蕁麻疹 やばい。 妊娠初期症状で蕁麻疹!?対策と気になる赤ちゃんへの影響は!?

プリンで蕁麻疹爆発事件|スズカン|note

蕁麻疹 やばい

こんばんは。 これは、ケースバイケースだと思いますが、一般的にアルコールは血行がよくなり、痒みなどが増強されやすいので、酒を飲むことによって蕁麻疹に影響があることは考えられます。 もし、一過性の蕁麻疹なら治るまで禁酒しておいたほうが無難かもしれませんね。 薬との相互作用は特記すべきものはないですが、アレジオンも眠くなりますので、眠気が若干増強される可能性がある程度かなと思います。 どんな薬でもアルコールとの併用が危険というわけではありません。 慢性疾患でほぼ一生涯薬を飲む必要のある方に酒を飲むなとは私は言えません。 私自身は、365日晩酌してますし、アトピーで抗アレルギー薬を数年間毎日のんでます(長時間作用する薬に対して時間差で…というのはナンセンスですので一緒に飲んでます)。 もちろん自己責任で。 私は慢性ジンマシン持ちですが、医師からアルコールの摂取を 控えるように言われました。 同時にアルコールと薬を同時に摂取すると効きすぎてしまうと 言われました。 医師は、患者の体調・体重等によって薬を処方しているので、 効きすぎるということは、数倍の薬を摂取するのと同様だと。 個人によって副作用が違うと。 アレルギー体質の場合には、 他のアレルギーを併発したり危険が伴うと。 毎晩アルコールを口にしていたのでカナリ大変でしたが どうしても外せない飲み会の時は薬を飲まないとか 色々工夫してアルコールを摂取するようにしています。 keepitgreen さんも早く治したいのなら少しの間ガマンなさって みてはいかがでしょうか? Q 蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。 地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。 蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。 以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。 原因は何だろう?。 凄い心配。 何が原因しているのか全く分からない?。 蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。 一度病院を変えるべきか迷っているのだ。 考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。 全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。 いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。 体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。 人間関係のストレスもあります。 何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。 人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。 これが湿疹や蕁麻疹です。 これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。 痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。 これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。 症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。 適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。 直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。 そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。 例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。 そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。 急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。 リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。 しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。 それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり... Q 30歳の主人が3ヵ月ほど前から蕁麻疹が出てかゆみがひどいようです。 原因は不明ですが慢性的に発疹していて、 特に朝夜や緊張した時などに手足に赤く小さいプツプツが出てかゆくて仕方ないらしく、 ボリボリかいてばかりでもともと乾燥肌の皮膚がひどく傷ついてしまってかわいそうです・・・。 最初はいくつかの皮膚科に行ってみましたが原因はわからず、出された薬を飲んでる間は多少おさまるけど、 薬に頼りすぎると逆に薬が切れたときに我慢できなくなるという話を聞いて不安に思い、今は飲んでいません。 他の皮膚科に行っても同じ結果になるだけだろうし、仕事が忙しくていく暇がないということで今は皮膚科に行っていません。。。 ただ最近は呼吸も苦しいと言っており、それも蕁麻疹と関係があるのかもしれないとますます不安に思っています。 私が何とか家庭で治してあげたいのですが、こちらの過去の質問を検索しても病院でもらった薬についてはよく書かれているのですが、 原因や根本的に治すにはどうしたらいいのかについてはわかりませんでした。 ホコリなどが原因かもと思って部屋はよく掃除しているしふとんもよく干しています。 食事もなるべくバランスの取れた手料理を出しています。 共働きでお互い忙しい中夫婦で規則正しい生活になるように努めています。 これ以上どうしたらいいのかまったくわかりません。 誰かアドバイスください。 よろしくお願いします。 30歳の主人が3ヵ月ほど前から蕁麻疹が出てかゆみがひどいようです。 原因は不明ですが慢性的に発疹していて、 特に朝夜や緊張した時などに手足に赤く小さいプツプツが出てかゆくて仕方ないらしく、 ボリボリかいてばかりでもともと乾燥肌の皮膚がひどく傷ついてしまってかわいそうです・・・。 最初はいくつかの皮膚科に行ってみましたが原因はわからず、出された薬を飲んでる間は多少おさまるけど、 薬に頼りすぎると逆に薬が切れたときに我慢できなくなるという話を聞いて不安に思い、今は飲んでいません... A ベストアンサー まず、湿疹や蕁麻疹などの症状は発赤、痒みや腫れを伴って実に不快ですが、体に不利な異物、毒を体から追い出す反応だと思って下さい。 体の防御反応、治癒反応です。 異物、毒と言っても物理的な微細な抗原もあるし、寒冷、温熱や、心身のストレスでも反応が起こることがあります。 痒くなるのは心身がストレスから解放される夜や、ストレスを感じた直後です。 自律神経反射が起きて体にたまった異物を排除しようとするものです。 実はこういう反応が出易い体質の人がいます。 もともと白血球の中のリンパ球が過剰気味の人なのですが、リンパ球が多いと色んなモノ、事に反応しやすくなってしまいます。 これはアセチルコリンの作用が強まり、ヒスタミンやプロスタグランジンなど腫れ、痒みなど起こす物質が大量に産生されるからです。 これが蕁麻疹の根本原因です。 日頃から運動不足、小さい頃からTVゲームなど室内にいることが多かった、屋外で紫外線も浴びず、余り動くことがない、過食気味、どちらかというと筋肉質でなく、色白で肥満気味、甘いものや炭酸飲料を好んでいた、小さい頃からどちらかというと過保護に育ち、それほどストレスを抱え込む生活はしてこなかった、など過去や現在の生活の有り様がリンパ球を過剰にします。 以上でお分かりように、蕁麻疹が出易いのは、元々リンパ球過剰体質のがストレスに過敏に反応するようになったからです。 そうすると、二つの事を考えなくてはいけませんね。 一つはストレスの原因を具体的に把握して、それを遠ざけたり、できるだけ解消することです。 もう一つは、これがもっとも大事で原因治療になるのですが、少々のストレスにはびくともしないように心身を鍛えて過剰なリンパ球を減らすことです。 直ぐに改善するわけではありませんが、食生活を見直したり生活に屋内外の運動を取り入れ、徐々に体を鍛えることから始められると良いと思います。 抗ヒスタミンや抗アレルギー剤はおっしゃるように原因を治療するものではありませんし、せっかく体から異物を追い出そうとしてるのですからそれを止めてしまうことはあまり良いことではありませんね。 まず、湿疹や蕁麻疹などの症状は発赤、痒みや腫れを伴って実に不快ですが、体に不利な異物、毒を体から追い出す反応だと思って下さい。 体の防御反応、治癒反応です。 異物、毒と言っても物理的な微細な抗原もあるし、寒冷、温熱や、心身のストレスでも反応が起こることがあります。 痒くなるのは心身がストレスから解放される夜や、ストレスを感じた直後です。 自律神経反射が起きて体にたまった異物を排除しようとするものです。 実はこういう反応が出易い体質の人がいます。 もともと白血球の中のリンパ球が... Q 人生至上、初めての全身のじんましんに悩まされています。 2週間が経過したのですが、一向に治りません。 手のひらなどは、ポツポツと赤くなる。 心当たりは、2週間前に、胃カメラの検査をしたことくらいです。 その後から、じんましんが起き始めました。 じんましんが発生してから1週間後くらいに、その病院に相談したら、「胃カメラが原因でじんましんができるとしたら、2.3日で治るはずで、1週間も続いているようであれば、専門の皮膚科に行って相談した方がいい」と言われました。 そして、早速、皮膚科に行ったら、「疲れとストレス」と言われました。 疲れとストレスは、自分ではあまりないようにも思うのですが、どのように具体的な対処したらいいのか分からずじまいです。 具体的な何をしたらいいのか全くわかりません。 皮膚科に行っても、疲れとストレスと言われてしまい、特に悩み事もなく、毎日それなりに楽しいし、睡眠も必要以上にとってるし。 ただただ、かゆいだけ。 やはりどこか大きな病院とかに行った方がいいのでしょうか? それとも何かじんましんを治す方法があるのでしょうか? ちなみに皮膚科でもらった薬を服用していますが、薬を飲んだら、治りますが、効き目が切れ始めたら、またじんましんがでます。 その繰り返しです。 アドバイスいただければ幸いです。 人生至上、初めての全身のじんましんに悩まされています。 2週間が経過したのですが、一向に治りません。 手のひらなどは、ポツポツと赤くなる。 心当たりは、2週間前に、胃カメラの検査をしたことくらいです。 その後から、じんましんが起き始めました。 じんましんが発生してから1週間後くらいに、そ... A ベストアンサー こんにちは。 じんましん、つらいですよね。 私も2回だけつい最近出ました。 ここ2、3年で痒疹皮膚科に通っていますが、じんましんについて先生は「原因が分かる事の方が珍しい」くらいに言っていました。 (痒疹も原因はわからないって言われましたが!) もう医療に対して不信感ばかりつのりますよね(?)。 そういうのもストレスです。 私もいつになったら薬から開放されるんだろう・・と思うこともありますが、最近は調子もいいのであまり悪いように考えないようにしています。 大きい病院も良し悪しかと思いますが、なんでもないのが分かれば安心できるというなら、行ってみてもいいのでは?でも多分原因はわからないと思います。 Q どのカテゴリか悩んだのですが・・ 血液検査などでアレルギーがないことは判明しているのですが、主に痒みの症状に耐えられず、市販の抗ヒスタミン剤「ジルテック」を服用しています。 ですが、やはりアレルギーでもないのに服用はやめようと思ってトライしてみたものの、体が依存してしまっているのかつらくてやめられません。 意図して飲むのをやめても、飲み忘れてしまったときでも、薬をとめると痒みがでてきてしまいます。 具体的には、眼の痒み&赤み、頭も含めて全身の皮膚の痒みと、顔や手足の発疹・・蚊にさされたようなぷっくりしたものがいくつかと、鳥肌のような赤いぶつぶつがたくさんで、掻くとミミズ腫れになります。 見ためは蕁麻疹と似ています。 乾燥肌なのかもしれない、と思って保湿には気を使っているつもりですが痒みがとまりません。 (健康診断は行っているので糖尿その他の疾病はありません) 薬断ちにトライしているときは痒みに耐えるために冷たいタオルで冷やす、などしてごまかしていますがなんとも。。 なにかプラセボ効果のようなものを試すといいのか、と今は考えています。 我慢すればいいのに、意志の弱さに情けない気持ちです。。 どなたか、依存してしまった薬の断ちかたのアドバイスをお願いします。 ですが、やはりアレルギーでもないのに服用はやめようと思ってトライしてみたものの、体が依存してしまっているのかつらくてやめられません。 意図して飲むのをやめても、飲み忘れてしまったときでも、薬をとめると痒みがでてきてしまいます。 具体的には、眼の痒み&赤み、頭も含めて全身の皮膚の痒みと、顔や手足の発疹・... A ベストアンサー 調剤薬局に勤務する薬剤師です。 アレロックは簡単に言えばアレルギーを抑える薬です。 鼻水が出る、くしゃみが出る、皮膚がかぶれる、涙がでる、これら全ては体が外界からの刺激に対しての防御反応反応なんですね。 蕁麻疹も広義にとらえればアレルギーの一種と考える事が出来ます。 ですのでアレロックが処方されてもそれはごく自然の内容だと思います。 具体的には、アレロックの作用が外界からの皮膚への刺激物質をシャットアウトして、その結果として蕁麻疹そのものが次第に消滅していきます。 ですので、蕁麻疹そのものを治すのは貴方の体の自浄効果になります。 薬はこの様に受動的に働くものが結構あります。 それに対して能動的に働く薬も当然あるのですが、私見ではございますが、この様な薬は副作用が強く出ます。 その代表例が抗癌剤といわれる薬で、細胞を死滅させる効果を持つために正常な細胞にも効果を表すことがあるので、副作用が強いんですね。 多分、この様な説明が分かりやすいかなっておもいましたので投稿させて頂きました。 実は今日、投薬時に全く同じ質問をされたのです。 調剤薬局に勤務する薬剤師です。 アレロックは簡単に言えばアレルギーを抑える薬です。 鼻水が出る、くしゃみが出る、皮膚がかぶれる、涙がでる、これら全ては体が外界からの刺激に対しての防御反応反応なんですね。 蕁麻疹も広義にとらえればアレルギーの一種と考える事が出来ます。 ですのでアレロックが処方されてもそれはごく自然の内容だと思います。 具体的には、アレロックの作用が外界からの皮膚への刺激物質をシャットアウトして、その結果として蕁麻疹そのものが次第に消滅していきます。 ですの... A ベストアンサー アルコールで肝臓が弱ったサインとも取れますが、睡眠不足、ストレスなども要因です。 まず、アルコールは控えた方が無難です。 htm 胃腸、肝臓の機能が低下していたり、感染症などにかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんが出ることがあります。 また、精神的なストレスや過労、睡眠不足が原因となる場合もあります。 chiebukuro. yahoo. 肝機能が肝障害により低下した場合、その解毒機能が低下する結果、アレルギー反応を起して発疹等の蕁麻疹と呼ばれる症状がでます。 また、血液中の毒素 言葉はわるいですが、体にあるとよろしくない物質 がたくさんあると、毛細血管が拡張 広がって 赤いまばらな皮膚症状がでるのです。 chiebukuro. yahoo. そのストレスを解消すると蕁麻疹が消えますがわからないと原因不明の蕁麻疹になります。 一緒に飲む人間の言動や仕草などがあなたの深層心理の中で納得できなくて蕁麻疹として表れる事があります。 蕁麻疹が出てる時に飲酒をすると細胞一つ一つにアルコールに反応するので悪化してしまうようです。 アルコールで肝臓が弱ったサインとも取れますが、睡眠不足、ストレスなども要因です。 まず、アルコールは控えた方が無難です。 htm 胃腸、肝臓の機能が低下していたり、感染症などにかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんが出ることがあります。 また、精神的なストレスや過労、睡眠不足が原因となる場合もあります。 chiebukuro. yahoo. 肝機能が肝障... A ベストアンサー こんばんは 専門家ではないので確定的なお返事は出来ませんので 私の職場(内科)での例を。 「朝に飲み忘れたときはお昼にのんでもいいのですか?」 一日二回、朝・夕の食後にのんでいただいてる患者さんに聞かれたときは お昼にのんで、夜の分を出来るだけ昼から時間をあけてのんでいただくこともあります。 要は一日に朝夕の食後を目安にしていただくと 一日を二分割する感じで体の中に薬効成分を安定値に保つという目的だからです。 昼がよろしくないかどうかは、患者さんの状態によるのかもしれませんので 電話でも結構ですので、処方してもらってる病院に確認されるのが安全で早い回答を得れるかと思います。 一番症状が辛いときに、お薬がMAXで効いてる状態を望んでること、 主治医に相談なさってみてください。 お大事になさってくださいね Q 27才・女性・派遣社員です。 今週の月曜日から急に毎日蕁麻疹ができています。 痒くてかいていたら真っ赤になってどんどんひろがっていき時間が経つと消えていく…その繰り返しです。 月曜日に病院に行きましたがその時は蕁麻疹と診断をされず。 その日の夜に一晩中寝れなくて仕事を欠勤をして再び診察をうけ蕁麻疹と診断をされました。 痒み止めの薬をもらい飲みました。 今日も病院に診察に行き仕事に遅刻をしていきました。 私:「原因は何ですか?」と医師に質問をしたら 医師:「蕁麻疹は原因がわからないものなんです」 私:「食べ物の可能性は無いんですか?」 医師:「大きくなってから食べ物のアレルギーが出る可能性は殆ど無いと思います」 というやりとりでした。 原因があるから蕁麻疹が出ると思うのですが…。 これいじょう会社に迷惑をかけるわけにもいけないとおもうし、痒みが増すのは辛いです。 今行ってる病院は個人病院ではなく少し大きい方の病院です。 (大学病院ではありません) 病院を変えたほうが良いのでしょうか? 医師との相性は今までの中では良い方ですが…。 とても辛いです。 27才・女性・派遣社員です。 今週の月曜日から急に毎日蕁麻疹ができています。 痒くてかいていたら真っ赤になってどんどんひろがっていき時間が経つと消えていく…その繰り返しです。 月曜日に病院に行きましたがその時は蕁麻疹と診断をされず。 その日の夜に一晩中寝れなくて仕事を欠勤をして再び診察をうけ蕁麻疹と診断をされました。 痒み止めの薬をもらい飲みました。 今日も病院に診察に行き仕事に遅刻をしていきました。 私:「原因は何ですか?」と医師に質問をしたら 医師:「蕁麻疹は原因がわか... A ベストアンサー こんにちは。 私も数年前、蕁麻疹に悩みました。 一晩中眠れなくて、今までの人生で一番辛かった思い出です。 人に言っても、痒いのくらい・・・って感じでしたが、本当に辛くて今でも思い出すと泣きそうです。 1か月以上続くものは「慢性蕁麻疹」といって、本当に原因はわからないそうです。 精神的なものが影響しているみたいですが、それもわかりません。 結局1年以上は薬を飲んでいたと思います。 薬は少しづつ減らしていって最終的には飲まなくてもでなくなりました。 原因はわからないので薬でとめるしかないようです。 それから、軽いものでしたら、「メンソレータムADプレミア乳液」というのを塗ると蕁麻疹の痒みが引きました。 お風呂上りに塗るといいのですが、べたつくのが嫌な私は、お風呂からあがる前に塗ってパックのように浸透させてサッと流して、というような使い方をしていましたが、ちゃんと痒みをとめる効果はありました。 1年とちょっとくらいは薬を飲んでいましたが、結局今は薬を飲んでなくて、治りました!でも、ちょっとかゆい?という不安が少しでも出てきたら「メンソレータムADプレミア乳液」を塗るようにしています。 薬局で売ってます。 蕁麻疹の治らなさに関しては相当悩んできた私でも治ったのできっと大丈夫ですよ! こんにちは。 私も数年前、蕁麻疹に悩みました。 一晩中眠れなくて、今までの人生で一番辛かった思い出です。 人に言っても、痒いのくらい・・・って感じでしたが、本当に辛くて今でも思い出すと泣きそうです。 1か月以上続くものは「慢性蕁麻疹」といって、本当に原因はわからないそうです。 精神的なものが影響しているみたいですが、それもわかりません。 結局1年以上は薬を飲んでいたと思います。 薬は少しづつ減らしていって最終的には飲まなくてもでなくなりました。 原因はわからないので薬でとめるしか...

次の

自律神経失調症と蕁麻疹の関係。出方の特徴と治し方

蕁麻疹 やばい

寝て起きると体のそこらじゅうに蕁麻疹が… 足の股近く。 真っ赤な斑点がたくさん。 手首付近にもポツポツ斑点が… ふくらはぎにも… ひゃああああああああああ。 実は去年も原因不明の蕁麻疹がでて、病院へ行ったのですが特にアレルギー反応を示すものはなく、医者にも 原因不明だと言われました。 最終的に全身に蕁麻疹がでて、ぶっ倒れました。 それから少し健康に気を使った生活を心がけてからはでなかったのですが。。。 つい先日、1週間連続で毎日飲み続ける時があって、それからまた去年みたいに蕁麻疹が出るようになったんですよね。 お酒の飲み過ぎだけじゃなく、疲労やストレスも原因? そこで、蕁麻疹の出る原因を色々と調べてみたのですが、 酒の飲み過ぎだけではなく、 疲労やストレスによる蕁麻疹もあるそうです。 去年から原因不明となっていたこの蕁麻疹をどうにか治したいと思い、どんな時に出るのかを観察してきたところ、 酒の飲み過ぎで蕁麻疹が出てきた。 やばい。 控えよう笑 — 矢野大地 123Vaal わかったことは、主に3つ。 つまり、原因は様々あるとはいえ、「酒の飲み過ぎと睡眠不足(ストレス)などが原因であることは明確でした。 その中で、特に1か月以上治らないものを慢性蕁麻疹といいますが、その原因として、最近では ヘリコバクターピロリ菌による慢性胃炎と慢性蕁麻疹の関係が注目されています。 しかし、やはり多いのはB型およびC型ウイルス性肝炎です。 引用元ー その原因の一つの肝機能障害また慢性胃炎による 慢性蕁麻疹との関係性。 蕁麻疹が危険信号 蕁麻疹が出ることを無視してアルコール摂取を続けると体がアルコールを受け付けるようになり、蕁麻疹がでなくなる。 そうすることで体内のアルコール値を一定に保たないと不安定になる アルコール依存症になりやすい。 また、 うつ病や統合失調症などの精神障害、アルコール性の肝炎、胃炎、肝硬変などを誘発する可能性が高くなる。 調べていくと恐怖の文章が… アルコール依存症… 考えてもない言葉がでてきて、言葉を失いました。 実際に体に蕁麻疹がでている時は危険信号を出してくれているがそれがなくなったら…やばいってことですね。。。 いや、本当にこれからは酒は楽しむ程度にしようと思います。 早死に死にしたくありません(泣) 原因不明だからこそ自分なりの判断を! 僕も色々調べて答えを探していたのだけど、自分と全く同じような状況にある人なんてなかなかいないんです。 だからと言って今まで食品アレルギーや金属アレルギーがあったわけでもなく、急に蕁麻疹が出るっていうのはやっぱり普通ではないんです! もし、今もしくは今まで同じように原因不明の蕁麻疹が出たことのある人は是非一度立ち止まって考えてみてください。 僕自身、今回の一件で生活面をもう一度考え直そうと思いました。 そうしないともう病気は目の前にいるなと… でも、好きなお酒はやめないのでそのためにも過度な飲酒、疲れている時の飲酒は避けたり、飲んでも早く寝て、体調を整えるということをもう一度しっかりと意識しようと思いました。 僕なりの対処法は!? ただ、今まで何もしてこず、蕁麻疹は治りませんでした。 最初は連日、お酒を飲む日だけ出てきていたのが、最近では3日飲まない日があっても、出るようになったんです。 これはまずいな〜と思って、色々調べてきましたが、やっぱりお酒を飲むのを控えるか肝臓と胃に良いものを摂取して、体の健康を取り戻すしかなさそうでした。 が、やはり仕事柄とか付き合いで飲むのがやめられない人もいますよね? ということで、とりあえず僕が試してみたことをまとめておきます。 すると、連日2日酔いだったり、飲んだ次の日にだるさを感じていたのが少し楽になったような気がします。 この効果かどうかはわかりませんが、徐々に蕁麻疹がでる日が少なくなってきて、約2ヶ月ぐらい経ったときかな? 蕁麻疹はパタリと出なくなりました。 まとめ 無理して飲まないのが一番ですが、付き合いなんかで飲むことも多いとおもいます。 僕も付き合いもありますが、自分自身が飲むのが好きってのもあって、どうしても飲んでしまうときもあります。 そんなとき、自分の健康としっかり向き合い、蕁麻疹なんかに苦しまなくても良いようにしたいですね! また、自分自身は飲めると思ってても実は体質的にはアルコールに対して弱い体質であるという可能性もあります。 そんな心配を持つ人は を試してみるといいかもしれません。 自分の体がアルコールに対して分解しやすい体質なのかどうかを遺伝子レベルで検査してくれます。 検査してみると…実は自分はあまり飲めない体質だった!!! なんてわかることもあるので、興味のある人はぜひやってみてください。 この記事を読んでくれたみなさんに、もう一度お酒との付き合いを考えてみる良い機会としてもらえたら幸いです。 さあ、これからも楽しく、元気に飲みましょう!笑.

次の

プリンで蕁麻疹爆発事件|スズカン|note

蕁麻疹 やばい

2年ほど前から連日酒飲んでたら蕁麻疹が出るようになりました。 そうそう、2年ほど前。 なつ頃だったかな〜 ちょっと体調が良くなかったって、寝込んでたらなんと足の太ももから首あたりまで全身に蕁麻疹があああ。 かゆいし、あついし、痛いし…もがき苦しんで、高熱出て、脱水症状になってぶっ倒れて病院に運ばれました。 病院で診察を受けた時に、 「最近、お酒の飲み過ぎか、疲れかわかりませんが全身に蕁麻疹が出るんです。 」 っていって血液検査とかしてもらったんですが、アレルギー症状などは見つからず、 原因不明扱いでした。 その後も疲れと飲みが重なった時はだいたい蕁麻疹が体にあらわれるようになって、もう2年が経ちますね。 そこで色々とネットでも調べたんですが、原因はわからないという文言ばかりが並ぶんです…正直恐怖でした。 蕁麻疹の出る時の状況がわかってきた(個人差があります。 ) ただ、数ヶ月蕁麻疹と付き合ってくるとなんとなく蕁麻疹が出る時と出ない時での変化がわかってきたんです。 僕の場合は(これは個人差があります。 蕁麻疹が出る時はだいたい暑い日、直射日光に当たった時• 出るのは服の上の場合が多い。 (太もも、肘付近が多い)• 出る時は下痢になってることが多い• 蕁麻疹がひどい時は熱も一緒にでる。 こんな感じの原因がわかってきたんですよ。 まとめると、 蕁麻疹が出る時には大体、酒の飲み過ぎ、寝不足、疲れ、ストレスなんかの状況があって、そんな時に太陽からの熱、体温が上がることをする(スポーツなど)、風邪などの症状とともに蕁麻疹が出てきます。 そして、 そのままその状態を続けると蕁麻疹は日に日にひどくなっていって、最終的には高熱出して倒れてしまいます。 (体験済み。 ) てな感じで自分の体調管理の不手際で起こる警告信号みたいなものとなっていることがわかりました。 僕はくらい日本酒がすきですが、それでも禁酒します。 それか、今日はこれだけしか飲まないというふうに決めて、絶対に普段飲んでる量よりもだいぶ減らした量を飲むようにしましょう。 そうでなければ確実に悪化し、ひどい時には病院に運ばれてしまうようなことも起こります。 蕁麻疹の出る前の一週間は確実に睡眠不足だという統計が僕の体が証明してくれています。 なので、朝早く起きて、夜は早すぎるだろって時間にでもいいのでとにかく寝てください! 寝るとストレスフルな環境からも抜け出しやすくなるし、考えていることがまとめられるといわれているので、睡眠の重要性を感じましょう。 寝心地なんかも関係しているとおもので、僕は睡眠にも気をつけています! 現在はこの枕を愛用しはじめまして、現在快眠できる日が多くなってきました。 栄養関係にも頼るといいと思います。 最近では食生活を改善しているので問題ないですが、初期の時には の力をかりていましたね! いや〜これが元気になるんですよ! が取れた時には友だちに食べさせてもらったりしていました。 飲酒が原因で体内で脱水症状が起きている場合があります。 下痢になると体の中の水分がしっかり吸収されていない証拠ですからね。 しっかり水分補給することを忘れずに! とにかく体と心への負担をへらすことが大事ですね。 自分なりに自分の体とどう向き合っていくか考えるきっかけになるといいのではないかと思っています。 まとめ 自分の体のことは自分がよくわかっているべきです。 最悪の場合には医者に相談すべきですが、 事実蕁麻疹に関しては原因不明ということで治療が行われない場合もあります。 (病気の兆候の場合もあるので診断は受けた方がいい。 ) なので、どうしても飲み過ぎてしまったり、疲れが出てしまうことは避けるのが難しい場合でも、その後の自己ケアはしっかりするといいとおもいます。 僕も自己ケアが苦手な方なので、こうして発信することで自分への戒めをしています。 笑 お酒は好きだからやめませんが、蕁麻疹とはどうしても戦わないといけないので、また新たな事実が発覚したらこうして発信していこうかと思います。 みなさんも頑張って蕁麻疹と戦ってくださいね!.

次の