざまな場所や、手垢や食品汚れがつきやすい場所で活躍します。 また、トイレの汚れや水垢などは基本的にアルカリ性の汚れ(セスキ炭酸ソーダと同じ性質)なので、セスキ炭酸ソーダは効果がありません。 クエン酸やお酢などを使うと有効です。 活用術【2】:セスキスプレーで消臭.

次の

キッチンの油汚れの落とし方を教えて!

油 汚れ セスキ

ひぇ〜っ!!!驚き〜!!!気持ちいくらいに汚れが落ちてビックリ!!! 本当に、驚きで笑いが止まらないほどよく取れる! とっても簡単! 汚れている部分全体に満遍なくスプレーします。 5分程置いたらキッチンペーパーで拭き取ります。 キッチンペーパーかなり使いました。 汚れたらどんどん変えた方が作業が進みますよ〜^^ 洗って使えるタイプの方が丈夫でポロポロにならず使いやすくおすすめです。 【Before】 【after】 ステップ4換気扇周りのお掃除 換気扇の上って普段見えないので見逃しがちですよね! ここにもしっかり油汚れと埃がたまっています。 これくらいの汚れならセスキが一拭きでピッカピカにしてくれます。 油や皮脂汚れには水に溶けやすいセスキがおすすめですが、ゴトクや水垢には粒子が残る重曹がおすすめです! 水に残った粒子でゴトクのこげやこびりついた汚れを落とします。 ということで1時間ほどつけ置きした後にこすり洗いしました。 写真では分かりづらいですが、つけたらすぐに汚れが浮かび上がってきていました。 まとめ 本当にビックリ、2年前にあんなに苦労して掃除していたのはなんだったんだ〜 と夫が一言・・・.

次の