ディビジョン 2 ウォー ロード オブ ニューヨーク。 ディビジョン2:PC版本編が 396 円のセール実施中! 2年目拡張パック「ウォーロード オブ ニューヨーク」同梱版もあわせてセール中

「ディビジョン2」武器のダメージ上昇を含むタイトルアップデート10が6月16日に配信!

ディビジョン 2 ウォー ロード オブ ニューヨーク

とニューヨークを自由にファストトラベルで移動できるようになり、コンテンツすべてをプレイすることができます。 ニューヨークの新たなエリアで展開する追加シナリオ 本シナリオでは、最初のローグエージェントとなった敵の1人、アーロン・キーナーの追跡に向かいます。 キーナーは他のローグエージェント達を従え勢力を拡大し、復興を妨げています。 キーナーを探すため、エージェントは前作『ディビジョン』から8カ月後となるニューヨークへと戻り、ハリケーンの直撃で姿が変わった、かつてのダークゾーン、ロウアーマンハッタンを探索します。 最初のシーズンは3月10日から始まる予定です。 また、期間限定での目標達成を目指すグローバルイベントが復活します。 それぞれのシーズン中、プレイヤーは期間限定のアクティビティやゲームのプレイを通じて、シーズンレベルを上げることでさまざまな報酬を獲得することができます。 より多くの報酬を獲得したいプレイヤーには、シーズンパスの獲得をおすすめします。 詳しい情報はでご確認ください。 また、各ギアがもつ属性とステータスを再調整ライブラリーへ保管することができるようになるなど、再調整システムも大きく改善されます。 またダークゾーンの活性化を目指し、よりシンプルなローグシステムを導入します。 これはエージェント同士の戦いや、ローグエージェントを倒すために仲間のエージェントを助けることなど、プレイヤー同士の交流に焦点を当てています。 いくつかの強力なアイテムはダークゾーンでのみ発見することができますが、ダークゾーン内での確保には危険が伴います。 また、この拡張コンテンツを所有している方は新たなエキゾチックを含むギアや武器が解放されます。 All Rights Reserved. ディビジョン2• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: PS4• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年3月15日• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: PS4• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年3月15日• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: PS4• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年3月15日• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: PS4• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年3月15日• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: PS4• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年3月15日• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: Xbox One• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年3月15日• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: Xbox One• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年3月15日• メーカー: ユービーアイソフト• 対応機種: Xbox One• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年3月15日•

次の

ディビジョン2 拡張コンテンツ【Division2 ウォーロード オブ ニューヨーク】 3月3日に大型アップデート

ディビジョン 2 ウォー ロード オブ ニューヨーク

『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』をプレイするためには、キャラクターレベルを30にし、ワールドクラス5に到達する必要があります。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク エディション』、『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク アルティメットエディション』には即レベル30に到達することができるブーストが含まれており、すぐにニューヨークへ向かうことができます。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』のキャンペーンを終了すると、エージェントはワシントンD. とニューヨークを自由にファストトラベルで移動できるようになり、コンテンツすべてをプレイすることができます。 ニューヨークの新たなエリアで展開する追加シナリオ 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』では最初のローグエージェントとなった敵の1人アーロン・キーナーの追跡に向かいます。 キーナーは他のローグエージェント達を従え勢力を拡大し、復興を妨げています。 キーナーを探すため、エージェントは前作『ディビジョン』から8ヶ月後となるニューヨークへと戻り、ハリケーンの直撃で姿が変わったかつてのダークゾーン、ロウアーマンハッタンを探索します。 トゥーブリッジズ、チャイナタウン、そしてウォール街などを含む、4つのエリアを探索し、アーロン・キーナーの足取りをたどります。 キーナーを確保するためには彼の仲間であり、それぞれ固有のストーリーとスキルをもつローグエージェント達を倒さなければいけません。 「シーズン」、「リーグ」の導入、 そして グローバルイベントの復活 本拡張コンテンツから、新たな仕組みである「シーズン」を導入します。 「シーズン」では3カ月ごとに新たな目標やターゲットを持つエンドゲームイベントを行い、独自のストーリーや報酬を定期的なペースで提供していきます。 最初のシーズンは3月10日から始まる予定です。 「シーズン」の導入とともに、新たに導入する「リーグ」ではプレイヤーがチャレンジを完了することに合わせて報酬がもらえる仕組みです。 また期間限定での目標達成を目指すグローバルイベントが復活します。 それぞれのシーズン中、プレイヤーは期間限定のアクティビティやゲームのプレイを通じて、シーズンレベルを上げることで様々な報酬を獲得することができます。 より多くの報酬を獲得することに興味があるプレイヤーにはシーズンパスの獲得をおすすめします。 最初のシーズンパスは『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』を購入いただいた方全員が無料でご利用いただけます。 より詳しい情報は公式サイトをご覧ください。 RPGシステムの再設計、より意義のあるルート制、ダークゾーンの活性化 コミュニティからのフィードバックを受け、これまでビルドの多様性やより有意義なルートへの改善などゲームプレイのコアとなる部分を改善してきました。 『ディビジョン2』と『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』の両方で利用できるタイトルアップデート8では、RPGシステムの再設計、より整理しやすいギアインベントリ、ギアや武器の性能が確認しやすいUIへの改善、よりよいギアの組み合わせを作れるような改善を含んでいます。 また各ギアがもつ属性とステータスを再調整ライブラリーへ保管することができるようになるなど、再調整システムも大きく改善されています。 またダークゾーンの活性化を目指し、よりシンプルなローグシステムを導入します。 これはエージェント同士の戦いや、ローグエージェントを倒すために仲間のエージェントを助けることなど、よりプレイヤー同士の交流に焦点を当てています。 いくつかの強力なアイテムはダークゾーンでのみ発見することができますが、ダークゾーン内での確保には危険が伴います。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』では、プレイヤーのレベル上限が30から40へ引き上げられます。 しかしそれだけでは終わりません。 『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』では新たな成長システム「SHDレベル」が導入され、ゲーム内で活用できる新たな4つのスキル、デコイ、ショックトラップ、2種類の粘着爆弾が登場します。 またこの拡張コンテンツを所有している方は新たなエキゾチックを含むギアや武器が解放されます。 今振り返る『ディビジョン』とその始まり 『ディビジョン2』エピソード3「コニーアイランド:ホームカミング」、そしてついに配信開始となった『ディビジョン2』拡張コンテンツ『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』をぜひお楽しみください。 <ディビジョン2 通常版 パッケージ版/ダウンロード版>• タイトル:ディビジョン2• CERO:D• 発売日:好評発売中(2019年 3月15日発売)• 価格:パッケージ版・・・8,400円(税抜)デジタル版・・・3,600円(税抜)• All Rights Reserved.

次の

「ディビジョン2」の拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」が配信開始。最初のシーズンは3月10日から実施

ディビジョン 2 ウォー ロード オブ ニューヨーク

こんにちは、すがのおーじです。 シーズンはゲーム内アクティビティのカレンダー つまりYear1のグローバルイベントじゃないの??w であり、新しいアクティビティのカテゴリーは【グローバルイベント】だったり、【衣料品イベント】だったり【マンハントターゲット】だったりするんだよ。 銃器:• 武器ダメージ• ヘッドショットダメージ• クリティカル率• クリティカルダメージ• 体力:• アーマー• 爆発耐性• ハザード耐性• 電子:• スキルダメージ• スキルヘイスト• スキル継続時間• スキル回復量• その他:• 命中率• 安定性• リロード速度• 弾薬数• スカベンジ• クレジット• スチール• セラミック• ポリカーボネート• カーボンファイバー• 電子機器• チタン• プリンター用フィラメント• 更に、SHDレベルのビジュアルは時間の経過とともに印象的になり、他のエージェントに対して重要なマイルストーンに到達したことを表すことになる。 読めば読むほど解読不能なのですがw動画などでは特性の「抽出」が出来るようになり、武器ダメなどの上限も確定している様子なので、【SHDレベルポイントの投資】というのが、上限に達していない特性の強化を意味するのかは実際やってみるしかないですけど、そうなると、もはやみんなステータスMaxな人ばかりになってしまうのでは・・・。 ただ、ステータス向上を楽にしないといけない理由もちゃんとあるようなんですよね。 UBIとしては今までのマルチだとビルドが完成したプレイヤーキャラでは難易度がチャレンジでもノーマル程度にしかなっていないという見解を持ったそうで、各所から情報は出ていると思いますが、難易度上げるとYear1より数段難しくなってるそうで、装備に関してもYear1はどの難易度でもドロップアイテムの性能は運次第でしたが、ウォーロードオブニューヨークでは 難易度に比例して性能の良い装備がドロップする確率と数が増える仕様になってるそうで、話を整理すると・・・今までみたいにマルチで高難易度ミッション回して当たり待ちというスタイルでは無く、段階を経て高難易度ミッションをクリアする事で装備を徐々に強化しビルドを作り上げて、また一つ上の難易度に進んで装備集めてビルド作るという過程を設ける事により、要は「 また時間稼ぎ」したい訳ですよww 所が、ここで「変わったのか?その1」で触れた、ユーザーの方が上手という話になる訳なんですが、ウォーロードオブニューヨークではグローバル難易度というものが導入されてまして、分かりやすく言うとYear1のワールドレベルの設定みたいなもので、ゲーム全体の難易度をノーマルからヒロイックまで自由に変更可能出来ちゃうものなんですけど、これを利用してヒロイックで「コントロールポイント」に向かうと最初からCP4レベルになってまして、味方を呼ぶとNPCもヒロイック仕様になるので、凄い戦力になるとの事。 Year1のNPCのイメージだと戦力にはなるけど、フォローしないとすぐ全滅するイメージがありますが、どうやら凄い強いらしくてwコントロールポイントの場所によっては安全圏内でスキルやグレネード投げとくだけでアイテムが沸いてくるというちょっと寂しい裏テクニックの動画を見てしまって、 「やらないという選択肢は無いやろ~!」と悪魔が囁いておりますw ちなみに、さらに安全かつ楽にヒロイックでアイテムを手に入れる方法も紹介してくれてましたが、ゲームバランス壊すような酷い裏技では無かったんですけど、アクション苦手な人には非常に有難い技だなとは思いました。 流石にここでは紹介するのは避けますけどw まあ、UBIさんも「グローバル難易度」導入時点である程度の抜け道を作っていたのかなとは思いますが、僕が2時間プレイした時点でレベル3つ上がりましたからw問題はやっぱり完成したビルドを活かせる「戦場」を用意して貰う事になると思うし、だからこその難易度調整であり、「レジェンダリー」難易度の投入ではあるのでしょうが、やっぱりみんなが期待して待ってるのは「レイド」だとしか僕には思えない。 実際実装されても僕はレイド行く予定はありませんけどwまた、おついちさんの熱い戦いが見たいし、レアエキゾ装備がなかなか手に入らない光景も見てみたい 酷すぎるw 早 期購入特典の最上級レアショットガンですが、こいつは最初からレベル40なんですね。

次の