アレキサンドロス 18祭 曲。 【18祭】AlexandrosのPhilosophyの歌詞!0.5のフル動画はこちら!

[ALEXANDROS]、〈18祭〉で制作の新曲「Philosophy」配信リリース

アレキサンドロス 18祭 曲

同番組は18歳という大人と子どものはざま、人生の岐路に立った彼らと、[ALEXANDROS] が一つのステージを作り上げていくというチャレンジングな企画。 18歳世代と一生記憶に残る、熱量の高い体験をともに紡ぎたいという想いから生まれた。 [ALEXANDROS]と一緒にステージを作るのは日本全国の18歳世代1000人。 1000人がこの企画に参加したいというメッセージやパフォーマンスを動画に込めて送り、[ALEXANDROS]がその動画を見て「Philosophy」という曲を制作した。 また、[ALEXANDROS]の発意で、1000人が動画の中で披露してくれた特技を活かした、「0. 5」というこれまでの『18祭』には無かった特別なパフォーマンスパートも誕生。 仕事や勉強、恋愛や将来の目標など、それぞれが悩みを抱える18歳世代。 先月11月24日に行われた『[ALEXANDROS]18祭(フェス)』本番では、本気で作品を作り上げることで、 それぞれが抱える悩みを超えてひとつになったという。 さらに、同番組ではイベント当日の模様だけでなく、そこに向かうまでのさまざまな想いを抱いた18歳世代に密着。 今、 彼らが直面し抱える心の内を伝える。 また、[ALEXANDROS]の制作現場や、彼ら自身が語る18歳当時の話、 そしてこのイベントにかける想いも放送するとのこと。

次の

[Alexandros]、成人の日に「Philosophy (18祭Mix)」リリース

アレキサンドロス 18祭 曲

僕はとても普通な高校生でした。 優等生でもないし、不良でもない。 モテたわけでもないし、でも彼女がいなかったわけでもない。 出木杉くんでは勿論なかったけど、逆にのび太くんでもなかった。 何年後かに同窓会で「あんなやついたなー」 と言われるぐらいの 少年AでもBでもなく、Cぐらいの特徴のないやつでした。 でも内に秘めたものは常に持っていました。 絶対に譲れない夢と目標。 ただどう表現していいのかがわかりませんでした。 そして周りにどう思われるか不安でした。 「自分にとってこれはカッコいいんだけどなぁ…」と 自信はあったけど、いつも揺らいでいました。 友人に真剣に相談するのも気恥ずかしかったし、 厳しい親だったのでロックバンドで食っていくなんて 口が裂けても言えませんでした。 結局そこからデビューするまで10年かかりましたが、 色々な試行錯誤をして、1つの目標を達成する事ができました。 僕が皆さんに偉そうに教えられる事など一つもありません。 ただ、ちょっとの工夫でその 「自分だけのカッコいい」は 「誰かにとってのカッコいい」になり得る、 と1つの例を挙げて伝達することはできます。 なのでぜひ皆さん自身が思う「カッコいいもの」をぶつけてきてください。 なんでもいいです。 ちょっと不安でも、 今は周りが賛同してくれなくても 「それでも自分にとっての「カッコいい」はこれなんだ」 というのがあれば是非お待ちしております。 そしてそれを僕が「カッコいいもの」と思っているものと混ぜ合わせましょう。 「18祭」なので主人公は皆さん 、、と言いたいところですが、 本気でやる以上、僕もその座を奪う勢いで挑ませていただきます。 お互い刺激し合いながら 最高にカッコいいものをつくりましょう。 何卒よろしくお願いします。 本当に楽しみ。 ここぞとばかりに皆さんの中にある「カッコいい」をぶつけてください。 「世間的にはマイナーだしな。。 」とか、「自信全くないし。。 」とか、勿論皆さんにも色々あると思います。 が、こんな丁度いい機会もあまり無いと思うのでとりあえずやってみちゃいましょう。 俺はそれ全部見てみたいです。 何故なら、自分がカッコいいと信じたものを世界にぶつける気持ちで19歳で入ったこのバンドが、今18歳の皆さんとこういう風に関われるのは何か凄く縁を感じるからです。 諦めないで続ければ良い事あるものですね。 皆さんにとっても、これが何かに出会ったり目覚めたりするキッカケになれば最高だなぁと思います。 白井眞輝 Gt 18歳の皆さんと一緒にスタイリッシュに面白い事がしたいです!僕らも皆さんから学ぶ事があるでしょう!学校ではなかなか出せない一面がある事でしょう!全てこのイベントに吐き出しに来てください!楽しみにしています! 庄村聡泰 Dr 18歳の頃に聴いていたあの曲達は、今でもこの身体に、あの頃の景色と経験の感触までをも鮮明に伴って、愛おしく、鳴り響いています。 そんな曲を、僕達と一緒に、作ってみませんか? お互いにとって、素晴らしい音楽と景色と経験に出来ればなと、楽しみにしております。 僕はとても普通な高校生でした。 優等生でもないし、不良でもない。 モテたわけでもないし、でも彼女がいなかったわけでもない。 出木杉くんでは勿論なかったけど、逆にのび太くんでもなかった。 何年後かに同窓会で「あんなやついたなー」 と言われるぐらいの 少年AでもBでもなく、Cぐらいの特徴のないやつでした。 でも内に秘めたものは常に持っていました。 絶対に譲れない夢と目標。 ただどう表現していいのかがわかりませんでした。 そして周りにどう思われるか不安でした。 「自分にとってこれはカッコいいんだけどなぁ…」と 自信はあったけど、いつも揺らいでいました。 友人に真剣に相談するのも気恥ずかしかったし、 厳しい親だったのでロックバンドで食っていくなんて 口が裂けても言えませんでした。 結局そこからデビューするまで10年かかりましたが、 色々な試行錯誤をして、1つの目標を達成する事ができました。 僕が皆さんに偉そうに教えられる事など一つもありません。 ただ、ちょっとの工夫でその 「自分だけのカッコいい」は 「誰かにとってのカッコいい」になり得る、 と1つの例を挙げて伝達することはできます。 なのでぜひ皆さん自身が思う「カッコいいもの」をぶつけてきてください。 なんでもいいです。 ちょっと不安でも、 今は周りが賛同してくれなくても 「それでも自分にとっての「カッコいい」はこれなんだ」 というのがあれば是非お待ちしております。 そしてそれを僕が「カッコいいもの」と思っているものと混ぜ合わせましょう。 「18祭」なので主人公は皆さん 、、と言いたいところですが、 本気でやる以上、僕もその座を奪う勢いで挑ませていただきます。 お互い刺激し合いながら 最高にカッコいいものをつくりましょう。 何卒よろしくお願いします。 本当に楽しみ。 ここぞとばかりに皆さんの中にある「カッコいい」をぶつけてください。 「世間的にはマイナーだしな。。 」とか、「自信全くないし。。 」とか、勿論皆さんにも色々あると思います。 が、こんな丁度いい機会もあまり無いと思うのでとりあえずやってみちゃいましょう。 俺はそれ全部見てみたいです。 何故なら、自分がカッコいいと信じたものを世界にぶつける気持ちで19歳で入ったこのバンドが、今18歳の皆さんとこういう風に関われるのは何か凄く縁を感じるからです。 諦めないで続ければ良い事あるものですね。 皆さんにとっても、これが何かに出会ったり目覚めたりするキッカケになれば最高だなぁと思います。 17歳、18歳、19歳のあなたへ 「18祭」の入り口のドアにようこそ。 18祭では、 これまで3組の素晴らしいアーティストが 1000人の参加者にそれぞれ向き合い、 渾身の歌とパフォーマンスを紡ぎだしてきました。 2016年 ONE OK ROCK 「We are the colors in the dark」 from『We are』 2017年 WANIMA 「好きにやって 駄目なら戻って来い」 from『シグナル』 2018年 RADWIMPS 「君の中のクルシミを勝ち誇らせて なぁどうすんだよ」 from『万歳千唱』 「採点基準は あなたのこれからの人生 『よーい、はじめ』」 from『正解』 番組の放送をご覧になっていなくても エネルギー感あふれるパフォーマンスの動画で 胸を熱くした人も多いと思います。 18祭は、2016年NHKの 18歳選挙権キャンペーンの一環として 始まりました。 選挙権を与えられ社会的な責任を負う一方、 進路や恋愛など、人生の選択を迫られ 大きな悩みを抱える18歳世代。 そんな特別な年齢となった人たちに 自信をもって前に進んでもらうため、 私たちが出来ることのひとつとして スタートさせたのが18祭でした。 私たち自身も迷い悩みながら作ってきたこの18祭。 1000人の参加者は、時間や費用、 それぞれが抱える事情など、 いくつもの壁を乗り越えて やってきてくれました。 彼らが果たした役割は、 単にあこがれのアーティストの観客ではなく、 一緒にステージを作る共演者。 たった一度限りの共演ですが、 毎回、参加者にはとてつもなく大きな変化が訪れました。 「今、生きていることを実感できた」 「たくさんの人に出会えて世界が広がった」 「私は微力だが無力ではないと思った」 「ここから私の人生がスタートする」 18祭。 今年参加してくれるのは、 [ALEXANDROS]です。 歌とパフォーマンスは、 皆さんから送られてきた動画から メンバーがインスピレーションを得て 新しく作り上げます。 全国の18歳世代のあなた。 [ALEXANDROS]と一緒に 世界一ホットなステージを作りませんか? 特別に難しく考える必要はありません。 ひとりでの参加も大歓迎。 震えるほど楽しく、熱く、そして忘れられない体験をしましょう。 18祭 スタッフ一同.

次の

【18祭】AlexandrosのPhilosophyの歌詞!0.5のフル動画はこちら!

アレキサンドロス 18祭 曲

[Alexandros](アレキサンドロス)の名前の由来は? 結成は2001年で、本格的に始動したのは2007年。 当時のグループ名は、 [Champagne](シャンペイン) シャンペインはフランスシャンパーニュ地方名産のワインシャンパンの事で、ボーカルの川上洋平さんがシリアにいた頃のバンド名で「シャンパンのように音でみんなを酔わせたい」という意味から名付けられたのだとか。 2014年3月28日の初武道館ライブで [Alexandros](アレキサンドロス)に改名発表。 バンド名の改名の理由は、フランスシャンパーニュ地方のワイン生産同業組合日本支部からの使用自粛によるものだったそうです・・・ が、ボーカルの川上氏はこの改名を前向きに捉えて、バンド名が変わったからといって自分たちは変わらない、強いて言えばひとつ成長した、とコメントされています。 慣れ親しんだバンド名の改名にもこのプラス思考! そして、相変わらず俺らは世界一になりたいと思ってそこだけは絶対崩れないように精進します、と言われています。 世界を目指すことはブレずに、何事も前向きに捉えていけるところがいまの活躍にもつながっているのではないでしょうか? これまでに[Champagne]名義で販売されていた作品は[Alexandros]名義で再発売されているようです。 wikipedia. 大学受験はバンドデビューするためにミュージシャンを多く輩出する青山学院大学に進学されました。 在学中のデビューは叶わず、広告代理店の営業をされていたことがあるそうです。 wikipedia. 彼女との破局で落ち込んでいた時期に川上氏に誘われて[Champagne]に加入されました。 かなりのお酒好きであったり、時折「ロイヤルスマイル」と呼ばれる笑顔を見せてくれます(笑) 卒業後、国内メーカーに勤めていて福岡と東京を週末に行き来していたが、バンド活動を優先するために都内の会社に転職されたことがあるそうです。 wikipedia. 2007年に路上ライブをしていた川上氏と当時のメンバーに偶然再会して、[Champagne]にギタリストとして加入。 趣味はお菓子作り。 デビュー前は、事務職でデスクワークをされていて、運搬もしていたことがあるのだとか。 wikipedia. ツアー終了後の2010年4月1日に正式加入されました。 加入前はショップ店員をされていたそうで、自宅には1000着を超える服をお持ちだそうです。 シンバルを非常に高い位置でドラミングするのが特徴的でファンも多かったが、2019年6月に 「局所性ジストニア」の診断を受けて活動休止。 今日はいろんなことがある日だなぁ。 サトヤス君の気持ちを想うとこみ上げるものがある。 今妊婦でドラムセーブしてるだけで結構辛いのに、本当に本当に大変で辛い想いを経験してその上でのポジティブな決断に頭が下がる。 これからも応援します。 才能豊かなサトヤスさんなので今後も違うかたちで活躍してもらいたいです! まとめ [Alexandros]はCM曲の「ワタリドリ」や18祭フェスの「Philosophy」が有名ですが、2020年5月にデビュー10周年企画のひとつとしてベストアルバムが発売されます!今年10周年を迎えた彼らがどんな面白い企画をされるかとても楽しみです!!.

次の