鬼舞 辻 コラ。 鬼滅の刃新柱予想!新章突入で鬼殺隊入れ替え候補を考察!柱の生存・死亡状況

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞 辻 コラ

Contents• 鬼滅の刃無惨様が小物すぎる! え~最初に書きましたが、残念ながら ラスボス鬼舞辻無惨様は小物です(笑) 鬼滅の刃の敵として登場する鬼。 彼らを束ね、圧倒的な厳しさで敵・味方ともに恐れられる最強の存在、それが鬼舞辻無惨。 これだけ聞けば最強に見えるのですが・・・一体何故、小物と断言できるのか。 その理由を見ていきます。 癇癪を起こし最初から小物キャラに・・・ 実は、鬼舞辻無惨の癇癪は多くの方にネタにされています。 ・・・が、それもそのはず! だって、それを 最初にネタ?にしたのは、まさかの公式=作者様です。 鬼舞辻無惨が癇癪を起こしたのは、原作第14話。 その話のタイトルはなんと 「鬼舞辻の癇癪・幻惑の血の香り」! 思いっきり、鬼舞辻の癇癪と書いています…(汗) ちなみに、彼が癇癪を起こした際のセリフがこちら。 「私の顔色は悪く見えるか 私の顔は青白いか? 病弱に見えるか? 長く生きられないように見えるか? 死にそうに見えるか? 違う違う違う違う 私は限りなく完璧に近い生物だ」 引用・鬼滅の刃14話より これ、鬼殺隊の面々に言っているのではありません。 たまたま道を通りかかり、鬼舞辻の顔を見て「青白い顔」と言ってしまっただけの男に対しての発言です。 しかも彼、この時• 血走った眼• 淡々と上記台詞をつぶやき問い詰める• プッツンしやすい、気難しい癇癪持ち• ジャンプ史上最も理不尽でめんどくさい(味方に対して)ラスボス• 器小さすぎ• 小物のクズ• 小物で普通に性格悪い という、不名誉極まりないことを言われ続けるまでになってしまったのです。 ・・・いや、ある意味これはこれで、 癇癪持ち・小物のラスボス無惨様という、唯一無二の地位を確立させたので良いのかもしれませんね。 読者の声 そんな無惨様が、読者の方たちにどのように思われているのか、紹介したいと思います。 しかも自ら化け物化じゃなくて人のおかげだし、頼みの綱自分で殺害して方法がわからなくなるとかコントじゃねーか。 童磨のほうがラスボス感あるまである・・・ — 辻斬亭 tsujigiritei このように、言われ放題です。 なんというか、このために調べたのですが、はっきり言って鬼舞辻無惨を入れたら、• 雑魚臭 のワードがざっくざっくと出てきました。 おそらく、これほどの雑魚臭漂うラスボスは、 ジャンプ史上、いえ、漫画史上いなかったと言えるでしょう。 鬼舞辻無惨は、ある意味では歴史に名を残す、全く新しいラスボスなのかもしれません。 マイケルと言われる理由とは 鬼舞辻無惨、実は一部ではマイケルと言われています。 これは、マイケル富岡・・・ではなく、 マイケル・ジャクソンのマイケルです。 もちろん、マイケルが鬼だったわけではありませんが。 ただ、無惨様がこう呼ばれるのにはちゃんとした理由があります。 それは• 真っ白な顔色• 顔をいじっている などの要素が原因と考察されます。 実際、女声になったり、男性になったり、子供の姿に変化したり、はたまたマイケル・ジャクソンのような格好をしたり・・・と、 はっきり言ってめちゃくちゃ姿いじっています。 というかまあ、 原作コミック9巻で登場する無惨様、完全にマイケル・ジャクソンです。 興味のある方は是非、コミックを見てみて下さい(笑) 普通、あれだけ最強のラスボス感漂う中で、マイケル・ジャクソンなんてあだ名はつかないはずなのですが・・・ なんというか、いま本編無惨様との直接対決な感じなのですが、やはりここに来るまでに犯した無惨様の罪(主に数々の癇癪)が、彼のイメージに著しく影響を与えているようですね。 鬼滅の刃・無惨様のボス感に期待 結論・無惨様、癇癪持ちの小物ボスです(笑) ・・・コレで終わっては、まとめにならないので補足を。 この癇癪は、何も人間のみに向けられるものではありません。 自分を助けようとした医者• 自分を畏れ敬っている鬼たち という、 無惨様を助けようとしている人たちにまで容赦なく癇癪が降り注ぐのです。 最も理不尽なラスボスと言われたダイの大冒険のラスボス・バーン様ですら、部下にはもう少し優しかったですね。 ちなみに、無惨様はバーン様とよく比較されています。 ・・・が、無惨様はそれすらないですからね。 今後、無惨様がラスボスだとして、威厳を出して読者をいい意味で驚かせてくれる瞬間を、期待しましょう。

次の

【悲報】鬼滅の刃のボス鬼舞辻無惨様、小物過ぎてファンに可愛がられる(コラ画像あり)

鬼舞 辻 コラ

「儂が悪いのではない!! 」「この手が悪いのだ」 「この手が勝手に!! 」 概要 半天狗とは、作『』に登場する人物である。 ににされた男。 のうち、「上弦の」である。 初登場は、話。 外見 額に2本のと、大きな瘤のある小柄な老人。 恐らく、が基になっている。 性格 登場時から、という数字やそれが割り切れないことに怯え、更に、時透一郎から攻撃を受けただけでもを始めるなど、に臆病、卑屈。 その癖、自身の悪行に報いが返ってきていることに対して、弱い者と言って怒るさまはの一言。 能力 非常に小さな体になることが可で、を持つ炭治郎、柱の時透にも近づくまでさとられない隠密性。 豆子の蹴りをもものともしない性。 不利とあらば即時逃走する性格と、更に血術による底した性が特筆される。。 作外での扱い 当初、それまでの同様、悲しいがあるのかと予想されていた。 しかしその後、 僅か二でになった経緯が書かれ、且つその経緯が全く同情できないものであったことから、臆病でなとしてからの評価が決定された。 ところが、その後、その二の構成がにもうまくできていたため、他作品の人物に置き換えたが多く作られた。 更に、「上弦の」と殺隊との戦いの中で、半天狗が(間接的に)登場したことで半天狗自身のも作られることとなった。 関連項目•

次の

鬼滅の刃・鬼舞辻無惨は何者?性格・能力など

鬼舞 辻 コラ

無惨が嫌う事柄 (鬼滅の刃第14話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 無惨は老いや衰えなどの「人間らしい変化」を特に嫌います。 浅草の街でゴロツキに言われた「 青白い顔をして今にも死にそう」の発言に対して激しく癇癪を起しました。 (2巻) これは人間の様に病弱に見られたことが気に入らなかったからではないでしょうか。 また上弦たちを無限城に集めた際には老いや衰えなどの変化を嫌う事も言及しいます。 妓夫太郎が天元に敗れた時も人間らしさを残している者から死んでいくと激しく憤っています。 一方で「十二鬼月」の一人「下弦の伍」を人から鬼に変えた際に無惨は病弱な累(下弦の伍)に対して「可哀想に私が救ってあげよう」と発言しており自分の過去に重ねた様子が伺えます。 (鬼滅の刃第43話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 鬼とは (鬼滅の刃第52話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 無惨に血を与えられた人間は鬼に生まれ変わります。 鬼になると運動能力は格段に上がり不老不死に近い力と血鬼術を身に付ける事ができます。 人を食べるか無惨に血を分けてもらう事で強くなりますが、食べれる人間の量には個体差があり無惨に強さを認められると更に血を分けて貰えます。 鬼になっても人間時代の記憶は消える事はなく死に際に人間から鬼になった経緯を思い出しています。 また、鬼は基本的に単独行動しかできません。 (鬼が群れて無惨に謀反を起こさないように群れると共食いが起こると言われています。 ) 無惨と同様に日の光を浴びるか日輪刀で頸を斬られると死に至ります。 藤の花で作った毒も有効でこれは藤の花が強い日の光を好む特性が影響していると推測しています。 また香り袋は鬼避けとして重宝されています。 三巻 鬼への対応 自分を慕う鬼に対しても冷酷非情で容赦ない対応をとっており、鬼を殺す事に何のためらいも持っていません。 精鋭部隊とされる「十二鬼月」の下弦に対し「何故に下弦の鬼はそれ程まで弱いのか」と叱咤し「下弦の鬼」の解体を宣言しました。 無惨は鬼が自分に意見する事を許しておらず口答えした下弦をあっさりと葬っています。 一方で鬼が謀反を起こす事を恐れており臆病者と評する者もいます。 (鬼滅の刃第52話より引用 吾峠呼世晴/集英社) その事を裏付けるように「 全ての決定権は私にあり私の言う事は絶対である。 」「 私が正しいと言った事が正しい。 」「 お前は私に指図した。 死に値する。 」等と独裁的な言葉を発しています。 無惨に対して大半の鬼達は畏怖している一方で上弦の鬼たちは無惨に叱責されている事にさえも喜び心酔しています。

次の