消毒用エタノール いつ。 【消毒用エタノール】使い方やIPとの違いは何?手ピカジェルの代わりにおススメ!

アルコール消毒液のどこで買える?売ってる場所や売り切れはいつまで続く? | 話題のニュースサイト「爆速ニュース」

消毒用エタノール いつ

この記事は2020年2月2日に投稿されたままの内容です。 現在と状況が異なる場合がございます。 でも触れましたが、コロナウイルスによる隣国の新型肺炎の流行の影響で、マスクや除菌スプレーは全国的に品薄状態。 私が勤めるドラッグストアも例外ではなく、連日マスクと除菌スプレーの棚は空っぽ。 一日中お客様からの「マスクないの?」「除菌スプレーどこ?」などの声に対応。 在庫は抱えていませんし、入荷もいつかは答えられず、客注なんてもってのほか。 この混乱はいつまで続くのやら、と、現場のみなさんは頭を抱えていることと思います。 そんな荒んだ医療雑貨売場を呆然と眺めていると、あることに気がつきました。 「消毒用エタノール、まったく売れてないな……」 ボトルに入った消毒用エタノールが大量に売れ残っていたのです。 なんでだろう、と思った私は、ためしに除菌グッズを探しに来られたお客様に、消毒用エタノールをすすめてみました。 「エタノール……これ、アルコールじゃないよね。 私、アルコール除菌のものが欲しいんだけど」 「え、ああ、アルコールっていうのはいわゆる総称みたいなものですから、エタノールはみなさんが認識されているアルコールで合っていますよ。 お客様が探されているジェルタイプの除菌商品も、主成分はこのエタノールです」 「そうなの? 体に使ってもいいものなの?」 「そうですね、直接手指に塗り込んでもいいですし、コットンとかガーゼにしみこませて塗ってもいいと思います。 ただ、刺激性があるので傷口や粘膜には使用できませんけども」 「うーん、でもこんなに大きな入れ物だと持ち運びにくいし、使いにくそうだね……」 「容器を用意できれば移し替えて使ってもいいと思います。 アルコールに対応した、清潔な容器である必要はありますが」 それだけ説明しましたが、結局お客様は消毒用エタノールを購入されずお帰りになりました。 ほかのお店での消毒用エタノールの状況をよく知らないのですが、この時対応したお客様から浮かび上がるのは ・アルコールとエタノールのちがいがわからない ・使い方がわからない ・なんかめんどうくさい などという理由で購入につながらないのかなというのが見えました。 このあたりを上手に説明して、お客様に知ってもらうきっかけになればとっても便利だと思うんですけどね~。 ちなみに無水エタノールと消毒用エタノールの違いについてはさらに過去の記事でも書いていますのでよかったら読んでみてください! 記事は2020年2月2日に投稿しました。 この頃の在庫状況はプッシュ式の消毒液が人気ですぐに売り切れていましたが、ボトルが大きく別容器に移し替えるのも面倒なアルコールはまだ売れ残っていました。 エタノール=アルコールという認識も今ほどされておらず、商品の選り好みをする余裕が見られましたが、程無くしてこれらも完売、入荷未定となりました。 手指の消毒を目的の人に限らず、必要な人に必要なだけの商品が行き渡らないのは、店に勤めていても心苦しく思います。 心苦しく、と簡単に言うけど、とお客様にも怒鳴られることもありましたが、そう寄り添うしかできないのが現状です。 手指の消毒のためでしたら、私はこのブログでも繰り返しお伝えしていますが、丁寧な手洗いを推奨しています。 どうにかしてほしいですよね。 私もできることを精いっぱいやっていきます。 記事は記録のため削除など致しませんが、冒頭に加筆させていただきました。

次の

なぜ? 消毒用エタノールが売れない3つの理由

消毒用エタノール いつ

今、ドラッグストアの売り場から消えているもの。 それはマスクだけではありません・・ 「除菌のジェルが全く売ってない・・」 「アルコール消毒液も売ってない」 手や指を消毒するアルコール消毒液も売っていない? という状況が続いていますね。 ドラッグストアや大手スーパーなどで、マスクとともに消毒液も棚は空っぽで、品切れの貼り紙が・・ 国内でも新型コロナウイルスの感染が広がる中、重要な予防アイテム「消毒液」が買えないという現実・・ 筆者も近所のドラッグストア、スーパー、ホームセンター、大型ショッピングモールに行ってみましたが マスク・手指の消毒液・除菌シートはどこもまだ売り切れが続いています。 (マスクは子ども用や小顔用の3枚入りがお一人様一点で販売されているという状況です) アルコール消毒液の売り切れはいつまで続くのでしょうか? 買える場所や、再入荷・再販の情報 また「アルコール消毒液」を自分で作る方法についてもご紹介していきます! もくじ• 「新型コロナウイルスの予防にアルコール消毒は効果がない」はデマ! 新型コロナウィルスの感染がニュースになった当初、 「新型コロナウィルスにアルコール消毒は効果がない」などというデマが流れたことがありましたね・・ 厚生労働省は2月6日、新型コロナウイルスに関する誤情報が広まっているとして、公式ツイッターで注意を呼び掛けました。 誤情報の内容は、「新型コロナウイルスの予防にアルコール消毒は効果がない」というものです。 「これは誤った情報です。 厚生労働省では、咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」 と伝えています。 厚労省のページでは、コロナウイルスの予防法が載っており、 「一般的な衛生対策として、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗い、うがい、アルコール消毒など行っていただくようお願いします」 と書いてあります。 しかし・・2月18日現在、アルコール消毒液の売り切れは全国的にまだ続いているようです。 「どこに行ってもアルコール消毒液が売っていない。 手元にない場合はどう予防したらよいのか」という投稿がSNSに相次いでいます。 マスクと同様、消毒液も品薄状態がまだ続くとみられます。 アルコール消毒液・売り切れ状況は?品薄はいつまで続くの? 消費者向けの手指アルコール消毒剤は、大手数社で国内シェアの約8割を占めます。 トップシェアは「手ピカジェル」などを生産する健栄製薬でシェアは5割に達するとされています。 1月下旬には「手ピカジェル」などを生産する健栄製薬の松阪工場で休日返上の増産が始まっています。 稼働時間が「通常時の倍」という異常事態。 土日や祝日も稼働し続ける対応で、「キャパシティーの限界まで増産している」とのこと、 1月はインフルエンザなどの流行期で増産する傾向にあということですが1月中旬以降に卸売業者からの問い合わせが殺到。 現在、受注は通常時の10倍以上に達し 「フル稼働していても全ての注文に応えられていない状況」ということです。 日用品大手の花王、ライオン、サラヤも 「いつまでこの状況が続くか分からないので、今後の増産体制に対してはコメントする段階にない」(花王広報) 「2月下旬からの増産を決めた。 健栄製薬や花王と同じく、設備の拡充については「まだ決まったことはない」(ライオン広報) 「現在でも生産や在庫をはるかに上回る発注がある。 健栄製薬や花王と同様、既に、操業時間の延長や増員による増産に踏み切っている。 」(サラヤ) とコメントしています。 出典 アルコール消毒液の再販・再入荷の時期はいつになる? アルコール消毒液はいつ再販・再入荷されるのでしょうか? 「消毒液の容器を中国で作っているケースもあり、単にラインを増やしても、今度は材料がボトルネックになる恐れもある。 慎重に判断したい」 と語るメーカーの担当者もいて・・ アルコール消毒液の需給ひっ迫はしばらく続くと見たほうが良さそうです・・ おそらくあと1ヶ月ほどは売切れ・品切れが続くのではないでしょうか? アルコール消毒液の再販・再入荷の時期については正確な情報が分かり次第追記していきます。 簡単に作れる?アルコール消毒液の自作方法! 新型コロナの影響でマスクや消毒が手に入らない状況が日々、深刻になっています。 実は・・アルコール消毒液は作れるということがわかりました。 用意するものは以下の通りです。 楽天で購入 アルコール消毒液の売り切れはいつまで続く? 買える場所・再販や再入荷は? 自作する方法も! まとめ 新型コロナウィルス感染が世界中でニュースになっています。 ここで改めて感染予防についておさらいすると、 「感染症予防で最も大切なのが、外出後の手洗いとうがい」 「手洗いは、できれば石けんを使い、なければ水だけでもいいので必ず行うこと」 「アルコール消毒液を利用するのも有効」 「うがいは水でいいので、手洗い、うがいをできるだけ習慣化するといいでしょう」 ということです。 一時期「新型コロナウィルスにアルコール消毒液は効果がない」というデマが流れたこともありましたが・・ 厚生労働省は2月6日、新型コロナウイルスに関する誤情報が広まっているとして、公式ツイッターで注意を呼び掛けています。 無水エタノールと精製水があれば自分でアルコール消毒液を作ることができます! 楽天市場などではまだアルコール消毒液が販売されいますので早めにチェックしてみてくださいね。 アルコール消毒液の再販・再入荷の情報については分かり次第追記をさせていただきます。

次の

アルコール消毒液のどこで買える?売ってる場所や売り切れはいつまで続く? | 話題のニュースサイト「爆速ニュース」

消毒用エタノール いつ

新型コロナウイルスの感染拡大による消毒液不足が深刻だ。 家庭や職場でアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、現在経済産業省では代替消毒方法の検討を行っているという。 災害対策室の政策企画官である金井伸輔さんに聞いた。 今回、アルコール以外の消毒方法の選択肢として界面活性剤(台所用洗剤など)、次亜塩素酸水(電気分解法で生成したもの)、第4級アンモニウム塩に加え、過炭酸ナトリウムが選定されました。 どういった経緯なのでしょうか。 金井伸輔(以下、金井)「エタノール(アルコール消毒液)は医療機関や介護施設に優先的に供給され、市場にまで出回っていないのが現状です。 実は新型コロナウイルスはエンベロープ(envelope)ウイルスといって、エンベロープという膜状のものを破壊してしまえば感染力がなくなります。 では、調べようではないかということで、4月15日から独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)に有効性評価をしていただいています」 界面活性剤、次亜塩素酸水、第4級アンモニウム塩、過炭酸ナトリウムが選定された理由は? 金井「界面活性剤、次亜塩素酸水は、有効だろうと研究者の意見がありました。 界面活性剤はSARSウイルスが流行した際、国立感染症研究所が家庭での消毒方法として示していました。 界面活性剤の中でもよく使われている8種類を検証しています。 次亜塩素酸水は主に機械で生成され、食品衛生法上の食品添加物に当たるものでは食品を洗うことも可能です。 もともと消毒剤などに配合されている第4級アンモニウム塩は、効果が期待できないとする説と、成分の種類や組成によっては有効という説もあり、確認をする必要がありました。 また、過炭酸ナトリウムは酸素系漂白剤などに使われています。 この4つは有効である可能性とともに供給力があるので、有効性が確認されたら国民の皆さんに使っていただけるようになることが重要です」 これらの有効性が確認された場合に何が期待できますか? 金井「界面活性剤は台所用洗剤や石けんなどに必ず含まれ、過炭酸ナトリウムは酸素系漂白剤の主成分です。 これらで新型コロナウイルス対策を行えると『エタノールがないから消毒できない』ということではなく、普段の掃除などに使っているものがあれば良いのだ、と皆さんに安心していただけますよね。 次亜塩素酸水は、生成する機械が食品を扱う場所、大手スーパーマーケットなどに設置されていることが多いですし、いらした方に配布を行っている事業者や役所もあるようです。 第4級アンモニウム塩については、成分が含まれた手指消毒液や除菌シートが市販されており、こうしたものに効果があると言えるようになるかもしれません」 経済産業省として消毒液不足に対して行っている取り組みを教えてください。 金井「厚生労働省と一緒に、身の回りの消毒方法の啓発活動なども行っています。 『石けんやハンドソープを使って丁寧な手洗いを行ってください』というポスターでは、2回繰り返して洗うだけで残存ウイルスが約0. また、家庭でできる0. エタノールそのものは、医療用の需要をようやく満たせる状態です。 エタノールの製造設備を作る企業に補助金を出したり、食品添加物として市販されるアルコールやお酒を消毒液代替品にできるよう規制緩和を行う手伝いをしたりしていますが、エタノールが出回るまでには残念ながらもうしばらくかかりそうです」.

次の