カクヤス ipo。 【初値予想】カクヤス(7686)当選しても公募価格付近で初値形成か

カクヤス(7686)のIPO上場情報

カクヤス ipo

6%) ・想定価格1,520円に対して、PER15. 35倍、PBR2. 25倍、配当利回り3. 15% (直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益99. 0円、1株あたり純資産674. 5円、1株あたり配当金47. IPO当選株数 公募株数 285,000株 売出株数(OA含む) 2,063,300株 当選株数合計 2,348,300株 ・当選株数は2,348,300株。 売買単位が100株なので、当たりは計 23,483枚。 ・当選本数は多く、 やや当たりやすい部類に入る。 幹事証券リスト(管理人独自予想あり) 証券会社名 割当率 割当株数 当選本数 (枚) 完全抽選本数 (予想) 主幹事 91. 31% 2,144,300株 21,443枚 2,144枚 幹事 みずほ証券 3. 47% 81,600株 816枚 81枚 三菱UFJ モルガン・ スタンレー証券 1. 74% 40,800株 408枚 40枚 0. 87% 20,400株 204枚 20枚 0. 87% 20,400株 204枚 204枚 0. 87% 20,400株 204枚 91枚 0. 87% 20,400株 204枚 20枚 (主幹事)、、、、から当選のチャンス。 ・その他、から申し込み可能となりました。 (11月20日追記) ・その他、から申し込み可能となりました。 (11月28日追記) 株主構成、ロックアップなど 株主名 比率 ロック アップ (株)SKYグループホールディングス 87. 16% 90日間 カクヤス従業員持株会 2. 70% 佐藤 順一(社長) 0. 25% 90日間 田島 安希彦 0. 20% 90日間 並木 吉彦 0. 12% 90日間 赤坂 敏明 0. 12% 90日間 関口 信彦 0. 12% 90日間 森山 雅司 0. 07% 新里 正 0. 07% 川口 雅博 0. 07% 企業業績のデータ(5年分) 2015年 3月 2016年 3月 2017年 3月 2018年 3月 2019年 3月 売上高(百万円) 105,789 109,503 110,963 110,044 108,715 経常利益(百万円) 1,078 1,238 748 1,071 1,806 当期純利益(百万円) 495 389 497 434 745 純資産額 (百万円) 3,020 3,167 3,614 4,315 4,682 1株あたりの純資産額(円) 8,345 8,750 9,985 596 647 1株あたりの純利益(円) 1,368 1,076 1,375 60 103 自己資本比率(%) 12. 4 13. 2 13. 9 15. 1 16. 2 自己資本利益率(%) 17. 5 12. 6 14. 7 10. 3 16. 2018年3月期から連結決算。 ・2020年3月期は、第2四半期時点で売上55,198百万円、経常利益805百万円を達成しています。 IPOで得た資金は、ECサイトの開発、POSレジスター更新、倉庫作業の効率化、店舗新設および改修、借入金の返済に充てる予定です。 管理人からのコメント 、東京23区を中心に業務店・個人向けに酒店を地域密集で展開しています。 地域内配達量を増やすことで、個人に対してビール1本から無料配達するサービスを可能にしています。 IPOのテーマとしては弱く、業績も頭打ち感があり、人気化はむずかしいです。 加えて、公開株数が多く、連日の上場ラッシュもあり、需給環境はかなり悪いと言えます。 ネット証券では、(主幹事)、、、、、、から申し込み可能となっています。 (11月20日追記) 同日にが上場することで、さらに需給が悪化しました。

次の

カクヤスIPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部IPO!

カクヤス ipo

カクヤス(7686)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の 12月5日から始まります。 カクヤスは、業務用向と個人向の酒類を販売する「」を運営していることで関心を集めているようです。 ただ、カクヤスはIPOラッシュ終盤でのとの同時上場なので、買い疲れや資金分散の影響を受けそうですね。 カクヤス(東証2部IPO)のIPO基本情報 銘柄名 コード 7686 主幹事証券 幹事証券(委託含む) みずほ証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 上場日 12月23日 仮条件決定日 12月3日( 1,520円~1,600円に決定) ブックビルディング期間 12月5日から12月11日まで 公開価格決定日 12月12日( 1,600円に決定) 申込期間 12月13日から12月18日まで 公募 285,000株 売出し 1,757,000株 OA 306,300株 吸収金額 35. 7億円 時価総額 114. では、東京都23区を中心に横浜や大阪等にドミナント展開しており、個人向けにおいては、店頭での販売の他に一部のエリアにおいて、お客様のご自宅をはじめとした指定された場所に1時間枠で 無料配達を行っています。 また、カクヤスは神奈川県を中心に東京都下や埼玉県の川口市などの郊外に酒の大型専門店として出店している「」や、 個人向けのギフト花需要に応えるために、お酒とお花をセットで販売しているセレクトショップ「」も運営しています。 カクヤスのIPO評価 カクヤスは、IPOで人気になりにくい 東証2部の卸売セクターで、規模(吸収金額 35. 7億円)もそれなりにあるため、やや厳しそうな雰囲気です。 また、IPOラッシュ終盤での新規上場というだけでなく、との 同時上場という点も懸念材料です。 よって、カクヤスのIPO評価は、 Dが妥当だと考えています。 カクヤスIPOは、今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。 カクヤスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス カクヤスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ 検討中です。 ただし、だけは落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込むつもりです。 カクヤスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス (主幹事) BB検討中 BB検討中 BB検討中 BB検討中 BB検討中 BB参加 BB検討中 BB検討中.

次の

IPO初値予想

カクヤス ipo

ファンペップ(4881)がIPO(新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。 本日IPO新規上場承認発表があった3社のうちの2社目です。 1社目のINCLUSIVE … カクヤス(7686)の上場日は 12月23日(月)で今のところ単独上場ですが、本日IPO新規上場承認発表があれば重複上場となる可能性が高そうです。 上場市場はしばらく東証マザーズが続いていましたが、今回はIPO市場では敬遠されやすい 東証二部市場 への上場となり、IPO主幹事は 野村證券となっております。 6億円 想定価格 1,520円(152,000円必要) そして上記をご覧の通りこの カクヤス(7686)のIPO幹事団(シンジケート)の中には 三菱UFJモルガン・スタンレー証券も入っているため、 のIPO幹事入りも期待できそうです。 カクヤス(7686)のIPO(新規上場)事業内容等 カクヤス(7686)はグループ会社となっており、この 株式会社カクヤスと連結子会社3社、日本各地から日本酒・焼酎を取寄せて販売を行っている 株式会社検校、取引先等への投資及び投資管理を行っいる 株式会社NSK、社員向け社宅等の運営・管理を行っている 株式会社KYマネジメントにより構成されており、国内で酒類を始めとする食料品の販売事業及び卸売事業を「 酒類販売事業」の単一セグメントで事業展開しております。 個人向けギフト花需要にお応えするために、お酒とお花をセットで販売しているセレクトショップ(コンセプトに合った商品を選定して販売しているお店)です。 ワインソムリエやフラワーアートディレクターを店舗に配置し、パーティ需要やギフト需要に対応した品揃えで、酒屋から脱却した新しいスタイルの事業展開を行っています。 【手取金の使途】 上記の手取概算額393百万円については当社の事業拡大を見据えた設備資金として373百万円を、ECサイト(自社サイトの電子商取引)の開発等、POSレジスター更新、倉庫作業効率化投資、店舗新設及び改修に係る資金に充当し、借入金返済資金として20百万円を長期借入金の返済資金の一部に充当する予定であります。 (カクヤスのIPO目論見書より一部抜粋) カクヤス(7686)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス カクヤス(7686)の市場からの吸収金額はIPO想定価格 1,520円としてオーバーアロットメント含め 35. 6億円と規模的に東証二部市場への上場としてはやや大型で荷もたれ感を感じるサイズとなります。 上場市場は東証二部、事業内容は卸売業(酒屋さん)、公開規模は35. 6億円と大きめ、IPO市場では人気化しにくい 最弱コンボとなります。 さらに付け加えるなら1982年とおよそ37年の老舗企業で業績はすでに横ばいと、今さら上場感が否めません。 現時点では 株主優待もありません。 カクヤス(7686)の第一印象として初値は厳しい雰囲気を感じますが、最近よくある グロース株(成長株)よりも バリュー株(割安株)の方が買われるという傾向が上場時も続いているのであればまだ可能性はあるかもしれません。 公募株 285,000円に対して売り出し株 1,757,000株とおよそ6倍強の差がありますが、売り出し放出元はすべて親会社で筆頭株主となる 株式会社SKYグループホールディングスの保有株の一部となるため 出口(イグジット)案件ではありません。 ベンチャーキャピタルの保有株は無く、筆頭株主含め既存株主には90日間及び180日間の ロックアップが掛かっているため上場時の大きな売り圧力はありません。 カクヤス(7686)の上場日は 12月23日(月)で12月第三週の怒涛のIPOラッシュ( 脅威の13社上場)を終えて休みを挟んだ後の上場となりますが、まだ買い疲れを引きずっているのではないかと思われます。 IPO主幹事が 野村證券ということが唯一の救い材料でしょうか。 もちろん大手初値予想会社の第一弾初値予想の見解が積極参加であれば再考致しますが。 <追記> やはり がこの カクヤス(7686)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。 カクヤス(7686)のIPO取り扱い決定( ) カクヤス(7686)のIPO(新規上場)業績等 カクヤス(7686)のIPO経営指標 カクヤス(7686)のIPO売上高及び経常利益 IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い 証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。

次の