ぶ ひど。 日時計

肥土伊知郎

ぶ ひど

アルデヒドのIUPAC命名法の例 IUPACではアルデヒドの命名法を以下のように定めている。 非環式の脂肪族アルデヒドはホルミル基を含む最も長い炭素鎖から誘導して命名する。 名称はアルカンの語尾の -e (-ン)を -al (-アール)にする。 ホルミル基が環についているときは語尾に -carbaldehyde (-カルバルデヒド)を使う。 もし、他の官能基が存在した場合は接頭辞の formyl- (ホルミル-)を使う。 接頭辞は methanoyl- (メタノイル-)が推奨される。 化合物が天然に生成するのときは、ホルミル基が結合した炭素原子を指示して oxo- (オキソ-)を使う。 ホルミル基がカルボン酸のカルボキシル基から合成された場合はそのカルボン酸の慣用名から誘導される。 語尾の -ic acid または -oic acid を -aldehyde に変える。 性質 [ ] を作らないために、に比べてに溶けにくいが、があるためによく溶ける(水和されやすい)。 また、基をもつためにも溶ける。 還元性を持ち、されるとカルボン酸になる。 、に陽性。 アルデヒドのIUPAC名は炭化水素の語尾 -e を -al に置き換えることで命名できる。 が使い始めたとされる。 低級アルデヒドは強い刺激臭をもつ。 また、アルデヒドは全体的にを有し、特にアルデヒドは一部のの辛味成分ともなっている。 を同じ炭素数について比べると、< アルデヒド<アルコール の順である。 ホルミル基 [ ] ホルミル基 ホルミル基 formyl group は -CHO と構造が表される1価ので、「ホルミル-」は の接頭辞として用いられる。 アルデヒド基とも呼ばれる。 第一級アルコールの -CH 2OH の部位をすることで得られる。 また、ホルミル基を酸化するとを得ることができる。 がごく弱いため、自己会合は弱く、水との親和性も弱い。 の片方のがされてホルミル基になったものは通俗的に セミアルデヒドと呼ぶことがある。 (例:、、) 単糖 [ ] はホルミル基とを持つものに大別されるが、前者のアルデヒドの性質を持つ糖を、後者のの性質を持つ糖をと呼ぶ。 毒性 [ ] 多くの生物にとって有害で、ホルミル基がの側鎖のと反応を起こし、さらには反応に進むため、これをさせる作用を持つ。 それを利用したものに生物学研究における固定や固定があり、のようながにおいて、次第にのや、のなどといった高寿命タンパク質を蝕み、こうしたタンパク質を多く含む器官に損傷を与えるのも、同じ原理による。 また、アルデヒドの一種であるアセトアルデヒドはがの触媒作用によって生成し、の働きでとなる。 合成法 [ ] アルデヒドは実験室的には第一級アルコールを弱い(例えば PCC )で酸化すると生成する。 、、、 、、 などを参照されたい。 工業的な酸化方法では、などのを用いてアルコールをまたはで酸化する方法がよく用いられる。 は、末端に水を付加してアルデヒドを得る手法として工業的に利用される(エチレンからアセトアルデヒドの工業的生成)。 は、カルボン酸エステルを還元してアルデヒドを得るための試薬として用いられる。 は酸との作用でアルデヒドに変わる()。 上記の酸化・還元反応のほか、芳香族化合物やアルケンに直接ホルミル基を導入する反応がなどいくつか知られる。 それらはホルミル化、ホルミル化反応と総称される。 詳細は「」を参照 工業的なアルデヒド合成法としては、ワッカー酸化とともに、アルケンのに対して水素とを触媒を用いて付加させる(オキソ法)が多用される。 この反応はホルミル基のに利用される。 ほかアルデヒドは、の原料となる。 アルデヒドを基質とする人名反応は数多く、代表例のごく一部として、 を挙げる。 これらはいずれも炭素-炭素結合生成として重要な反応である。 主なアルデヒド [ ]• - 体内の脂質過酸化生成物 脚注 [ ]• IUPAC Gold Book• , web page, University of Wisconsin Colleges, accessed on line August 4, 2007. , IUPAC, Commission on Nomenclature of Organic Chemistry, Blackwell Scientific, 1993. , IUPAC, Commission on Nomenclature of Organic Chemistry, Blackwell Scientific, 1993. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

「ひど」の索引 1ページ目

ぶ ひど

アルデヒドのIUPAC命名法の例 IUPACではアルデヒドの命名法を以下のように定めている。 非環式の脂肪族アルデヒドはホルミル基を含む最も長い炭素鎖から誘導して命名する。 名称はアルカンの語尾の -e (-ン)を -al (-アール)にする。 ホルミル基が環についているときは語尾に -carbaldehyde (-カルバルデヒド)を使う。 もし、他の官能基が存在した場合は接頭辞の formyl- (ホルミル-)を使う。 接頭辞は methanoyl- (メタノイル-)が推奨される。 化合物が天然に生成するのときは、ホルミル基が結合した炭素原子を指示して oxo- (オキソ-)を使う。 ホルミル基がカルボン酸のカルボキシル基から合成された場合はそのカルボン酸の慣用名から誘導される。 語尾の -ic acid または -oic acid を -aldehyde に変える。 性質 [ ] を作らないために、に比べてに溶けにくいが、があるためによく溶ける(水和されやすい)。 また、基をもつためにも溶ける。 還元性を持ち、されるとカルボン酸になる。 、に陽性。 アルデヒドのIUPAC名は炭化水素の語尾 -e を -al に置き換えることで命名できる。 が使い始めたとされる。 低級アルデヒドは強い刺激臭をもつ。 また、アルデヒドは全体的にを有し、特にアルデヒドは一部のの辛味成分ともなっている。 を同じ炭素数について比べると、< アルデヒド<アルコール の順である。 ホルミル基 [ ] ホルミル基 ホルミル基 formyl group は -CHO と構造が表される1価ので、「ホルミル-」は の接頭辞として用いられる。 アルデヒド基とも呼ばれる。 第一級アルコールの -CH 2OH の部位をすることで得られる。 また、ホルミル基を酸化するとを得ることができる。 がごく弱いため、自己会合は弱く、水との親和性も弱い。 の片方のがされてホルミル基になったものは通俗的に セミアルデヒドと呼ぶことがある。 (例:、、) 単糖 [ ] はホルミル基とを持つものに大別されるが、前者のアルデヒドの性質を持つ糖を、後者のの性質を持つ糖をと呼ぶ。 毒性 [ ] 多くの生物にとって有害で、ホルミル基がの側鎖のと反応を起こし、さらには反応に進むため、これをさせる作用を持つ。 それを利用したものに生物学研究における固定や固定があり、のようながにおいて、次第にのや、のなどといった高寿命タンパク質を蝕み、こうしたタンパク質を多く含む器官に損傷を与えるのも、同じ原理による。 また、アルデヒドの一種であるアセトアルデヒドはがの触媒作用によって生成し、の働きでとなる。 合成法 [ ] アルデヒドは実験室的には第一級アルコールを弱い(例えば PCC )で酸化すると生成する。 、、、 、、 などを参照されたい。 工業的な酸化方法では、などのを用いてアルコールをまたはで酸化する方法がよく用いられる。 は、末端に水を付加してアルデヒドを得る手法として工業的に利用される(エチレンからアセトアルデヒドの工業的生成)。 は、カルボン酸エステルを還元してアルデヒドを得るための試薬として用いられる。 は酸との作用でアルデヒドに変わる()。 上記の酸化・還元反応のほか、芳香族化合物やアルケンに直接ホルミル基を導入する反応がなどいくつか知られる。 それらはホルミル化、ホルミル化反応と総称される。 詳細は「」を参照 工業的なアルデヒド合成法としては、ワッカー酸化とともに、アルケンのに対して水素とを触媒を用いて付加させる(オキソ法)が多用される。 この反応はホルミル基のに利用される。 ほかアルデヒドは、の原料となる。 アルデヒドを基質とする人名反応は数多く、代表例のごく一部として、 を挙げる。 これらはいずれも炭素-炭素結合生成として重要な反応である。 主なアルデヒド [ ]• - 体内の脂質過酸化生成物 脚注 [ ]• IUPAC Gold Book• , web page, University of Wisconsin Colleges, accessed on line August 4, 2007. , IUPAC, Commission on Nomenclature of Organic Chemistry, Blackwell Scientific, 1993. , IUPAC, Commission on Nomenclature of Organic Chemistry, Blackwell Scientific, 1993. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

日時計

ぶ ひど

5990• 294• 382• 130• 115• 231• 100• 698• 126• 232• 540• 275• 152• 179• 237• 119• 109•

次の