うち で 踊 ろう 三浦 大 知。 幹部名簿|厚生労働省

三浦大知 (Daichi Miura) / U

うち で 踊 ろう 三浦 大 知

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2018年3月) 川路 利良 渾名 「日本警察の父」 生誕 鹿児島近在比志島村 死没 1879-10-13 (45歳没) 所属組織 最終階級 墓所 川路 利良(かわじ としよし、5年() - 12年())は、の。 から初期の、。 は、(臨時)。 初代大警視(現・)を務め、の近代制度をで初めて詳細に構築した事実上の創設者にして、「 日本警察の父」とも言われている。 では大警視と臨時にを兼任し、で組織された別働第三を率いて抜刀隊をして西郷軍に大きな打撃を与えた。 は当初「としなが」と名乗っていたが、後に「としよし」と改名した。 は正之進。 は竜泉。 は六つ丁子車。 遠祖はといわれる。 にある「大警視川路利良誕生地之碑」 (準)・川路利愛の長男として天保5年5月11日(1834年6月17日)、鹿児島近在比志島村(現在の比志島地区)に生まれる。 は、などに分かれ、川路家はの低い準士分であった。 にを、坂口源七兵衛にを学ぶ。 のお伴として初めて、江戸に行く。 薩摩と江戸をつなぐ飛脚 大名行列の情報を早く伝える、情報を収集する的役割 として活動。 幕末期の戦功 [ ] 元年()、で総督のをして倒すという戦功を挙げ、やから高く評価された。 3年()、藩の御兵具一番に任命され、を学んだ。 慶応4年()、のに薩摩として出征し、では潰走の糸口をつくる。 に転戦し、で敵弾により負傷したが、傷が癒えるとに参加。 戦功により2年()、藩の兵器奉行に昇進した。 警察制度の確立 [ ] 後の明治4年()、西郷の招きで大属となり、同年に権典事、典事に累進。 翌明治5年、総長に就任し、の西欧視察団(8人)の一員として各国のを視察する。 帰国後、警察制度の改革を建議し、に範をとった制度を参考に制度を確立した。 明治7年()、創設に伴い満40歳で初代大警視(現:)に就任。 執務終了後ほぼ毎日、自ら東京中の、を巡視して回り、一日のは4時間に満たなかったという。 西南戦争 [ ] で西郷隆盛が下野すると、薩摩出身者の多くが従ったが、川路は「私情においてはまことに忍びないが、国家行政の活動は一日として休むことは許されない。 大義の前には私情を捨ててあくまで警察に献身する」と表明した。 となった大久保利通から厚い信任を受け、が、などを起こすとを用いて動向を探った。 薩摩出身のら24名の警察官を「帰郷」の名目でに送り込み、不平士族の離間工作を図ったが、中原らは西郷の生徒に捕らえられた。 苛烈なが行われた結果、川路が西郷をするよう指示したという「書」がとられ、川路は不平士族の間では大久保と共に憎悪の対象とされた。 勃発後、川路はを兼任し、で組織された別働第三の長としてを転戦する。 激戦となった3月のの戦いでは、警視隊から選抜されたが活躍して西郷軍を退ける。 5月にはに参加した後、6月にはで激戦の末、西郷軍を退けて進軍するが、その後旅団長を免じられへ戻る。 旅団長は(後の第2代大警視)が引き継いだ。 終戦後の明治11年()3月、の妻が急死した際、かねてより酒乱で知られていた黒田が酒に酔って妻を斬り殺したとの噂が流れたため、川路が墓を開け、病死であることを確認したと発表した。 これについては、川路も薩摩出身であることから黒田をかばってもみ消したという見方が当時からあり 、同年5月に発生する、川路の庇護者であった大久保利通の暗殺()の遠因になったともいわれる。 また川路は事前に大久保の暗殺を計画していた士族など6名の名前まで情報を知らされていたが「石川県人に何が出来るのか」と意に介さず無視をした。 死去 [ ] 明治12年()1月、再び欧州の警察を視察。 しかし船中で病を得、に到着当日はを随員と共に遊歩したが、宿舎に戻ったあとは病床に臥してしまう。 咳や痰、時に吐血の症状も見られ、駐仏の斡旋で現地の医師の治療を受け、転地療養も行ったが病状は良くならなかった。 同年8月24日、郵船「ヤンセー号」に搭乗し、10月8日帰国。 しかし東京に帰着すると病状は悪化、10月13日に死去した。 享年46。 関西のであるがの捜査を恐れ毒殺したという噂も立った。 墓所は。 評価 [ ] 川路利良像 (前) ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 川路が警視庁に在職した期間は決して長いものではなかったが、警察制度創始者としての評価は高い。 警察の在り方を示した川路の語録は『』(けいさつしゅげん)として編纂され、警察官のとして現在も広く読み継がれている。 明治18年()、弥生神社(現・)に特別功労者として祀られた。 また現在、には彫塑家・の作となる立像が、警視庁敷地内には川路邸宅跡のが建っている。 には川路大警視コーナーが設けられ、川路の着用した、が展示されている。 では「西郷隆盛をしようとした男」「郷土に刃を向けた男」として長らく裏切り者の印象を持たれて評価が低めであったが、鹿児島市の生家近くのは川路にちなみ「大警視」と名付けられており、生誕の地には記念碑が、川路が率いた別働第三旅団の激戦地である(旧)内にはが建っている。 11年()に当時の・らの提唱で鹿児島県警察本部前に銅像が設置されるなど、現在の地元でも人気があまりないながらも、ようやくその功績や人物像が再評価の段階に入りつつある。 年譜 [ ]• 元年()、出征• 4年()、出征• 2年(10-11月) - 兵具奉行• 明治4年(4-5月) - に同行し上京• (1871年5-6月) - 大属• (1871年11-12月) - 東京府権典事• (1-2月) - 東京府典事• 明治5年(1872年6-7月) - 東京府邏卒総長• (1872年9-10月) - 警保助兼大警視• (1872年10月) - 出張• (明治6年)9月 - 帰国• (明治7年)1月 - 大警視• 8月 - 警視長• 10月 - 大警視• (明治10年)1月 - 大警視• 3月 - 兼大警視・別働第4旅団・出征• 3月~7月 - 司令長官• 7月 - 帰還• (明治11年)12月 - 出張• (明治12年)1月 - へ出発• 10月8日 - 帰国• 10月13日 - 死去 栄典 [ ]• (明治7年) -• エピソード [ ]• 磐城浅川の戦いで、敵のが股間に当たり負傷した。 銃弾は金玉袋(陰嚢)を貫いたが、(精巣)は無事であった。 戦場にあっても金玉袋が縮まず垂れ下がっていた(怖がっていなかった)からで、川路の豪胆さを示す逸話となり、薩摩藩兵は「川路のキンタマ」と讃えた。 明治5年()の初めての渡欧の際、からへ向かう内で便意を催したもののトイレに窮し、やむを得ず座席で日本から持参していたの上に排便、その大便を新聞紙に包んで走行中の列車の窓から投げ捨てたところ、運悪くそれが夫に当たってしまった。 その保線夫が新聞に包まれた大便を地元警察に持ち込んだことから、「日本人が大便を投げ捨てた」と地元紙に報じられてしまった。 他にもの小説『』『』『巴里に雪のふるごとく』(『明治波濤歌』所収)にもこの件は描かれている。 近代警察の創設期であることや、現在の警察制度とは異なる時代だったという事情があるとはいえ、満40歳での大警視(現:警視総監)就任は現在も破られていない史上最年少記録である。 満40歳という年齢では、現在の警察制度においてはが関の山であり、警察官僚が積むべき経験や過去の事例に倣った人事に従う通過儀礼的な事情から、満40歳での警視総監就任はどんなに優秀であっても不可能である。 史上最年少での就任は「近代警察の創設期」という、時代と事情によるところが大きい。 が大好物であった。 あまりによく買うのでだと思われていたという。 親族 [ ]• 後に、知事等を歴任したは、川路の死後、となった夫人のである。 は大警視の嗣子となる利恭の弟の孫である。 川路家の家紋 [ ] 「六つ丁字車」 川路利良が登場する作品 [ ]• 「巴里に雪のふるごとく」(短編集『明治波濤歌』収録)• 『走狗』• 『 第16話:硝煙の市街戦』(1976年、、演:)• 『』(1987年、、演:)• 『』(1990年、、演:)• 『』(2001年、NHK、演:)• 『』(2018年、NHK大河ドラマ、演 : )• 『』(声:)• 『』(演:) 伝記 [ ]• 『川路利良公之伝』、。 『川路大警視』、。 『大警視川路利良君伝』、。 『大警視川路利良 - 幕末・明治を駆け抜けた巨人』、。 『大警視・川路利良 - 日本の警察を創った男』、。 脚注 [ ] []• 1876-1877• 1877-1879 警視局大警視• 1881• 1881-1883• 1883-1884• 1884-1891• 1891-1892• 1892• 1892-1893• 1893-1896• 1896-1898• 1898• 1898-1899• 1899-1900• 1900-1901• 1901-1902• 1902-1903• 1903-1904• 1904-1906• 1906• 1906-1908• 1908-1911• 1911-1912• 1912-1913• 1913-1914• 1914-1915• 1915-1916• 1916-1918• 1918-1921• 1921-1922• 1922-1923• 1923-1924• 1924• 1924-1925• 1925-1927• 1927-1928• 1928-1929• 1929-1931• 1931• 1931• 1931-1932• 1932-1934• 1934-1936• 1936-1937• 1937• 1937• 1937-1938• 1938-1939• 1939• 1939-1940• 1940• 1940• 1940-1941• 1941-1942• 1942-1943• 1943-1944• 1944-1945• 1945• 1945• 1945-1946• 1946-1947• 1947• 1947• 内務省廃止• 1954-1955• 1955-1958• 1958-1963• 1963-1965• 1965-1969• 1969-1972• 1972-1974• 1974-1978• 1978-1981• 1981-1984• 1984-1985• 1985-1988• 1988-1990• 1990-1992• 1992-1994• 1994-1997• 1997-2000• 2000-2002• 2002-2004• 2004-2007• 2007-2009• 2009-2011• 2011-2013• 2013-2015• 2015-2016• 2016-2018• 2018-2020• 2020-.

次の

川路利良

うち で 踊 ろう 三浦 大 知

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2019年10月) 嘉納 治五郎 誕生 1860-12-10 (元年) 御影村(現・) 別名 甲南、進乎斎、帰一斎()、伸之助() 死没 1938-05-04 (77歳没) 上(船中) 墓地 () 職業 、、 国籍 最終学歴 代表作 『青年修養訓』(1910年)、『Judo Jujutsu 』(1937年) 配偶者 須磨子(次女) 婚 子供 範子(長女・妻)、履信(長男・竹添進一郎養子)、爽子(三女・妻)、(次男)、希子(四女・畠中恒治郎妻)、篤子(五女・鷹崎正見妻)、履方(三男) 親族 (父)、定子(母)、(伯父)、(長兄)、謙作(次兄)、柳子(長姉・妻)、勝子(次姉・妻) 政治家としての経歴 所属政党 目次• 生涯 [ ] 生い立ち [ ] 1860年12月10日(万延元年10月28日)、御影村(現・兵庫県)で、父・嘉納治郎作(希芝)と母・定子の三男として生まれる。 は御影に於いて屈指のであり、祖父の治作は・にて甚だ高名であった。 その長女・定子にしたのが治五郎の父・治郎作である。 初め治作は治郎作に家を継がせようとしていたが、治郎作はこれを治作の実子である義弟に譲り、自らは廻船業を行った。 の廻船方を務め、の建造を請け負い、のともなった。 の母は治五郎の姉である。 ちなみに同じ嘉納家ではあるが嘉納三家と呼ばれる現在の・とは区別される。 (3年)、に招聘された父に付いて上京し、にて・などを学んだ。 柔道創始 [ ] 20代の頃の治五郎 (明治7年)、(後の)に入塾。 その後、(後の)に進学。 (明治10年)に東京大学に入学した。 東京大学時代にはやに漢文学を学び、の経済学の講義を受け、またの薫陶を受けその指導の下、政治学、理財学(経済学)、哲学、道義学(倫理学)、審美学を学ぶ。 また(明治11年)には漢学塾二松學舍(後の)の塾生となる。 しかし育英義塾・開成学校時代から自身の虚弱な体質から強力の者に負けていたことを悔しく思い非力な者でも強力なものに勝てるというを学びたいと考えていたが、親の反対により許されなかった。 当時はの時で柔術は軽視され、師匠を探すのにも苦労し、のに短期間入門するなどした後、のに念願の柔術入門を果たす。 この時期の話として、「先生(福田)から投げられた際に、『これはどうやって投げるのですか』と聞いたところ、先生は『数さえこなせば解るようになる』と答えられた」という話がある。 窮理の徒である治五郎らしい話である。 (明治12年)7月、の依頼でにて7月3日から来日中の前に柔術を演武した。 8月、福田が52歳で死んだ後は天神真楊流のである磯正智に学ぶ。 (明治14年)、哲学政治学理財学科卒業。 磯の死後、の飯久保恒年に学ぶようになる。 柔術二流派の 乱捕技術を取捨選択し、崩しの理論などを確立して独自の 「柔道」を作る。 (明治15年)、稲荷町16(現・5丁目)にあるの12畳の居間と7畳の書院をとし・からを取り入れ を設立した。 (明治16年)10月、起倒流。 治五郎は柔術のみならずや、などの他のについても自らの柔道と同じように理論化することを企図し(玉井済道、飯篠長盛、椎名市蔵、玉井滲道)やの師範を招いて講道館の有段者を対象に「古武道研究会」を開き、剣術や棒術を学ばせた。 また、村重有利、などの弟子を選抜し(後にを開く)の やの、香取神道流の椎名市蔵などに入門させた。 薙刀術は各流派を学んだ(雑誌『新武道』によるとこの薙刀術が(16年) - (昭和17年)頃のの標準となったと記されているが施行より以前に既に式の薙刀術がに採用されているため、この記述の正確性には疑問が残る)。 (明治30年)3月頃には、創部したての(現・)柔道部の柔道場にも指導に訪れていたという。 (明治38年)、から号を授与される。 教育者として [ ] 嘉納治五郎 嘉納は教育者としても尽力し、(明治15年)1月から教頭、(明治26年)より通算25年間ほど(を経た現在の。 なお、筑波大学キャンパス内にも立像が建っている。 )の校長ならびに東京高等師範学校附属中学校(現・)校長を務めた。 また、(現・)校長(部下の教授に、(ラフカディオ・ハーン)等がいた)、嘉納自身が柔道の精神として唱えた 「精力善用」「自他共栄」を校是とした旧制(現・)の設立にも関わるなど教育者としても尽力する。 ほかにも、の創立委員にも加わる。 、普通学務局長、なども兼務した。 1882年には英語学校「弘文館」をに創立し 、また1896年には清国からのの受け入れにも努め、留学生のために1899年にに(校長・)を開いた。 後にの旗手となるもここで学び、治五郎に師事した。 魯迅の留学については(19年)、・が来日した際、温の国会演説でもとり挙げられた。 また旧制第五高等学校の校長だった頃、旧の体術師範だった()と交流している。 (明治20年)、が開設した(の前身)で講師となる。 とともに科目を担当し、同科の『哲学館講義録』を共著で執筆。 (明治31年)、全国のの必修科目として柔道が採用される。 スポーツ [ ] の選手たちと(前列中央)。 その左は、後列右端に の道を開き、(明治42年)には東洋初のIOC()委員となる。 (明治44年)に大日本体育協会(現・)を設立してその会長となる。 (45年)7月、日本が初参加したでは団長として参加した。 (大正13年)合気道・柔道家のが早大柔道部で謦咳に接し、影響を受ける。 (昭和11年)のIOC総会で、(昭和15年)の(後にの激化などにより返上)招致に成功した。 死去 [ ] (昭和13年)の()でのIOC総会からの帰国途上の5月4日(横浜到着の2日前)、の船内でにより死去(は氷詰にして持ち帰られ、横浜港では棺にをかけられて船から降ろされた )。 77歳没。 生前の功績に対しを賜る。 はのに在る。 エピソード [ ]• (明治24年)1月、欧米視察より帰国する船上でに挑まれ、これを投げた。 同年4月10日の『』がこの記事を掲載した。 (明治44年)、にを構える。 嘉納の甥であるが同地に移住したことにより、当時、がの拠点となる要因を生んだ。 (大正11年)2月、にされた。 (昭和53年)より「」(からは「」)が開かれ、13回(うち「嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会」が12回)行われている。 、に出場する柔道選手団が大会前に必勝祈願として、嘉納治五郎の墓参りをすることが恒例となっている。 家族 [ ]• 父母:治郎作 1813〜85 、定子? 〜1869• 長兄:寅太郎(久三郎)。 山林局役人として開拓に携わったのち、にて嘉納農場経営。 次兄:亀松(謙作)• 長姉:柳子。 に嫁ぐ。 その子に、。 次姉:勝子。 に嫁ぐ。 その子に。 妻:須磨子。 外交官・漢学者のの娘• 長男:竹添履信。 次男:。 甥: 弟子 [ ] 四天王 [ ]• その他の主な弟子 [ ]• 金栗四三 著名な架空人物の弟子 [ ]• (嘉納治五郎がホームズに柔道(柔術)を伝授したという説がある。 ) 他にもたくさんの弟子が居る。 栄典・授章・授賞 [ ] にある「嘉納治五郎 日本のオリンピックの先導者」の像(2019年6月25日撮影) 位階• (明治18年) -• (明治19年) -• (明治24年) -• (明治28年) -• (明治31年) -• (明治38年) -• (明治43年) -• (大正5年) -• (大正9年) -• (昭和13年) - 勲章等• (明治22年) -• (明治29年) -• (明治31年) -• (明治35年) -• (明治39年) -• (明治44年) -• (大正8年) -• (大正9年) -• (昭和3年) -• (昭和6年) -• (昭和7年) -• (昭和13年) - 外国勲章佩用允許• (明治32年) - ()()• (大正4年)• - 二等嘉禾章()• - 第五回オリンピック競技欽定記念章()• (昭和9年) - ()• (昭和10年) - (満州国) 著作 [ ]• 『嘉納治五郎 私の生涯と柔道』 大滝忠夫編、、1972年 / 〈人間の記録〉、1997年2月、• 『嘉納治五郎の教育と思想』長谷川純三編著、、1981年1月• 『嘉納治五郎著作集』全3巻、五月書房、1983年9月-1983年11月• 『嘉納治五郎大系』全15巻、本の友社、1987年10月-1988年5月• Mind over muscle: writings from the founder of Judo. compiled by Naoki Murata, translated by Nancy H. Ross, , 2005,. 『』 同文館、1910年12月• 『』 講道館文化会、1928年7月• 『精力善用 国民体育』 講道館文化会、1930年8月• 『柔道教本』上巻、、1931年9月• 大熊廣明編 『大正・昭和戦前期 日本体育基本文献集 第22巻』 日本図書センター、1998年3月、• Judo Jujutsu. , 1937. 『講道館柔道の真意義』 使命会、1938年5月 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『ホワイトハウスにできた柔道場 恩師フェノロサを超えた嘉納治五郎』丸屋武士 SB新書• 「二松學舎入学生名簿」『二松学友会誌』第壱輯、1896年。 『早稲田大学百年史』P212• 『武道範士教士錬士名鑑』163頁、大日本武徳会本部雑誌部• 『』朝刊2019年2月13日(都民面)2019年2月15日閲覧。 公益財団法人日本オリンピック委員会• 著者、斎藤仁・南條充寿『スポーツ・ステップアップDVDシリーズ 柔道パーフェクトマスター』2008年 16頁。 www. ndl. 2018年11月27日閲覧。 『とよとみ広報』、豊富町、2002年• 宗谷紀行• 北海道神社庁• 美術人名辞典• 近現代・系図ワールド• 日本人名大辞典• 『シャーロック・ホームズの愉しみ方』P. 200-P. P217 植村昌夫 平凡社新書• 『シャーロック・ホームズと99人の賢人』P. 322 水野雅士 青弓社• 『シャーロック・ホームズの時間旅行』P. 135 水野雅士 青弓社• 、明治18年6月6日。 『官報』第1029号「叙任及辞令」1886年12月3日• 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。 『官報』第3507号「叙任及辞令」1895年3月12日。 『官報』第4421号「叙任及辞令」1898年3月31日。 『官報』第6687号「叙任及辞令」1905年10月11日。 『官報』第1201号「叙任及辞令」1916年8月1日• 『官報』第1937号「叙任及辞令」1889年12月11日。 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。 『官報』第4651号「叙任及辞令」1899年1月4日。 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日• 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。 『官報』第996号「叙任及辞令」1915年11月26日。 関連文献 [ ]• 『教育』第457号(嘉納先生謝恩記念号)、、1921年5月• 『嘉納先生還暦祝賀会報告書』 嘉納先生還暦祝賀会、1922年7月• 『嘉納先生教育功労記念会誌』 嘉納先生教育功労記念会、1937年3月• 「」(所蔵 「叙勲裁可書・昭和十三年・叙勲巻四」)• 『柔道』第9巻第6号(故嘉納治五郎先生追悼号)、、1938年6月• 「嘉納師範追悼録」(丸山三造編著 『大日本柔道史』 講道館、1939年5月 / 、1984年3月 / 講道館監修 『嘉納治五郎大系 第十四巻 資料・索引』 本の友社、1988年5月)• 「嘉納治五郎先生の憶ひ出」(『帝国教育』第716号、帝国教育会、1938年6月)• 『教育研究』第482号、初等教育研究会、1938年6月• 『道徳教育』第7巻第7号(嘉納先生追悼号)、目黒書店、1938年7月• 『事業報告書』 嘉納先生頌徳記念会、1939年12月• 著 『』 講道館、1941年4月• 横山健堂著 『嘉納治五郎大系 第十一巻 嘉納治五郎伝』 本の友社、1988年5月、• 大熊廣明編 『大正・昭和戦前期 日本体育基本文献集 第36巻』 、1998年12月、• 嘉納先生伝記編纂会編纂 『嘉納治五郎』 講道館、1964年10月• 加藤仁平著 『嘉納治五郎 : 世界体育史上に輝く』 逍遥書院〈新体育学講座〉、1964年10月 / 逍遥書院〈新体育学大系〉、1980年2月• 「嘉納治五郎の生涯」(前掲 『嘉納治五郎の教育と思想』)• 生源寺希三郎 「嘉納治五郎の一族と家系 : 治五郎は三男か四男か」(『静岡学園短期大学研究報告』第6号、1994年3月)• Brian N. Watson. The father of judo: a biography of Jigoro Kano. Kodansha International, 2000,. 村田直樹著 『嘉納治五郎師範に學ぶ』 、2001年3月、• 藤堂良明著 『柔道の歴史と文化』 不昧堂出版、2007年9月、• 永木耕介著 『嘉納柔道思想の継承と変容』 、2008年2月、• 田中洋平、石川久美 「」(『武道学研究』第42巻第2号、2009年11月、 )• 「」(『武道学研究』第43巻第2号、2011年3月、 )• 生誕150周年記念出版委員会編 『嘉納治五郎 : 気概と行動の教育者』 出版会、2011年5月、• The way of judo: a portrait of Jigoro Kano and his students. , 2013,. 編著 『現代スポーツは嘉納治五郎から何を学ぶのか : オリンピック・体育・柔道の新たなビジョン』 、2014年9月、 関連作品 [ ] 小説• - の小説ならび、それを原作とする映像作品• 東天の獅子 (原作 : ) 映画• - 嘉納をモデルにした香野理五郎(演:)が登場する ドラマ• (、演:) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 嘉納治五郎に関連する および があります。 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の

北条早雲

うち で 踊 ろう 三浦 大 知

新型コロナの影響で先の見えない不安に駆られる多くの人々の心に染み入るような曲で、涙を流す人も少なくないようです。 源さんの『うちで踊ろう』が配信された時、たまたまお休みで、一気に広まっていく様をずっと見てて、今も色んな方のコラボが続いていて。 幸せな広まる感じが涙出てきます。 コロナの広まりを上回れ!!! — kinboshi kinboshiyukigen 源さんの感染力。 ニュースでも取り上げられてて、なぜか涙目になった。 かっこいい。 源さんの影響力。 ほんとこの人の凄さよ。 星野源さんの「うちで踊ろう」でコラボした主な芸能人やアーティストはこちらです。 星野源「うちで踊ろう」とコラボした芸能人 ・三浦大知 ・加藤ミリヤ ・高畑充希 ・香取慎吾 ・福原美穂 ・吉田沙保里 ・石田ゆり子 ・大泉洋 ・松下洸平 ・渡辺直美 ・ユリヤンレトリィバァ ・たむけん ・徳川徳男徳子 ・バナナマン ・レイザーラモンRG ・Kan Sano 他 中にはダンスでコラボする人や 電卓アーティストまで登場し、かなり多種多様なコラボ動画があつまりました^^ 多くの芸能人や一般人がネット上でコラボする様子をみて涙する視聴者も多数でているようですね! 外出自粛要請にキレてる若者、政権批判に明け暮れている元お笑い芸人、作家、諸々の人達は星野源のうちで踊ろうに多くのタレント、ミュージシャンがコラボしている動画を見た方が良い。 ライブができなくても心を暖かくする才能とその想いに涙。 そして笑いも。 日本サイコー。 本当に。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。 そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります。 お一人お一人のご協力に、心より感謝申し上げます。 わたしも芸人の仕事が9割以上無くなりました。 妄想なのでお許しを…。 多くの方に笑顔と癒しを届けたくコラボさせていただきました 水族館も生きものたちのおうちです。

次の