パンプ アップ ジム。 【わかりやすい】パンプアップジム料金システムの改訂について

パンプアップ(PUMPUP)が起こる仕組みとは?筋トレ効果との関係は?

パンプ アップ ジム

「パンプアップ」という言葉を聞いたことがありますか? 筋力トレーニングの経験者であれば、いわゆる筋肉が「パンパン」になった状態って経験ありますよね? 「ああ・・・筋肉がパンパンになるからパンプアップね!なるほどなるほど・・・」と、勘違いしている人、いるかも知れません(いないかな・・・苦笑)。 確かに筋力トレーニングなどで 筋肉に負荷をかけ続けたときに、筋肉がパンパンに膨らむことがあります。 これをパンプアップと言います。 PUMP UPは「吸い上げる」という意味。 ですからこの名前の意味を考えると、筋肉が何かを吸い上げた状態ということなんでしょうね。 「上腕二頭筋がパンプアップしてきた!」 「最後にパンプアップのためのセットをやっておこう・・・」 なんていう会話をジム通いのベテラントレーニー達が交わしていることをよく聞きます。 かのアーノルド・シュワルツネッガーも「パンプアップは何にもまして気持ちがいい」と豪語していたほどです。 ところで、パンプアップとは、• 何を吸い上げているのでしょう?• そもそも何なんでしょう?• 何故起こって、その時筋肉はどうなっているのでしょう?• 筋肉なんでしょうか?それとも・・・?• 筋トレにどんな効果があるのでしょう?それとも関係ないのでしょうか? など、気になること満載です。 そんな 不思議で魅力的なパンプアップというものを今回は調べてみましょう。 まず最初に筋トレで筋肉に強い負荷をかけると、まず自分の中に蓄えられた栄養を使ってエネルギーをしぼり出します。 それを繰り返すと、やがて筋肉はエネルギーになります。 そして、さらに運動を続けることによって生み出された老廃物が貯まったり、筋肉の収縮によって発生した熱で筋肉温度が上昇した状態になります。 これは 人間で言うと「空腹」で「発熱」している状態。 かなりフラフラな感じですね(苦笑)。 こうなってしまうと、筋肉はもう大きな力を発揮できませんし、助けを呼んでいる状態です。 健康な筋肉の状態からはずいぶんと外れていますね。 ここで人間の身体(筋肉)は、この状態を「何とかしよう」とします。 具体的には栄養分を補給したり、老廃物を運びだす働きのある血液やリンパ液を筋肉を流し込み、状態を元に戻しながら、そして筋肉の熱も下げようとします。 この 筋肉内に一時的に血液やリンパ液が増えた状態、これがパンプアップの正体です。 ですので、表面上の膨らんだこの筋肉の中身は、 血液やリンパ液という水分ですので、まるで「風船に水を入れて膨らませている」ようなもの。 筋肉が大きくなって膨らんだわけではなかったわけです。 この体液が元に戻ってしまうと、当然このパンプアップも消えてしまいます。 パンプアップで筋肉が太くなる(見える)のが一時的なものなのは、これで納得ですね。 本来の筋肉強化、筋肉を太くしたいトレーニーはパンプアップをどう見たらよいのでしょう? 実は多くのトレーニーはパンプアップは 筋力強化に有効だと考えています。 ですのでパンプアップを起こすために最後のセット数を増やしたりしています。 それは何故でしょうか? 人間の身体はもともと環境に適応するように出来ています。 ですので、一時的にせよ血流などを送り込む循環装置がパンプアップのたびに強化されるのは、その仕組み自体が次の筋肉増強の前準備になるという考え方があるからです。

次の

筋トレで胸筋や三角筋をパンプアップさせる方法!筋肉肥大の効果は?

パンプ アップ ジム

「パンプアップ」という言葉を聞いたことがありますか? 筋力トレーニングの経験者であれば、いわゆる筋肉が「パンパン」になった状態って経験ありますよね? 「ああ・・・筋肉がパンパンになるからパンプアップね!なるほどなるほど・・・」と、勘違いしている人、いるかも知れません(いないかな・・・苦笑)。 確かに筋力トレーニングなどで 筋肉に負荷をかけ続けたときに、筋肉がパンパンに膨らむことがあります。 これをパンプアップと言います。 PUMP UPは「吸い上げる」という意味。 ですからこの名前の意味を考えると、筋肉が何かを吸い上げた状態ということなんでしょうね。 「上腕二頭筋がパンプアップしてきた!」 「最後にパンプアップのためのセットをやっておこう・・・」 なんていう会話をジム通いのベテラントレーニー達が交わしていることをよく聞きます。 かのアーノルド・シュワルツネッガーも「パンプアップは何にもまして気持ちがいい」と豪語していたほどです。 ところで、パンプアップとは、• 何を吸い上げているのでしょう?• そもそも何なんでしょう?• 何故起こって、その時筋肉はどうなっているのでしょう?• 筋肉なんでしょうか?それとも・・・?• 筋トレにどんな効果があるのでしょう?それとも関係ないのでしょうか? など、気になること満載です。 そんな 不思議で魅力的なパンプアップというものを今回は調べてみましょう。 まず最初に筋トレで筋肉に強い負荷をかけると、まず自分の中に蓄えられた栄養を使ってエネルギーをしぼり出します。 それを繰り返すと、やがて筋肉はエネルギーになります。 そして、さらに運動を続けることによって生み出された老廃物が貯まったり、筋肉の収縮によって発生した熱で筋肉温度が上昇した状態になります。 これは 人間で言うと「空腹」で「発熱」している状態。 かなりフラフラな感じですね(苦笑)。 こうなってしまうと、筋肉はもう大きな力を発揮できませんし、助けを呼んでいる状態です。 健康な筋肉の状態からはずいぶんと外れていますね。 ここで人間の身体(筋肉)は、この状態を「何とかしよう」とします。 具体的には栄養分を補給したり、老廃物を運びだす働きのある血液やリンパ液を筋肉を流し込み、状態を元に戻しながら、そして筋肉の熱も下げようとします。 この 筋肉内に一時的に血液やリンパ液が増えた状態、これがパンプアップの正体です。 ですので、表面上の膨らんだこの筋肉の中身は、 血液やリンパ液という水分ですので、まるで「風船に水を入れて膨らませている」ようなもの。 筋肉が大きくなって膨らんだわけではなかったわけです。 この体液が元に戻ってしまうと、当然このパンプアップも消えてしまいます。 パンプアップで筋肉が太くなる(見える)のが一時的なものなのは、これで納得ですね。 本来の筋肉強化、筋肉を太くしたいトレーニーはパンプアップをどう見たらよいのでしょう? 実は多くのトレーニーはパンプアップは 筋力強化に有効だと考えています。 ですのでパンプアップを起こすために最後のセット数を増やしたりしています。 それは何故でしょうか? 人間の身体はもともと環境に適応するように出来ています。 ですので、一時的にせよ血流などを送り込む循環装置がパンプアップのたびに強化されるのは、その仕組み自体が次の筋肉増強の前準備になるという考え方があるからです。

次の

パンプアップとは?

パンプ アップ ジム

スポーツジム「筋トレ」をはじめた頃は、同じルーティーンでトレーニング! 最初の2ヶ月間は、トレーニングマシンの使い方を一通り覚えるため、毎回同じルーティーンで「筋トレ」していた。 胸の筋トレ• チェストプレス• バタフライ 肩・背中の筋トレ• ショルダープレス• シーテッドローイング• ラットプルダウン 足の筋トレ• レッグエクステンション• レッグプレス 腰の筋トレ• ロウアーバック 腹筋の筋トレ• アブドミナルクランチ• ツイスターマシン しかし、2ヶ月を過ぎた頃よりマシンでは鍛えられない部位があることに気づいた。 効かない部位をトレーナーに相談し「筋トレ」のやり方を教えてもらう! トレーニングマシンだけではどうしても効かない部位。 私の場合、前腕と下腹部だった。 そこで少しだけ仲良くなったアクトスのトレーナーに相談をしてみた。 するとやはり私の思っていた通り前腕と下腹部に効くトレーニングマシーンはない様だ。 チョット変わった使い方をすれば、効かせることもできるのだが、普通の使い方をしても前腕と下腹部にガッツリ効くマシンはない。 そこで、あらたに教えてもらったトレーニングがこちら。 下腹部には、足上げ腹筋!• お腹が限界になるまで続け、すこし休憩したら再度「足上げ腹筋」。 こんな感じで5セットほど行っています。 翌日は、お腹全体(上部、下腹部)が筋肉痛。 おかげで少しだけ 前腕には鉄アレー。 こちらは、10回出来る重さ 現時点では10kg で、10回以上出来なくなるまで続ける。 5kgに下げて10回以上出来なくなるまで続ける。 終わった直後は、前腕がパンプアップしてパンパンになり、タオルで顔の汗を拭くことができないくらいです。 ここまで筋トレした翌日は、いい感じに筋肉痛になります。 ちなみにパンプアップとは、筋トレなどで、筋肉に負荷を与え続け、筋肉中の血液やリンパ液が増加することによって膨らむ現象です。 一時的な現象で、放置すれば元に戻ります。 ただ、パンプアップを起こすことで筋肥大(筋肉が恒常的に太くなること)につながる効果があるともいわれています。 最近は回数より内容重視でトレーニング! これまでは、1セット10回と決めてトレーニングを行っていた。 そのため、1〜2セット目は回数が物足りない感じ。 あと3〜4回はできるかも...って時でも1セットを終了。 しかし逆に後半セットでは7回ほどで限界になりはじめ、フォームも崩れだし本来の部位以外の場所が鍛えられたりしていた。 しかし、ここ最近はセット数は変えていないが、1セットの回数の考え方を変えた。 1セット1セットを限界まで行う!という考え方に。 1セット目は13回、2セット目は10回、3回目は8回と、セットを重ねるごとに回数は減るが、鍛えた部位をちゃんと鍛えれるようになった。 1セット目から最終セットまで、常に限界になるまで行うことで、トレーニングを行ったあとの筋肉の張り具合が回数でトレーニングしていた時よりも効果がある。 あとは、効果が実感できるようになったのは、トレーナーのアドバイス。 チェストプレスなどを行うときのフォームが良くなかったらしく、フォームを改善したら鍛えたい部位に効くようになった。 ちなみにチェストブレスでもらったアドバイスは、肩甲骨を寄せて肩を落とし胸を張って行う感じにすると良いとのこと。 こんな感じで、適切なトレーニング方法とトレーニング回数の考え方を変えてから、いままでより体の変化が出始めたように感じます。 スポンサーリンク まとめ。 パンプアップで筋肥大の効果を実感! 筋トレについてネットで調べると必ず出てくるパンプアップ。 最近はこのパンプアップと、超回復を意識してトレーニングするようになりました。 超回復とは、筋力トレーニング後に24~48時間くらいの休息をとることによって起こる現象で、休息の間に筋肉の総量がトレーニング前よりも増加することです。 今までは同じルーティーンで同じ回数トレーニングを行っていたのでパンプアップすることもなかったが、最近は自分の限界までトレーニングするので毎回パンプアップし、必ず次の日は筋肉痛になります。 あとは個人的感想ですが、トレーニングしない時も飲んでいる HMBサプリメントの効果です。

次の