ミステリー 映画 日本。 どんでん返しがすごいおすすめ映画50選【鳥肌ものの名作は?】

サスペンス・ミステリー邦画映画のおすすめランキングベスト50!どんでん返しを楽しもう【2020年最新版】

ミステリー 映画 日本

「気持ちが人を感動させる」。 これがミステリー映画が幅広く市場を獲得できた重要な原因であり、複雑で紆余曲折に富んだ事件の推理プロセスによるものではない。 人気映画のほとんどが社会派ミステリー小説を原作とする。 社会派ミステリーには感情、人間性、倫理観、社会の現実が描かれており、作品に深みを与えるだけでなく、一般の観客の心を揺り動かし共鳴させることができる。 ミステリー小説の別の流派の市場と比べるとこのことがよくわかる。 純粋な本格推理小説とその後継である変格推理小説は、市場の規模が小さく、波及力にも限界があり、一部のマニアを引きつけるだけだ。 松本清張が確立した社会派ミステリーは、単純な「謎をちりばめ、誤った手がかりを与え、最後に探偵が謎解きをする」というミステリーの定石にとどまらず、ストーリーの中に社会の現実、人間の複雑さ、登場人物の感情を織り込んで、ミステリーファン以外にも読者の幅を広げ、物語の世界から抜け出せないほど虜にし、最終的にミステリーというジャンルを大いに流行らせた。 松本清張の作品を通して、人々はミステリーのもつ文化的潜在力と潜在的波及力に気づき、ミステリーはこのように深いもので、これほど多くの読者を引き付けるものだと実感させてくれる。 今の日本で最も人気があるミステリーの書き手は東野圭吾で、本格派と社会派のよいところを取り入れている。 東野作品で推理は容器に過ぎず、より豊かに質感をもって描かれるのは社会の現実だ。 こうして謎解きと感情が密接に、より有機的に絡み合う東野ワールドが出現する。 「祈りの幕が下りる時」などは、推理プロセスは忘れても、親子の深く無私の愛情や絆のドラマは記憶に残る。 こうした作品には決まって非常に魅力的なキャラクターと複雑な内面を備えた探偵役が登場する。 複雑な社会の現実を物語の中へ ミステリーは昔からある映画のジャンルで、真剣で、緻密的、内省的、優雅といった特徴をもつ。 ストーリーの中心はまとまりのある、密接に関連した事件の謎解きプロセスで、厳密な推理を展開するにはストーリーが一体感をもち、プロットが絡み合う必要がある。 理性的で論理を重んじるという作風から、視覚的には単調なものになりやすい。 また観客も謎解きに参加し、思考プロセスをたどるため、テンポがゆっくりになりがちだ。 こうしたわけで、日本の映画界は本格派より社会派のミステリーを好み、松本清張、東野圭吾、伊坂幸太郎などの作品の多くが映画化されてきた。 「砂の器」や「容疑者Xの献身」などは何回も映画化されている。 なぜなら、こうした作品は感情や人間そのものを描いており、人間ドラマが観客を引きつけるからだ。 また、現在主流の商業映画はアクションシーンや視覚的効果を重視する傾向があり、理性的で、知的なミステリーは時代遅れになってしまった。 現代の観客は視覚的により刺激的で、テンポも速い商業映画をより好む。 そこでミステリー映画の新たな発展の可能性として、アクションやサスペンスなどの視覚的効果をねらいやすいジャンルとの融合が現れている。 こうしたジャンル融合型の現代的ミステリー映画は、犯罪映画、ホラー映画、アクション映画などさまざまなジャンルの要素を取り入れている。 ここから、ミステリー映画というジャンルの日本での発展繁栄ぶりには独自の原因があることがわかる。 最も人気のある社会派ミステリー映画は、犯罪の動機を追及し、人物を描き出すことに主眼が置かれ、社会の現実、人間の欲望を架空の物語の中で描ききる力を商業映画に与えている。 人間と犯罪が交錯するモデルがワンパターンに陥ることはあるが、推理プロットの緻密さ、登場人物の描き方の深さ、描かれた社会の現実のリアルさなどが、アクションやコメディなど他のジャンルの多くの商業映画には到底及ばない魅力をミステリー映画が備えている。 こうした理由から、ミステリー映画には視覚的に弱い、テンポが遅いなどさまざまな欠陥がありながら、社会派ミステリー作品ではそれがかえって強みになり、ミステリー映画を現代の日本文化の中で最も生命力にあふれた文化的リソースへと押し上げている。 2 外部サイト.

次の

サスペンス・ミステリー邦画映画のおすすめランキングベスト50!どんでん返しを楽しもう【2020年最新版】

ミステリー 映画 日本

邦画はなぜつまらない? 邦画は実際には面白い作品があったとしても、それがジブリやディズニー作品のように広く一般的に知られていないと日本映画が面白いとは認識されず、目立った作品が無いように思われてしまいます。 それは日本映画界の仕組みであったり、映画館のチケット代の問題などもあるのですが、 わざわざ映画館に足を運ばなくなった人が減っているのも要因でしょう。 シネコンばかり増えて、それに合わせた映画しか上映されていないという現状があり、シネコンが併設されたショッピングモールに来る客層に合わせた映画が優遇されている印象も強く、作り手側もそれに合わせたものしか製作出来ないということもあるようです。 なので昨年ブームになった『カメラを止めるな!』のようなレアケースは除き、殆どが小説や漫画を原作にしたある一定の動員が見込めそうなものや、子供やファミリー向けのアニメに、大人も楽しめる大作アニメばかりになっているんです。 とくに近年は少女マンガを原作にした恋愛ものや、昔から続く少年漫画の実写化作品ばかりが作られ、しかも大ヒットするわけではなくそこそこな動員なものが沢山あるという印象があります。 なので誰も彼もが見たヒット作は、ハリウッド大作や、有名アニメスタジオや監督の作品だけということになってしまってるんです。 では、先程例に出した「韓国映画」はどうなのかを挙げて、今の「日本映画」と比べてみようと思います。 님, 2019 6월 22 1:37오전 PDT 世界的に見ても日本では映画館で映画を観る人が少なく、年間でも平均1回ほど映画館に足を運ぶくらいなのですが、韓国では映画館に足を運ぶ人が多く、平均すると年間で4回以上なんだとか! そして、韓国は映画館のチケット代が約600~1000円くらいと日本の半額以下で、高い席でも日本より断然安く見れます。 それに比べ日本は基本が1800円と、世界で見てもかなりチケット代が高いようです。 そして韓国では映画館に豪華な施設が用意されていることもあり、デートにもってこいな特別席や、席から直接飲み物を注文出来るシステムなどもあるようで、映画をいかに楽しめるかに凝っているんです。 その上、最新のシアターシステムも日本よりも早く導入されたりと、圧倒的に映画館の質が高いのも要因だと思います。 2、映画そのもののクオリティの高さ 님, 2019 3월 22 4:00오전 PDT 韓国のとある映画館 先程の映画館に足を運ぶ頻度が韓国は日本の4倍だというのは、映画そのもののクオリティの高さも理由として挙げられていて、映画にかける予算もかなり高いようです。 それなのに、韓国映画の方が日本よりも予算がかけられるのには国家が産業を後押ししていることも大きく、K-POP や韓国ドラマをはじめとした「韓流」をアジア全域を始め、今やアメリカにまで浸透させつつあるからなんです。 そもそも国内需要が日本の半分以下なので、どうしても国外に目を向ける必要があり、日本の音楽や映画と比べるとはじめから世界を視野に置いて作られているということも大きいでしょう。 それに比べ日本は国内の売り上げだけで成り立ってきたため、日本人向けはもちろんのこと、いかに手軽に作ってそこそこの利益を出せるかという小さな世界で満足してきたんだと思います。 それは映画のみならずドラマや音楽なんかも同様で、世界で評価されているものも勿論ありますが、規模でいうとアニメや漫画でしか韓国に勝てていないのが現状です。 スポンサーリンク 3、高い予算=面白い? 何百億も制作費をかけるハリウッド作品が全て面白いかと言えばそうではないように、予算をかければ面白い作品になるというものではないのですが、いかんせん日本映画は基本日本人向けに作られていて、はじめから世界のマーケットに出すつもりで作ってる作品は殆どありません。 なので、自然と予算も国内向けに限られますし、海外で賞を取る作品であっても世界で大ヒットするわけでもなく アニメは別として 、そもそも日本国内でさえ映画賞をとったからといって飛び抜けてヒットする訳でもなく、大勢が見て面白いと感じる訳でもありません。 逆に、一部の例外的作品を除いては「賞を取る映画はヒットしない」イメージがあるぐらいなんです。 また、それらの殆どが一部の映画ファンが面白いと思うだけで、「面白くてヒットして賞も取る日本映画」なんてごく稀だと思います。 日本国内の映画賞を見ても、「日本アカデミー賞」はある程度の知名度と作品性があるものが順当に選ばれますし、昔からある「キネマ旬報ベスト・テン」は一般受けしにくい作品ばかりが取るイメージがあり、大ヒット作品が賞も取るイメージはあまりありません。 そもそも日本映画の大ヒット作は殆どがアニメですし。 そういう流れが長年続いたせいか「評価が高い=面白い」とはならず、一般の人にはなんら影響を及ぼしていない印象なんです。 それと比べ韓国映画は、「ヒットしている映画=面白い」と言い切れる位で、「面白くてヒットして賞も取る映画」が沢山あります! 人口は日本の半分以下なのに、観客動員数が1000万人を超す国内映画が2000年以降だけでも15作品以上あり 日本は4作品だけで、その内3作品はアニメ 、その殆どが評価も高い傑作ばかりです。 4、映画の作り方の違い 韓国映画は、何らかの社会的メッセージ性を入れるのが普通で、それでありながらちゃんとエンターテイメント作品として面白さや分かりやすさを入れているのが当たり前。 そのため歴史ドラマやサスペンス、ホラーであっても何百万人という観客を動員出来ているんです。 もちろん、ヒットしていなくても面白い作品もありますが、やはりそれらは一般向けとはいえず、大ヒット作よりも面白いかと言われればそうではありません。 一方、日本映画はそれぞれのジャンルファンに向けて撮っているものが多く、アニメ、特撮ファン、時代劇、サスペンス、ミステリー、ヤクザ、ヤンキー、コメディ、恋愛、漫画原作、小説原作、アイドル、テレビドラマの映画化、テレビ局による企画ものなど、多くの人が楽しめる作品は洋画かアニメのみといった印象があります。 勿論、それぞれに面白いものもあるのですが、一定の客層向けの作品ばかりなのでその規模も小さく、「大きくヒットしない=知名度がない=面白くても浸透しない」ということになるわけなんです。 そう考えると日本映画の面白い作品は残念ながら埋もれてしまっているものが多く、私が個人的に好きな日本映画もヒット作ではありません。

次の

日本でミステリー映画が大人気の理由は?―中国メディア

ミステリー 映画 日本

ある日の明け方、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻のもとに箱が届く。 箱の中には赤いボタン付きの装置が入っていた。 その日の夕方、スチュワート(フランク・ランジェラ)と名乗る人物がノーマを訪ね、ある提案を持ちかける。 「このボタンを押せば、あなたは1億円を受け取る。 ただしこの世界のどこかで、あなたの知らない誰かが死ぬ…」。 ふたりは道徳的ジレンマに迷うが、目の前に1億円を見せられ、結局ボタンを押してしまう。 果たして、ふたりの運命の行方は!? ミステリースリラー小説が原作の作品です。 大金の為に見ず知らずの誰かを間接的に殺してしまった夫婦の運命はどうなるのでしょうか。 また、究極の提案を持ちかけたスチュワートはいったい何者なのでしょうか。 1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。 婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。 ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。 戦前にパリでフランツと知り合ったと語る彼の名はアドリアン。 アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。 モウリス・ロスタンの戯曲を原作としたミステリー映画です。 亡くなった婚約者の友人だったと名乗る男性の正体と真実へ至るまでの謎が繊細に描かれています。 ミステリーとロマンスのバランスが取れた素晴らしい作品です。 愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの、まるで何かに呪われたような人生は、難産の末、この世に生を受けたときから始まった。 以後、毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたルイ。 そして、9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。 担当医のパスカル(ジェイミー・ドーナン)は昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナタリーのもとには差出人不明の警告文が届く。 さらにパスカルも恐ろしい悪夢にうなされ、ルイの身近な人々や関係者に次々と不可解な出来事が降りかかる。 とても偶然とは思えないそれらの現象は、悪意を持つ何者かの仕業なのか…。 事故や事件に巻き込まれ続ける少年ルイとはいったい何者なのか? すべての鍵を握るルイが病院のベッドで眠り続けるなか、この謎に満ちた少年の秘密を解き明かそうと苦闘するパスカルは、予想だにしなかった衝撃的な真実に迫っていく…。 世界的ベストセラー小説が原作のスリラー映画です。 ラスト9分で彼の口から語られる衝撃の真実に心をとても揺さぶられる心理サスペンス作品です。 次々と起こるサスペンスに目が離せません。 時計修理工のリョウ(三浦春馬)は、ひょんなことからルーメイ(リウ・シーシー)という美しい女性と出会う。 彼女には女優をしているルオラン(リウ・シーシー/2役)という一卵性双生児の妹がいた。 ルオランには、人気俳優ティエルン(チャン・シャオチュアン)という婚約者がいる。 ルーメイは妹の婚約祝いに、彼女を驚かせる贈り物をしたいと、知り合ったばかりのリョウにプレゼント選びを手伝ってもらうことに。 小説を原作とした日本・中国合作のラブミステリー映画です。 静かで切ないラブロマンスが一変して、双子の正体を探るミステリーになります。 主人公は彼女の心の闇を晴らすことはできるのでしょうか。 マンションの一室で刺殺されたひとりの女。 その現場で遭遇した男・亮太(三浦貴大)と、謎の美女・アカネ(夏菜)。 男は自分を犯人だと疑う女を自室に監禁し、事件の解決を試みるが、そんな男に、女は意外な提案をする。 事件解決のタイムリミットは、死体が発見されるまでの5時間…。 人気のコミックを原作としたサスペンス映画です。 女を殺した犯人はもちろんその動機や行動、主人公達の正体やその場にいた理由も謎・謎・謎の謎だらけの作品です。

次の