豚肉生姜焼き レシピ。 塩麹の豚肉レシピおすすめ11選|漬け焼き/ソテー/生姜焼きにも

【簡単レシピ】10分以内で完成! みんな大好き「豚肉の生姜焼き」はこんなに簡単にできる

豚肉生姜焼き レシピ

オレンジソースが爽やかな豚肉ソテー 塩麹をぬり込んだしっとりジューシーな豚ロース肉を、爽やかなオレンジソースに絡めて食べるオシャレなソテーです。 塩麹に半日ほど寝かせた豚ロースは、表面の水気を軽くふき取ってから小麦粉をまぶし、じっくり弱火で加熱します。 仕上げにソテーしたフライパンの肉汁でソースを作ってかければ完成!爽やかな酸味とオレンジの香りでレストランのような仕上がりです。 りんごソースで豚肉をおしゃれディッシュに こちらはポークソテーにりんごのソースをかけて食べる素敵なディッシュです。 ソテー用の豚ロース肉に塩麹をなじませてから、小麦粉とブラックペッパーをまぶしてオリーブオイルでこんがり両面焼き色がつくまでソテーします。 ソースはりんごに酒、しょう油、砂糖などを加えたりんごの酸味が爽やかな味わいでまろやかな塩麹の豚肉と良く合います。 皮付きでサイコロサイズにりんごをカットすると、フォトジェニックになりますよ。 塩麹使いで豚スペアリブしっとり! ジューシーで食べ応え抜群の豚スペアリブを使ったソテーは、ホームパーティやおもてなしのメインにぴったりなご馳走です。 豚スペアリブは骨の近くに切り込みを入れてから塩麹をすり込み、しばらく置いてから、使用することでしっとりした仕上がりに。 フライパンで全体に焼き色をつけ、合わせ調味料を加えて豚スペアリブに絡めてから、水を加え蓋をして弱火で蒸し焼きにするだけなので簡単です。 豚肉の生姜焼きに塩麹をプラス!おすすめ3選 豚肉の生姜焼きは、甘辛い味付けと生姜のピリッとした辛味がアクセントの飯ご飯がすすむおかずです。 豚肉は塩こしょうを振って下処理するのが一般的な作り方ですが、ひと手間加えて塩麹を揉み込むことで、奥深い味を楽しめます。 ここからは、豚肉の生姜焼きに塩麹をプラスした味わいレシピをご紹介します。 たっぷりタマネギと塩麹豚肉で食欲アップ 塩麹が隠し味となって美味しさがアップする豚の生姜焼きレシピです。 豚ロースの薄切り肉は、塩麹やおろしショウガを加えた調味料に漬け込んでしばらく置いてから、たっぷりのタマネギと一緒に炒めるだけなので簡単です。 豚肉がしっとり柔らかくて風味良い仕上がりに! ブロック肉でおしゃれに仕上げる洋風生姜焼き 塩麹に漬けた豚肩ロースのブロックで作るオシャレな洋風生姜焼きです。 豚肩ロースはブロックのまま塩麹を塗り込んでしばらく寝かせてから使用するので、しっとりしています。 フライパンにバターを入れて熱し、表面に焼き色がしっかりついたら、アルミホイルで覆って余熱で火を通していきます。 おろしタマネギ入りのジンジャーソースを添えて盛り付ければ、レストランのメインディッシュのような1品が完成です。 塩麹豚肉の甘辛角煮風 豚バラ肉を角煮のようにトロッと柔らかくて甘辛い味付けに仕上げた生姜焼きメニューです。 豚バラブロックを1㎝幅にカットして塩麹に漬けて柔らかくするので、時間をかけて作る角煮のような食感に。 漬け込んだ塩麹は軽くふき取ってから、片栗粉をまぶしてこんがり焼き、ショウガ入りのタレに絡めて仕上げます。 大人も子どもも喜ぶ満足レシピですね。 身近な調味料として定着した塩麹を豚肉料理に取り入れて、美味しく味わいましょう。

次の

【ヒルナンデス】豚肉の生姜焼きの引き算クッキングレシピ、浸けないで10分で出来る前田量子さんの作り方(2月7日)

豚肉生姜焼き レシピ

作ってみた感想・レビュー 豚肉を 塩焼きにするのとほぼ同じ手間と時間でびっくりするほどあっという間に生姜焼きが完成してしまいました。 一枚ずつ焼いたお肉が見た目にも綺麗ですね。 豚肉を焼くときのポイントは「 追加で加えた豚肉を片面だけ焼いてひっくり返したら、直ぐに豚肉タワーの下に入れ、次のお肉を焼き始める」ことです。 上から滴る肉汁を下の肉が吸収し、見てわかるほどふっくらと焼き上がっていきましたよ。 生姜焼き用で売られている、少し厚めの薄切り肉を使うのがおすすめです。 1分炒めただけなのに、味がしっかり馴染んでいて美味しかったです。 今まで小麦粉をまぶしたり漬け置きしていたのは何だったんでしょうか。 すぐにまた作りたくなる手軽さとおいしさででした。 忙しい朝でも簡単に作れるのでお弁当のおかずにもピッタリですね。 お子さんのいるご家庭では生姜の量を少し減らして少しだけお砂糖を入れるとより食べやすい味になりますよ。 当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作った レビュー記事や、 プロのレシピ記事をたくさんまとめております。 宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。 料理は調理工程が多くなるほど作るハードルが高くなりますよね。 私はズボラ主婦なので「あ、面倒そうだな」と思ったらすぐパスしてしまいます(笑)実際に作ったレシピのレビュー記事も書いていますが、どれも簡単なものばかりをチョイスしていますよ。

次の

基本の生姜焼きのレシピ・作り方【覚えやすいタレの黄金比!】

豚肉生姜焼き レシピ

ご飯に合うおかずベスト3に入ると思われる「豚肉の生姜焼き」。 みんな大好きなおかずなので、 下味を付けてから焼くとか隠し味にヨーグルトを使うとかケチャップを使うとかお酢を使うとか片栗粉を付けてから焼くとか、いや小麦粉だとか玉ねぎも一緒に焼くと甘みが増すとかいろんなことをみなさん研究しておられますが……、 ゆきちゃめゴンはそんなめんどくさいことは一切しません。 材料は3つだけ!• 薄切りの豚肉 250gぐらい• すりおろした生姜 2かけ分ぐらい• めんつゆ(3倍濃縮のものを薄めずにそのまま使用) 大さじ3杯 以上! すりおろした生姜は面倒ならチューブのものでも大丈夫ですし、濃縮のめんつゆがない場合は [醤油大さじ1. 5杯、みりん大さじ1. 5杯] におきかえてもOK! あとは焼くだけ! なのですが、覚えておきたいポイントは2つ。 1つめのポイントがあるとすれば、あえて私は 薄めの肉がよいと思っています。 「生姜焼き用」といって売られているもののなかでも薄めのものを選ぶか、もしくはしゃぶしゃぶ用肉なんかもおすすめです。 薄い方がすぐ焼けるし、味もしみ込みやすくて簡単においしくなるのです。 あとは焼くだけ で、あとは焼くだけです。 まずフライパンに油をひき、 肉を乗せて行きます。 豚肉って、なぜか折りたたんだ状態でパックされていることが多くて、そのまま焼くと火の通りがよくないのでちょっと面倒ですけど広げてから焼きます。 これが2つめのポイントです。 というかこれぐらいしかポイントがないほど簡単なんですわ。 肉を広げながらフライパンへ。 焼けてきたら裏返します。 全体に火が通ったら生姜を投入。 生姜のいい香りがしてきます。 生姜が行き渡ったら、めんつゆをジャーっとかけちゃいます。 こんな感じにフツフツしてきたら完成! いざ、いただきます お皿に盛りつけて、と。 いいテリだ! おいしそう! いただきます! 「!」多すぎだけど気にしない! ご飯にワンバウンドさせ、少しタレをご飯にしみ込ませ、うぅぅ、たまらない! 生姜焼きとご飯のゴールデンコンビ、フォーエバー。 最後に キャベツとはよく合うので、個人的にはあったほうがいいとは思うのですが、野菜なんかいらん、肉! 肉! 肉だけあれば! という方はキャベツもナシでご飯に直接のっけて「生姜焼き丼」にしてもよいと思います。 むしろそっちのほうが豪快かもしれないですね。 とにかく簡単なので、ぜひトライしてみてください!.

次の