こく みん 共済 終身。 共済は本当にコスパ最強の保険なのか?民間保険会社と比較してみた

こくみん共済と都民共済ではどちらがよいですか?

こく みん 共済 終身

全労済が展開する国民共済とは? 人の保障「こくみん共済」 全国労働者共済生活協同組合連合会(以下全労済)が運営する「共済」という保障事業は、保険と似た仕組みを取っています。 保険では人や家・車等様々なものを保障の対象としていますが、こくみん共済(国民共済)は人の保障に重点を置いています。 加入者は医療や生命・賠償等の共済の中から必要な保障を選び、毎月決められた金額を掛金として支払います。 そして、選んだ保障にかかる万が一のことが起こった際には共済金が支払われます。 こくみん共済(国民共済)について こくみん共済には多様なプランがあり、家族それぞれに向いた保障を選ぶことができます。 その一部を紹介します。 パパ向け「総合タイプ」 総合保障とは、医療・死亡・障害に対する保障をカバーできるプランを指します。 中でもこくみん共済の「総合タイプ」は比較的手頃な掛金で医療・死亡・障害に備えることができるため、家計を支えるパパ等に適していると言えます。 ママ向け「医療タイプ」 医療保障についても、ニーズに合わせてタイプを選ぶことができます。 「医療タイプ」には通常の病気に加えて女性特有の病気への保障も付いているため、ママ等に向いた内容と言えます。 子ども向け「キッズ満期金付プラン」 満0歳から加入できる、子ども向けの総合保障もあります。 「キッズ満期金付プラン」は医療や死亡等の総合保障に加えて、進学のための資金も準備できるプランです。 シニア向け「シニア総合タイプ」 「シニア総合タイプ」は、満60歳以上の人が比較的手頃な掛金で加入できる保障です。 入院が必要となった場合や、交通事故・けがなどで重度の障害が残った場合に備えることができます。 けがと賠償の保障「障害安心タイプ」 他人に被害を与えるリスクへの備えとなるのが「障害安心タイプ」です。 自分自身の入院や通院に対する保障に加え、他人にけがを負わせたり他人の物を壊したりしてしまった場合の損害賠償も保障内容に含まれています。 こくみん共済の医療保障について 次は、医療保障について見てみましょう。 がん保険「がん保障プラス」 「がん保障プラス」はがんに特化した保障です。 単独での取り扱いはなく、他の医療保障とあわせて加入することになります。 がん(悪性新生物)や上皮内新生物等の診断を受けた際、がんによる入院や手術の際などには共済金が受け取れることがあります。 終身保険「終身医療5000」 「終身医療5000」は、加入してから亡くなるまでの期間、入院や手術に備えることのできる保障です。 掛金は加入時の満年齢や性別によって異なりますが、更新による掛金の上昇は原則としてありません。 不慮の事故で高度障害となった場合には以降の掛金支払が免除され、保障は継続となります。 こくみん共済の特徴 こくみん共済と民間の保険には、運営上異なる部分があります。 以下では、こくみん共済の特徴と言える点をメリット・デメリットの両面から紹介します。 職業に制限がない 死亡保障のついた民間の生命保険等に加入する際には職業に関する告知が必要となる場合があり、加入希望者の職業によっては保障内容が減らされたり加入自体ができなかったりする場合もあります。 しかし、こくみん共済では職業による加入時の制限が基本的に設けられていないため、幅広い職業の人が加入しやすいという一面があります。 保険料は一律 こくみん共済では、掛金が何パターンかの金額に決められています。 年齢や性別によって金額が変わるわけではなく、更新によって掛金が増額されることも基本的にないため(一部商品を除く)、保険料の支払いは比較的しやすいと言えます。 一方で、病気やけがのリスクが低い若い世代などにとっては、掛金が割高と感じられる可能性もあります。 保障される金額が少ない 掛金がシンプルである分、民間の保険会社の保険より保障される金額は少ない傾向にあります。 保障が手厚いタイプでも死亡・高度障害の際の受取額が3000万円となっており、子どもの多い家庭等にとっては十分と言えない場合があります。 「民間の保険より低額の保険料で最低限の保障がほしい」というニーズには合った仕組みであると言えます。 保険の自由な組み合わせができない 民間の保険では、基本の保障に加えて必要な特約を付けることができますが、こくみん共済には特約というものが存在しません。 そのため、保障内容を自由に組み合わせることは難しいと言えます。 しかし、保障内容や金額が異なる多様なプランの用意があるため、その中から自分に合ったものを選択することは可能です。 こくみん共済の各種手続き こくみん共済に加入した後の各種手続きについて説明します。 電話・口座・住所変更 電話番号・取引口座・住所などの変更は、以下の方法で行うことができます。 ・Webか電話で書類請求をし、必要事項を記入の上で返送する ・共済ショップの窓口に行き、手続きをする ・マイページサービスに登録をし、インターネット上で手続きをする いずれの方法についても、保障内容や組合番号・契約番号が確認できるもの(共済契約証書等)と、変更後の電話番号・口座番号・住所等がわかるものを手元に用意しておきましょう。 共済金の請求 共済金を請求する場合、まずは次のどちらかの方法で必要書類を送付してもらいます(個人賠償制度に関する受付は電話のみ)。 ・受付専用フォームへ必要事項を入力する ・全労済共済金センターへ電話をする どちらの場合も、保障内容・組合番号・契約番号が確認できるものが必要となるため、共済契約証書を手元に用意してください。 書類が郵送されて来たら、必要事項を記入し返送します。 全労済側で内確認を行い、支払いに該当すると判断されれば共済金が支払われます。 解約手続き 解約手続きには、次の2通りの方法があります。 ・Webか電話で書類請求をし、必要事項を記入の上で返送する ・共済ショップの窓口に行き、手続きをする 他の手続きと同様、共済契約証書の用意が必要となります。 なお、家族で加入していて1人だけが解約を希望する場合などには通常とは異なる手続きが発生する可能性があるため、事前に確認を行ってください。 まとめ こくみん共済には「人に関するリスクへ備える保障」という面があり、多様なプランから自分に合ったものを選ぶことができます。 保険への加入を検討しているのであれば、選択肢のひとつに加えてみても良いかもしれません。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の

国民共済と県民共済の違い?

こく みん 共済 終身

入院に備えるために保険に入りたいと思っています。 安く入ることができる「こくみん共済」に入ろうかと思っているんですが、保険会社の医療保険とどっちに入ったほうが良いんでしょうか? できるだけ安い保険料で入りたいと思っています。 入院に備えるために保険に入る際、迷うものと言えば共済の保険と保険会社の医療保険のどちらに入るべきかです。 共済の保険は「安くて保障もしっかり」というイメージがあるため、保険料をおさえるためにそちらに入りたくなります。 こくみん共済はファミリーマートの店内放送で宣伝を流しているのもあり、県民共済と同様に 人気がある共済保険であるといえます。 女性や子供までの保障をカバーしているため、選びやすいという点も理由の1つです。 そもそも全労済とは? そもそもこくみん共済を取り扱う全労済とはどんな団体かというと、もともとは労働組合向けの共済保険を提供している団体でした。 正式名称を「 全国労働者共済生活協同組合連合会」と言います。 しかし、その後時代の流れとともに拡大するにしたがって、労働組合員以外の一般の人も共済組合員として受け入れ初め現在の様な団体になりました。 保険の規模的にも、共済の粋を超えて保険会社に匹敵するレベルです。 医療保険も負けてない こくみん共済が安いのは確かですが、実際には保険会社の医療保険も負けてはいません。 イメージしているよりも保険料が安い場合も結構多いのです。 また、こくみん共済には知っておきたい 大きな落とし穴もあります。 そこを知った上で選択しないと、後々困ることになってしまいます。 では、実際に、こくみん共済と医療保険のどちらがおすすめなのか、具体的に比較をしていきます。 こくみん共済と医療保険の保障内容を比べてみました 早速、こくみん共済と医療保険の保障内容を比べてみます。 ただ、こくみん共済は更に細かく3つの種類に分かれます。 総合タイプ• 医療安心タイプ• キッズタイプ 今回は、この中から 「医療安心タイプ」を用いて比較します。 比較に用いる医療保険 対する医療保険は、メットライフ生命の 「フレキシィ S」を用います。 フレキシィ Sを用いる理由は、FPの私自身が加入しているのもありますが、多くの人におすすめできる保障内容となっているからです。 なお、フレキシィ Sの保険料を計算するにあたっては次の条件で行っています。 年齢性別:35歳男性• 保険料払込期間:終身• 特約:先進医療特約+通院保障特約 また、下記の表では、優れていると考えられる内容のセルには色を付けています。 保障内容の比較一覧 こくみん共済 医療安心タイプ 入院給付金額 6,000円 5,000円 1入院当たりの入院給付日数 180日まで 60日まで 死亡給付金額 50万円 無し 手術給付金額 一律6万円 入院中:10万円 外来:2万5千円 通院時の保障 1回2,000円 入院は問わないがケガによる通院のみ 1回3,000円 病気やケガによる入院後の通院のみ 先進医療保障 通算600万円まで 通算2,000万円まで+一時金5万円 付加できる特約保障 無し 7疾病での入院延長特約、がん保障特約、健康祝い金特約、死亡・高度障害特約 年途中の割戻金 有り(毎年変動) 無し 保険の保障期間 1年更新の定期保険 一生涯保障の終身保険 保険料 2,300円 2,106円 保障内容としてはややこくみん共済有利? 比較をしてみるとこのような結果となりました。 保障内容で比べてみると、1入院当たりの給付金額や保障日数が若干多かったり、50万円の死亡給付金額が付いていたりと僅かですがこくみん共済の方が優れているかなという感じです。 ただ、保険料で比べてみると フレキシィ Sの方が安くなっており、また保障内容も一生涯の終身保険となっており安心感があります。 ですので、どちらを選ぶかは加入する人の好み…と言えれば良いのですが、実はそうではありません。 こくみん共済には、避けては通れない大きな落とし穴があります。 しかも、その落とし穴は老後になってやっと気づくものであるため、知らないでいると後から困ってしまうことになります…。 知らないと後で怖い!こくみん共済の落とし穴 このように、70歳以降は更新ができなくなります。 これは良く考えてみると 非常に怖い落とし穴です。 もし、こくみん共済で老後の保障をまかなおうと考えていると、いざ60歳になってみたら保障が少なくなっていき、70歳になると保険が全くない状態になってしまうのです。 入院やケガに対する保障は、現役世代のころはあまり使う機会はありません。 老後になって本領発揮するものです。 入院は老後に増える 実際に、統計調査を見てみると入院が老後に増えていることが良く分かります。 平成26年に行われた厚生労働省の「患者調査」では、特に 60歳頃から入院患者数が増えはじめ、80歳ころにピークを迎えます。 ピークのころに、加入保険がこくみん共済だけであれば、すでに保険期間は終わっているため保障を受けることができません。 年齢ごとの入院患者数の推移 出典:厚生労働省『 』 こくみん共済の保障期間終了後、その時点で保険会社の医療保険に加入するにしても、健康状態が原因で加入が難しいか、加入できたとしても保険料が非常に高額になります。 いわゆる「持病があっても入れる保険」を選ぶという手段もありますが、それでも保険料は高めとなってしまいます。 そのため、こくみん共済だけでは老後の保障をカバーすることはできません。 保障が先細りしていくという問題 こくみん共済の落とし穴としては、70歳で更新できなくなるのに加えて60歳以降の保障先細りもあります。 これは、60歳以降の移行プランでは、59歳までのプランよりも保障内容が少なくなってしまうというものです。 給付金の金額が下がってしまいます。 特に、65歳以降の「医療安心65歳移行プラン」では顕著となります。 実際に表でまとめてみます。 表内で赤文字にした部分が、保障内容が減少していってしまう項目です。 こくみん共済の年齢による保障内容の移り変わり 加入年齢 0~59歳 60~64歳 65~70歳 71歳以降 プラン名 医療安心プラン 医療安心60歳 移行プラン 医療安心65歳 移行プラン - 入院給付 6,000円 3,000円 2,000円 更新・加入不可 手術給付 60,000円 30,000円 30,000円 先進医療保障 600万円まで 300万円まで 300万円まで 死亡保障 50万円 20万円 15万円 通院保障 2,000円 保障なし 保障なし 掛金 (保険料) 2,300円 2,300円 2,300円 ご覧いただくと分かるとおり、保障内容はどんどん少なくなっていってしまいます。 また、保障内容が少なくなっていっていますが、 掛金はそれまでと同額となっています。 保障内容に沿って掛金も下がるのならまだ良いのですが、そうではないので負担が重くなる一方となってしまいます。 また、一度上でも説明しましたが、70歳以降は加入することができません。 新規加入はもちろんできませんし、それまで加入していた方が継続して更新することもできません。 そのため、これ以降はこくみん共済の保障が受けることができなくなってしまいます。 70歳になって医療保障が無くなった時点で初めてこの事実に気が付いたら怖いです。 こうした落とし穴があるため、こくみん共済だけでは一生涯の保障として安心することはできません。 全労済にも終身保障のプランはあるけど割高 一生涯保障の終身プランもあるけれど… 老後の保障として落とし穴があるこくみん共済ですが、全労済には終身タイプの医療共済も存在します。 しかし、結論から言ってしまうと終身タイプのものは保険会社の医療保険に比べると割高となります。 全労済の終身タイプの医療保険は 「新総合医療共済 終身医療プラン」というものです。 この中に更に4つのタイプが存在しますが、最も一般的な保障が揃っているのは「総合タイプ」です。 総合タイプの保障内容と保険料は次のようになっています。 終身医療プラン総合タイプの保障内容と保険料 保障項目 入院給付3,000円タイプ 入院給付5,000円タイプ 入院給付金 1日3,000円 1日5,000円 入院前・退院後の通院 1日900円 1日1,500円 手術給付金 3,6,12万円 5,10,20万円 長期入院給付金 (270日以上の入院) 18万円 30万円 先進医療保障 60万円まで 100万円まで 死亡給付金 10万円 10万円 掛金(35歳男性) 2,550円 4,030円 【掛金計算条件】保障期間:終身 保険料支払期間:終身 年齢性別:35歳男性 保障内容の割に掛金が割高 以上のな保障内容と保険料となっています。 先程の保険会社の医療保険と比べる場合には、入院給付5,000円タイプを用いるとちょうど良いです。 単純に保険料を比べてみても、次のとおり 全労済の方が約2倍高い掛金となっています。 保険会社の医療保険:2,106円• 全労済の新終総合医療共済:4,030円 また、先進医療保障も保障される金額が最大で100万円までとなり、これでは非常に心もとないです。 (がん治療で陽子線治療等の先進医療を受けると、300万円前後の医療費が必要となります。 ) このように、全労済にも終身タイプの医療保障は存在しますが、保障内容や保険料の面で保険会社の医療保険に軍配が上がります。 こくみん共済と医療保険それぞれのメリットとデメリット それぞれのメリットとデメリットをまとめてみます ここまで色々とこくみん共済と医療保険の違いを紹介してきました。 ここで、振り返りとしてそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみます。 こちらを見ていただければ、それぞれの違いが見えてくるかと思います。 「こくみん共済」とのメリットとデメリットまとめ メリット• 入院給付が6,000円と保険会社のものより多い• 入院給付の給付日数が1入院当たり180日と長くなっている• 死亡給付金の支払いがある• 年によっては若干の割戻金がある場合がある デメリット• 60歳以降は保障が少なくなってしまう• 一生涯保障ではなく70歳以降は新規加入も更新もすることができない• 60歳以降のの移行コースでは掛金が割高になる 「医療保険(フレキシィS)」のメリットとデメリットまとめ メリット• 保障が一生涯のため亡くなるまで保障が続く• 先進医療保障に一時金も付いており手厚い• 終身保険であるが保険料が安い• 付帯サービスや設定できる特約保障が豊富 デメリット• 死亡時の給付金がない• 1日当たりの入院給付金額がこくみん共済より1,000円少ない• 入院給付金の給付日数が60日とこくみん共済に比べると短い こくみん共済か医療保険に入るならどちらを優先したいのか ここまでご紹介してきた点を踏まえて、全労済のこくみん共済と保険会社の医療保険のどちらに入りたいかの結論を出します。 優先的に入りたいのは、保険会社の医療保険です。 理由は、やはりこくみん共済は老後の保障として使うことができないからです。 60歳以降に保障が減少していき、70歳で保障が終了してしまうのでは、老後の医療保障としてはほとんど役に立ちません。 先程ご説明したとおり、入院が増えるのは60歳以降になってからです。 本当に保障が必要な際に使うことができないのでは、掛金を支払っている意味がありません。 また、終身タイプの医療保障もありますが、そちらは掛金の割高感が否めません。 こうした理由から、優先的に加入したいのは保険会社の終身医療保険となります。 こくみん共済はどのような時に加入すれば良いのか では、こくみん共済が全く加入する機会がないかと言えば、そういうわけではありません。 すでに1つ終身タイプの医療保障があり、それに 一定期間上乗せの保障が必要になる場合には選択肢の1つとなります。 例えば、一定期間の上乗せとしては次のような理由が考えられます。 働き盛りの間だけ生活費の保障として入院給付金額を上乗せしておきたい• 奥さんの妊娠・出産に備えて医療保障を充実させておきたい このような時にすでに加入している終身医療保険に上乗せする形で、こくみん共済を用いるのは有効と言えます。 一定期間の保障で良いのであれば、加入年齢によって保険料が変わらない定期タイプの共済保険は理想的です。 こくみん共済にのみ加入している方には保険の見直しをお勧めします もし、現在、医療保障としてこくみん共済にしか入っていない場合には医療保険への見直しをおすすめします。 実際に、私も県民共済にのみ加入していたため、保険のプロに相談して医療保険に見直しました。 その結果、県民共済とほとんど変わらない保険料で、一生涯の医療保障を手に入れることができました。 医療保障は、年を重ねるほどその必要性を実感する保険です。 でも、安い保険料で加入するためには、できるだけ早い内から加入に動き出す必要があります。 もし、現在こくみん共済にのみ加入している場合には、この機会に保険会社の医療保険への見直しを検討してみてください。 きっと、より大きな安心が得られるはずです。

次の

共済は本当にコスパ最強の保険なのか?民間保険会社と比較してみた

こく みん 共済 終身

共済って、保険よりも掛金が安いのに保障内容は劣らないとして「最強」の呼び声が高いですよね。 「共済さえあれば民間の医療保険は不要だ」と主張する人もいます。 確かに、たとえば都民共済(入院保障2型)なら、月額2000円で入院1日につき1万円、1入院の保証期間も120日以上とかなりのもので、共済最強説にはもぶ太も頷けます。 とはいえ、共済にだってデメリットはあるはずです。 現に僕は以前、知人のFPさんに「 年を取ると保障が先細りするからやめた方がいい」と釘を刺されたことがあります。 実際、共済の実力はどの程度のものなのか、安さが売りの医療保険とではどれくらい安く、質がいいのか? 気になったので調べてみました。 【 共済について】 こくみん共済、コープ共済、都民共済の3つを取り挙げます。 県民共済は地域により保障内容にバラつきがあるため、ここでは代表として都民共済で比較します。 掛金は据え置きで保障のみが先細りしていく FPさんがデメリットとして挙げた保障の先細り。 事実、共済から民間の医療保険に乗り換えたいと相談に来る人のほとんどがこの理由だそうです。 調べてみたところ、先細りどころか保障そのものが終了してしまうものもありました。 たとえば先程の都民共済「入院保障2型」では、60歳を越えた時点で保障がグレードダウンするうえ、65歳以降は「熟年入院型」というプランに移され、5年毎に保障が減っていきます。 月掛金2000円は変わらないのに、です。 保障内容(入院保障2型) 保障内容(熟年入院型) 保障期間 18歳~60歳 60歳~65歳 65歳~70歳 70歳~80歳 80歳~85歳 入院 事故 1日目から 184日目まで 1日当たり 1万円 1日当たり 7,500円 1日当たり 5000円 1日当たり 3500円 1日当たり 2000円 病気 1日目から 124日目まで 1日当たり 1万円 1日当たり 7500円 1日当たり 5000円 1日目から 44日目まで 1日当たり 3500円 1日目から 44日目まで 1日当たり 2000円 通院 事故 14日以上 90日まで 通院当初から 1日当たり 1500円 通院当初から 1日当たり 1500円 — 手術(組合の基準による) 2. 5万円・5万円・ 10万円 1万円・2万円・ 4万円 1万円・ 2万円・ 4万円 1万円・ 2万円・ 4万円 — 先進医療(組合の基準による) 1万円~ 150万円 1万円~ 75万円 1万円~ 75万円 1万円~ 75万円 — 死亡・ 重度障害 交通事故 10万円 5万円 5万円 5万円 3万円 不慮の事故(交通事故を除く) 10万円 5万円 5万円 5万円 3万円 病気 10万円 5万円 5万円 5万円 3万円 高齢になると病院にかかる可能性が高くなるため、保障額が少なくなるのは、まあ理解できます。 しかし若者でも高齢者でも掛金が変わらないということは、若者の方が多く負担していることになり、それなら 医療保険の方が合理的なのでは?と思ってしまいます。 これはズバリ、 貯蓄が十分でない人です。 こんなご時世ですから年金はあてにできない、年のせいで介護状態・長期入院の可能性は高くなる、はあるものの、月4万円程度はかかってしまう……。 こうしたリスクに対応するにはある程度の蓄えが必要です。 もぶ太家は老後に向けてできるだけ貯蓄するつもりですが、先のことはやっぱり予測できません。 そうすると共済の一点買いはキケンで、加入するなら医療保険の補強的な使い方が正しいんじゃないかと思えてきます。 しかし、だったら 共済の販売する終身保障に入ればいいじゃないかという声もあります。 共済は定期保険だけが売り物ではないので、確かによい指摘かもしれません。 むしろ民間と同等?でしょうか。 ただし共済は毎年の決算で余剰が出た場合、「割戻金」としていくらか戻ってくるので、表の金額よりは安くなる……と思いきや、 両プランとも終身型に割戻金はないようです。 (コープ共済は「現段階ではない」という回答) では、主要な格安医療保険よりと比べてどうなのか、同じように表にまとめて比べてみます。 特約はなしです。 保険会社 保障内容 掛金 新EVER(アフラック) 病気入院・事故(ケガ)入院 (1日目~60日、通算1095日) 日額5000円 1640円 手術給付金 1回2. 5万円(入院ありは5万円) 20万円(重大手術) 放射線治療給付金 5万円 先進医療一時金 5万円(年5回まで) やさしくそなえる医療保険 (メットライフ アリコ) 病気入院・事故(ケガ)入院 (1日目~120日、通算1095日) 日額5000円 1980円 手術給付金(支払い対象外の所定の手術) 1回10万円(2. 5万円) じぶんへの保険 (ライフネット生命) 病気入院・事故(ケガ)入院 (1日目~180日、通算1095日) 日額5000円 2663円 手術給付金(支払い対象外の所定の手術) 1回10万円 掛金だけを見るとライフネット生命は同等、その他2社は共済より安いようです。 このことから、 老後が心配で終身型を選びたい場合、共済を積極的に選ぶ理由はないと思います。 ライフプランに応じたカスタマイズができない 先程の項目で保障内容を調べながら気づいたのですが、共済は民間医療保険のように、 個々のライフプランに応じたカスタマイズがしにくい傾向があります。 特に顕著なのが高額保障、長期入院に弱い点です。 比較的小ぶりな少額保障が一般的なので、手厚い保障や長期での入院保障を望んでいる人には物足りないかもしれません。 でも触れていますが、経済力に余裕がある人は、少額の負担で済む短期入院よりもむしろ長期入院を心配した方が良いという考え方もあり、この点も共済が万人受けではないなと思う点です。 ちなみに、今回は医療保障で比較していますが、死亡保障で比較した場合、この傾向はさらに強くなります。 共済1本では不測の事態に備えられない人も出てくるかもなので、 やはり医療保険の上乗せ的な扱いが最も力を発揮すると思います。 まとめ 共済のコスパが最強かどうかは、以下の3つのタイプによってわかれます。 若いうちに加入するなら民間の保険でも十分に安いことも分かりました。 共済だけでは不十分とまでは言いませんが、共済がいかなる保険よりも最強というのは言い過ぎだということです。

次の