偏頭痛 薬。 女性に多い片頭痛(偏頭痛)の原因は?予防薬やサプリで対策を!

頭痛薬が効かない!?薬が効かない頭痛の種類と対処法!

偏頭痛 薬

そして、一度痛み始めると時には動くこともできないほど痛み、日常生活に支障をきたして吐き気をもよおす方までいるようです。 そんな時、自宅の薬箱にある市販の鎮痛剤に手を伸ばしてしまった経験がある方も多いと思いますが、薬を飲めば治るかと思いきや、全然効かなかった方や、だんだん効かなくなってしまったという方が多いのではないでしょうか? 偏頭痛に市販の鎮痛剤は効かない?副作用も そもそも市販の鎮痛剤というのは、痛みの症状そのものに対して働きかけ、一時的な軽い痛みは緩和させることができるのですが、拡張してしまった血管を収縮させる働きはないので、根本的な治療を行うことができません。 そして、痛みを緩和させる薬の成分も、ロキソニンであれば痛みが治まった方もいれば、ロキソニンは効かなかったけれどイブプロフェンは効いたといったように、人によって効き目や効く成分には個人差があるようです。 そのため、どうしても市販の鎮痛剤で一時的な症状を回避したい時のために、次の4種類が代表的なものなので、いずれかを使うことをオススメします。 ・ イブクイック頭痛薬 40錠 アセトアミノフェンを主成分とした鎮痛剤で、この4種類の中では最も緩やかな効き目ですが、小さな子供でも安心して利用でき、場合によっては妊娠中の方などでも使用できるそうです。 そのため、軽い痛みを緩和させたく、副作用も効き目も柔らかなものが良ければノーシンがオススメです。 ちなみに、これらは作用機序も成分も異なるので、どちらかが効かなかったとしてももう片方を試してみると良いでしょう。 そして、売られている値段を見ると一見高いように感じますが、こうした市販の解熱鎮痛剤はあくまで頓服利用のための薬なので、一時的に利用する分には、決して値段が高いということはないですね。 ただし、長期間服用し、常備するとなると費用も高くつきますし、依存性が高まり、徐々に痛みを緩和する効果が薄れていってしまいます。 そのため、どうしても我慢できない時の一時的な利用にとどめるようにし、病院を受診して次で紹介するような薬を処方してもらうことをオススメします。 スポンサーリンク 偏頭痛の薬で病院で処方されるものは? 病院を偏頭痛で受診すると、血管拡張を抑える薬を処方してもらえるので、偏頭痛の根本原因から解決することができます。 そして、処方薬の代表的なものには、トリプタン系の薬剤で「イミグラン」「ゾーミッグ」「レルパックス」などの5種類の薬があり、血管及び三叉神経などに直接作用し、働きかけることで血管が収縮し、偏頭痛の症状が和らぎます。 ちなみに、これらの薬は飲むタイミングが重要で、偏頭痛の症状が出始めた頃の軽度の時が良いそうです。 そして、トリプタン系の薬剤が使えない場合や効かない場合は、トリプタン系の薬剤よりも古くから偏頭痛の治療に使われてきたエルゴタミン製剤のマクサルトや、ナラトリプタン塩酸塩のアマージが処方されるそうです。 一方で、病院でも偏頭痛の症状が軽い場合は、鎮痛効果のあるアセトアミノフェンや非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)などが処方されることがありますが、市販薬と同様に、痛みが出始めた初期の症状での服用が効果的と言われているので、痛みがひどくなる前に飲むようにしましょう。 そして、病院での処方薬も市販薬と同様に、薬を飲んでいると安心するからといって、偏頭痛の予防薬として飲んでいると薬物への依存性が高まり症状が悪化したり、効き目が弱くなってしまうことがありますので、長期間の服用は避けてください。 スポンサーリンク 偏頭痛で吐き気が現れるのはなぜ?薬も ズキズキとした偏頭痛に伴って吐き気が現れると本当につらいですよね。 こうした偏頭痛によって現れる吐き気は、三叉神経と関係があって、頭の中で血管が拡張し、周囲にある三叉神経を刺激すると、痛みの原因物質が放出されて、血管の周りに痛みが現れ、それが痛みとして認識されて偏頭痛が起こります。 そして、この三叉神経からの刺激は大脳に情報として伝えられるのですが、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも刺激が現れるので、吐き気や嘔吐も現れてしまうのですね。 そのため、吐き気が特にひどい時には、病院で吐き気止めの薬(プリンペラン、ナウゼリン)も一緒に処方してもらい、症状を緩和させるようにしましょう。 こうした偏頭痛の症状は慢性化、難治化させないことが大切で、できるだけ早く医師に診てもらい、上手に薬と付き合いながら症状を緩和させていくことをオススメします。 そして、偏頭痛による吐き気に関しては次の記事でより詳しく説明しているので参考にしてください。 (関連記事:) まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、偏頭痛に効く市販薬の種類とおすすめ、また、効かない時の対処法などについても詳しくお伝えしました。 偏頭痛に効く市販薬としては、イブクイック頭痛薬、ロキソニンS、バファリンA、ノーシンの4種類を紹介し、個人差があるので成分、作用機序、効き目も異なるものを使い分けると良いのですが、軽い症状を一時的に緩和させる効果しかないので、長期間利用したり常用していると効き目がなくなることもあるのでしたね。 なので、早めに病院を受診し、トリプタン系やエルゴタミン製剤を処方してもらい症状が軽度の間に服用して治すと良く、予防薬にはカルシウム拮抗薬などがあるので、病院の処方薬も長期間乱用しないことがポイントなのでした。 さらに、病院では偏頭痛による吐き気止めの薬も処方してもらえるので、慢性化する前に早めに病院を受診し、軽度のうちにしっかり治すようにしましょうね! スポンサーリンク カテゴリー•

次の

女性に多い片頭痛(偏頭痛)の原因は?予防薬やサプリで対策を!

偏頭痛 薬

頭痛が起こると頭が痛くて日常生活に支障をきたしてしまいます。 仕事に集中できなかったり、家事や育児をまともに出来なくなるので病院で頭痛薬を処方してもらうでしょう。 市販薬と処方薬はどういった違いがあるのかを把握してしっかりと薬物療法に対する知識を付けましょう。 今回は偏頭痛持ちの人が病院で処方される薬をご紹介します。 あなたの頭痛は偏頭痛? なんとなく頭が痛いからこれは偏頭痛!と決めつけてはいませんか? 頭痛にも種類があり、一般人が見極めるのはかなり難しい病気なのです。 偏頭痛は頭の片方に痛みが出ることが多いですが、実は両側が痛むケースもあります。 ズキズキと自分の脈に合わせて痛み、 3時間から72時間以上もの間痛みが続きます。 痛みが出るのは月に2回程度で、頭痛が頻発することはあまりありません。 頭痛が起こっている間は吐き気を伴い、酷い場合は嘔吐してしまいます。 さらに 光や音に敏感になり、些細な生活音でも不愉に感じてしまいます。 頭痛が起こる前兆として目の前がチカチカ光る「閃輝暗点(せんきあんてん)」という現象が現れることもあります。 これは偏頭痛で現れるすべての症状ですが、偏頭痛持ちの人が全て当てはまるわけではありません。 この中の一部でも当てはまる人は偏頭痛の疑いがあります。 専門医に診察してもらい、適切な診断を行って貰いましょう。 偏頭痛で病院から処方される薬 では実際に病院に行き、偏頭痛であると診断された場合に処方される薬を見ていきましょう。 偏頭痛の原因ははっきりとはわかっておらず、 セロトニンの過剰分泌が影響しているのではないかと言われています。 セロトニンは過度のストレスにより脳が刺激を受けると過剰に分泌されてしまいます。 偏頭痛薬は主にこのセロトニンの分泌を抑える働きのある成分が配合されているものや痛みを止めるものなどあります。 薬の種類は大きく分けて以下の3種類あります。 ・トリプタン系• ・エルゴタミン系• ・鎮痛薬 まずはこの3種類の頭痛薬について詳しく見ていきましょう。 トリプタン系 セロトニンの働きを抑制する効果がある薬で、偏頭痛患者さんの多くにこのトリプタン系の薬剤が処方されています。 偏頭痛はセロトニンの過剰分泌によって血管が膨張し、三叉神経が刺激されて 神経ペプチドという痛み成分が脳に伝わることで痛みます。 血管の膨張と炎症を抑制してくれるだけでなく、直接的な痛みの原因でもある神経ペプチドも抑えてくれるので痛みが出てから飲んでも十分な効果を発揮してくれます。 偏頭痛の際に同時に起こる 吐き気や嘔吐、光や音に敏感になるなどの症状も抑えてくれる素晴らしい薬です。 日本では、「スマトリプタン」「ゾルミトリプタン」「リザトリプタン」「エレトリプタン」「ナラトリプタン」という5種類のトリプタンが使用可能となっています。 偏頭痛は人それぞれの症状なので、医師と相談をして自分に一番合う薬を模索していく形となります。 エルゴタミン系 昔はエルゴタミン系の製薬が主流でしたが、トリプタン系の製薬の登場により処方される機会は減りました。 エルゴタミン系の薬が処方される人はかなり限定的で、トリプタン系の5種類すべてを試しても効果があまりない場合や副作用の関係で使用が制限されている場合に処方されます。 トリプタン系と比べると即効性はなく、痛みが出てくる前に服用することが大切となります。 偏頭痛が出てくる予感がしてから飲むと一番理想的です。 偏頭痛を改善する効果はトリプタン系と同じで、 血管を収縮させて痛みを鎮めてくれます。 トリプタン系の薬との同時服用は 禁止されていて、取り扱いが少し慎重になる薬です。 必ず医師の指示に従って服用しましょう。 鎮痛薬 痛みを抑える薬で、頭痛以外の痛みにも効果を発揮してくれます。 アセトアミノフェン、カロナール、ブルフェン、ロキソニン、ボルタレン、アスピリンなどが鎮痛剤に入ります。 市販薬として売られている ロキソニンやバファリンは鎮痛薬に分類されます。 しかし病院で処方される鎮痛薬は用法用量が市販薬とは違いますので、実際の効果もやはり処方された薬の方があるのは事実です。 鎮痛剤はトリプタン系とエルゴタミン系で副作用が出てしまったり効果が薄い場合に処方されます。 鎮痛剤の痛みを抑える働きは身体にあまり良くなく、強力な鎮痛剤をあまり乱用してしまうとより頭痛を起こしやすくなってしまいます。 処方される薬のタイプ 薬と言えば錠剤が一般的ですが、偏頭痛は吐き気や嘔吐を伴うため そのまま飲み込めないという人がいます。 そういった人のために薬にも錠剤以外にも種類があります。 医師に相談し、自分に一番合った薬のタイプを探していくことも大切です。 次は薬のタイプを見ていきましょう。 点鼻薬 てんびやく 鼻詰まりをすぐに取りたいときに処方されるのが点鼻薬ですが、それの頭痛版です。 鼻詰まりを解消するために鼻の粘膜に薬を散布するものですが、頭痛薬として処方される場合は 鼻腔から口腔へ流し込みます。 一度に流し込む量は少なめですが、口腔へ入ると苦い味がするのであまり使用されることはありません。 しかし実際に処方されたケースでは 小児・妊婦の使用も報告されています。 安全な服用方法と言えます。 注射薬 静脈に直接注射し、薬剤を血管内に流し込む手法です。 あまり一般的ではなく病院で行われることが多いです。 血管内に直接入れるため、 どの薬よりも即効性があるのが特徴です。 注射をしてから大体数分で痛みが沈静化してくるので、どうしてもガマンが出来ないような痛みが出てきたらすぐに病院へ行きましょう。 錠剤の薬をもらったけど吐き戻してしまうという人にもおすすめです。 口腔内速溶錠 口の中で素早く溶けて体内で吸収されやすいタイプの錠剤です。 その特徴から 水なしでも服用が可能で、水と一緒に飲むと吐き戻してしまうという人には効果があります。 頭痛はいつ来るのかわからず、電車内や出先などで水がない場合でも素早く飲めるという利点もあります。 自分のライフスタイルに合わせて選択しましょう。 口腔内崩壊錠 口腔内崩壊錠は口腔内速溶錠の別名です。 病院の先生や製薬会社によってその呼び名はまちまちですが、どちらも同じような効果のある製薬を指しています。 「 水なしで飲める薬をください!」と病院で言えば先生もわかってくれると思います。 薬の飲みすぎは注意! 偏頭痛を止めてくれるからと薬を頻繁に飲むのはオススメ出来ません。 市販薬を良く飲む人にありがちですが、用法用量を守らずに頻繁に服用することで薬が原因の頭痛を引き起こしてしまいます。 鎮痛剤でも少し紹介しましたが、それが「 薬性頭痛」です。 強い効果のある薬や頭痛薬を日常的に服用することで言わば中毒のような状態になってしまいます。 薬性頭痛を治すには一度全ての薬を断つ必要があり、 偏頭痛よりも苦しい頭痛に襲われてしまいます。 必ず薬は用法用量を守って服用してください。 薬性頭痛の特徴 偏頭痛と薬性頭痛には大きな違いがあります。 偏頭痛は最初にもご紹介したように月に2回程度で数時間痛みが続くものです。 薬性頭痛は 月に10回以上、多いときでずっと頭痛が出ているような状態になってしまいます。 朝起きても頭痛が治っておらず、頭が重い、気分がだるいなどの吐き気・嘔吐以外の関連症状が出てきます。 そして薬を飲んでも頭痛が治らず、以前飲んでいた薬も効果がなくなってしまいます。 薬性頭痛が慢性化してしまうと薬を飲むたびに頭痛がひどくなってしまうので注意してください。 偏頭痛とは思えない頭痛が出てきたら必ず専門医やかかりつけ医を受診するようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回は偏頭痛持ちの人が病院で処方される薬をご紹介しました。 今現在の主流はトリプタン系となっています。 偏頭痛と初めて診断された方の多くはトリプタン系の薬でしょう。 もしトリプタン系5種類を試しても 効果がない場合でも希望は捨てずに別の薬も試してみましょう。 しかし頭痛薬の乱用は危険で、必ず 用法・用量を守ってください。

次の

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)って?

偏頭痛 薬

偏頭痛(片頭痛)の痛みの治療には、4種類の頭痛薬が使われることが多いです。 アセトアミノフェン カロナール、コカールなど• 非ステロイド性抗炎症薬 ロキソニン、ボルタレン、ナイキサン、ポンタールなど• エルゴタミン製剤 クリアミン、ジヒデルゴットなど• トリプタン製剤 イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルト、アマージ 偏頭痛は 吐き気を起こす場合も多いため、4種類の頭痛薬に吐き気止め(ナウゼリン、プリンペランなど)をプラスして5種類が偏頭痛薬という数え方もあります。 現在、偏頭痛に使われている頭痛薬は、 トリプタン製剤と呼ばれる偏頭痛に特化した頭痛薬です。 トリプタン製剤は 5種類あり、4種類の製剤(錠剤、口腔崩壊錠、点鼻薬、注射)が発売されています。 (2018年現在)• 偏頭痛の原因(メカニズム) 偏頭痛の原因はいまだに解明されてはいません。 3種類の仮説が有名ですが、現在では 三叉神経血管説(さんさしんけい けっかんせつ)が最有力です。 <三叉神経血管説>• 何らかの原因で頭の中の太い血管が 拡張すると、頭の中で一番大きな神経である 三叉神経が圧迫されます。 圧迫された三叉神経から痛みの起こす物質が放出され、血管の周りに 炎症を起こし、さまざまな偏頭痛の症状が表れます。 これが偏頭痛の症状が起こるメカニズム(原因)です。 「 何らかの原因で」ということですが、 血管を拡張させる原因のひとつに「 セロトニンの異常な放出」が考えられています。 偏頭痛の再発に有効なトリプタン製剤2種類 【レルパックス、アマージ】 レルパックス(エレトリプタン) アマージ(ナラトリプタン) トリプタン製剤は、速く効く代わりに速く効果がなくなります。 しかし、レルパックスとアマージの2種類は、他の3種類のトリプタン製剤とはちょっと違う特徴があります。 レルパックスと アマージは他のトリプタン製剤と比較すると、 効果が持続することです。 ですので、 偏頭痛の再発予防にも効果が期待できます。 ゾーミッグ・マクサルトには、普通の 錠剤とRM錠(RPM錠)と呼ばれる 崩壊錠がありますが、この2種類の剤形の 効果は同等です。 どちらのトリプタン製剤も吸湿性があるため 使用直前に薬を取り出します。 左:ゾーミッグ錠(ゾルミトリプタン) 右:ゾーミッグRM錠 左:マクサルト錠(リザトリプタン) 中:専用ケース 右:マクサルトRPM錠 どのトリプタン製剤も偏頭痛に速い効果が期待できます。 その5種類のトリプタン製剤の中でも特に 速く強い効果が期待できるのは、 ゾーミッグと マクサルトです。 (ゾーミッグは血中濃度の立ち上がりがやや遅いですが、効果は満足という方が多い印象) ゾーミッグはイミグランの吸収率の低さをカバーするため、 中枢性作用を強化した偏頭痛薬です。 そのため副作用も比較的強いです。 (副作用は後でまとめて解説) 『』 3種類の製剤から選べるトリプタン製剤 【イミグラン】 他のトリプタン製剤は内服薬のみですが、イミグランは 3種類の製剤(錠剤、点鼻薬、注射薬)があります。 イミグランは成分を変更することなく、偏頭痛のニーズに合わせて製剤を変えられます。 ただし、製剤の種類で効果と副作用が違います。 製剤の種類の大きな違いは、主成分スマトリプタンが血中に入る スピードです。 スマトリプタンが血中に入るスピード• 注射薬• 点鼻薬• 錠剤 主成分が血中に入るスピードが速いほど、偏頭痛に速く効きます。 『』 イミグラン注射は 群発頭痛にも効果があります 『』 トリプタン製剤(偏頭痛薬)を飲むタイミング トリプタン製剤は、 偏頭痛が起こってからすぐに飲めば偏頭痛を速く取り除けます。 ただし、 偏頭痛の起こる前(前兆、予兆)に飲んでも 予防効果はありません。 なぜなら、トリプタン製剤は 速く効く代わりに 速く効果がなくなる特徴があるからです。 たとえトリプタン製剤を偏頭痛予防に使ったとしても、偏頭痛が出るころにはトリプタン製剤の効果が弱くなっています。 偏頭痛を予防したい場合は、 予防専用薬を検討してみましょう。 『』 トリプタン製剤(偏頭痛薬)の副作用 トリプタン製剤の副作用頻度は次の表の通りです。 トリプタン製剤 副作用頻度 イミグラン 31. トリプタン製剤の副作用の内訳はこのとおりです。 副作用の種類 イミグラン ゾーミッグ レルパックス マクサルト アマージ 痛み、圧迫感など 6. 圧迫感・息苦しさの副作用は、飲んだ後 30分以内に胸・のど・首などで起こることが多く、「痛い」「気分が悪い」と表現される場合が多いです。 これら症状は、トリプタン製剤による血管収縮作用が筋肉に起こったと考えられています。 圧迫感・息苦しさの副作用は狭心症とは関係ありません。 しばらくすると楽になります。 また、トリプタン製剤の吐き気防止のため、ナウゼリンやプリンペランを併用するケースも多いです。 『』 トリプタン製剤(偏頭痛薬)の併用 トリプタン製剤を飲ん後は、一定時間あける必要があります。 トリプタン製剤の効果を比較するために、別のトリプタン製剤に切り替える場合は、 24時間以上間隔をあけてから切り替えます。 トリプタン製剤の連用は、 薬物乱用頭痛を起こすからです。 『』 トリプタン製剤の市販はない 市販してほしい薬の上位にはトリプタン製剤があります。 しかし、トリプタン製剤は次の理由で市販はできません。 その頭痛が偏頭痛かどうかを判断できるのが医師のみである• トリプタン製剤は使い方をまちがえると頭痛を悪化させる(薬物乱用頭痛)• トリプタン製剤は副作用で危険な状態になりやすい• 8~2時間 1. 3時間 0. 18時間 消失半減期 2. 2~2. 4時間 1. 9時間 1. 8時間 禁忌 クリアミン ジヒデルゴット メテルギン トリプタン製剤 (偏頭痛薬) イミグラン ゾーミッグ レルパックス マクサルト アマージ2. 8~2時間 3時間 1時間 1~1. 3時間 2. 4~2. 7時間 消失半減期 2. 2~2. 4時間 2. 4時間 3. 2時間 1. 6~1. 7時間 5. 1~5. 4時間 禁忌 クリアミン ジヒデルゴット メテルギン — — リトナビル インデラル — — — クリキシバン — — — — ビラセプト — — まとめ リンクをクリックすると対応する記事内へ戻ります。 トリプタン製剤は効果の個人差が大きく、相性の良い偏頭痛薬を求めて何種類か試すことも多い• のひとつは「セロトニンの異常放出」• トリプタン製剤は脳にあるセロトニン受容体に働いて、拡張した血管を収縮させて炎症を取る作用がある• トリプタン製剤は偏頭痛が起こったときにすぐに飲む()• は3種類の製剤(錠剤、点鼻薬、注射薬)がある• は、偏頭痛に速く強い効果が期待できる• また、今まで普通に効いていたのに急に効かなくなる場合もあり選択が難しいです。 副作用も比較的強く表れるため、自己判断で増量するのは危険です。

次の