パワプロ 投手 能力。 パワプロ2016

【パワプロ2018】投手の金特・特殊能力一覧

パワプロ 投手 能力

能力アップ画面で経験点を消費して取得できるほか、イベントで直接取得することもある。 イベントの選択肢によって覚える・覚えないが出てくるため、イベント内容を確認しながらサクセスをプレイしよう。 超特殊能力 金特 とは 特殊能力 特能 の上位互換となる能力。 取得にはイベント+下位の特能が必要 金特はイベントでコツを取得することで能力アップ画面に追加される。 金特のコツは、下位となる特能を持っていることが取得の条件になっている。 下位能力がないものもある 司令塔やささやき戦術など、下位の特能が存在しない金特もある。 金特のコツを入手すれば取得できるようになる。 マイナス要素の多い特殊能力だが、赤特は経験点を使うことで外すことができる。 特殊能力名 効果 安打製造機 ミート打ちの時、弾道が低くなりミートがかなり上がる。 下位能力:アベレージヒッター 一球入魂 1ストライクを取られるまで、ミート・パワーがかなり上がる。 下位能力:ヘッドスライディング 球界の頭脳 捕手限定で発動。 味方投手のコントロールが上昇し、消費スタミナが減少する。 下位能力:満塁男 芸術的流し打ち 流し打ちをした時、ファールになりにくくヒットの確率がかなり高くなる。 下位能力:流し打ち 広角砲 強振時、流し方向にすごく強い打球が打てる。 下位能力:広角打法 高球必打 高めのボールを打った時、打球速度がかなりアップする。 下位能力:ハイボールヒッター 高速ベースラン 走力が上がり、ベースランニングがとても速くなる。 下位能力:レーザービーム 左キラー 野手 左投手が相手の時、ミート・パワーがものすごく上がる。 ピンチの場面で味方の守備力が上がる。 下位能力:なし 重戦車 本塁に突入した時、捕手を吹き飛ばす。 下位能力:ホーム突入 勝負師 走者が2塁以上にいる時、ミート・パワーがものすごく上がる。 ピンチ時に味方投手の能力がアップすることがある。 下位能力:なし 精神的支柱 試合に出場するとチームメイト全員の能力がすごく上がる。 下位能力:チャンスメーカー 代打の神様 代打の時、ミート・パワーがかなり上がる。 下位能力:意外性 低球必打 低めのボールを打った時、打球速度がかなりアップする。 下位能力:ローボールヒッター 鉄の壁 滑り込んでくるランナーをはね返す。 下位能力:ホーム死守 鉄人 サクセス中、ケガをする確率が低くなる。 下位能力:サヨナラ男 電光石火 盗塁時のスタートがとても速くなる。 相手投手のコントロール・スタミナがものすごく減少する。 下位能力:なし 内角必打 内角のボールを打った時、打球速度がすごくアップする。 下位能力:インコースヒッター 内野安打王 打った後の走り出しがとても速くなる。 下位能力:守備職人 アーチスト 強振の時、弾道・パワーがかなり上がる。 下位能力:パワーヒッター アイコンタクト 内野手限定で発動。 隣接する守備位置の選手同士が持っていると守備力がすごく上がる。 下位能力:なし ささやき戦術 捕手限定で発動。 相手打者のミート・パワーを下げる。 下位能力:なし ストライク送球 各塁に送球する時、悪送球になる確率がとても低くなる。 盗塁阻止時の送球が鋭くなる。 下位能力:なし メッタ打ち 2安打後の打席でミート・パワーがかなり上がる。 下位能力:固め打ち ローリング打法 インパクト時にバットを回転させ飛距離をグンと伸ばす。 下位能力:かく乱 特殊能力名 効果 意外性 5回以降両チーム無得点または7回以降負けているか同点の場面で、同点または勝ち越しのチャンスに打席が回ってきた時パワーが上がる。 気分屋 打席毎に調子が変化する。 固め打ち 2安打後の打席で、ミート・パワーが上がる。 広角打法 強振で流し打ちをした時、打球速度が落ちにくい。 高速チャージ バント処理が速くなる。 守備職人 守備時の動作が良くなり、ゲッツー崩しを無効化する。 走塁 走塁がうまくなる。 送球 各塁に送球する時、悪送球に確率がかなり低くなる。 対左投手 左投手が相手の時、ミート・パワーがかなり上がる。 帳尻合わせ 無安打の場合、3打席目以降能力が上がる。 盗塁 盗塁時のスタートが速くなる。 盗塁5のみ 相手投手のコントロール・スタミナが減少する。 粘り打ち 2ストライクの時、ミート・パワーが上がる。 本塁生還 出塁していると、味方の打力アップする。 満塁男 満塁の時、ミート・パワーが上がる。 流し打ち ミート打ちで流し打ちをした時、ファールになりにくくヒットになりやすい。 アベレージヒッター ミート打ちの時、弾道が低くなりミートが上がる。 いぶし銀 7回以降、同点もしくは2点差以内で負けておりランナーなしもしくは2塁以上に走者がいる時、ミート打ちをするとヒット性の打球が出やすい。 インコースヒッター 内角のボールを打った時、打球速度がアップする。 味方投手の能力が上昇する。 ケガしにくさ ケガをする確率が低くなる。 サヨナラ男 2塁以上にサヨナラの走者がいる時、ミート・パワーが上がる。 チャンス 走者が2塁以上にいる時、ミート・パワーが上がる。 チャンスメーカー 走者がいない時、ミート・パワーが上がる。 ハイボールヒッター 高めのボールを打った時、打球速度がアップする。 パワーヒッター 強振の時、弾道とパワーが上がる。 ヘッドスライディング 際どいタイミングで頭から滑り込む。 鋭い送球ができる。 ローボールヒッター 低めのボールを打った時、打球速度がアップする。 悪球打ち ストライクゾーン外までミートカーソルが動かせるようになる。 アウトコースヒッター 外角のボールを打つのが得意になる。 かく乱 塁に出ると相手投手や野手の能力をダウンさせる。 味方投手の能力が下がる。 味方投手の能力がかなり下がる。 三振 2ストライクの時、ミート・パワーが下がる。 併殺 ミートカーソルが下寄りになりダブルプレーを引き起こしやすい。 エラー 走者が2・3塁の時、エラー率が上がる。 ハードラック 打席時に逆風が吹いたり死球を受けやすくなる。

次の

【2019年収録】プロ野球OBのパワプロ能力データ一覧

パワプロ 投手 能力

成績:試125. 294 521-153 7本 42点 33盗 89. 345 長率. 411 OPS. 756 三率. 278 511-142 28本 85点 15盗 71. 321 長率. 491 OPS. 812 三率. ] 成績:試131. 422 長率. 576 OPS. 997 三率. 184 盗阻率. ] 成績:試129. 307 436-134 37本 94点 11盗 68. 454 長率. 615 OPS1. 068 三率. 310 523-162 47本 144点 1盗 33. 402 長率. 635 OPS1. 037 三率. リグス 2006 [ 2. ] 成績:試131. 392 長率. 646 OPS1. 038 三率. マクレーン 2001 [ 3. ] 成績:試140. 327 550-180 55本 131点 9盗 81. 421 長率. 662 OPS1. 083 三率. 332 491-163 12本 71点 4盗 80. 365 長率. 477 OPS. 841 三率. 325 452-147 44本 112点 10盗 90. 469 長率. 677 OPS1. 146 三率. ラロッカ 2004 [43] 成績:試122. 328 436-143 40本 101点 11盗 61. 425 長率. 677 OPS1. 102 三率. ] 成績:試140. 330 551-182 34本 119点 9盗 69. 399 長率. 593 OPS. 993 三率. 091 盗阻率. 279 559-156 29本 147点 1盗 50. 346 長率. 488 OPS. 834 三率. 314 555-174 7本 48点 39盗 79. 389 長率. 431 OPS. 820 三率. 317 306-97 2本 27点 11盗 57. 375 長率. 379 OPS. 754 三率. 284 543-154 7本 44点 11盗 78. 336 長率. 363 OPS. 698 三率. ] 成績:試130. 283 481-136 1本 44点 15盗 71. 334 長率. 347 OPS. 681 三率. ] 成績:試140. 434 長率. 630 OPS1. 064 三率. ] 成績:試136. 304 454-138 14本 66点 6盗 60. 344 長率. 474 OPS. 818 三率. ] 成績:試137. 334 527-176 17本 87点 6盗 66. 387 長率. 505 OPS. 892 三率. 佐藤 2009 [ 7. ] 成績:試140. 333 567-189 40本 124点 4盗 40. 373 長率. 616 OPS. 988 三率. 464 長率. 715 OPS1. 179 三率. 350 492-172 1本 24点 6盗 46. 399 長率. 421 OPS. 820 三率. ] 成績:試128. 360 445-160 31本 100点 8盗 72. 473 長率. 649 OPS1. 122 三率. ] 成績:試146. 323 560-181 6本 63点 22盗 73. 405 長率. 412 OPS. 817 三率. ] 成績:試137. 350 540-189 21本 92点 9盗 81. 409 長率. 539 OPS. 948 三率. ] 成績:試143. 329 長率. 573 OPS. 902 三率. ホワイトセル 2012 [64] 成績:試144. 319 518-165 4本 55点 40盗 66. 418 長率. 396 OPS. 814 三率.

次の

パワプロ2016

パワプロ 投手 能力

他の打撃能力が充実している状態で試合に出せばすぐに自然上昇するでしょうが、そうでないなら練習して弾道2にしたほうがいいでしょう。 ドラフト候補においては、弾道1の選手は指名を見送ります。 スカウト報告で基礎能力が高く見えても能力詐欺の可能性が高いです。 逆に弾道4の選手あるいはスピード型や守備型のような能力なのに弾道3の選手は当たりのことが多いので、積極的に指名します。 また、上記したように弾道1から弾道2に自然上昇しやすいですが、同様に弾道4から弾道3に自然降下しやすいです。 シーズン序盤にスランプなんかで2軍に落としてそのまま放置していると、シーズン終了時に弾道3に落ちてしまうので注意が必要です。 パワーや特能が充実していればE40未満でもいいですが、ブレが生じやすく安定した成績は残しにくいです。 ロマン溢れる長距離砲といったキャラ付けをしているならいいと思いますが。 練習環境が充実していれば、だいたいDランクくらいで練習設定で中矢印から小矢印になりますが、小矢印になってからでも矢印が出る限りはCランクくらいまで成長します。 もちろんミート型の選手はもっと成長します。 まぁあっても困るものじゃありませんし、選手のキャラ付けもありますから、どこまで育てるかはプレイヤー次第でしょうね。 練習機材が充実していれば、だいたいCランクまで練習設定で中矢印が出ます。 もちろんパワー型の選手はもっと成長します。 07 以降、成長しづらくなりました。 ドラフト選手の練習設定で中矢印か出ることはなかなかありません。 スピード型の選手は成長しやすい能力となっていますが、そもそもスピード型の選手は入団時から走力高くて成長限界が近いので、やはり中矢印になることは少ないです。 あと衰退が始まる時は必ず走力と肩力から始まります。 07 以降、成長しづらくなりました。 ただ、ドラフト選手ではパワー型と守備型の2タイプで初期能力が高くなりやすいので、育てる必要がない場合が多いです。 逆に、ドラフトで捕手や遊撃手で肩力が低い選手は獲得を見送るかコンバートを視野に入れての獲得になってしまいます。 多くの場合、獲得した際の初期値で起用することになるでしょう。 あと衰退が始まる時は必ず走力と肩力から始まります。 極端な話、自操作で全員守備力Gだったりすると守備範囲が狭くて、普通なら捌けるようなゴロでアウトがとれず、失点を重ねてしまうところですが、試合スキップや日程早送りだとそうなりません。 それが軽視してもいいという理由です。 ただ、突き詰めていけば投手のなんかに悪影響があったり見映えが悪かったりするので、結局は育てます。 練習環境が充実していれば、だいたいCランクまで練習設定で中矢印が出ます。 もちろん守備型の選手は伸びやすく、BランクやAランクまで中矢印のまま成長することも多々あります。 こちらも守備力同様に、自操作で選手全員捕球Gの場合は1試合で軽く2桁超えの失策を記録しますが、試合スキップや日程早送りだとそうならないことが理由です。 まぁ結局はいつもそれなりに育てていますが... 守備力同様、練習環境が充実していれば、だいたいCランクまで練習設定で中矢印が出ます。 もちろん守備型の選手はもっと成長します。 が、2018から、ベテラン選手に特殊能力を教わる際に習得するまでどえらく時間がかかるようになりました。 さらにベテランになると特殊能力を消失しやすくなるので、特殊能力練習をする際は『どの特殊能力なら消失しない しにくい か』『習得するまでにベテランが引退しないか』などを考える必要があります。 金特なら消失することはないので、その点では金特を持つベテランの採用はオススメできます。 (金特でもシーズン成績次第では能力が降下・消失するとの情報を頂きました) また、チャンスや対左投手はシーズン成績と試合結果によってとんでもなく変動するので、あまりこれらの能力を育てるのはオススメできません。 習得にかかる時間を考えると、打撃コーチ、守備コーチに起用するのにオススメの特殊能力は、アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、キャッチャーなどを指導できるコーチになります。 ただ、コーチは育成力や分析力も大事なので、そことの兼ね合いも考えなければなりません。 sisterion.

次の