ハリー ポッター と 呪い の 子。 ハリーポッターと呪いの子を読んだ感想【ネタバレ・あらすじ】

ハリーポッターの登場人物のその後の結婚相手や年齢と職業は?

ハリー ポッター と 呪い の 子

ロンドン、ニューヨークなどでロングラン中の本公演が、アジア圏で上演されるのは初めて。 英語以外での上演は、今年3月にドイツで開幕するドイツ語版に次ぐ2つ目となる。 TBS開局70周年を記念して上演される本舞台は、『ビリー・エリオット』、『メリー・ポピンズ』の日本語版を手掛けてきたホリプロが制作を担当し、TBS赤坂ACTシアター(東京、赤坂)で2022年夏より上演される。 これに先立ちTBS赤坂ACTシアターは、2021年より大規模な改修を開始し、ハリー・ポッター専用劇場として生まれ変わる。 上演期間は無制限のロングラン形式となる。 イギリスの作家J. ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ(全7巻)は、今もなお世界中の大人から子供まで、幅広い年齢層に愛される大ベストセラー。 今回の舞台版は、J. ローリング、ジャック・ソーン、ジョン・ティファニーの3人が考案し、ジャック・ソーンが戯曲を書き上げたもの。 演出を手掛けるのはミュージカル『ワンス』でトニー賞の最優秀演出家賞に輝いたジョン・ティファニー。 本作は、これまでにイギリス国内において24の名だたる演劇賞を総ナメにし、最高峰であるローレンス・オリヴィエ賞では史上最多の9部門を獲得。 アメリカでも25の演劇賞を獲得、最高の名誉であるトニー賞では、最優秀作品賞と最優秀演出家賞を含む6部門を獲得した。 舞台版は、小説の最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後を描いた物語で、『ハリー・ポッター』関連のコンテンツとして初の舞台作品となる。 この「ハリー・ポッター 8番目の物語」は『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』として出版されており、書店で購入が可能だ。 本作は、一つの物語を一部と二部に分けて上演。 同日の昼と夜で観ることも、連続した2日間で分けて観ることも可能だ。 日本人キャスト版は、ロンドン、ニューヨーク、メルボルン、サンフランシスコ、ハンブルク(2020年春開幕)、トロント(2020年秋開幕)に次ぐ、世界で7番目の上演となる。 本公演に関する情報は、まで。 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』のクリエイティブスタッフは、振付&ステージングに スティーヴン・ホゲット、装置にクリスティーン・ジョーンズ、衣裳にカトリーナ・リンゼイ、音楽&編曲にイモジェン・ヒープ、照明にニール・オースティン、音響にギャレス・フライ、イリュージョン&マジックにジェイミー・ハリソン、音楽監督&編曲にマーティン・ローが名前を連ねる。 <あらすじ> 魔法界の英雄ハリー・ポッターも、今や3人の子を持つ父親になり、魔法省の役人として働き詰めの生活を送っている。 現在と過去の時制が不気味に交錯するなか、暗黒の世界はいまだ存在するという受け入れがたい事実を、父と子は知ることとなる…。 そして日本には、ハリー・ポッターの世界を心底愛してくださる世界でも有数の熱烈なファンがいます。 ですから、数々の演劇賞を獲得した華やかでスリリングな舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』を、2022年に東京のTBS赤坂ACTシアターで上演できることは、これ以上ない喜びです。 ホリプロの堀社長、TBSの佐々木社長、そしてパートナーであるATGとともに、皆様に魔法をお届けできることを、今から楽しみにしています。 世界各地でも大きな成功をおさめている作品の日本上陸ということで、日本にいる数百万人のファンも、大変喜んでくれるに違いないと確信しております。 是非ご期待下さい。 ホリプロにとって長年の夢であるロングラン公演がいよいよ実現します。 老若男女問わず楽しんでいただける最高のエンタテイメントですので、多くの方に御覧いただきたいと思います。 日本にはたくさんの熱狂的なハリー・ポッターファンがいますので、我々はとても高い目標を掲げました。 日本でトップクラスの制作力と劇場を持つホリプロとTBSの2社とパートナーシップを組めることを大変嬉しく思います。 ローリング (原作) J. ローリングは、7つのハリー・ポッター・シリーズと3つの関連作品の著者で、それらは5億部を超える売上を記録し、80か国語以上に翻訳され、8つの大ヒット映画になっている。 他の著作には、大人向け小説「カジュアル・ヴェイカンシー」があり、ロバート・ガルブレイスという別名で、彼女はBBC 1のテレビシリーズとして放送された「私立探偵コーモラン・ストライク」シリーズの原作者でもある。 ローリングは、2016年に、映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で脚本家としてデビューし、以降自身により5作の映画作品を手掛けることになる。 第2作の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は2018年に公開された。 脚色作品:「フィジシスト」(ドンマー・ウェアハウス)、「スチュアート -ア・ライフ・バックワーズ」(ハイタイド)。 映画作品:「ワンダー 君は太陽」「ウォー・ブック」「幸せになるための5秒間」「スカウティング・ブック・フォー・ボーイズ」。 テレビ作品:「キリ」「エレクトリック・ドリーム」「ラスト・パンサーズ」「ドント・テイク・マイ・ベイビー」「ディス・イズ・イングランド」「フェイズ」「グルー」「キャスト・オフ」「ナショナル・トレジャー」。 2017年、BAFTA(英国アカデミー賞)とRTS(ロイヤルテレビジョン協会) テレビ賞最優秀ミニシリーズ部門を「ナショナル・トレジャー」で受賞。 2016年には「ディス・イズ・イングランド」で最優秀ミニシリーズ部門、「ドント・テイク・マイ・ベイビー」で最優秀単発ドラマ部門、2012年には「フェイズ」で最優秀連続ドラマ部門、「ディス・イズ・イングランド」で最優秀ミニシリーズ部門においてそれぞれBAFTAを受賞した。 「ハリー・ポッターと呪いの子」では、最多受賞記録のオリヴィエ賞とトニー賞で、共に最優秀作品賞を受賞した。 彼は、ウエストエンドとブロードウェイの両方で、複数の賞を受賞したミュージカル「ワンス」の演出家でもある。 ロイヤルコート劇場のアソシエイト・ディレクターとしての作品に、「ツイッツ」「ホープ」「パス」がある。 彼はスコットランド国立劇場の「ぼくのエリ200歳の少女」を演出し、同作はウエストエンドのロイヤルコート劇場とセント・アン・ウェアハウスでも上演された。 スコットランド国立劇場の他の作品には、「マクベス」(ブロードウェイでも上演)「エンクワイアラー」「ミッシング」「ピーターパン」「ベルナルダ・アルバの家」「トランスフォーム・ケイスネス:ハンター」「ビー・ニア・ミー」「ノーバディ・ウィル・フォギブ・アス」「バッコスの信女」「ブラック・ウォッチ」(オリヴィエ賞、批評家協会賞受賞)、「エリザベス・ゴードン・クイン」「ホーム:グラスゴー」がある。 その他の最近の作品では、「ガラスの動物園」(ブロードウェイA. T、エディンバラ演劇祭、ウエストエンド)、と「アンバサダー」(BAM)がある。 ティファニーは2005年から2012年までスコットランド国立劇場のアソシエイト・ディレクターであり、2010-2011年にはハーバード大学ラドクリフ研究所の研究員であった。 「ハリー・ポッターと呪いの子」で、彼はオリヴィエ賞、とトニー賞をいずれも最優秀演出部門で受賞した。 1990年以来、170以上の作品を企画・制作し、ローレンス・オリヴィエ賞で55回、トニー賞で30回、英国アカデミー賞で2回、栄冠に輝いている。 ソニア・フリードマン(名誉大英勲章OBE)は2019年にステージ・アワードの「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」に前代未聞の4年連続で選出された。 2018年にはタイムズ紙の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。 現在上演中の作品は、「ブック・オブ・モルモン」(ウエストエンド、英国ツアー)、「ハリー・ポッターと呪いの子」(ロンドン、NY、メルボルン、サンフランシスコ、ハンブルク)、「ミーン・ガールズ」(NY・オーガスト・ウィルソン劇場)、「ザ・インヘリタンス」(NY)、「ワーニャ伯父さん」(ロンドン・ハロルドピンター劇場)、トム・ストッパード作「レオポルトシュタット」のワールドプレミア(ロンドン・ウィンダムズ劇場)など。 今後上演予定の作品は、「ハリー・ポッターと呪いの子」(トロント)、「アラバマ物語」(ロンドン・ギールグッド劇場)、「ベイビー・レインディア」(ロンドン・アンバサダーズ劇場)、「ザ・ワトソンズ」(ロンドン・ハロルドピンター劇場)、「ザ・シャーク・イズ・ブロークン」(ロンドン・アンバサダーズ劇場)、マーク・ライランス主演の「センメルヴェイス」(ブリストル・オールドヴィック劇場)、「ドリームガールズ」(英国ツアー)、「サニー・アフターヌーン」(英国ツアー)、ヘレン・ミレンとマーク・ストロング主演の「オイディプス」など。 過去の作品は、「屋根の上のバイオリン弾き」、「ロスメルスホルム」、「ザ・フェリーマン」「ザ・インヘリタンス」、「サマー・アンド・スモーク」、「ドリームガールズ」、「ザ・ジャングル」、「イヴの総て」、「コンセント」、「ザ・バースデー・パーティ」、「インク」、アンドリュー・スコット主演の「ハムレット」、「アワー・レイディーズ・オブ・パーペチュアル・サカー」、「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」、「トラヴェスティーズ」、「ガラスの動物園」、「ナイス・フィッシュ」、「クリスマス・キャロル」、「ファニーガール」、「ファリネッリ・アンド・ザ・キング」、ベネティクト・カンバーバッチ主演の「ハムレット」、「1984」、「サニー・アフターヌーン」、「ベッカムに恋して」、「ザ・ネザー」、「ザ・リバー」など。 SFPの全作品の詳細はsoniafriedman. comでご覧ください。 近年最優秀作品賞を含む6部門のトニー賞を受賞した「ハリー・ポッターと呪いの子」に加えて、プレイグラウンドの手掛けた最近のブロードウェイ作品には、ジョージ・C・ウォルフ演出、トム・ハンクス主演(ブロードウェイデビュー)によるノラ・エフロン作のトニー賞ノミネート作品「ラッキー・ガイ」、ジョー・モンテロ演出、ハーヴェイ・ファイアースタインのトニー賞ノミネート作品「カーサ・ヴァレンティナ」、トニー賞受賞のミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」再演、イアン・リクソン演出、ニューヨーク、パークアヴェニュー・アーマリーで上演されたケネス・ブラナーとロブ・アシュフォードによる「マクベス」、トニー賞受賞作「ディア・エヴァン・ハンセン」がある。 テレビ番組作品では、ピーター・コスミンスキー演出、マーク・ライランス、ダミアン・ルイス、クレア・フォイ主演によるBBCのミニシリーズ「ウルフ・ホール」、ロナルド・ハーウッド作、リチャード・エアの脚色による、イアン・マッケラン、アンソニー・ホプキンス主演のBBCドラマ「ドレッサー」、EMフォスターの原作とケネス・ロナーガン脚色によるBBCとStartzのドラマ「ハワーズ・エンド」、ハイジ・トマス脚色によるBBCとPBCの「リトル・ウィミン」、リチャード・エア脚色によるアンソニー・ホプキンスとエマ・ワトソン主演のBBCとアマゾンプライムのドラマ「リア王」、オリヴィエ賞受賞作の舞台を劇作家ルーシー・カークウッド自身がチャンネル4のために翻案した「チャイメリカ」があり、ジェイムズ・ヘリオットの「ヘリオット先生奮戦記」の放送がチャンネル5とマスターピース・オン・PBSで予定されている。 カレンダーは、デヴィッド・ヘア、サム・シェパードと共にロンドンのロイヤル・コート劇場でステージマネージャーとしてキャリアをスタートした。 チャンネル4のためにテレビドラマ化したRSCの「悪魔と寵児」でプロデューサーとしてエミー賞を、「ハリー・ポッターと呪いの子」でトニー賞とオリヴィエ賞を、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」でトニー賞を、「ウルフ・ホール」でBAFTA(英国アカデミー賞)を受賞した。 長くHBOフィルムの社長としてアル・パチーノ、メリル・ストリープ、エマ・トンプソン主演によるマイク・ニコルス脚色の「エンジェルズ・イン・アメリカ」、カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したガス・ヴァン・サントの「エレファント」などの作品を手掛けてきた。 カレンダーは、ニューヨーク・パブリックシアターとニューヨーク大学のティッシュ・スクール・オブ・アーツの理事である。 またアメリカにおける英国演劇、映画、テレビへの貢献に対し、2016年英国女王新年の叙勲を受けた。 プレイグラウンドのテレビ・舞台作品の詳細は playgroundentertainment. com でご覧ください。 ローリング、ジャック・ソーン、ジョン・ティファニーによる「ハリー・ポッターと呪いの子」の制作のために2013年にJ. ローリングとニール・ブレアによって設立された。 プロダクションチームは、ソニア・フリードマン・プロダクションズ、コリン・カレンダーとの緊密な協力のもとこの作品を制作し、また本作の国際的な著作権を管理している。 その中にはウエストエンド、ブロードウェイ、地方都市の歴史ある劇場も多数含まれている。 劇場運営に加え、チケット販売システムの運営や公演のプロデュースにいたるまで、ショービジネスにおける業務は多岐にわたる。 良い舞台を可能な限り大勢の観客に提供することを社の目標としている。

次の

ハリポタシリーズ公式続編:『ハリーポッターと呪いの子』の感想。

ハリー ポッター と 呪い の 子

2022年夏、ハリー・ポッター専用劇場が赤坂に誕生! 日本人キャストによるロングラン上演が決定! 世界中で大ヒット上演中の話題の舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』(ソニア・フリードマン&コリン・カレンダー&ハリー・ポッター・シアター・プロダクションによる製作)が2022年夏、日本人キャストで上演される。 ロンドン、ニューヨークなどでロングラン中の本公演が、アジア圏で上演されるのは初めて。 英語以外での上演は、今年3月にドイツで開幕するドイツ語版に次ぐ2つ目となる。 TBS開局70周年を記念して上演される本舞台は、『ビリー・エリオット』、『メリー・ポピンズ』の日本語版を手掛けてきたホリプロが制作を担当し、TBS赤坂ACTシアター(東京、赤坂)で2022年夏より上演される。 これに先立ちTBS赤坂ACTシアターは、2021年より大規模な改修を開始し、ハリー・ポッター専用劇場として生まれ変わる。 上演期間は無制限のロングラン形式となる。 イギリスの作家J. ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ(全7巻)は、今もなお世界中の大人から子供まで、幅広い年齢層に愛される大ベストセラー。 今回の舞台版は、J. ローリング、ジャック・ソーン、ジョン・ティファニーの3人が考案し、ジャック・ソーンが戯曲を書き上げたもの。 演出を手掛けるのはミュージカル『ワンス』でトニー賞の最優秀演出家賞に輝いたジョン・ティファニー。 本作は、これまでにイギリス国内において24の名だたる演劇賞を総ナメにし、最高峰であるローレンス・オリヴィエ賞では史上最多の9部門を獲得。 アメリカでも25の演劇賞を獲得、最高の名誉であるトニー賞では、最優秀作品賞と最優秀演出家賞を含む6部門を獲得した。 舞台版は、小説の最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後を描いた物語で、『ハリー・ポッター』関連のコンテンツとして初の舞台作品となる。 この「ハリー・ポッター 8番目の物語」は『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』として出版されており、書店で購入が可能だ。 本作は、一つの物語を一部と二部に分けて上演。 同日の昼と夜で観ることも、連続した2日間で分けて観ることも可能だ。 日本人キャスト版は、ロンドン、ニューヨーク、メルボルン、サンフランシスコ、ハンブルク(2020年春開幕)、トロント(2020年秋開幕)に次ぐ、世界で7番目の上演となる。

次の

ハリー・ポッターと呪いの子

ハリー ポッター と 呪い の 子

皆さんはハリーポッターの「その後」を描いた作品を知っているだろうか。 コアなファンならとっくにご存じかもしれないが、それは「 ハリーポッターと呪いの子」だ。 これまでハリーポッターは小説を原作とした映画シリーズという立ち位置だったが、この「ハリーポッターと呪いの子」は舞台作品になる。 しかしそのキャスティングが 「人種問題」に発展するほど物議を醸しているのだ。 キーワードは「 ハーマイオニーと黒人」。 この記事を書くにあたって私自身、人種差別をするつもりは毛頭ない。 むしろ黒人のあの身体能力やアフリカ系俳優の渋さには惚れ惚れしている…という点はあらかじめ伝えておきたい。 Sponsored Link ここがポイント!• 31日間無料で体験できる (登録はたったの3分! 今日から無料で映画見放題・マンガも読み放題!• この無料期間を使ってコロナ自粛を乗り切ろう! 事の発端はキャスティング?「ハリーポッターと呪いの子」が話題に… 先ずは「ハリーポッターと呪いの子」について説明しなければならない。 これはハリーポッターのシリーズ七作品が完結した「その後の物語」を描いた作品になっていて、その脚本が書籍としても販売されているのだ。 メインの舞台はその後のホグワーツで、ハリーポッターの子供「 アルバスポッター」を中心に、各主要メンバーの二世たちを中心に描かれている。 そんな訳でロンとハーマイオニーはもちろんのこと、二人の愛娘「 ローズ」も舞台に名を連ねている。 本来であれば昔懐かしのメンバー達を観てしみじみと成長を噛み締めたいところだが… 皮肉にもこの ハーマイオニーのキャスティングに異議を唱える声が。 まさか本作で黒人の差別問題に関わる議論が行われようとは、ファンは心にも思っていなかったことだろう。 そのハーマイオニー役を務めたのがアフリカ系女優の「 ノーマ・ドゥメズウェニ」。 そしてその娘、ローズも黒人の子役が演じている。 私も含めてだが、ファンの中では「ハーマイオニー=エマ・ワトソン」と言う図が定着しているだけに違和感を覚えるのも無理ないだろう。 ただ、この舞台「ハリーポッターと呪いの子」は 映画版の設定を引き継いだものである…といった客観的事実はない。 何故なら原作小説においても登場人物の「 人種」にまでは言及されていないからだ。 つまり、このキャスティング自体に何の矛盾もないことは伝えておきたい。 彼女が作中でマグル差別を受けながらも優秀な魔女となり、時には魔法生物の差別問題にまで尽力するハーマイオニーを演じること自体、何の問題もないのだ。 しかし後々、このキャスティングが議論を生んでしまう格好となるのだ。 ハーマイオニー=「黒人」は違和感? ハーマイオニーのキャストが「 黒人」であることに異を唱える者には二つのパターンがいると考えられる。 まず一つは、先ほども述べた通り「 ハーマイオニー=エマ・ワトソン」のイメージを揺るぎなく持つタイプだ。 この立場は私にも理解できる。 幼かったエマがハリー役のダニエルやロン役のルパートとともに成長していく姿は、やはり シリーズものならではの醍醐味に他ならない。 その後「美女と野獣」などでスター女優の仲間入りを果たしたエマ。 それでも筆者はインターネットやTVでエマを見かけると、未だに彼女を「ハーマイオニー」と重ねて観てしまう。 彼女の出世作は紛れもなくハリーポッターシリーズであり、それ故に今なお強烈なイメージがついている。 こういった想いに共感を覚えるファンもきっと少なくないはず。 そんな視聴者 ハリポタ信者 たちにとって、「ハリーポッターと呪いの子」の配役は従来通り 「エマが順当に歳を重ねたような」女優であってほしい…という想いは至極当然のこと。 納得いかない理由。 それは決して「黒人であるから」と言った人種が批判の矛先ではなく「 エマとあまりにタイプが違うから」と言う範疇に収まる話しであり、決して差別には成り得ないと個人的には思う。 一方、未だに黒人に対する差別意識を持っている輩も少なからず存在するだろう。 人種差別に限らず、そういう偏った思想を持つタイプは少し刺激すると大きな声で騒ぎ出すことが多い。 今回もいわゆるエマ派に乗じて、黒人のハーマイオニーを批判する声を上げたのかもしれない。 そんな時こそ、これまで夢見心地にさせてくれたハリーポッターのキャストたちに配慮した姿勢が望ましいのではと感じる。 Sponsored Link ネットでは、黒人キャストを擁護する声が大半 長い歴史上、肌の色だけでイザコザを抱えて来た黒人だけにこういった一件への反応は想像に難くない。 先ほども述べた通り、ハーマイオニーの配役への批判は「 エマらしくないハーマイオニー」、そして「 黒人のハーマイオニー」に対しての二通りがある。 しかし真意に関わらず、こうした話題で声が目立つのは 皮肉にも後者であることが常。 溢れかえる数々の意見を一つ一つ深堀りし、的確に黒人のハーマイオニーへの批判だけを攻撃するなど出来やしない。 こういった流れを第三者である黄色人種の我々から見ると、黒人擁護派たちの反応は時に過剰に感じられるかもしれない。 筆者は日本でしか暮らしたことがないため、こういった声を上げる心境を十二分に理解できるわけではない。 しかし、ハリーポッターに限らず欧米や欧州の作品には少なからず「 差別」をテーマに挙げたものが少なくない。 ハリー自身も肌にまつわる差別こそないが、それこそ一部の魔法族からの「 マグル差別」は作中において見逃せないテーマになっている。 黒人ハーマイオニーに対する原作者の想い 冒頭でも述べたが、私は黒人女優の「 ドゥメズウェニ」によるハーマイオニーもアリだと思っている。 また原作者であるJKローリングは、黒人の起用を差別するような発言を断罪して次のようなコメントを残している。 「 彼女は選ばれるのに相応しい女優だった」 「 白い肌なんて設定はどこにもない。 目が茶色く、賢くてくせ毛というのがあっただけ。 私は黒人のハーマイオニーを愛している」 いちファンとしては「ハリーポッター」を火種にこのような議論が巻き起こること自体悲しいし、人種など気にせず純粋に楽しめば良いのにと思ってしまう。 一方で、この意見は筆者が 黒人でないからこそ持てるフラットなものであることも事実。 重ねて言及してきた通り、私は黒人のハーマイオニーに対しては賛成派だが、スタッフはキャスティングの際にこうなることが予測できなかったのだろうか。 人種云々を超えてやはりエマのイメージが強い「 ハーマイオニー」のキャスティングにおいて、何故わざわざかけ離れた女優に白羽の矢を立てたのか? 実際、ハリー・ロン役もダニエル・ルパートとそれぞれ雰囲気の近い俳優が抜擢されていたにも関わらず。 ハーマイオニー役もそのように選んでいればこんな議論は起きなかったのでは…と感じざるを得ない。 ちなみに2019年、日本でも同様のケースがあった。 それは我らの国を代表する企業の一角、「 日清」による迷走劇だ。 日本とハイチの混血で、今や世界にも名を轟かせている女子プロテニスの 大坂なおみ選手。 この件は一見すると逆で、日清がイメージキャラに起用した彼女の肌が何故か白く描かれていたことで海を越えて差別疑惑に発展してしまったのだ。 同じ日本人の筆者からすれば、企業側には決して「特定の意図」はなかったと推測しているが…何故あえて本来の肌色から変えたのか。 本件の製作者はハリーポッターの件と同じく、後々視聴者たちから聞こえ得る声を予想できなかったのだろうか。 …話を元に戻そう。 もちろん黒人差別については、風化させてはならない人類の過ちである。 しかし、よりによって一般大衆に夢を与える存在の「 ハリーポッター」での再燃は望みたくないのが筆者の本音だ。 ここまで読んでくれた方は何かしら思うことがあるはずだ。 1つ言えるのは、私たちはファンとして、差別と闘うハーマイオニーも、エマのハーマイオニーも、そしてドゥのハーマイオニーもまとめて愛する他ない。 それが「真のファン」だろうということだ。

次の