アメーバブログ 評判。 よくわかるAmeba Ownd(アメーバ オウンド)の使い方&評判ガイド【2020年】 | 株式会社オールスタンダード

【特典・評判】アメーバキング2の導入でアクセスや収入アップが期待できます。

アメーバブログ 評判

通称「アメブロ」ことアメーバブログ。 芸能人の公式ブログとしてよく使われています。 携帯ユーザーも多いようで、絵文字の使用もでき、一般ユーザーが楽しく利用できることを重視したつくりになっています。 いわゆる足跡機能や、フレンド機能もあり、アメブロユーザー同士が一種のSNSのような集まりになっていると言えます。 みん評のクチコミを見てみますと、利用者が多いので、友達をつくれるなどといった点が評価されているようです。 使い勝手については賛否両論。 表示される広告が大きい、機能が豊富すぎて重い、サポートの対応が今いち、といった声もありました。 インポートFC2ブログ、ココログ、Seesaaブログ、livedorrブログ お金を払ってアメブロアクセスアップサービスに申し込みましたが、アクセス数が全く上がりません。 契約の前はいいことばかり言って、実際にお金を支払ったら途端に塩対応です。 問合せは無視だし、専用のメッセージ送信画面からは、毎回メッセージが送れないようになっていて、非常に悪質です。 返金対応ありとのことですが、それに関しては申請画面すらなく、問合せ専用ページからメッセージが送れないため、アメブロアクセスアップの公式ブログからメールアドレスを見つけて問い合わせてみましたが、一切返信がありません。 これから申し込むことを検討されている方にはお勧めできません。 ちなみに、アクセスアップ解除の専用ページがあるのですが、こちらも送信できないようになっていて、解除すらできません。 本当に悪質です。 アメブロ アクセスupサービスを検討中の方へ。 前回、アメブロ アクセスアップサービスに申込みしたと投稿した者です。 集客のために申込みましたが、アクセス数が全然上がらず、お金をかけましたが全く効果がありませんでした。 問い合わせをしても返信がなく、ついには問い合わせフォームからメッセージが送信できなくなったので、アメブロ トップページの問い合わせより連絡したところ、アメブロ側はこのサービスについて全く関与していないので直接会社に連絡をしてくださいという回答でした。 アメブロ アクセスupサービス を提供しているのは、株式会社Luxsurge という会社です。 こちらに直接連絡しましたが、やはり返信はなく、電話も通じません。 (問い合わせはメールからお願いします、とHPにも記載されています) このサービスは返金対応があるとのことですが、問い合わせに対応していただけないので、返金されない可能性があります。 支払いは、銀行振込みで数ヶ月分まとめて支払いか、もしくはPayPalにて1ヶ月毎の決済になります。 振込みをしてしまった方は返金が難しいかもしれませんが、PayPalなら可能性はあるかもしれないです。 私はPayPalで月払いにしたので、次の支払いを停止にして、PayPalに事情を相談中です。 数ヶ月利用していますが、アメブロ アクセスupサービス に書いてあるようなアクセス数にはなりません。 いっても数百がいいところで、二桁の日もあります。 ある日は、純粋なアクセス数の方が多いこともありました。 (翌日、純粋なアクセス数を確認できます) 最初の月からサービスに記載されているような結果になっていないので、数ヶ月分の全額を返金してほしいのが希望ですが、どうなるかはわかりません。 アメブロ アクセスupサービス について検索するとHPと サクラのような内容のブログしかヒットしないので、ご検討中の方の参考になればと思います。 アメーバブログについて 芸能人に限らず、利用者が多いというのは、魅力的。 ただ、残念な点が結構ある。 まず、スタッフの対応があまりにも杜撰すぎ。 メンテナンスが、隔週火曜深夜に6時間と決まってるのだが、利用者の評判が芳しくなく、 スタッフブログ宛に苦情が書き込まれても、対応する気配がない。 そのスタッフブログに、他の提供しているサービスに関してのエラー等に関しても、同様。 また、コメントの削除、訂正も不可。 掲示板形式のグルっぽでも、 出会い系と思われる内容が跋扈しており、芸能人の公式のものは、アメーバ自体が対応してるんだが、全くの後手後手。 利用者が多いのに、こういう感じだと、先が思いやられる。 おごりのない応対を期待したいものだ。 実際にアメーバでブログを書いているユーザーです。 書ける文字数が4000文字以内ですが写真も含むので5~10枚載せると 文字数制限でアップできません。 すぐに書いている内容が消えます。 前日よりも閲覧した人が増えても朝11時くらいにならないと更新されません。 アメーバピグ内のゲームも実際にルールを知らないバイトの大学生がプログラムをしているそうで、ルールを知っている者からするともどかしいものです。 動きも遅くガチャやくじの当たる確率もかなり低いです。 全体的に見ても注意書きもわかりずらくおすすめできません。 とんでもなく我慢強い人でなければ使えないと思います。 始めてブログを書く方にはお勧めできません。 にほんブログ村とかFC2ブログとかで書くほうがいいと思います。

次の

Amebaブログについての詳細(特徴・機能・スペックなど)

アメーバブログ 評判

amebaownd. アメブロやAbema TVで有名な企業ですね。 当該サービスは、2015年に開始した比較的新しいサービスとなっています。 後発ということもありデザインなどを含めて今風なのが最大のポイントです。 アメブロと連携することもできるのですでにアメブロを使用している方にもおすすめです。 まずは無料プランでホームページを作成して本腰を入れて作る段階になったらプレミアムプランへの加入を検討すると良いですね。 初めからプレミアム加入はおすすめしません。 コーポレートサイトやサービスサイトに広告が表示されるのは好ましくありませんので、最終的には有料プランへの加入が必須となるでしょう。 なお、月間プランだと月額960円で年間11,520円が必要です。 月額換算800円とお得です。 Ameba Ownd アメーバ オウンド はこんな方におすすめ!• 手軽にスタイリッシュなホームページを作成したい方• アメブロでブログを運営していてそれも活用したい方• 2015年に生まれた新しいサービスだけのことはありますね。 ポートフォリオ、美容室・サロン、ブランド、カフェ、ビジネスなどジャンルごとにテンプレートが用意されているのはポイントが高いです。 GLAY、VOGUE GIRL、Starbucks Coffee Japanなどの著名人や大手企業も活用しています。 Ameba Owndでブログを運営することもできるためコンテンツを充実しやすくなっていると言えます。 in BASEと連携することでAbema Owndでネットショップを開業することができます。 決済方法などの設定を行えます。 ショップ設定を行い商品登録及びアイテム掲載をすればすぐに販売を開始することができます。 副業で何かを売りたいと考えている方にもおすすめです。 SNSやアメブロとの連携もスムーズに行える Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSと連携をすることができます。 ブログを更新する時間がなくてもSNSの更新さえしておけば最新性を保つことができますね。 SNSの利便性はサイト運営者からすると活用するべきですね。 また、アメブロと連携して記事を表示させることも可能です。 このように他社サービスと連携することでホームページへのアクセスを増やすことができ売上に繋げやすくなります。 Amebaのコミュニティがある Ameba Owndにはアメブロのように独自のコミュニティが用意されています。 正直、アメブロほどのユーザー同士の繋がりはないように思います。 まだまだこれからのサービスということもあり期待したいですね。 ユーザー同士でフォローしたり、コメントをしたりすることで訪問者を増やしやすい仕組みがあります。 それによってSEO的に有利に働くこともあるかもしれません。 CSSのカスタマイズを行うことができる CSSカスタマイズに対応しています。 知識のある方であればホームページのデザインを変更することが可能です。 ただし、編集画面が小さく大掛かりな編集をするというよりも色やサイズの編集を行うものと考えた方が良いでしょう。 スマホアプリでもホームページが作れる Google PlayやApple Storeから専用のアプリをダウンロードすることができます。 スマホで簡単にホームページを作くることも可能です。 時代もここまで来たかという印象です。 パソコンを持っていなくて名刺代わりになるホームページを持ちたいという方には最適でしょう。 パソコンからの操作に比べるとややできることは限られていますが、それでも最低限ホームページに必要な機能は備えられています。 Ameba Ownd アメーバ オウンド のデメリット 万全のSEO対策が行えるとは言えない Ameba Owndは、SEO対策を行う上で必要な設定が用意されていません。 サイトタイトル、Meta DescriptionなどTOPページのSEO対策のみ設定可能です。 個別ページについてそれらの機能はありません。 また、サイトのドメインは決められますが、下層ページのパーマリンク(URL)を設定できません。 amebaownd. amebaownd. これだとSEO的に不利だと言わざるを得ません。 Googleが推奨しているものでもありません。 コーポレートサイトやサービスサイトを長く運営したいと考えている方にとっては悩ましいですね。 今後機能が改善すると良いのですが…有名人の公式サイトが上位に表示されていないのも気になります。 GLAY、伊勢谷友介さん、夏木マリさんなど多くの著名人が公式サイトを運営していますが、固有名詞で検索しても上位に表示されていません。 何か問題があるのかもしれません。 拡張機能がほとんどなく利便性が低い Ameba Owndには拡張機能がほとんどありません。 SNSとの連携及びBASE(ネットショップ)の連携のみです。 キャッシュ、SEO、お問い合わせフォームなどサイト運営を便利にするプラグインがないのはデメリットだと言えます。 今のところ追加されるという発表もありません。 ホームページとしての完成形を目指すには時間が掛かる ホームページとしての完成を目指すにはある程度時間が掛かってしまうと思います。 ホームページの作成に慣れている弊社の担当でも数日は掛かります。 慣れていない方だと数週間から1ヶ月程度掛かってしまうかもしれません。 デザインを決めて、必要なコンテンツを企画して、写真素材を用意してとなるとどうしても時間が必要です。 特にデザイン性が高いテンプレートだからこそそこに引っ張られてしまうかもしれません。 CMSほどの細かいカスタマイズはできない CSSカスタマイズができるとは言ってもCMSほど細かいカスタマイズができるわけではありません。 テンプレートへの依存度が高く基本的にはテンプレートに沿ったデザインを作成する必要があります。 あとからテンプレートを変更することもできるので好みのデザインを見つけるまで色々試してみても良いでしょう。 もう一つ気になったのがTOPページの記事一覧を消せないということです。 トップページに必ず記事一覧が来る仕様は困りものです。 色々試行錯誤してみましたが、他のブロックのように削除ができずコーポレートサイトには不向きな側面もあります。 無料プランはやや制限が多くおすすめしにくい 無料プランの制限がやや厳しい印象を受けます。 ページ数は10ページまで、画像ストレージは1024MBまでとすぐにオーバーしてしまうと思います。 基本的には有料プランありきのサービスになっています。 月額年間10,000円程度の費用が掛かることを考えるとCMSなどの導入も検討したいですね。 それでもデザイン性が高いので見た目の重視の方にはおすすめです。 htaccessには対応していない 最後に上級者の方向けの内容を紹介しておきます。. htaccessはサイトを管理するファイルのことです。 これがないとサイトのリダイレクト処理を行うことができず今後サイトを移管したいと思ってもこれまでの苦労が水の泡になってしまいます。 他のブログからの移行については行いやすいのですが、Ameba Owndから他のサービスへの移行は行いにくい仕様です。 データのエクスポートができないことからも明白です。 実際にAmeba Ownd アメーバ オウンド でホームページを作ってみた-ホームページ制作実例• Ameba Ownd アメーバ オウンド の口コミを集めてみた• Ameba Ownd アメーバ オウンド の会員登録方法を解説【画像付き】• Ameba Ownd アメーバ オウンド の退会方法を解説【画像付き】.

次の

Ameba(アメーバ)ブログとは|特徴・評判・メリット・デメリット

アメーバブログ 評判

新規ホームページの作成• メンテナンス中の表示がされても問題ない• デザインの細かなカスタマイズまで求めていない• SNSを活用している• スターバックスも、このアメーバオウンドでブログページを作成しています。 毎月アメーバオウンドの素敵なサイトを紹介する「」を見ると、参考になるサイトがたくさん! アメーバオウンドのでは、「美容室」「健康・美容」「店」「イベント」といった細かなジャンル毎に情報が整理されているので、さまざまな事例を見ながらサイトのイメージを高めていくことができます。 アメーバオウンドの評価できる点 実際にアメーバオウンドを使ってみると、おすすめしたい評価できる点がたくさんあります。 結論として、「無料でここまでできるのは、すごい」ということ。 とにかく費用をかけずに自社ホームページを作りたいって人は、アメーバオウンドで十分かもしれません。 デザインのほとんどが画像メインの見せ方になるため、飲食店やファッション、アーティスト、ネットショップなど、写真で見せることのできる業種に向いています。 無料プランと有料プランがあり、有料プランは月額960円で年間だと9,600円と2ヵ月分お得。 有料プランだと固定で作成するページ数と画像の容量が無制限で、広告が非表示になります。 メリット1.スタイリッシュでおしゃれなサイトを簡単に作れる 用意されているテーマのデザインは、基本的にシンプルでおしゃれなものばかり。 Webの知識がなくても、簡単に無料で自社サイトを作成することができます。 メリット2.SNSを活用することで「更新している感」をだせる Facebook、Instagram、Twitterの情報をページで見せることができます。 ブログ記事は時間がかかるものなので、なかなか更新できない、けれどアップしてちょこっと文章を添えるぐらいのSNSはまめに更新している・・・というところは多いもの。 SNSの情報を「魅せる」だけで、更新されている感を演出することができます。 またSNSだけでなく、アメブロ、Amazon、楽天の情報も見せれるのが、嬉しいポイント! メリット3.デザインの簡単なカスタマイズが可能 CSSカスタマイズ機能があるので、知識があればメニューや見出しの背景の色を変えたり、背景画像を設定したり・・・というカスタマイズが可能です。 CSSしか触れないので、大幅なカスタマイズはできません。 メリット4.ネットショップも簡単に無料で開設! AmebaOwndは と連携して、ネットショップも簡単に作成できます。 BASEは、写真・テキスト・音楽データ等のデジタルコンテンツも販売可能な無料のネットショップカート。 Instagram販売Appで商品を簡単に連携して、Instagramの投稿から直接商品を販売することもできます。 数ある無料のネットショップカートの中でも、抜群に管理画面がわかりやすく、ネットに慣れていない人でも使いやすい設計。 通常は有料プランとなるような「定期購入機能」をはじめとしたさまざまなプラグインも無料で使えるので、なるべく費用をかけずにネットショップを使いたい人におすすめしています。 開設の先の画面で、BASEのメールアドレスとパスワードでログインして、アプリを認証します。 メリット5.独自ドメインを「無料」で設定できる 独自ドメインとは、好きなURLのこと。 無料でサイトを作成できるサービスの多くは、共有ドメイン(サービスのドメイン)で、独自ドメインを設定する場合には有料プランとなります。 その点アメーバオウンドでは、無料で独自ドメインを設定することができます。 URLを独自ドメインにするメリットは、 覚えてもらいやすくなり、信頼性があがること。 また独自のURL=自分だけのものなので、オリジナル性が高まります。 アメーバオウンドのサービスがなくなった・・・という時や、別のサービスに変更する際にも取得したURLを使いつづけることができるため、ドメインの評価を引き継げます。 メリット6.Google Analytics(分析)を設定できる Google Analyticsを設定すると、サイトの訪問数など詳しい情報を知ることができます。 アメーバオウンドでは、Googleアナリティクスだけでなく、Googleサーチコンソールも設定できます。 アクセスを意識して運営したい人にとっては、これは嬉しいですね! メリット7.複数人で運用管理できる 一緒にサイトを運営する人にログインのためのID・パスワードを教えることは、退職するメンバーがでたときに困るもの。 アメーバオウンドでは、ログインのためのID・パスワードを教えることなく、複数人で運用管理をすることができます。 運用メンバーを増やす際には、招待URLを発行する形になります。 アメーバオウンドのデメリット アメーバオウンドを実際に触ってみて、デメリットと感じた点です。 デメリット1. SEOを意識してサイトを移転したい人には不向き アメーバオウンドは、「既存サイトの評価を引き継ぎながらサイトを移転したい」という場合には不向きです。 通常、ドメインが変更になるときや、サイト構成の変更によって下層ページのURLが変更になる際などに、被リンク等の評価を引き継ぐため「htaccess」というものを使用してリダイレクト設定などを行います。 けれど、アメーバオウンドも含め無料ホームページ作成サービスの多くでは、設定を行うための「htaccess」というものが使用できません。 また既存サイトからドメインを引き継いでアメーバオウンドに移転する場合に、アメーバオウンドでは下層URLを設定できないため、既存サイトの下層URLと合わせることもできません。 そのため、一時的に検索エンジンからの評価が下がる可能性があります。 サイトの評価を引き継いでの移転を考えている人にとっては、大きなデメリットとなる点です。 テンプレートから作成すると似たり寄ったりのデザインになるため、独自性をだしてみようと背景色を変えてみて、写真をいれてみました。 一気にださくなりました・・・。 WordPressのテンプレートもそうですが、おしゃれなテンプレートほど、センスが問われます。 デメリット3.アメーバオウンドのシステムに依存する アメーバオウンドのシステムに依存するため、メンテナンスや不具合などでサイトが表示されない、触れない等が発生します。 メンテナンスは基本的に深夜に行われることが多く、不具合も頻繁に起こるものではないため、大規模なネットショップなど売上に直結しない場合には問題ないかもしれません。 デメリット4.無料プランではアメーバオウンドの広告が入る 無料サービスの宿命ですが、アメーバオウンドの広告が、左上・右上・ページの一番下に入ります。 とはいえ、あまり目立たないデザインなのが救い。 有料のプレミアムプランでは、広告を外すことができます。 デメリット5.アメーバブログとアメーバオウンドのブログは別物 アメーバオウンドのブログと、アメブロのブログは別物です。 アメーバオウンドからアメブロにも投稿できますが、アメブロからはアメーバオウンドに投稿できない仕様。 ブログは複数もつものでもないため、アメブロとアメーバオウンドのブログシステムが同じだといいなぁとも思います。 デメリット6.アメーバオウンドから引っ越しする際のデータ移行が手間暇かかりそう ブログのインポート(取り込み)ができるのはMT形式とWXR形式で、「Livedoorブログ」「FC2ブログ」「はてなブログ」「WordPress」については動作保証がされています。 インポートの機能はあるものの、エクスポート(出力)の項目は見当たりません。 そのため、アメーバオウンドで膨大な量のコンテンツを作成した後にサイトをお引越し・・・ということになれば、コンテンツの移転作業に苦労するはず。 アメーバオウンドの評価 評価は業種や、サイトの目的によって分かれます。 名刺に記載しているサイトを見た際に、「企業としての信頼性」が重要な業種であれば、アメーバオウンドに依存しない自社サイトを用意したほうがよいでしょう。 上記項目にあげたようなデメリットはあまり気にせず、サービス内容等を知ってもらえればいいという場合には、アメーバオウンドで十分だと思います。 アメーバオウンドでサイト作成をおすすめするケース.

次の