アローラ ガラガラ 弱点。 【ポケモンGO】レイドボス「アローラガラガラ」対策!少人数でも!初心者でも!

【ポケモンGO】アローラガラガラ対策!おすすめレイド攻略ポケモン

アローラ ガラガラ 弱点

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ガラガラ アローラ なりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [18. 48] 63. 0 [16. 27] 31. 4 [14. 83] 4. 1 [16. 42] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [104. 3] 10. 6 [102. 0] 10. 2 [100. 3] 11. 1 [99. 5] 9. 2 [98. 9] 11. 0 [98. 7] 11. 4 [98. 3] 11. 1 [97. 4] 11. 8 [97. 2] 11. 6 [96. 3] 11. 8 [95. 8] 11. 3 [95. 4] 11. 2 [95. 4] 11. 1 [95. 3] 11. 1 [95. 3] 11. 1 [95. 3] 9. 0 [95. 2] 10. 8 [95. 1] 11. 4 [94. 8] 12. 0 [92. 4] 12. 7 [90. 2] 13. 6 [90. 1] 13. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグのはがね対策として「アローラガラガラ」の評価が高まっている?

アローラ ガラガラ 弱点

攻防バランスの取れた「みずタイプ」ポケモン• ガラガラ アローラ の技に弱点を持たず耐久力が高い• これまで紹介したポケモンと比較すると火力不足感あり 弱点が少ないみずタイプポケモンがおすすめ 一番おすすめできるポケモンは「みずタイプポケモン」です。 攻撃でガラガラ アローラ の弱点を突きながら、こちらも弱点を受けることがなくタイプ相性良しです。 攻撃重視では「キングラー」になりますが、耐久力抜群の「カイオーガ」、ハイドロカノンが強力な「ラグラージ」もおすすめです。 少人数バトルならゲンガー・ラムパルド ガラガラ アローラ に対する 時間あたりのダメージ量(DPS)を見ると、「ゲンガー」と「ラムパルド」が頭一つ飛び抜けており非常に魅力的です。 2〜3人のバトルになるときはぜひ選出していきたいですが、耐久力がありません。 できる限りガラガラ アローラ のスペシャルアタックを避けていきましょう。 お手軽系ならキングラー・シャワーズ まだポケモンが十分に育っておらずこれから対策ポケモンをゲットするのであれば、「キングラー」と「シャワーズ」がお手軽に入手できるのでおすすめです。 野生に出現する高CPの「クラブ」「イーブイ」を進化させれば即バトルに使えます。 「イーブイ」から「シャワーズ」への進化は3種類のランダム進化なため要注意です。

次の

アローラライチュウの弱点とレイド対策!ソロで倒した時のポケモンとCP!

アローラ ガラガラ 弱点

ガラガラ ほねずきポケモン ぜんこくNo. 105 アローラNo. USUM 198 アローラNo. SM 164 高さ 1. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Marowak タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 28以上にレベルアップで『カラカラ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。 またダブルバトル・バトルロイヤル時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 技『わるあがき』の反動は受ける。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 『ほのお』タイプには無効。 投げつけた道具はなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 投げつけた道具はなくなる。 通常攻撃。 『ほのお』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の