我々だ短編集。 ノート:愛について語るときに我々の語ること

藤子不二雄異色短編集〈1〉ミノタウロスの皿 (ゴールデン・コミックス)

我々だ短編集

の短編集は何冊か読んだことがある。 『愛について語るとき我々の語ること』をまた読もうと思ったキッカケは、自分の中でブームというのもあるし、先日見て面白いと思った映画『』の主人公にとって重要な本になるからだ。 全体的に暗く、闇が漂っているような雰囲気の短編集。 私は解題を読みながら読み進めていった。 終わり方は謎だし、タイトルの意味は不明。 正直、そうでもしないと読み終えれなかったと思う。 読むキッカケになったということもあって、『愛について語るとき我々の語ること』が一番印象に残った。 我々は愛についていったい何を知っているだろうか? (省略) そのときの愛はいったいどうなってしまったんだろう? (省略) 僕らが語りあっているこんな愛もすべて、ただの思い出になってしまうだろう。 あるいは思い出にすらならないかもしれない。 酔っ払ったメルの話は最もで、誰もが愛について初心者で、誰もが愛について知らない。 内容紹介 その鮮やかにして大胆な文学表現で、作家カーヴァーの文学的をくっきりと刻印し、八〇年代アメリカの文学シーンにカルト的とも言える影響を及ぼした、転換期の傑作短篇集。 そして、バードマンをもう一度観たくなった。

次の

【マンガ】Twitterで26万人が胸キュン…「タヌキが出てくる漫画」を公開!(BE・LOVE編集部)

我々だ短編集

はいはい!グルッペンなんちゃらだよ。 今回も、我々だ基軸コンテンツの戦略ゲーの動画編集方法についてのブロマガになりまする。 前回に説明した通り、我々の内部では、以下三通りの編集方式の流派がありました。 史実の人物や国家を使い、現状の解説を行いながら、それとは別に我々メンバーをオマケとして遊びに使った。 後期では、我々メンバーを人格を持つ国家主体として扱ったが、キャラ性という観点から言えば、非常に脆弱かつ難解であり、再生数は少ない(悪友 HOI の再生数は二万程度の世界だった)。 我々だメンバーの「キャラ」を前面に押し出しているのが特徴である。 この方式により、我々戦略ゲー実況は非常に分かり易いものとなり、大発展を遂げた。 我々だが現在の地位にあるのは、この編集方式の成功にある。 しかし、非歴史的プレイにおいて威力を発揮した一方、歴史風味溢れる動画を作る事が出来なかった。 最終的にパターン化という道を歩み、死に至る。 非常に質の高い動画が仕上がる。 例外的作品である。 コネシマによる継承の動きがある。 ) 以上の三つの流派すべてを、引き取り、統合しようとしているのがエーミール氏です。 以下会員限定.

次の

藤子不二雄異色短編集〈1〉ミノタウロスの皿 (ゴールデン・コミックス)

我々だ短編集

はいはい!グルッペンなんちゃらだよ。 今回も、我々だ基軸コンテンツの戦略ゲーの動画編集方法についてのブロマガになりまする。 前回に説明した通り、我々の内部では、以下三通りの編集方式の流派がありました。 史実の人物や国家を使い、現状の解説を行いながら、それとは別に我々メンバーをオマケとして遊びに使った。 後期では、我々メンバーを人格を持つ国家主体として扱ったが、キャラ性という観点から言えば、非常に脆弱かつ難解であり、再生数は少ない(悪友 HOI の再生数は二万程度の世界だった)。 我々だメンバーの「キャラ」を前面に押し出しているのが特徴である。 この方式により、我々戦略ゲー実況は非常に分かり易いものとなり、大発展を遂げた。 我々だが現在の地位にあるのは、この編集方式の成功にある。 しかし、非歴史的プレイにおいて威力を発揮した一方、歴史風味溢れる動画を作る事が出来なかった。 最終的にパターン化という道を歩み、死に至る。 非常に質の高い動画が仕上がる。 例外的作品である。 コネシマによる継承の動きがある。 ) 以上の三つの流派すべてを、引き取り、統合しようとしているのがエーミール氏です。 以下会員限定.

次の