シーバス ロッド 万能。 シーバスロッドが万能と呼ばれる理由とは?海釣り初心者におすすめのシーバスロッド5選

万能シーバスロッドの紹介!初めての一本はコレ!オススメロッド

シーバス ロッド 万能

なにせこの釣りは状況によって100gのジグを投げる必要があるので。 ただここでいう本格的なショアジギングは「激流エリア」「地磯など過酷な環境」に限定した話で、都市部の堤防などではかえってシーバスロッドのほうが使いやすかったりします。 対象魚が超大型・過酷な釣り場の場合はシーバスロッドではパワー不足ですが、そうでない場合は こちらのほうが汎用性が高く、青物用ロッドとしてもそこそこのパワーがあるので十分使えます! 一方、ライトショアジギングでは最強のシーバスロッド! シーバスロッドでは100g超のジグを投げた瞬間に折れてしまいますが、 20g〜40gのジグを扱う「ライトショアジギング」にはむしろ最高のロッドとして使うことができます! 自分も今ではショアジギング専用ロッドを購入して使っていますが、身近な堤防で小型〜中型青物を狙う際にはもっぱらシーバスロッドを使っています。 最大のメリットは「汎用性が高いこと」と同時に「軽量性が高いこと」で、ショアジギング専用タックルは700g以上になりますが、シーバスタックルなら合計350g以下に抑えられます。 この釣りでは、突き詰めて考えると最も青物を釣り上げるコツは「ルアーを投げ続けること」になります。 身も蓋もありませんが、回遊魚なのでいつ接岸するかわからないのが理由です。 シーバスタックルならロッド・リール合わせても非常に軽量で、少し硬めのロッドをかえばジグも余裕を持って投げられます。 厳しい環境でない限り、青物狙いには最強のロッドになります! 専用タックルを購入しようとすると最低でも3万円以上必要になりますが、シーバスタックルなら合計2万円以下に抑えられます。 リーズナブルなのも、おすすめできるポイントです。 icon-chevron-right ライトショアジギングでシーバスロッドを選ぶ際のコツ 青物狙いとしては万能的に使えるシーバスロッドですが、都市部の河川で使うような柔らかいものだと適正ルアーが投げられず、大型青物がヒットしたときにも苦労します。 そこで、ライトショアジギングでも使えるシーバスロッドの選び方を少し解説していきます!自分も最初はシーバスロッドで青物を釣っていたので、参考にしてもらえるかと。 対応ルアー重量20g〜50g程度のロッドを選ぶ シーバスロッドでライトショアジギングをするための最低条件は「ルアー重量20g〜50gが扱えること」です!メインで扱うのは30g前後のジグなので、最低でも〜40gの適正値があればOK。 このクラスなら30gのルアーをフルキャストでき、タックルバランスがよければ初心者でも100m超も飛ばすことが可能。 100gのジグを遠投したときと変わらない飛距離が出るんです。 実際に使うと適正値より柔らかいロッドが多いので、気持ち硬めを購入することをおすすめします。 ただし硬すぎると汎用性がなくなるので、個人的にはM〜MHクラスがおすすめ。 長さは9ft〜10ft程度が万能的に使える ライトショアジギングではルアーの遠投性が釣果に直結するのと、青物がよく釣れる外洋に面した堤防は足場が高いことが多いので、9ft〜10ft前後のロッドが最も使いやすいです。 自分は9. 6ftのシーバスロッドを使用していますが、どのような状況でもかなり万能的に使えています。 場所によっては、これでも短いと感じるほど。 リールとの重量バランスを考えて購入するのが一番で、3000番〜4000番が適正クラスになります。 軽量性の高いリールなら9ft、剛性が高く重量のあるリールなら10ft以上が使いやすいです。 最後に というわけで、以上「ショアジギングでシーバスロッドは流用できるのか?」という点と、青物釣りに向いているシーバスロッドの選び方について解説してみました。 青物はどうしても時期限定で釣れる魚で、コツを使わないとなかなか釣れません。 せっかく高い専用タックルを購入してもタンスの肥やしになってしまっては全く意味がありません。 それなら、使う状況・対象魚は限られますが汎用性の高いシーバスロッドのほうがあらゆる釣りに使えるし、タックルが軽量な分気軽に狙うにはこちらのほうが使いやすいです。 最初はシーバスタックルから始めて、「ショアジギングは楽しい!最も本格的に狙ってみたい!」となったら専用タックルを購入したほうがコストパフォーマンスが良いですね。

次の

【1~3万円】初心者におすすめの万能シーバスロッド5選&選び方

シーバス ロッド 万能

2015シーズン、浜名湖オープントーナメントを戦い抜いたタックル達。 様々な釣りをこなしたタックルは、何と たったの2セットでした。 しかも両方バスロッド・・・実は私、シーバスロッドを持っていません 笑。 今回は、バスロッドの持つ汎用性を考えてみたいと思います。 たった2つだけ!?と驚かれる事も多いですが、ラインのセッティングさえ変えれば、かなり色々な釣りに対応できると思います。 ちなみに2015シーズンの浜名湖オープントーナメントは、この2つだけで戦いました。 以前のタックルセレクトから、少し変わっておりますのでご参考までに・・・。 6号 14lb (よつあみ) リーダー: 2. 0号-1. クリアシャローの多い浜名湖で、 スモールルアーをロングキャストし、掛け、バラさないという点を重視したセッティング。 アキュラシーや操作性、ノリはやや犠牲にしています。 アラミド繊維で補強されたブランクで、 70cmクラスのシーバスとやり取り出来るトルクが持ち味。 感度とフッキングパワーもまずまずで、第1戦優勝の カバーシャッディングで大活躍してくれました。 関連記事:【】 それから60オーバーには良くても、 50㎝クラスのミディアムサイズはちょっとバレやすいのも難点。 魚が大きいと充分ロッドが曲がってくれるのですが、小さいとなかなかそうもいかず・・・。 50cmとは言っても、トーナメントではキーパーとして侮れない存在。 このロッドの トルクを保ったまま、もう少ししなやかでバレにくい竿が欲しいなぁ・・・と無い物ねだりをしています。 5号+フロロ20lb ワインド・スピンテール用 ライン2:ナイロン()20lb(バイブレーション・クランク用) ライン3:PE3. 0号+ナイロン20lb ポッパー用 今年の浜名湖オープントーナメント最終戦のような、 バイブレーションのカバー撃ちメインに使用しているタックルです。 下の記事に詳しく書きましたが、 魚を暴れさせない事で、ビッグサイズをカバーから引き出すために重宝しています。 関連記事:【】 夏場は シャロースプールと合わせて、クロダイのポッパーにも使いました。 関連記事:【】 最近はあまりやりませんが、 ショートキャストのボトムワインドや、 湾ベイトなどのスピンテールにも良好な使用感です。 ダルくない?と思われるかもしれませんが、伸びの少ないPEと合わせれば悪くありません。 むしろしなやかなテーパーで、 シャクリ続けても手が痛くなりにくいメリットが感じられます。 という訳で、ラインのセッティングだけを変えて、結構何にでも対応してくれるワイルドサイドWSC66ML。 個人的に、今シーズンのMVP的に気に入っているロッドです。 でもハッキリ言っておきたいのは、 バスタックル「でも良い」、と考えてここに至ったわけでは無いという事です。 これまで、ボートシーバス用ロッドも何本か試してきました。 しかしショア用に比べ、 ボート用のシーバスロッドはラインナップが非常に限られています。 しっくり来るものに出会う事が出来ず、結局 行き着いたのはバスロッドだった・・・というわけなのです。 でもタックルもそろえなきゃいけないし、敷居が高い・・・と思われるかもしれませんが、心配ご無用です。 ベイトなら バーサタイルな66Mクラスにフロロかナイロンの14lb前後。 スピニングなら 6~6. 6ftのL~MLクラスにナイロン8lb+フロロリーダー12lb程度を合わせれば、まずは釣りになると思います。 ポイントは PEを巻かない事で、伸びが無い分タックルバランスが非常にシビアになります。 やり込んでいくとPEを使いたくなると思いますが、私も未だに合わせるロッドに悩んでいます・・・。 その点ナイロンやフロロなら、適度に伸びてくれるので バラシも少なく快適です。 ソルト=PEのイメージがあると思いますが、特に バス用スピニング+ナイロン8lbは非常にお勧め。 現在 PEでバラシに悩んでいる方にも、一度試してみて頂きたいセッティングです。 きっと目からウロコが落ちる・・・はず。 という訳で、バスロッドは意外にも?ソルトにも幅広く使えると思います。 まずはソルト専用品にこだわらず、手持ちのタックルで初めて見てはいかがでしょう。

次の

【シマノやダイワ、初心者向けも!】シーバスロッドのおすすめ人気ランキング10選

シーバス ロッド 万能

現在シーバスロッドは数多くのモデルが販売されています。 様々なベイトパターンに合わせたロッドを選ぶことができる反面、一本のロッドで全てのパターンに合わせた釣りができないものかと考える人も多いと思います。 今回は万能に使えるシーバスロッドを紹介したいと思います。 シーバスロッドでの万能さとは? シーバスフィッシングでよく言われている〇〇パターン。 〇〇っていうのはシーバスが捕食しているベイトが入るんですが、例えばシーバスが多毛類を捕食していたらバチパターン。 現在では、多くのシーバスアングラーによって様々なベイトパターンが攻略されてきており、 ベイトに合わせたロッドの選択や、釣り場によるロッドの選択が必要性があります。 万能なシーバスロッドとは様々なベイトパターンに使え、どのような釣り場でもストレスなくシーバスとのやり取りが可能なロッドであるといえます。 本当にあるの?万能なシーバスロッド? 結論から言うと完全な万能ロッドはないです。 僕自身がなぜ万能ロッドがないと思っているかというと、釣りする場所が人それぞれだからという理由からです。 磯で狙う人と小規模な河川で狙う人ではロッドに求められる性能が全然違ってくるので、両方の釣り場で完璧にストレスなく釣りすることは難しいでしょう。 ですがすべての釣り場やベイトパターンに対応はできないですけど、汎用性のあるロッドならあります。 住む地域によるとは思いますけど、多くのアングラーは初めは河川や堤防からシーバスフィッシングを始めると思います。 ロッドパワーだけで考えると河川でも使いたい、堤防でも使いたいとなると汎用性があるのはパワー 硬さ が MLクラスのロッドです。 MLクラスのロッドの汎用性 MLのパワーのロッドはバット側がMのミディアムパワーでティップ側がLのライトパワーのロッドです。 バットにパワーがあるのである程度の魚なら楽に寄せるパワーを持ちつつティップが柔らかいのでフッキングしやすく、バレにくいという特徴があります。 シーバスのアベレージサイズが小さい場合はLクラスのロッドで充分ですが、河川で釣りをしていると、強引に寄せないと橋脚に巻かれてしまったり、ストラクチャーに逃げられてラインブレイクすることもあります。 そういった時のためにもバットはMのパワーがあったほうが安心してシーバスとのやりとりが可能になります。 またMLのロッドはその性質上、軽めのルアーから重めのルアーを投げることができるので、汎用性の高いです。 キャスト時に注意が必要なのは重めのルアーを投げる時にバットを使って投げる必要があるということです。 ティップが柔らかいので下手するとロッドが折れる危険があるので要注意です。 ロッドの破損を防ぐためにルアー重量は 各メーカーが推奨している重量を守るようにしてください。 MLクラスのロッドのメリットは ・青物が混じるエリアで釣りする場合にはパワーが足りない ロッドの長さ ft の選び方 MLクラスのロッドは人気の為、各メーカーから様々な長さ レングス のロッドが販売されています。 8フィート ft から10フィート ft を超えるものまであるので、色々なシチュエーションに合わせた選び方が可能です。 幅の広い大規模河川や、その河口部、堤防、サーフなどを考慮すると 9. 6フィート以上のロッドがオススメ。 小規模河川、港湾部、漁港などの小場所の場合は 9. 6フィート以下のロッドを選ぶのがオススメです。 竿選びでのポイントはルアーの飛距離をとるのであれば9フィート以上のロッドを選び、ルアーへのアクションのつけやすさをとるのであれば8フィート台のロッドを選ぶようにするといいと思います。 ロッドの操作性に関しては短いロッドの方がアクションがつけやすく、扱いやすいです。 飛距離重視の9フィート アクション重視の8フィート おわりに 私が初めて購入したシーバスロッドが、9. 6フィートのMLクラスのものです。 私の住む地域ではランカーサイズがそんなに出ないエリアなので、パワーに関しては申し分ありませんでした。 長さに関しても、背に防波堤があって投げにくいシチュエーションを除けば、どこでも使え、必要十分なレングスとパワーのあるロッドっていう感じです。 また、シーバスロッド以外の選択肢として色々な釣りに使えて便利な万能ロッドであるエギングロッドですが、もちろんシーバスを釣る時にも重宝します。 特に春先のバチパターンには MLクラスのエギングロッドがちょうどいい扱いやすさです。 ロッドの選択肢は人それぞれです。 自分の行く釣り場、使うルアーを考慮して選ぶようにしてください。 ちゃんとシチュエーションに合わせたロッド選んだつもりでも実際には自分の釣り合わなかったっていうのはよく聞く話なので。 オールマイティーに使えるMLのロッドオススメですよ。

次の