ミニマル ウォレット。 Makuake|極限まで無駄を省いたキャッシュレス時代に適したミニマルウォレット EIWE|マクアケ

予約オーダー: 山町ミニマルウォレット

ミニマル ウォレット

薄着の季節になると長財布って結構ジャマになりませんか? 身軽にお出かけしたいのに、財布のためだけにサコッシュを持ち出すのもなぁってとき、あるんですよね。 かといって、ミニマルウォレットだと入れられるもの限られるところが悩みどころ……。 収納力がハンパない! そんな悩みを見事に解決してくれる、ありがたいお財布がありました! それが「」というミニマルウォレット。 どれだけの収納力があるかというと、 小銭とお札は持ち歩くのに不自由しないくらい入ります。 あとクレジットカードや診察券などの カード類が7枚、ICカードが1枚、レシート、常備薬なんかも忍ばせておくことができちゃいます。 これだけ入るは今まで出会ったことがありません。 そんなに入るのに 厚さは2センチ以下という薄さをキープしてくれるのがなんとも頼もしい。 長年愛用していて、たまったカードで厚くなってしまった 長財布と比べても差は歴然。 これだけの収納力があれば、キャッシュカードやクレジットカード以外も持ち出せて、普段使いでも安心できます。 ¥2,970 お札やカードが取り出しやすい お札やカード類は枚数だけ収納できても、取り出しにくかったら意味がありません。 そこもちゃんと考えられていて、 取り出しにイライラすることがないのもお気に入りポイント。 カードは収納部の下から指で直接押せるようになっていて、目当てのカードをすぐに取り出せます。 財布を開けたときにお札の半分が見えていて、お札を数えるような感じで 必要な枚数だけ少ないステップで取り出せます。 札押さえが効果的で、数枚のお札をまとめて取り出すときもお札がばらけないのには感心しました。 注意するところ:ICカードは裏のポケットに入れましょう ICカード類はカードスペースにまとめて入れちゃうと反応しなくなっちゃうので、裏側のポケットに収納しましょう。 ここに入れておけば財布をかざすだけで「ピッ!」と済ますことができます。 ポケットを選ばない 収納力ばかり注目してきましたが、 コンパクトなサイズも大きな強み。 薄着の季節はポケットの数も限られるし、尻ポケットに長財布を入れるのは落とす不安もありませんか? 「」なら、パンツのサイドポケットや胸ポケットなど たいがいのポケットにすんなり入るサイズなんですよ。 また、世界5大レザーの栃木レザーが使われているから 経年変化も楽しめそう。 そんな「」は、クラウドファンディングサイト・で支援を募集しています。 旅行に行くときはに収納して行くことが多いんですが、収納力が1番の悩みだったんですよね。 今年の夏はその悩みが無事に解決しました! [machi-ya].

次の

シンプルさを極めたビジネスパーソンのためのウォレット「The Everyday Wallet」を使ってみた

ミニマル ウォレット

ミニマルなお財布は 持ち運びやすくて、スーツのポケットにも入って何かとスマート。 でも、コンパクトになりすぎて、お札やコインなど必要なものが全て入らないものもあります。 「最低限、お札、コイン、カードが入って、なおかつコンパクトなお財布が欲しい」という贅沢な悩みを抱えている人も多いでしょう。 でも、コンパクトだけど全部入るお財布が、現在machi-yaでキャンペーン中です。 今回は、 超ミニマルなレザーウォレット「The Everyday Wallet」の実物を使ってみた感想をお伝えしたいと思います。 サイズや容量が異なる4種類が用意されており、カードやお札、コインの量にあわせた使い方ができます。 全てのお財布には以下のような共通項があります。 お札、コイン、カードが入る• コンパクト• イタリアの高級レザーを使っている• RFIDプロテクト• ユニセックスデザイン カードホルダーウォレット2種類 Photo: 島津健吾 こちらはカードをメインで持ち歩きたい人のためのレザーウォレット。 カード利用を中心に設計されているため、非常にコンパクト。 スマートかつおしゃれなデザインで、なおかつコインを収納できる隠しポケットが付いています。 KASカードウォレット Photo: 島津健吾 外側に4つのカードスロット(両面に2つずつ)が付いた 「KASカードウォレット」。 最小限のカード、最小限のコインとお札を持ち歩くことを前提としているため、「The Everyday Wallet」の中でもっともミニマルなシリーズ。 日本札を入れるときは少し上部が出てしまうので、4つ折りにする必要があります。 Photo: 島津健吾 またコインについては、この通り隠しポケットがあります。 コインの枚数は10枚程度がベスト。 そもそもコインをたくさん入れるものではないため、入れすぎるとパンパンになってしまいます。 あくまでもお札で支払った時のための、お釣り入れ程度に使うのがいいでしょう。 Photo: 島津健吾 その分、非常に薄くてコンパクトに仕上がっています。 まるで、ポケットに入れたことを忘れてしまうくらい。 ジーンズのポケットやスーツのポケットに入れても、まったくかさばりません。 ビジネスシーンでは、非常に使いやすい薄さだと言えます。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Black(ブラック)の2種類。 その他のカラーは人気で売り切れとなっています。 金額は 5,200円。 KYLカードウォレット2つ折りタイプ Photo: 島津健吾 カード類を内側に収納できる、KYLカードウォレット2つ折りタイプ。 先ほどのKYLカードウォレットと異なる点は、カード類が内側にくるので防犯対策になるというところ。 クレジットカードや銀行のキャッシュカードなどを持ち運ぶ場合は、こちらのウォレットのほうが収納しているカードが見えないので、よりセキュアです。 またノートのように見開きできることもあり、一見しただけでどこにどのカードがあるかがわかります。 スマートにカードを取り出して、支払いができるのもいいところですね。 Photo: 島津健吾 収納枚数は4枚と同じ。 コインに関しても、同じように内側に隠しポケットがあります。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Congnac(コニャック)、Black(ブラック)の3種類。 1つ5040円で支援が可能です。 >> 二つ折りウォレット(ELI ) Image: machi-ya こちらはカード、お札、コインを持ち歩きたいけど、コンパクトなお財布が欲しい方向けのウォレット。 イタリアン高級レザーを使いレザーらしい暖かい触り心地。 ELI 二つ折りウォレット Photo: 島津健吾 ELI 二つ折りウォレットは、カードが4枚、お札とコインが入るお財布。 カードスロットはお財布の内側に。 Photo: 島津健吾 お札スペースは、領収書入れとお札入れの2つに仕切りで別れていて、片方に隠しコインスペースがあります。 コインスペースは割とスペースが深めで、10〜20枚ほどのコインが入ります(入れすぎると出しずらい)。 Image: 島津健吾 また内側には、カードをすばやく引き出せるプルアウトタブがあります。 ここに入れたカードは、タブを引っ張るだけでまるでマジックのようにカードが出てきます。 小さいお財布にありがちな、「カードを取り出しにくい」を解消する仕掛け。 クレジットカードやSuicaなど、よく使う1枚をここに入れておくといいでしょう。 最初の2種類と比べて容量は増えましたが、コインスペースがそこまで大きくないので、全体的にコンパクトに仕上がっています。 1つ 8,080円で支援が可能。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Congnac(コニャック)、Navy(ネイビー)、Black(ブラック)の4種類です。 INE ジップ式二つ折りウォレット Photo: 島津健吾 ジップ式の二つ折り財布です。 特徴は全て一緒。 唯一違うのは、ジップかどうか。 ただコイン入れの背面が硬く、コインを入れられる量はこちらのほうが少なめです。 Photo: 島津健吾 ジップ式のほうがサイズは大きめでした。 コンパクトさを求めるなら、ジップなしのELIがおすすめ。 ジップのデザインが好きな方やカードやお金をより安全に持ち運びたい方は、ジップ式がおすすめです。 金額は1つ 7,280円。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Congnac(コニャック)、Navy(ネイビー)、Black(ブラック)の4種類です。 高級レザーを使ったミニマルなお財布 Image: machi-ya ミニマルだけど、入れたいものを入れられる。 それが、 The Everyday Walletの魅力だと思いました。 小さなお財布を使っていると、どうしても妥協を強いられます。 カードもお札も、コインも持ち歩きたい。 そんな欲望を現実にしてくれるのが、 The Everyday Wallet。 もちろん、それでコンパクトに仕上がっていることもお忘れなく。 The Everyday Walletは、machi-yaで支援が可能。 この機会に、しっかり使えるミニマルなお財布を試してみては? >> Photo: 島津健吾 Source: 島津健吾.

次の

ミニマルウォレット|柿渋染め

ミニマル ウォレット

ミニマルなお財布は 持ち運びやすくて、スーツのポケットにも入って何かとスマート。 でも、コンパクトになりすぎて、お札やコインなど必要なものが全て入らないものもあります。 「最低限、お札、コイン、カードが入って、なおかつコンパクトなお財布が欲しい」という贅沢な悩みを抱えている人も多いでしょう。 でも、コンパクトだけど全部入るお財布が、現在machi-yaでキャンペーン中です。 今回は、 超ミニマルなレザーウォレット「The Everyday Wallet」の実物を使ってみた感想をお伝えしたいと思います。 サイズや容量が異なる4種類が用意されており、カードやお札、コインの量にあわせた使い方ができます。 全てのお財布には以下のような共通項があります。 お札、コイン、カードが入る• コンパクト• イタリアの高級レザーを使っている• RFIDプロテクト• ユニセックスデザイン カードホルダーウォレット2種類 Photo: 島津健吾 こちらはカードをメインで持ち歩きたい人のためのレザーウォレット。 カード利用を中心に設計されているため、非常にコンパクト。 スマートかつおしゃれなデザインで、なおかつコインを収納できる隠しポケットが付いています。 KASカードウォレット Photo: 島津健吾 外側に4つのカードスロット(両面に2つずつ)が付いた 「KASカードウォレット」。 最小限のカード、最小限のコインとお札を持ち歩くことを前提としているため、「The Everyday Wallet」の中でもっともミニマルなシリーズ。 日本札を入れるときは少し上部が出てしまうので、4つ折りにする必要があります。 Photo: 島津健吾 またコインについては、この通り隠しポケットがあります。 コインの枚数は10枚程度がベスト。 そもそもコインをたくさん入れるものではないため、入れすぎるとパンパンになってしまいます。 あくまでもお札で支払った時のための、お釣り入れ程度に使うのがいいでしょう。 Photo: 島津健吾 その分、非常に薄くてコンパクトに仕上がっています。 まるで、ポケットに入れたことを忘れてしまうくらい。 ジーンズのポケットやスーツのポケットに入れても、まったくかさばりません。 ビジネスシーンでは、非常に使いやすい薄さだと言えます。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Black(ブラック)の2種類。 その他のカラーは人気で売り切れとなっています。 金額は 5,200円。 KYLカードウォレット2つ折りタイプ Photo: 島津健吾 カード類を内側に収納できる、KYLカードウォレット2つ折りタイプ。 先ほどのKYLカードウォレットと異なる点は、カード類が内側にくるので防犯対策になるというところ。 クレジットカードや銀行のキャッシュカードなどを持ち運ぶ場合は、こちらのウォレットのほうが収納しているカードが見えないので、よりセキュアです。 またノートのように見開きできることもあり、一見しただけでどこにどのカードがあるかがわかります。 スマートにカードを取り出して、支払いができるのもいいところですね。 Photo: 島津健吾 収納枚数は4枚と同じ。 コインに関しても、同じように内側に隠しポケットがあります。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Congnac(コニャック)、Black(ブラック)の3種類。 1つ5040円で支援が可能です。 >> 二つ折りウォレット(ELI ) Image: machi-ya こちらはカード、お札、コインを持ち歩きたいけど、コンパクトなお財布が欲しい方向けのウォレット。 イタリアン高級レザーを使いレザーらしい暖かい触り心地。 ELI 二つ折りウォレット Photo: 島津健吾 ELI 二つ折りウォレットは、カードが4枚、お札とコインが入るお財布。 カードスロットはお財布の内側に。 Photo: 島津健吾 お札スペースは、領収書入れとお札入れの2つに仕切りで別れていて、片方に隠しコインスペースがあります。 コインスペースは割とスペースが深めで、10〜20枚ほどのコインが入ります(入れすぎると出しずらい)。 Image: 島津健吾 また内側には、カードをすばやく引き出せるプルアウトタブがあります。 ここに入れたカードは、タブを引っ張るだけでまるでマジックのようにカードが出てきます。 小さいお財布にありがちな、「カードを取り出しにくい」を解消する仕掛け。 クレジットカードやSuicaなど、よく使う1枚をここに入れておくといいでしょう。 最初の2種類と比べて容量は増えましたが、コインスペースがそこまで大きくないので、全体的にコンパクトに仕上がっています。 1つ 8,080円で支援が可能。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Congnac(コニャック)、Navy(ネイビー)、Black(ブラック)の4種類です。 INE ジップ式二つ折りウォレット Photo: 島津健吾 ジップ式の二つ折り財布です。 特徴は全て一緒。 唯一違うのは、ジップかどうか。 ただコイン入れの背面が硬く、コインを入れられる量はこちらのほうが少なめです。 Photo: 島津健吾 ジップ式のほうがサイズは大きめでした。 コンパクトさを求めるなら、ジップなしのELIがおすすめ。 ジップのデザインが好きな方やカードやお金をより安全に持ち運びたい方は、ジップ式がおすすめです。 金額は1つ 7,280円。 選べるカラーは、Burgundy(ブルゴーニュ)、Congnac(コニャック)、Navy(ネイビー)、Black(ブラック)の4種類です。 高級レザーを使ったミニマルなお財布 Image: machi-ya ミニマルだけど、入れたいものを入れられる。 それが、 The Everyday Walletの魅力だと思いました。 小さなお財布を使っていると、どうしても妥協を強いられます。 カードもお札も、コインも持ち歩きたい。 そんな欲望を現実にしてくれるのが、 The Everyday Wallet。 もちろん、それでコンパクトに仕上がっていることもお忘れなく。 The Everyday Walletは、machi-yaで支援が可能。 この機会に、しっかり使えるミニマルなお財布を試してみては? >> Photo: 島津健吾 Source: 島津健吾.

次の