ゴハン行こうよ2 あらすじ。 ゴハン行こうよ2 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

ゴハン行こうよシーズン3、第2話のネタバレあらすじ結末の感想

ゴハン行こうよ2 あらすじ

あらすじ 保険会社に勤めるク・デヨン ユン・ドゥジュン は、食通でグルメブログを運営する有名ブロガー。 ここ最近、災難続きだった彼はソウルを離れ、幼少時代を過ごした世宗 セジョン 市へと引っ越すことを決める。 引越し当日、向かいの部屋に住むフリー作家のペク・スジ ソ・ヒョンジン に挨拶をしに行くと、顔を見るなり扉を閉じられてしまう。 それ以来、ゴミの出し方から駐車の仕方まで何かと文句を付けてくるスジ。 実は2人は小学校の同級生だった…。 完璧な条件を備えたエリート公務員のイ・サンウ クォン・ユル と一緒に仕事をするスジはサンウに片想い中だが、なかなか名前を覚えてもらえずにいた。 サンウは興味のない人間の名前は覚えられず、同僚ホン・イナ チョ・ウンジ の名前も覚えていなかった。 昔ペク・テジ 白豚 と呼ばれ苛められていたスジは、唯一自分に優しくしてくれたデヨンを密かに想っていた。 だが、優しくしてくれたのはデヨンの母親が経営する店の売上げのためだと知ったスジは、ショックを受けて暴食。 体重が100キロまで増え人間不信に。 辛く苦しいダイエットに成功し、現在はスリムになったスジだが、デヨンはそんな彼女のことを全く覚えていなかった。 申し訳ない気持ちから、デヨンはスジのサンウへの片想いを手助けすることになるが…。

次の

美味しい初恋 ゴハン行こうよ3 第2話あらすじ 感想 ペク・ジニ

ゴハン行こうよ2 あらすじ

この作品は、「FODプレミアム」で観ることできます! 公式サイト>> 2週間無料トライアルキャンペーンでの視聴方法については、この記事の最後にご紹介しています。 参考記事: いきなり相関図(シーズン2) ク・デヨンが主役です 「グルメブロガー」でなんですが、 ちょっと変わっているのが、食べ終わったお皿の写真をアップするブログをしていて結構人気のブログという設定です。 ドラマでもブログがちょっと出てきます。 シーズン1がどういう終わり方をしたのかわからないですが、シーズン2で ク・デヨンがソウルから世宗市へ引っ越しをしてきて、「世宗ヴィラ」に引っ越しをします。 そこで、ぺク・スジと再会します。 2人は小学校の同級生だったんですが、ク・デヨンは途中引っ越しをしてしまい、久しぶりの再会です。 また、スジは、仕事でよくあうエリート公務員イ・サンウに夢中。 ク・デヨンとスジは、ヴィラでお向かいさんになり、ク・デヨンもサンウと親しくなっていきます。 そこからは、まぁ、三角関係というか、なんというか。 見どころ 毎回、毎回、おいしそうな食べ物、ク・デヨンの食べ物うんちく、そして、 食べてるシーンが長い。 笑 みなさん、おいしそうに食べています。 おなかすいている時に見ると、つらいので、食事しながらみるといいかもしれません。 また、ヴィラには他の住人もいるので、その辺のドタバタもあり、三角関係もあり、で、 あっというまに観終わってしまいました。 「また!? オ・へヨン」の時もそうだったんですが、ソ・ヒョンジンは結構衣装がかわいい。 今回のスジ役では、私には年齢的にちょっと無理だなぁという服もあったけど、 マネしたいファッションもいくつかありました。 現在のソ・ヒョンジン ソ・ヒョンジンの最新作では、 ドラマ「ビューティ・インサイド」があります。 はじめ、製作発表の動画を観たとき、ソ・ヒョンジンってわからなかったぐらい、 雰囲気がシャープな感じになっていて、本来の素はこっちの人なのかなと思いました。 インタビューの受け答えも、さっぱりしていて、オ・へヨンやスジとはちょっと違う雰囲気でびっくり。 これは、原作が映画「ビューティ・インサイド」です。 映画、結構良かったので、ドラマがどんな風にできているのか気になります。 韓ドラの衣装など気になる方は、チェックしてみてくださいね~。 ゴハン行こうよシーズン1、2 おすすめの視聴方法 この作品は、動画配信サービス 「 」 でスマホ・タブレット・PCから視聴することができます。 1.韓国ドラマが続々配信中!またフジテレビの動画も豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上! 国内ドラマだけでなく、海外ドラマ・韓流ドラマも視聴できます。

次の

韓国ドラマ ゴハン行こうよ2 あらすじ 9話〜10話 感想あり: 韓ドラ情報サイト

ゴハン行こうよ2 あらすじ

勝ったスジに願いを尋ねるデヨン。 デヨンの後姿を見ながらつぶやくスジ。 今までデヨンに心に負担を与えたこと。。 私のせいで自ら引きこもりになったのにそれを全部デヨンのせいにして。 それでもこんな私をデヨンが理解してくれたおかげで私は自ら愛する方法を習った。。。 ありがとう。 デヨンと再会できたのは本当に幸運だった。。。 バスターミナルまでジョミを迎えに行くへリム。 家に戻る前に行きたいところがあると言うジョミ。 それはチャンス(ジュスン)が居る刑務所だった。 チャンスの事を心配していたジョミは面会に行く。 ジョミに謝り、ジョミの体調を気遣うチャンス。 両親に連絡したのか?罪を償って、出てきたら学校に行って勉強してちゃんとお前の人生を生きろと言って泣くジョミ。 もうすぐソウルの会社に移るデヨンは庁舎までサンウに会いにやって来る。 あの時は悪かった。 もう二度とスジとの仲に割り込まない。 と謝るデヨン。 サンウとスジが別れたことを知らないデヨン。 ここで最初にできた友達がお前だと知っているだろ?お前の事が好きだったのと同じくらいに憎い。 だから言わない。 時間が経って俺が大丈夫になった時また連絡する。 とデヨンに言うサンウ。 デヨンの代わりに世宗ビラに入居することになったテクス。 入居に関して注意点など小言を言う大家。 鍵を勝手に開けて入ったり、屋上にコンテナを設置したりして法を犯す大家に、元刑事だから不法なことには敏感だと脅すテクス。 ビビる大家w テクスの歓迎会とジョミが世宗ビラに戻ってきた祝いを兼ねて、屋上でパーティーをする住人達。 ジョミが屋上に置いている手作り味噌を勝手に拝借している大家。 汁を飲んだジョミに気付かれて慌てる大家w テクスのうんちくを聞いた住人達は、デヨンと喋り方が一緒だと笑う。 みんなでサムギョプサルをして楽しい時間を過ごす。 デヨンがソウルに向かう日、テクスも駆けつけてくる。 女ばかりの世宗ビラの治安を守ってくれとテクスに頼むデヨン。 もし向かいの玄関に新聞が溜まっていたらスジに具合が悪くないか聞いてほしい。 と言って最後までスジを心配するデヨン。 スジにマンガ本を渡し、世宗ビラの住人たちに挨拶してソウルに出発するデヨン。 デヨンの車を追いかけるスジ。 デヨンと再会してからの事を思い出すスジ。 デヨンもまた、スジとの事を考えていた。 それぞれ新しい生活が始まる。 スジはや家賃節約のためへリムと一緒に暮らし出した。 ソウルに戻ったデヨンは、世宗ビラの倍の家賃を払ったのに狭い部屋だ。。 とソウルに戻ったと実感する。 スジはデヨンのブログをマメにチェックしている。 "小説を書け"と注意する役となっているへリムはスジに注意する。 気分転換だと見たグルメ番組に出て来たソウルのメキシカン料理にくぎ付けになるスジ。 ソウルのデヨンも同じ番組をチェックしていた。 スジの部屋の前で酔ったまま寝ることも多いテクスw イナと友達として会うようになったスジ。 イナは自分に紹介してもらう男はどれが良いと思うか?とリストを出してスジに相談する。 スジに、大企業の会長の自叙伝代筆のアルバイトを紹介するイナ。 これで生活費を稼いで小説を書けと言うイナに、礼を言うスジ。 世宗市でも友人が増えて来たサンウだが、週に一度はソウルの実家に帰ることにしている。 ソウルへ向かう途中、スジが高速バスに乗っているのを見かけるサンウ。 高速バスの中で本を読む振りをして間食を頬張るスジを見て笑うサンウ。 イナに紹介されたアルバイトの契約をするためにソウルに来たスジ。 想像以上の高額な契約金に喜ぶスジ。 デヨンを誘ってテレビで見たメキシコ料理を食べに行こうかと思いつくスジ。 スジの電話を取ったデヨンは同僚に声をかけられる。 忙しそうだとすぐに電話を切ってしまうスジ。 スジへ電話を掛け直そうとするが、止めるデヨン。 デヨンは一人、テレビで見たメキシコ料理の店に行く。 デヨンと一足違いでスジは同じメキシコ料理の店に来る。 BEASTなどの芸能人のサインに、さすがソウルだわ。。 と興奮するスジw 時間差で、同じ席でメキシコ料理を食べていたデヨンとスジ。 顧客先に出向いていたデヨンは、サンウとばったり会い驚く。 ソウルで友達と遊ぶサンウに、スジとデートしないのかと尋ねるデヨン。 やっぱりまだお前に言ってないのか・・・と呟くサンウ。 スジと別れたと言い、スジはデヨンの事が好きなんだ。 と話すサンウ。 驚くデヨン。 今までお前のせいでどれだけ俺が苦労したのかわかってるのか??とデヨンを締めるサンウw メキシコ料理をジョミとへリムのためにお土産にして持って帰って来たスジ。 デヨンと一緒に食べたの?とスジに聞くへリム。 デヨンのブログにもメキシコ料理がアップされていたと言うへリム。 忙しいと思っていたのに・・と一人で文句を言うスジ。 スジはジョギングをする。 そのグランドに突然現れたデヨンに驚くスジ。 サンウと結婚させようと苦労したのに別れたのは契約違反だ。 俺はその契約を守るために世宗市を離れたのに。。 と言うデヨン。 その言葉の意味が解らないスジに、いきなりキスをするデヨン。 これでどうして離れたか分かるか?と言うデヨンにキスするスジ。 スジのお腹が鳴り、一緒にトッポッキを食べに行くデヨンとスジ。

次の