ポケモンソードシールド 最強パーティ。 【ポケモン剣盾】バトルタワー攻略・バトルタワーおすすめパーティ【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】バトルタワー攻略・バトルタワーおすすめパーティ【ポケモンソードシールド】

ポケモンソードシールド 最強パーティ

しかし、 構築次第では勝ちやすいパーティを作成することが可能であり、たくさん勝利を重ねことで最強になることはできます。 構築の仕方が重要 最強のパーティに仕立て上げるには、構築の仕方が非常に重要です。 好きなポケモンをパーティ内に入れるにも、タイプ相性の相性保管を考えたり、どのような戦略で戦うのかを考える必要があります。 まずは レンタルパーティを使用し、実戦の経験を積むことで構築のヒントが掴めます。 対戦環境の考察 解禁ポケモンが多数ランクイン シリーズ5からヨロイ図鑑のポケモンやテラキオン、コバルオンといった準伝説のポケモンが解禁されたことにより、多くの解禁ポケモンが使用ランキングにランクインしています。 多くのポケモンが解禁されたことにより、環境ががらりと変化するため、今一度環境に合わせたパーティ構成の見直しを行いましょう。 特に生半可な火力では突破することのできない耐久力を持つポリゴン2や専用技やキョダイマックス技が強力なウーラオスの対策が必要となってきます。 新環境でもリベロエースバーンが強力 新環境に突入しても攻撃時に技と同じタイプに変化する特性、「リベロ」を持ったエースバーンが強力です。 常に技をタイプ一致として使用できるため、どの技を使った場合でも大ダメージを与えられるエースアタッカーとしての活躍ができます。 物理環境に対応できる物理受けが増えている 物理アタッカーが多い現環境では、カバルドンやドヒドイデなど、物理アタッカーに強いポケモンも多く使われています。 これらのポケモンは耐久力の高さから長期戦になりやすく、対応手段を用意しなけれ完全に動きを止められてしまうため、特殊アタッカーや変化技を封じる手段が重要になっています。 ダイマックスを活かした型が多い ダイマックスの「HPが上昇する」という仕様や、ダイマックス技の効果を利用したポケモンが環境に多く存在しています。 特に 「ダイジェット」の素早さを上げる効果が強力で、「ギャラドス」や「アーマーガア」といった「ダイジェット」を効果的に使えるポケモンの評価が高いです。 この影響で、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2段階上げられる「じゃくてんほけん」を持ったポケモンが多く存在しています。

次の

【ポケモン剣盾】最新ダブルバトル環境・最強Tierランキングまとめ(※12月8日更新)【ソード・シールド】

ポケモンソードシールド 最強パーティ

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

【ポケモン剣盾】初心者向けスタンダードパーティ【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモンソードシールド 最強パーティ

もくじ• 「きあいのタスキ」を持たせたバタフリーで催眠術を当て、高耐久のサマヨールで確実にトリックルームを入れていく。 サマヨールは「おきみやげ」で退場し、高火力アタッカーのドサイドンを中心に殲滅を狙うって感じですね。 自分はマスターボール級で使ってみましたが、7割くらいは勝つことが出来ました。 ハイパーボール級までは、余裕を持って勝ち続けられると思いますよ! 詳しい使い方は、以下のページで細かく解説されているので、しっかりと使い方を覚えておきましょう。 ドサイドン軸のトリックルームパーティ 本日の配信で使用し、ダブルランク3位まで上げたドサイドン軸の構築です。 ダブルバトルは、トリックルーム&ドサイドンの組み合わせがかなり安定しますね。 非トリル下で同族を対策するために、微妙に素早さを伸ばしているのも大事なポイントと言えるでしょう。 その他のポケモンもテンプレ的な構成ではなく、予想されにくい持ち物や技構成にされています。 こちらのパーティは 初心者向けということで、複雑なプレイングをすると負けやすくなっています。 以下のページで勝ち筋が解説されているので、余計なプレイングをしないように気を付けて下さい。 元世界ベスト16!勝率95%のウォーグル軸パーティ レンタルチームに上げておきました。 「ダイマックスウォーグル」を軸にしているのは、パーティを見た感じだと予想が付きにくいですよね。 そもそも、「ウォーグルって強いの?」と思う方が多いでしょうし、選出してこない可能性を考えると思いますし。 特性「まけんき」は、相手に能力を下げられた時に攻撃が2ランク上昇するというもの。 「いかく」や「キングシールド」を恐れる必要もなく、ダイアタックなどのデバフ効果を持つ攻撃もプラスに変えられます。 その他は、AS特化のアタッカー型のギルガルド、「くいしんぼう&リサイクル」と「のろい」採用のカビゴン等など。 相手にするには厄介なポケモンたちが並んでいますね。 このパーティの最大の特徴と言えるのが、 ダブルでは必須級の「まもる」が採用されていないことですね。 とにかく攻めるという戦い方が好きな人には、とてもおすすめできるレンタルパーティです。 以下のページで詳細な解説がされているので、使い方を覚えた上でご利用くださいませ。 まとめ レンタルパーティを3つ紹介しましたが、ここから選んで使えば問題なくマスターボール級には行けると思います。 マスターボール級に行ったら、自分のダブル用パーティを作ってみて、自分好みのポケモンで戦ってみて下さい。 自分のパーティだけでマスターボール級に行きたい気持ちも分かりますが、まずは1200BPを受け取ることだけを考えましょう。

次の