コロナ禍挨拶メール。 イベント中止のお知らせ例文コロナウイルス感染症予防対策お詫び文例

災害のお見舞いメール|ビジネスでの例文を使って気遣いを[社内&社外]

コロナ禍挨拶メール

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は土井田みきさん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。 「緊急事態宣言が解除され、6月1日からうちの会社も出社が基本となりました。 とはいえ、順次ということなり、社内でも誰がどのように働いているのかが把握しきれていません。 社外の人はなおさらで、コロナ前に比べると、締め切りなどのバッファも広めにとっていて、業務の進みが遅く感じています。 それは仕方がないと思っていますが、困るのはメールのやりとりです。 相手の状況がわからないだけに、急かしてもいけないし、とはいえのんびりしすぎても仕事になりません。 どのように書けばよいでしょうか」 感染者が少なくなってきて、緊急事態宣言も解除され、ひとつの区切りがついたかに思われたコロナ禍。 ですが、第2波の警戒が広がり、仕事だけに集中できないという社会になっています。 しかしながら、働いている限り、業務は進めなければいけません。 ビジネスのやりとりのベースにもなっているメールにも、新しいマナーが必要です。 冒頭の挨拶文や文末の締めには、どのような言葉が適切なのでしょうか。 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。 件名は本文の具体的な内容がひと目でわかるように、本文は箇条書きやインラインを用いて、過去のメールを掘り返さずとも、そのメールだけ読めば解決できるように作成するといった、効率に特化したメール作成は、コロナ禍でも基本です。 冒頭の挨拶文も、すぐに本題に入ったほうがビジネスメールとしての機能を果たしますので、社外には「お世話になっております」、社内では「お疲れ様でございます」「おはようございます」といった、いつも通りのもので問題ないでしょう。 相手からの問い合わせや、自分が出したメールの返信にさらに連絡事項をメールする場合には、いつもの「ご連絡ありがとうございます」といった、感謝の言葉に加え、「おかわりありませんか?」といった相手の状況を気遣う言葉を添えられるといいですね。 文末は、自分の状況に相手への思いを添えて では、結びの一文はどうでしょうか。 コロナに一切触れないというのも方法です。 ここまで事態が混とんとし、数か月、言ってみれば「コロナに振り回されている」という気持ちになっている人も少なくありません。 さまざまなストレスから、ふつうに仕事をしたい、コロナの話はもうちょっと控えたい、という人もいます。 そのため、通常のビジネスメールの一般的な結びである「以上です。 どうぞよろしくお願いいたします」「以上です。 ご返信(ご検討)なにとぞよろしくお願いいたします」だけを用いても、特に問題ないといえます。 ただやはり、相手に寄り添い、ひとことでも思いやる言葉があれば、気持ちが伝わりますし、相手もほっとするのではないでしょうか。 たとえば、「どうぞ、ご安全にお過ごしください」という言葉。 これはもともと、メーカーの工場や、建築現場に関わる人同士では普通に使われているビジネスメールの締めの言葉ですが、コロナ禍では一般企業でも多用されています。 押しつけがましくなく、相手への思いやりが伝わると思います。 社内の場合など、立場が同等の相手であれば、「お互い元気に乗り越えましょう」という一文もよいと思います。 また、「お困りのことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください」というのもよいでしょう。 会議や打ち合わせがなくなり、メールでのやりとりに変更された場合には、「次回元気なお姿でお会いできるのを楽しみにしております」という将来に繋がる言葉もよいですね。 自分の働き方をお伝えするというのも、相手を安心させる締めの文章となります。 たとえば、「在宅勤務となっており、メールの対応は〇時から〇時とさせていただいております」「リモートワークのため、対応は〇曜日となりますがご了承くださいませ」などという説明も有効です。 つい、「いつでも対応できます」などと書いてしまいがちですが、ここで自分が負担になってしまうようなことを書く必要はありません。 正しく書くことが、結果的に現状でもっとも効率よく業務を進めることになります。 現在の非常がいつまで続くかは誰にもわかりませんが、少しずつ、仕事の現場にも新しい日常を作り出していきたいですね。 相手の状況がわからないときのビジネスメールって難しい……。 相手の現状がわからないならわからないなりに、思いやる言葉を書き添えるとよいでしょう。 セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。 著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 vitaminm.

次の

コロナ禍の今こそ「お客様への手紙」が営業で威力を発揮する理由

コロナ禍挨拶メール

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は土井田みきさん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。 「緊急事態宣言が解除され、6月1日からうちの会社も出社が基本となりました。 とはいえ、順次ということなり、社内でも誰がどのように働いているのかが把握しきれていません。 社外の人はなおさらで、コロナ前に比べると、締め切りなどのバッファも広めにとっていて、業務の進みが遅く感じています。 それは仕方がないと思っていますが、困るのはメールのやりとりです。 相手の状況がわからないだけに、急かしてもいけないし、とはいえのんびりしすぎても仕事になりません。 どのように書けばよいでしょうか」 感染者が少なくなってきて、緊急事態宣言も解除され、ひとつの区切りがついたかに思われたコロナ禍。 ですが、第2波の警戒が広がり、仕事だけに集中できないという社会になっています。 しかしながら、働いている限り、業務は進めなければいけません。 ビジネスのやりとりのベースにもなっているメールにも、新しいマナーが必要です。 冒頭の挨拶文や文末の締めには、どのような言葉が適切なのでしょうか。 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。 件名は本文の具体的な内容がひと目でわかるように、本文は箇条書きやインラインを用いて、過去のメールを掘り返さずとも、そのメールだけ読めば解決できるように作成するといった、効率に特化したメール作成は、コロナ禍でも基本です。 冒頭の挨拶文も、すぐに本題に入ったほうがビジネスメールとしての機能を果たしますので、社外には「お世話になっております」、社内では「お疲れ様でございます」「おはようございます」といった、いつも通りのもので問題ないでしょう。 相手からの問い合わせや、自分が出したメールの返信にさらに連絡事項をメールする場合には、いつもの「ご連絡ありがとうございます」といった、感謝の言葉に加え、「おかわりありませんか?」といった相手の状況を気遣う言葉を添えられるといいですね。 文末は、自分の状況に相手への思いを添えて では、結びの一文はどうでしょうか。 コロナに一切触れないというのも方法です。 ここまで事態が混とんとし、数か月、言ってみれば「コロナに振り回されている」という気持ちになっている人も少なくありません。 さまざまなストレスから、ふつうに仕事をしたい、コロナの話はもうちょっと控えたい、という人もいます。 そのため、通常のビジネスメールの一般的な結びである「以上です。 どうぞよろしくお願いいたします」「以上です。 ご返信(ご検討)なにとぞよろしくお願いいたします」だけを用いても、特に問題ないといえます。 ただやはり、相手に寄り添い、ひとことでも思いやる言葉があれば、気持ちが伝わりますし、相手もほっとするのではないでしょうか。 たとえば、「どうぞ、ご安全にお過ごしください」という言葉。 これはもともと、メーカーの工場や、建築現場に関わる人同士では普通に使われているビジネスメールの締めの言葉ですが、コロナ禍では一般企業でも多用されています。 押しつけがましくなく、相手への思いやりが伝わると思います。 社内の場合など、立場が同等の相手であれば、「お互い元気に乗り越えましょう」という一文もよいと思います。 また、「お困りのことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください」というのもよいでしょう。 会議や打ち合わせがなくなり、メールでのやりとりに変更された場合には、「次回元気なお姿でお会いできるのを楽しみにしております」という将来に繋がる言葉もよいですね。 自分の働き方をお伝えするというのも、相手を安心させる締めの文章となります。 たとえば、「在宅勤務となっており、メールの対応は〇時から〇時とさせていただいております」「リモートワークのため、対応は〇曜日となりますがご了承くださいませ」などという説明も有効です。 つい、「いつでも対応できます」などと書いてしまいがちですが、ここで自分が負担になってしまうようなことを書く必要はありません。 正しく書くことが、結果的に現状でもっとも効率よく業務を進めることになります。 現在の非常がいつまで続くかは誰にもわかりませんが、少しずつ、仕事の現場にも新しい日常を作り出していきたいですね。 相手の状況がわからないときのビジネスメールって難しい……。 相手の現状がわからないならわからないなりに、思いやる言葉を書き添えるとよいでしょう。 セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。 著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 vitaminm.

次の

災害のお見舞いメール|ビジネスでの例文を使って気遣いを[社内&社外]

コロナ禍挨拶メール

『Think CIVILITY(シンク・シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』は10万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします) また、コンピューターの上だと、たまったストレスを吐き出すように、普段なら考えられない暴言を吐く人もいる。 距離があるから大丈夫だと思うのか、平気で他人を侮辱し、罵倒する人も少なくない。 コンピューターで他人と関わることが増えすぎたために、もはや面と向かって接する方法がわからなくなっている人もいる。 他人も自分と同じく、感情を持った生身の人間だということをつい忘れがちになる。 メールがさまざまな形でビジネスに役立っているのは確かだ。 だが、メールがあるせいで、職場で昔なら考えられなかったようなとんでもない無礼な振る舞いをしてしまう人もいる。 怒りにまかせて他人を非難するメールもそうだし、明らかに相手を困らせる目的で送っているメールもある。 職場にふさわしくないくだけすぎた内容のメール、とんでもなく長いメールも困る。 メールはその内容、出し方によって、相手にとって大変な失礼になってしまうし、相手を見下し、軽んじたことになってしまうこともある。 感情に任せてとんでもないメールを送ってしまうのを防ぐことはそう難しくない。 まず重要なのは、自分の今の心の状態に自覚的になることだ。 また、自分の感情をコントロールするコツは昔から数多く知られているので、それを利用すればいいだろう。 だが、難しいのは、「とんでもない」というほどでもないちょっとした無礼を防ぐことである。 メールを書くときには、相手が受け取るのは書かれた文字だけである、ということに注意する。 これによって一度に伝えられる感情は1つか、せいぜい2つだ。

次の