カモシカ 横浜。 カモシカスポーツ 山の店・横浜店, Yokohama, Kanagawa Videos

登山用品・クライミング用品専門店・高所作業用品の通販 カモシカオンラインショップ

カモシカ 横浜

: : : : : : : : : 階級なし : カモシカ カモシカ 族• カモシカ( 氈鹿、 羚羊)とは、広義には、(偶蹄目)(反芻亜目)の、以外、すなわち、サイガ族・シャモア族・ジャコウウシ族の3族の総称。 8属10種が属す。 の名が入っているが、シカの属するではなく、やと同じウシ科に属する。 したがって、シカとは違い、ウシ科のほかの種同様、角は枝分かれせず、生えかわりもない。 羚羊をカモシカではなくと読めば、アンテロープ、つまり、の大部分を含む(しかしカモシカは含まない)不明確なグループのことになる。 細く伸びた足を指す「カモシカのような足」という表現に現れるカモシカとは、本来はレイヨウのことで、羚羊をカモシカと呼ぶように変化したことで混同されたが、実際のカモシカの足は太い。 野生のニホンカモシカ また、ではしばしば、カモシカと言えば、国内に棲息する唯一のカモシカ類であるニホンカモシカを指す。 ・・・・・の県の獣にも指定されている。 語源 [ ] 本来はニホンカモシカを指した。 ニホンカモシカが険しい山岳(かま)に住むことから。 (もうせん、けむしろ、かも)にニホンカモシカの毛を織ったことから。 ニホンカモシカは、古くは狩猟対象であり食用とされていた、その味が鴨のように美味だから「カモシカ」という説もある。 谷間などを走っている様を上から見下ろすと、カモシカの背中の毛色が揺れ動き鳥などが飛んでいるようにも見えたから、という説もある。 分類 [ ]• Rupicaprini• シャモア属 Rupicapra• Rupicapra rupicapra• シロイワヤギ属 Oreamnos• (シロイワヤギ) Oreamnos americanus• ゴーラル属 Nemorhaedus• Nemorhaedus goral• (シーロー属) Capricornis• シーロー亜属 Capricornis• (シーロー、ヒマラヤカモシカ) Capricornis sumatraensis• Capricornis milneedwardsii• Capricornis rubidus• Capricornis thar• Capricornulus• Capricornis crispus• Capricornis swinhoei• Ovibovini• ジャコウウシ属 Ovibos• Ovibos moschatus• ターキン属 Budorcas• Budorcas taxicolor• Saigini• サイガ属 Saiga• Saiga Tatarica• チルー属 Pantholops• チルー() 脚注 [ ].

次の

カモシカが見る景色

カモシカ 横浜

早いもので5月も半ば。 動物園は引き続き休園中ですが、新年度よりニホンカモシカの担当となりました。 展示場でカモシカたちがよく休憩場所として使用しているのが、岩山のてっぺん。 岩と同化していますが、休憩しているときはよくこの場所にいます。 ここから見る景色はどんなものかな? と前から興味があったので、頂上からの様子を見てみました。 下から見上げるより高く感じます。 展示場全体とお客様がいらっしゃる園路も見渡せるなかなかの景色でした。 いつもはいらっしゃるお客様がいない休園中の様子を、カモシカたちはどう感じているのでしょうね。 担当になる前から、お客様の「どこにいるのか分からない」という言葉を耳にしていたニホンカモシカ。 園内では、体の大きなインドサイと群れで見られるスーチョワンバーラルに挟まれており、小柄で単独生活のカモシカはなかなか目立たない存在です。 少しでも皆様に知っていただけるように尽力したいと思います。 (井川)• この記事をシェアする•

次の

カモシカスポーツ高田馬場の店内&取り扱いアイテム紹介(山コラム 2019年06月24日)

カモシカ 横浜

山の経験について 大学在学中に、沢と雪山をやりたくて社会人山岳会に入会して6年ほどお世話になったのですが、そこでは、沢登り、岩登り、雪山を一通り経験させていただきました。 最初は先輩に連れて行ってもらって、その後、同じくらいの力量の人と行ってみたり後輩を連れて行ったり、ということを様々な場所で繰り返して、スキルと経験を積み上げて行きました。 沢で言えば丹沢は何度も通ったので、メジャーなルートはほとんど遡行したと思います。 冬期も、毎シーズン10回以上は山に入っていました。 雪山は特に天候に左右されるので、例えば正月の奥穂高岳は登れるまでしつこく3回もチャレンジしました(笑)。 個人でもよく山に入っていたので、山にいる時間は、その時期かなり長かったと思います。 山岳会を抜けた後は、山岳同人に所属しながらクライミングをメインに活動しています。 沢で滝が怖くて登れなかった事があって「クライミング」が必要って事に気がついて始めたのですが、それ自体が面白くなってしまって、2016年6月には長期休暇をもらってイングランドまで行ってしまいました。 山への思い、仕事への思い カモシカスポーツに入社する前は、山で過ごすことを日常にしてみたくて、南アルプスの荒川小屋でアルバイトをした事もあります。 山は一日の中で、時間とともに山肌や木々の色合いが変化していくのですが、同じ山の表情は二度と見られないと思うとソワソワして我慢できず、仕事の合間に写真を撮りに行かせてもらったりしていました。 特に朝陽や夕陽に合わせてドラマチックに変わる光や空の色、満天の星空、朝晩の凛とした空気感が好きで、ほんとうに山ではまばたきするのが惜しいくらいですよ(笑)。 常に山の全てを感じていたくて「私は山が大好きなんだな」ってつくづく思いました。 大学三年生の時に、ヒマラヤの海外遠征に誘われたんですが、就職活動があって行くかどうか迷ったことがありました。 でも一生に一度のチャンスと思って、結局、しがらみとか常識みたいものを手放して飛び込んで行ったナヤカンガ(5846m)が、私の人生において大きな転機になりました。 それから私は人生の中心に「山」を置くようになったという感じです。 カモシカスポーツには2012年にアルバイトで入社し、今に至っています。 休みを取るときも山に行くことに理解のある職場なのはありがたいですし、山に行く方がお客様でいらっしゃるお店ですので、自分の経験を活かせる仕事はやりがいを感じます。 売り場では、お客様がこれから山に行ってどんな体験を求めていらっしゃるのかを意識しながら、楽しみの可能性の広がるご提案をするように心がけています。 横浜店は、開放的な吹き抜け天井の大きな売り場が魅力ですので、沢、スキー、トレランなどシーズンによって様々なコーナーを展開して、お客様に様々な山の楽しみ方を感じて頂けるよう売り場を作っています。 同じ山でも行く季節や時間・天気で全く異なるように、スタッフは同じでも来て頂くお客様は毎日異なりますし製品もどんどん進化していくので、同じお店でも「常に変化があるところがこの仕事の面白さ」と、最近改めて感じています。

次の